『三国志』

魏 書 (巻三十) 烏丸鮮卑東夷伝 倭人
撰: 陳 壽 (西 晋)
 
 
倭人在帯方東南大海之中,依山島為国邑。
帯方郡東南の大海の中に倭人在り、山島を依り拠に小国を為す。

旧百余国,漢時有朝見者,今使訳所通三十国。
旧くは百余国で、漢の時代に朝見する者があり、今は三十国が使訳の所と通じる。

従郡至倭,循海岸水行,歴韓国,乍南乍東,到其北岸狗邪韓国,七千余里。
郡から倭に至るには、海岸に循い水行し、南や東へ、韓の国を歴訪すると、七千余里で、その北岸の狗邪韓国に到着する。
 


参 照

 
 
始度一海,千余里至対馬国
一海を渡り始め、千余里で対馬国に至る。

其大官曰卑狗,副曰卑奴母離
その大官曰く卑狗、副官曰く卑奴母離。

所居絶島,方可四百余里,土地山険,多深林,道路如禽鹿径。
四百余里四方の、島の外れに居所があり、土地は山険しく、深い林が多く、道や路は禽獣(鹿)の径の如し。

千余戸,無良田,食海物自活,乖船南北市糴。
千余戸あって、良田は無く、海産物を食べて自活し、船で南北の市に行って米を仕入れる。

又南渡一海千余里,名曰瀚海,至一大国,官亦曰卑狗,副曰卑奴母離
瀚海という名の、一海をまた南へ千余里渡ると、一大国に至り、大官は同じく卑狗、副官は卑奴母離。

方可三百里,多竹木叢林,有三千許家,差有田地,耕田猶不足食,亦南北市糴。
三百里四方はあり、竹や木がうっそうとした林が多く、三千家ほどがあって、水田や耕作地に差はあるが、なお食べる分の耕田に足らず、同じく南北の市で米を仕入れる。
 

 
又渡一海,千余里至末盧国,有四千余戸,浜山海居,草木茂盛,行不見前人。
また一海を渡ると、千余里で末盧国に至り、四千余戸が、山と海の間の浜に居住し、盛んに茂る草木で、前を行く人が見えない。

好捕魚鰒,水無深浅,皆沈没取之。
魚や鰒(アワビ)を捕る好手で、水は遠浅なので、皆が潜ってこれを取る。

東南陸行五百里,到伊都国,官曰爾支,副曰泄謨觚柄渠觚
陸上を東南に五百里行くと、伊都国に到着し、官曰く爾支、副官曰く泄謨觚、柄渠觚。

千余戸,世有王,皆統属女王国,郡使往来常所駐。
千余戸あって、代々王が有り、皆が女王国を統属し、往来する郡使が常に駐在する所。

東南至奴国百里,官曰兕馬觚,副曰卑奴母離,有二萬余戸
東南に百里で奴国に至り、官曰く兕馬觚、副官曰く卑奴母離で、二万余戸ある。

東行至不彌国百里,官曰多模,副曰卑奴母離,有千余家
東に百里で不彌国に至り、官曰く多模、副官曰く卑奴母離で、千余家ある。
 

 
南至投馬国,水行二十日,官曰彌彌,副曰彌彌那利,可五萬余戸
南は投馬国に至り、水行で二十日かかり、官曰く彌彌、副官曰く彌彌那利で、五万余戸はある。

南至邪馬壹国,女王之所都,水行十日,陸行一月。
南は邪馬壹国、女王の所の都に至り、水行で十日、陸行で一ヶ月。

官有伊支馬,次曰彌馬升,次曰彌馬獲支,次曰奴佳鞮,可七萬余戸
官に伊支馬があり、その次曰く彌馬升、その次曰く彌馬獲支、その次曰く奴佳鞮で、七万余戸はある。

女王国以北,其戸数道里可得略載,其余旁国遠絶,不可得詳。
女王国より北は、その戸数と道里の略載が可能で、その余の国々は遠く離れ、詳細は得られない。
 
 
 
 
次有斯馬国,次有已百支国,次有伊邪国,次有都支国,次有彌奴国,次有好古都国,次有不呼国,次有姐奴国,次有対蘇国,次有蘇奴国,次有呼邑国,次有華奴蘇奴国,次有国,次有為吾国,次有鬼奴国,次有邪馬国,次有躬臣国,次有巴厘国,次有支惟国,次有烏奴国,次有奴国,此女王境界所盡。
次に斯馬国、次に已百支国、次に伊邪国、次に都支国、次に彌奴国、次に好古都国、次に不呼国、次に姐奴国、次に対蘇国、次に蘇奴国、次に呼邑国、次に華奴蘇奴国、次に鬼国、次に為吾国、次に鬼奴国、次に邪馬国、次に躬臣国、次に巴厘国、次に支惟国、次に烏奴国、次に奴国があり、これで女王の境界所は尽きる。

其南有狗奴国,男子為王,其官有狗古智卑狗,不属女王。
その南に狗奴国があって、男子を王とし、その官に狗古智卑狗があり、女王に属さず。

自郡至女王国萬二千余里。
郡から女王国に至るは一万二千余里。
 
 
 
 
男子無大小皆黥面文身
男子は身分に関係なく皆顔は黥面で体に刺青を入れる。

自古以来,其使詣中国,皆自称大夫
古くから、その使者は中国を詣で、皆大夫を自称する。

夏後少康之子封於会稽,断髪文身以避蛟龍之害。
夏后少康の子(無余)は会稽に封じられると、断髪し体に刺青を入れて蛟龍の害を避けた。

倭水人好沈没捕魚蛤,文身亦以厭大魚水禽,後稍以為飾
今の倭の漁民は水に潜って魚や蛤を好く捕り、大魚や猛魚な嫌厭して同じく刺青を入れ、次第に装飾となる。

諸国文身各異,或左或右,或大或小,尊卑有差。
諸国の刺青は各々異なり、左右や、大小は、尊卑で差がある。

計其道里,当在会稽東治之東
その道里を計ると、会稽、東治の東に在るのに相当する。
 
 
 
 
其風俗不淫,男子皆露紒,以木綿招頭
その風俗には節度があり、男子は皆木綿で頭を覆い、露に結ぶ。

其衣橫幅,但結束相連,略無縫。
その衣は横に広げた布を、両端をただ結束するだけで、縫ってはない。

婦人被髪屈紒,作衣如単被,穿其中央,貫頭衣之。
婦人は屈した髪を結んで被り、一枚布の如き衣を作り、その中央を穿ち、これを頭で貫く衣。

種禾稻、紵麻,蚕桑、緝績,出細紵、縑綿。
雑穀、稲、紵麻(カラムシ)の種を蒔き、蚕桑と糸を紡いで、細紵、縑綿を産出する。

其地無牛馬虎豹羊鵲。
その地に牛、馬、虎、豹、羊、鵲はいない。

兵用矛、楯、木弓。
兵は矛、楯、木弓を用いる。

木弓短下長上,竹箭或鉄鏃或骨鏃,所有無与儋耳硃崖同。
木弓は下が短く上が長いもので、竹矢や鉄製の鏃や骨製の鏃や、所の有無は儋耳、硃崖と同じ。
 

 
倭地温暖,冬夏食生菜,皆徒跣。
倭の地は温暖で、冬も夏も生野菜を食し、皆裸足で歩く。

有屋室,父母兄弟臥息異処,以硃丹塗其身体,如中国用粉也。
家屋と室(ムロ)があり、父母兄弟は寝所を異にしていて、中国で白粉を用いるが如く、朱丹をその身体に塗る。

食飲用籩豆,手食。
飲食は食器を使用し、手で食べる。
 
 
 
 
其死,有棺無槨,封土作塚。
その死は、棺を外槨(棺入れ)無しで、土に封じて塚を作る。

始死停喪十余日,当時不食肉,喪主哭泣,他人就歌舞飲酒。
死者の喪は始めて十日ほどで停み、その間は肉を食べず、喪主は哭泣し、他の人は歌舞飲酒を支度する。

已葬,挙家詣水中澡浴,以如練沐。
葬儀が終わると、禊の如くに、家を挙げて水中澡浴に詣でる。

其行来渡海詣中国,恆使一人,不梳頭,不去蟣虱,衣服垢汙,不食肉,不近婦人,如喪人,名之為持衰
その往来で海を渡り中国を詣でるときは、髪にクシを入れず、虱を取らず、衣を洗わず、肉を食べず、婦人に近づかず、喪に伏す人の如き、「持衰」なるものに、常に一人を使う。

若行者吉善,共顧其生口財物;若有疾病,遭暴害,便欲殺之,謂其持衰不謹。
もし旅行者が吉善なら、共同で財物をその生口に顧みる(もし疾病があったり、暴害に遭遇すると、これを殺す方便に、その持衰が不謹慎だったと謂う)。
 
 
 
 
出真珠、青玉
真珠、青玉(ヒスイ)を産出する。

其山有,其木有楠、杼、豫樟、楺櫪、投橿、烏号、楓香,其竹筱簳、桃支。
その山には丹土(赤土)があり、その木には楠、梅、ドングリ、クヌギ、カシ、クワ、カエデがあり、その竹は筱簳、桃支。

有薑、橘、椒、蘘荷,不知以為滋味。
ショウガ、タチバナ、サンショウ、ミョウガがあるが、調理方法を知らない。

有獮猴、黒雉。
獮猴(サル)、黒雉がいる。
 
 
 
 
其俗挙事行来,有所雲為,輒灼骨而卜,以占吉凶,先告所卜,其辞如令亀法,視火裂占兆。
その風俗は挙事や行来は、不安な所があると、骨を焼いて卜を立てて、吉凶を占い、先に卜の所を告げて、その返辞は令亀法の如く、火による裂け目を視て兆を占う。

其会同座起,父子男女無別,人性嗜酒
その会同の座起に、父子男女の区別無く、酒を嗜む人間性である。

(魏略曰:其俗不知正歳四節,但計春耕秋収為年紀。)
(魏略曰く、その風俗は正月や四節を知らず、ただ春の耕作と秋の収穫で一年を計る)

見大人所敬,但拍手以当跪拝。
身分の高い者に接見し敬う所では、拍手が跪拝に相当する。

其人寿考,或百年,或八九十年。
その人は長寿で、百年だったり、あるいは八、九十年生きる。
 
 
 
 
其俗,国大人皆四五婦,下戸或二三婦。
その風俗は、国の身分の高い者は四、五人の婦人、身分の低い者はあるいは二、三の婦人。

婦人不淫,不妒忌。
婦人は節度があり、嫉妬しない。

不盗窃,少諍訟。
窃盗をせず、訴訟は少ない。

其犯法,軽者没其妻子,重者滅其門戸
その法を犯すと、軽い者はその妻子が没され、重い者はその門戸が滅される。

及宗族尊卑,各有差序,足相臣服。
および宗族の尊卑には、各々に格差と序列があり、相互に臣服するのに足りる。

租賦
地租と賦役を収める。
 
 
 
 
邸閣国
邸閣国がある。

国有市,交易有無,使大倭監之。
国には市あり、交易の有無は、大倭の使者がこれを監督する。

自女王国以北,特置一大率,検察諸国,諸国畏憚之。
女王国より北には、特別に一大率を置き、諸国を検察し,諸国はこれを畏れ憚る。

常治伊都国,於国中有如刺史。
常に伊都国を治め、国中に刺史がいる如し。

遣使詣京都、帯方郡、諸韓国,及郡使倭国,皆臨津捜露,伝送文書賜遺之物詣女王,不得差錯。
王の遣使が京都、帯方郡、諸韓国を詣でたり、および倭国への郡使は、皆船着場で荷物検査を受け、伝送の文書も女王に詣でる賜遺の物も、例外はない。
 


参 照

 
下戸与大人相逢道路,逡巡入草
身分の低い者は身分の高い者と道で逢うと,道端の草むらに身を引く。

伝辞説事,或蹲或跪,両手據地,為之恭敬。
伝辞や説事は、屈んだり膝をついたり、両手を地面に置いて、恭敬を示す。

対応声曰,比如然諾。
噫という声での対応が、承諾と同じ如し。
 

 
 
 
其国本亦以男子為王,住七八十年,倭国乱,相攻伐歴年,乃共立一女子為王,名曰卑彌呼,事鬼道,能惑衆,年已長大,無夫婿,有男弟佐治国。
その国も本来は同じく男子を王とし、住み始めて七、八十年で、倭の国は大いに乱れ、相互に攻伐すること歴年で、そこで一人の女子を共王に立て、卑彌呼という名で、鬼道の事を行い、民衆に人気があり、年はすでに既に年長で、夫、婿は無く、国を左治する男と弟がいる。

自為王以来,少有見者。
王になってからは、謁見した者は少ない。

以婢千人自侍,唯有男子一人給飲食,伝辞出入。
千人の奴婢を自ら侍らせ、ただ一人の男子が飲食の給仕をし、出入りして伝辞をする。

居処宮室楼観,城柵厳設,常有人持兵守衛。
居処する宮室は楼観(最上階)で、城柵が厳重に設けられ、常に人があって守衛の兵を持つ。
 


参 照

 
 
 
女王国東渡海千余里,復有国,皆倭種,又有侏儒国在其南,人長三四尺,去女王四千余里,又有裸国黒歯国復在其東南,船行一年可至。
女王国の東へ千余里海を渡ると、復たび国があり、皆倭種で、また朱儒国はその南に在って、人の身長は三、四尺で、女王国を去ること四千余里で、またその東南に復たび裸国、黒歯国が在り、船行だと一年あれば至る。

参問倭地,絶在海中洲島之上,或絶或連,周旋可五千余里。
参じ訪問した倭の地は、海の中の洲島の上に孤立して在り、孤立したり交流したり、周囲を旋ると五千余里はある。
 
 
 
 
景初二年六月,倭女王遣大夫難升米等詣郡,求詣天子朝献,太守劉夏遣吏将送詣京都。
景初二年(237年)六月、倭の女王が大夫の難升米らを遣わせ郡を詣で、天子(曹叡)を詣で朝献するのを求め、太守の劉夏は官吏と将を遣わせ京都(洛陽)詣でを送る。

其年十二月,詔書報倭女王曰:
その年の十二月、倭の女王に報いる詔書に曰く:

「制詔親魏倭王卑彌呼:
「卑彌呼を親魏倭王に制詔する:

帯方太守劉夏遣使送汝大夫難升米、次使都市牛利奉汝所献男生口四人,女生口六人、班布二匹二丈,以到。
帯方郡太守の劉夏が送りの使者を遣わせたので汝の大夫の難升米、次使の都市牛利が奉じる汝の所の献上する男の生口四人、女の生口六人、二丈の班布二匹は、無事到着した。

汝所在逾遠,乃遣使貢献,是汝之忠孝,我甚哀汝
汝の所は遥か遠くに在り、なれど使者を遣わせ貢献するのは、汝の忠孝の証であり、我は甚だ汝に同情する。

今以汝為親魏倭王,仮金印紫綬,裝封付帯方太守仮授汝。
今を以って汝を親魏倭王とし、仮の金印紫綬を、帯方太守に付けで装封して汝に仮授する。

其綏撫種人,勉為孝順。
その同朋を綏撫し、孝順に勉めよ。

汝来使難升米、牛利渉遠,道路勤労,今以難升米為率善中郎将,牛利為率善校尉仮銀印青綬,引見労賜遣還。
汝の来使である難升米、都市牛利は遠方より足を運び、道中勤労で、今を以って難升米は率善中郎将、都市牛利は率善校尉に、仮の銀印青綬を、引見して労い賜い遣わせ還す。

今以絳地交龍錦五匹(臣松之以為地応為綈,漢文帝著皁衣謂之弋綈是也。此字不体,非魏朝之失,則伝写者誤也。)、絳地縐粟罽十張、蒨絳五十匹、紺青五十匹,答汝所献貢直。
今を以って絳地交龍錦五匹(臣の裴松之は「地」は「綈」と思うが、漢の文帝が着る皁衣のことを「弋綈」と謂うからである。この字は不礼で、魏朝の過失に非ず、伝写した者の誤り)、絳地縐粟罽十張、蒨絳五十匹、紺青五十匹を、汝の献貢する所に直して贈答する。

特賜汝紺地句文錦三匹、細班華罽五張、白絹五十匹、金八両、五尺刀二口、銅鏡百枚、真珠、鉛丹各五十斤,皆裝封付難升米、牛利還到録受。
また特に汝に紺地句文錦三匹、細班華罽五張、白絹五十匹、金八両、五尺刀二口、銅鏡百枚、真珠・鉛・丹を各五十斤を賜い、皆裝封して難升米、都市牛利付けにするので還到したら目録を受け取るように。

悉可以示汝国中人,使知国家哀汝,故丁重賜汝好物也。」
以って示すことで汝の国中の人、使者が悉く国家(魏)が汝に同情しているのを知るよう、故に丁重に汝の好む物を賜う。」
 


参 照

 
 
 
正始元年,太守弓遵遣建中校尉梯俊等奉詔書印綬詣倭国,拝仮倭王,並齎詔賜金、帛、錦罽、刀、鏡、采物,倭王因使上表答謝恩詔。
正始元年(240年)、(帯方郡)太守の弓遵は建中校尉の梯俊らを詔書と印綬を奉じる使者に遣わせて倭の国を詣で、倭の王に仮拝し、並びに「金」、「帛」、「錦罽」、「刀」、「鏡」、「采物」の詔賜がもたらされ、倭の王は使者の上表に因んで詔に謝恩を返答した。

其四年,倭王復遣使大夫伊聲耆掖邪狗等八人,上献生口、倭錦、絳青縑、綿衣、帛布、丹木、■、短弓矢。
その四年(243年)、倭の王は復び大夫の伊聲耆、掖邪狗ら八人の使者を遣わせ、生口、倭錦、絳青縑、綿衣、帛布、丹木、■、短弓矢を献上。

掖邪狗等台拝率善中郎将印綬。
掖邪狗らは台に参拝して率善中郎将を印綬。

其六年,詔賜倭難升米黄幢付郡仮授。
その六年(245年)、詔にて倭の難升米に「黄幢」を賜い、郡付けで仮授。

其八年,太守王頎到官。
その八年(247年)、王頎が太守に到官。
 
 
 
 
倭女王卑彌呼与狗奴国男王卑彌弓呼素不和,遣倭載斯烏越等詣郡説相攻撃状
倭の女王卑彌呼と狗奴国の男王卑彌弓呼は平素より不和で、載斯、烏越ら倭の遣いが郡に詣でて紛争状態を説く。

遣塞曹掾史張政等因齎詔書、黄幢,拝仮難升米為檄告喩之。
塞曹掾史の張政らを詔書、黄幢を因んでもたらすのに遣わせ、難升米に仮拝すると檄を為してこれを告喩。

卑彌呼以死,大作塚,径百余歩,殉葬者奴婢百余人。
卑彌呼は(檄を)以って死に、直経は百余歩の、大きな塚が作られ、殉葬者の奴婢は百余人。

更立男王,国中不服,更相誅殺,当時殺千余人。
更に男王を立てたが、国中が不服で、更に相互に誅殺し、当時千余人を殺す。

復立卑彌呼宗女壹与,年十三為王,国中遂定。
復び卑彌呼の宗女である壹与を立て、十三歳で王にすると、国中がようやく定まった。

政等以檄告喩壹与,壹与遣倭大夫率善中郎将掖邪狗等二十人送政等還,因詣台,献上男女生口三十人,貢白珠五千,孔青大句珠二枚,異文雑錦二十匹。
張政らは檄を以って壹与に告喩し、壹与は倭の大夫や率善中郎将の掖邪狗ら二十人を遣わせて張政らを送還すると、因んで台を詣でて、男女の生口三十人を献上し、白珠五千、孔青大句珠二枚、異文雑錦二十匹を貢ぐ。
 
 

目 次

 
 

広告