『三国志』 韓

魏書(巻三十) 烏丸鮮卑東夷伝
編者:陳壽(西晋) / 裴松之(南朝宋)
 
 
馬韓条

韓在帶方之南,東西以海爲限,南與倭接,方可四千里。
韓は帯方の南に在りて、東西は海で限られ、南は倭に接し、四方四千里ほど。

有三種,一曰馬韓,二曰辰韓,三曰弁韓。
三種あり、一に馬韓、二に辰韓、三に弁辰という。

辰韓者,古之辰國也。
辰韓の者は古の辰国の者なり。

馬韓在西。
馬韓は西に在り。

其民土著,種植,知蠶桑,作綿布。
その民は土地を耕し、種を植え、養蚕を知り綿や布を作る。

各有長帥,大者自名爲臣智,其次爲邑借,散在山海間,無城郭。
各々に指導者がありて、一番上は臣智、その下は邑借と名乗り、山と海の間に散在し、城郭は無し。

有爰襄國 牟水國 桑外國 小石索國 大石索國 優休牟涿國 臣濆沽國 伯濟國 速盧不斯國 日華國 古誕者國 古離國 怒藍國 月支國 咨離牟盧國 素謂乾國 古爰國 莫盧國 卑離國 占離卑國 臣釁國 支侵國 狗盧國 卑彌國 監奚卑離國 古蒲國 致利鞠國 冉路國 兒林國 駟盧國 内卑離國 感奚國 萬盧國 辟卑離國 臼斯烏旦國 一離國 不彌國 支半國 狗素國 捷盧國 牟盧卑離國 臣蘇塗國 莫盧國 古臘國 臨素半國 臣雲新國 如來卑離國 楚山塗卑離國 一難國 狗奚國 不雲國 不斯濆邪國 爰池國、乾馬國 楚離國 凡五十餘國
爰襄国、牟水国、桑外国、小石索国、大石索国、優休牟涿国、臣濆沽国、伯濟国、速盧不斯国、日華国、古誕者国、古離国、怒藍国、月支国、咨離牟盧国、素謂乾国、古爰国、莫盧国、卑離国、占離卑国、臣釁国、支侵国、狗盧国、卑彌国、監奚卑離国、古蒲国、致利鞠国、冉路国、兒林国、駟盧国、内卑離国、感奚国、萬盧国、辟卑離国、臼斯烏旦国、一離国、不彌国、支半国、狗素国、捷盧国、牟盧卑離国、臣蘇塗国、莫盧国、古臘国、臨素半国、臣雲新国、如來卑離国、楚山塗卑離国、一難国、狗奚国、不雲国、不斯濆邪国、爰池国、乾馬国、楚離国、凡てで五十余国あり。

大國萬餘家,小國數千家,總十餘萬戸。
大きな国は万余家、小さな国は数千家、総じて十余万戸。

辰王治月支國。
辰王は月支国が治む。

臣智或加優呼臣雲遣支報安邪踧支濆臣離兒不例拘邪秦支廉之號。
臣智、或いはさらに優れ臣雲と呼ばれる、遣支報 安邪踧支濆 臣離兒不例拘邪秦支廉の号。

其官有魏率善、邑君、歸義侯、中郎將、都尉、伯長。
その官に、「魏率善」、「邑君」、「帰義侯」、「中郎将」、「都尉」、「伯長」あり。

侯准既僭號稱王,爲燕亡人衛滿所攻奪,將其左右宮人走入海,居韓地,自號韓王。
 

 

魏略曰:昔箕子之後朝鮮侯,見周衰,燕自尊爲王,欲東略地,朝鮮侯亦自稱爲王,欲興兵逆擊燕以尊周室。

其大夫禮諫之,乃止。

使禮西說燕,燕止之,不攻。

後子孫稍驕虐,燕乃遣將秦開攻其西方,取地二千餘里,至滿番汗爲界,朝鮮遂弱。

及秦並天下,使蒙恬築長城,到遼東。

時朝鮮王否立,畏秦襲之,略服屬秦,不肯朝會。

否死,其子准立。

二十餘年而陳、項起,天下亂,燕、齊、趙民愁苦,稍稍亡往准,准乃置之於西方。

及漢以盧綰爲燕王,朝鮮與燕界於浿水。

及綰反,入匈奴,燕人衛滿亡命,爲胡服,東度浿水,詣准降,說准求居西界,(故)中國亡命爲朝鮮籓屏。

准信寵之,拜爲博士,賜以圭,封之百里,令守西邊。

滿誘亡黨,衆稍多,乃詐遣人告准,言漢兵十道至,求入宿衛,遂還攻准。

准與滿戰,不敵也。

 

魏略曰:其子及親留在國者,因冒姓韓氏。

准王海中,不與朝鮮相往來。

 

其後絶滅,今韓人猶有奉其祭祀者。
 

漢時屬樂浪郡,四時朝謁。
 

 

魏略曰:初,右渠未破時,朝鮮相曆谿卿以諫右渠不用,東之辰國,時民隨出居者二千餘戸,亦與朝鮮貢蕃不相往來。

至王莽地皇時,廉斯鑡爲辰韓右渠帥,聞樂浪土地美,人民饒樂,亡欲來降。

出其邑落,見田中驅雀男子一人,其語非韓人。

問之,男子曰:「我等漢人,名戸來,我等輩千五百人伐材木,爲韓所擊得,皆斷發爲奴,積三年矣。」

鑡曰:「我當降漢樂浪,汝欲去不?」

戸來曰:「可。」

(辰)鑡因將戸來(來)出詣含資縣,縣言郡,郡即以鑡爲譯,從芩中乘大船入辰韓,逆取戸來。

降伴輩尚得千人,其五百人已死。

鑡時曉謂辰韓:「汝還五百人。若不者,樂浪當遣萬兵乘船來撃汝。」

辰韓曰:「五百人已死,我當出贖直耳。」

乃出辰韓萬五千人,弁韓布萬五千匹,鑡收取直還。

郡表鑡功義,賜冠幘、田宅,子孫數世,至安帝延光四年時,故受復除。

 

桓、靈之末,韓濊強盛,郡縣不能制,民多流入韓國。
桓帝から霊帝(146-189年)の末にかけ、韓と濊は強盛になり、多くの民が韓国に流入するのを、郡・県に制止すること不能。

建安中,公孫康分屯有縣以南荒地爲帶方郡,遣公孫模、張敞等收集遺民,興兵伐韓濊,舊民稍出,是後倭韓遂屬帶方。

景初中,明帝密遣帶方太守劉昕、樂浪太守鮮于嗣越海定二郡,諸韓國臣智加賜邑君印綬,其次與邑長。

其俗好衣幘,下戸詣郡朝謁,皆假衣幘,自服印綬衣幘千有餘人。

部從事吳林以樂浪本統韓國,分割辰韓八國以與樂浪,吏譯轉有異同,臣智激韓忿,攻帶方郡崎離營。

時太守弓遵、樂浪太守劉茂興兵伐之,遵戰死,二郡遂滅韓。
帯方太守が弓遵時に、楽浪太守の劉茂は兵とこれを伐ち、遵は戦死し、二郡は遂に韓を滅す。

其俗少綱紀,國邑雖有主帥,邑落雜居,不能善相制禦。
その風俗は綱紀が少なく、国邑に指導者がいるといえども、邑落は雑然とし、制御されている様相はない。

無跪拜之禮。
「跪拝」の礼は無い。

居處作草屋土室,形如塚,其戸在上,舉家共在中,無長幼男女之別。
住居は屋根は草で土の部屋を作り、形は塚のようで、出入り口は上に在り、一家が揃って中に暮らし、老若男女に別れていない。

其葬有槨無棺,不知乘牛馬,牛馬盡於送死。
埋葬は箱に入れるが棺はなく、牛馬に乗る事を知らず、牛馬を死ぬまで使うだけである。

以瓔珠爲財寶,或以綴衣爲飾,或以縣頸垂耳,不以金銀錦繡爲珍。
玉石を財宝とし、衣に飾りとして縫いつけたり、頸に懸け耳から垂らしたりて、金銀や錦の刺繍には興味が無い。

其人性強勇,魁頭露紒,如炅兵,衣布袍,足履革蹻蹋。
人間性は強勇で、頭の上で髷を結い、炅兵のようであり、衣は布を巻きつけ、足には踵まで覆う革を履く。

其國中有所爲及官家使築城郭,諸年少勇健者,皆鑿脊皮,以大繩貫之,又以丈許木鍤之,通日嚾呼作力,不以爲痛,既以勸作,且以爲健。
国中で、行事があったり官家が城郭を築くのに使役があると、成人前の勇敢で健康な若者たちは、皆背中の皮に孔を空け、そこに縄を通し、丈許(2m以上)の木を吊るし、一日中喚呼して作業するが、痛みを訴えず、作業にはげみ、壮健であることを示す。

常以五月下種訖,祭鬼神,群聚歌舞,飲酒晝夜無休。
毎年五月下旬に種まきを終えると、鬼神を祭り、みんなが集って歌い舞い、昼夜の休み無く酒を飲む。

其舞,數十人俱起相隨,踏地低昂,手足相應,節奏有似鐸舞。
その舞は、数十人がそろって相随い、静かに地を踏み、手足を合わせ、節と演奏は鐸舞に似ている。

十月農功畢,亦復如之。
十月に農功を終えると、またこれを繰り返す。

信鬼神,國邑各立一人主祭天神,名之天君。
占いを信じ、国の邑では 「天君」 という名のひとりの主祭天神を立てる。

又諸國各有別邑。
また諸国には別邑がある。

名之爲蘇塗。
これの名を蘇塗という。

立大木,縣鈴鼓,事鬼神。
大木を立て、鈴や鼓を懸け、鬼神に具える。

諸亡逃至其中,皆不還之,好作賊。
諸々の逃亡者がその中に逃げ込むと、これを還すことは出来ず、賊を作るのに都合がよい。

其立蘇塗之義,有似浮屠,而所行善惡有異。
蘇塗を立てる意味は、仏教に似ているが、その結果は善悪が違う。

其北方近郡諸國差曉禮俗,其遠處直如囚徒奴婢相聚。
北方近くの諸国は礼俗に差があり、さらに遠方は囚徒や奴婢の集まりのようである。

無他珍寶。
他に珍らしい宝は無し。

禽獸草木略與中國同。
禽獸草木は、ほぼ中国と同じ。

出大栗,大如梨。
梨のように大きな栗を産出す。

又出細尾雞,其尾皆長五尺餘。
また尾の細い鶏を産出し、その尾は皆が長さ五尺余り。

其男子時時有文身。
その男子には時々刺青が見られる。

又有州胡在馬韓之西海中大島上,其人差短小,言語不與韓同,皆髡頭如鮮卑,但衣韋,好養牛及豬。
また、馬韓西の海中の大きな島の上に州胡があり、そこの人は比較的体が小さく、言葉も韓と同じでなはく、皆頭を剃って鮮卑の如くで、なめし皮の衣だけを纏い、牛や猪の養育の好手である。

其衣有上無下,略如裸勢。
その衣は上だけで下が無く、ほぼ裸の如し。

乘船往來,市買韓中。
船に乗って往来し、韓中の市で物を買う。

 
 
 
 
辰韓条

辰韓在馬韓之東,其耆老傳世,自言古之亡人避秦役來適韓國,馬韓割其東界地與之。
辰韓は馬韓の東に在り、その長老の言うには、古の亡命者は秦の苦役を避け韓国に来て適住し、馬韓はこれに東界の地を割譲す。

有城柵。
城柵あり。

其言語不與馬韓同,名國爲邦,弓爲弧,賊爲寇,行酒爲行觴。
馬韓の言語とは違い、国は邦、弓は弧、賊は寇、行酒は行觴(杯)と名称す。

相呼皆爲徒,有似秦人,非但燕、齊之名物也。
相方(仲間)を徒と呼び、秦人と似るが、ただし燕、斉の名称には非ず。

名樂浪人爲阿殘:東方人名我爲阿,謂樂浪人本其殘餘人。
楽浪人を阿残と名称す(東方人は「我」を「阿」と名称し、楽浪人は本来その残余だと謂う)。

今有名之爲秦韓者。
今は秦韓者という名あり。

始有六國,稍分爲十二國。
始め六国で、徐々に十二国に分かれる。

弁辰亦十二國,又有諸小別邑,各有渠帥,大者名臣智,其次有險側,次有樊濊,次有殺奚,次有邑借
弁辰も同じく十二国あり、小さな邑に別れ、それぞれに指導者がいて、一番上は臣智、次は險側、次は樊濊、次は殺奚、次に邑借と呼ばれる。

有已柢國、不斯國、弁辰彌離彌凍國弁辰接塗國、勤耆國、難彌離彌凍國、弁辰古資彌凍國弁辰古淳是國、冉奚國、弁辰半路國、弁樂奴國、軍彌國〈弁軍彌國〉、弁辰彌烏邪馬國、如湛國、弁辰甘路國、戸路國、州鮮國(馬延國)、弁辰狗邪國弁辰走漕馬國弁辰安邪國〈馬延國〉弁辰瀆盧國、斯盧國、優由國。
已柢国、不斯国、勤耆国、難彌離彌凍国、冉奚国、弁楽奴国、軍彌国〈弁軍彌国〉、如湛国、戸路国、州鮮国(馬延国)、斯盧国、優由国、弁辰彌離彌凍国、弁辰接塗国、弁辰古資彌凍国、弁辰古淳是国、弁辰半路国、弁辰彌烏邪馬国、弁辰甘路国、弁辰狗邪国、弁辰走漕馬国、弁辰安邪国(馬延国)、弁辰涜盧国がある。

弁、辰韓合二十四國,大國四五千家,小國六七百家,總四五萬戸。
弁辰、辰韓合わせて二十四国、大きな国は四、五千家、小さな国は六、七百家、総じて四、五万戸。

其十二國屬辰王
その十二国は辰王に属している。

辰王常用馬韓人作之,世世相繼。
辰王は常に馬韓人から選ばれ、代々受け継がれる。

辰王不得自立爲王。
自ら辰王になることはできない。

 

〈魏略曰:明其爲流移之人,故爲馬韓所制。〉
魏略曰く、明らかに流移の人であるので、馬韓が所を制している。

 

土地肥美,宜種五穀及稻,曉蠶桑,作縑布,乘駕牛馬
土地は肥沃で、五穀や稲の種を撒くのに宜しく、養蚕に明るく、しっかりした布を織り、駕籠や牛馬に乗る。

嫁娶禮俗,男女有別。
婚娶り礼は、男女は別である。

以大鳥羽送死,其意欲使死者飛揚。
大鳥の羽で死者を送り、その意味は死者の魂が羽を使い飛び立つためである。

 


鳥 葬

 

〈魏略曰:其國作屋,橫累木爲之,有似牢獄也。〉
魏略曰く、その国の作屋は、橫に木を累ねてつくり、牢獄に似ている。

 

國出,韓、濊、倭皆從取之。
国は鉄を産出し、馬韓、濊、倭は皆辰韓に従いこれを受け取る。

諸市買皆用鐵,如中國用錢,又以供給二郡
諸市の売買は皆鉄を用い、中国で銭を使うが如くであり、また二群(楽浪、帯方)にも鉄を供給している。

俗喜歌舞飲酒。
風俗は歌舞飲酒を好む。

有瑟,其形似築,彈之亦有音曲。
瑟があり、その形は筑に似て、これを弾き楽曲を奏でる。

兒生,便以石厭其頭,欲其褊。
子供が生まれると、頭の形を嫌厭し、石を使って扁形したがる。

今辰韓人皆褊頭
今では辰韓の人は皆頭が尖っている。

 


頭蓋変形 – Wikipedia

 

男女近倭,亦文身。
倭の近くの男女は、同じく刺青をしている。

便歩戰,兵仗與馬韓同。
戦は歩兵が主力で、軍備は馬韓と同じ。

其俗,行者相逢,皆住讓路。
その習慣として、道で行き会うと、皆が道を譲りあう。

 
 
 
 
弁辰条

弁辰與辰韓雜居,亦有城郭。
弁辰と辰韓は雑居し、同じく城郭がある。

衣服居處與辰韓同。
衣服と居処は辰韓と同じ。

言語法俗相似,祠祭鬼神有異,施灶皆在戸西。
言葉と法俗は相似で、祠祭する鬼神には異があり、灶(かまど)はすべて家の西側に施置する。

 


ゾロアスター教の拝火台

 

瀆盧國與倭接界。
その瀆盧国は倭と境界を接する。

十二國亦有王,其人形皆大
十二国に同じく王ありて、その人形は皆大きい。

衣服絜清,長髮
衣服は清潔で、髪は結わない。

 


ゾロアスター教徒

亦作廣幅細布。
同じく幅の広い細布を作る。

法俗特嚴峻
法俗は特に厳格。

 

目 次

 
 

広告