「悪意の情報」を見破る方法


「悪意の情報」を見破る方法
シェリー・シーサラー (著):菊池誠 (監修):今西康子 (翻訳)

 
知恵20ヶ条

  1. まともな批判と単なるバッシングには、明確な違いがある。
     
  2. 意見が対立している。あるいは、科学的合意がなされている。
    …といった主張は、いずれも鵜呑みにしない
     
  3. 「科学が自分の真価を認めようとしない。」
    …という、自称「革命家」には要注意。
     
  4. バイアス(思い込み)はどこにでもある。
     
  5. 一次情報に立ち戻って、利害関係者たちが、それぞれどのような見方をしているかを調べる。
     
  6. ふたつの選択肢のいずれかを選ぶしかないように見えても、ホントはそうでないことが多い(単純化の罠)。
     
  7. 「リスク」「メリット」が示されていても、それで全てとは限らない
     
  8. イノベーションの応用例のひとつひとつに、それぞれ独自の「リスク」と「メリット」がある。
     
  9. 大きな視野に立つと、選択肢を客観的に評価できる(過去、地域などの、適切な比較対象を持つ)。
     
  10. 当初案の欠点を指摘しただけで、代案が最善だという証明にはならない
     
  11. 交絡因子は、原因を見きわめるのを難しくする(相関関係は因果関係ではない)。
     
  12. 盲検化試験(先入観の排除)は、バイアス(思い込み)の影響を排除するのに有用である。
     
  13. 複数のタイプのデータを組み合わせると、因果関係を立証しやすくなる。
     
  14. ある状況下で得られた研究結果は、他の状況に当てはまらないことが多い。
     
  15. データの収集方法によって、統計数字が歪められることがある。
     
  16. 統計数字を、額面どおりに受け取るな
     
  17. 研究結果が真っ二つに分かれている場合、真実はたいてい中間のどこかにある
     
  18. 費用便益分析は、もっとも体系的な意識決定方法である。
     
  19. 自分の思考プロセスの弱点を熟知していれば、あなたを操作しようとする相手の策略にはまらずにすむ
     
  20. ひとつの問題を掘り下げていくと、いくつもの理解レベルが層をなしているのが明らかになる。

 
 

広告