『共産党宣言』 第2章

第二章 プロレタリヤと共産主義者
 
 
 共産主義者は一般のプロレタリヤに対して、どんな関係にあるか。

 共産主義者は労働者の諸党派に反対して、別個の一党派を作るものではない。

 彼らは全プロレタリヤ階級の利害から分離した、何らの利害を持つものではない。

 彼らは特殊の原則を定めて、プロレタリヤの運動をその型に入れようとするものではない

 共産主義者が、プロレタリヤの他の諸党派と異なるところは、ただこれである。即ち、一面においては、プロレタリヤの種々なる一国的闘争に対して、その国籍から独立した、全プロレタリヤ階級の共通利益を指示し、標榜する。そして他の一面においては、プロレタリヤとブルジョアジーとの闘争が経過する種々なる発展段階に対して、常に運動全体の利益を代表する。

 故に共産主義者は、一面、実際上には、全世界の労働諸党派の中において、最も大胆な、いつでも全党を推進させる一部分である。そして一面、理論上には、プロレタリヤ運動の条件、進路、およびその総結末に関し、プロレタリヤの他の大部分よりも、いっそう明晰な洞察を持っているものである。

 共産主義者の直接の目的は、他の全てのプロレタリヤ諸党派のそれと同一である。即ちプロレタリヤを一階級に結成すること、ブルジョアの支配権を顛覆すること、プロレタリヤの手に政権を握ること。

 共産主義者の理論的根拠は、決して某々社会改良家たちの発明し、もしくは発見した、理想や原理の上に存するものではない。

 彼らはただ、現存せる階級闘争の実際的諸関係、即ち我々の眼前に起りつつある歴史的運動の、一般的表現に過ぎない。従来の財産関係を廃絶することは、必ずしも共産主義者の特徴ではない。

 あらゆる過去の財産関係は、絶えず歴史的の転換を受け、また絶えず歴史的の変化をこうむっいる。

 例えばフランス革命は、ブルジョア的財産の便宜のために、封建的財産を廃絶した。

 故に共産主義の特徴とするところは、一般財産の廃絶ではなく、ただブルジョア財産の廃絶である。しかし近世ブルジョアの私有財産は、階級反目の上に立ち、少数者による多数者の搾取の上に立つところの、生産および生産物領有方法の、最後にしてかつ最も完全なる表現である。

 この意味において、共産主義者はその理論を一言に約することが出来る。いわく、私有財産の廃絶

 世人は我々共産主義者を非難していう。共産主義者は、人が自己の労働によって獲得したところの個人的財産を廃絶しようとする。即ちあらゆる個人的の自由、活動、および独立の根底たる財産を廃絶しようとする、と。

 自己の労働によって、自己の獲得した、自己の儲け出した財産と言うのか。それはブルジョア財産の以前にあった、職人の財産、農夫の財産のことを言うのか、それならば我々が廃絶するには及ばない。産業の発達が既にそれを廃絶し、なお日々廃絶しつつある。

 それとも彼らは、近世のブルジョア的私有財産のことを言うのか。

 しかし、賃金労働(即ちプロレタリヤの労働)は労働者のために財産を作るのか。決して作らない。それはただ資本を作る。資本は賃金労働を搾取する財産である。そしてそれが更に賃金労働をつくり、更にそれを搾取するという条件の下においてのみ、増大し得るところの財産である。現今の形態における財産は、資本と賃金労働との対立の中に生存している。我々をしてこの対立の両面を検せしめよ。

 資本家たることは、生産界において、単純なる個人的地位を持つばかりでなく、また一の社会的地位を持つことである。資本は協力的産物である。多数部員の共同作業によってのみ、否、それを究極すれば、社会全員の共同作業によってのみ働かされ得るものである。

 故に資本は決して個人的の力でなく、一つの社会力である

 故に資本が共有財産(即ち社会全員の財産)に変更される場合、それは個人的財産が社会的財産に変更されるのではない。ただその財産の社会的特質が変更されるのである。即ち財産の階級的性質が失われるのである。

 次に賃金労働を検せしめよ。

 賃金労働の平均価格は、労働賃金の最低である。即ち、労働者が労働者としての生命を保つに必要なだけの生活資料の額である。故に賃金労働者が自分の労働によって獲得するところは、ただその赤貧の生活を再製するに足るだけのものである。我々は決して、この直接な生命の再製のためにする、労働産物の個人的所得を廃絶しようとするのではない。即ち他の労働を支配すべき何らの余剰を生じないところの、この所得を廃絶しようとするのではない。我々はただこの所得の悲惨な性質、即ち労働者が資本を増大するためにのみ生活し、支配階級の利益がそれを要求する間だけ生活し得るという、その悲惨な性質をなくしようとするのである。

 ブルジョアの社会にあっては、生きた労働者は、ただ、集積された労働を増大する一つの手段になる。共産主義の社会にあっては、集積された労働が、ただ労働者の生活を拡大し、豊富にし、増進させる手段になる。

 故にブルジョアの社会にあっては、過去が現在を支配し、共産主義の社会にあっては、現在が過去を支配する。ブルジョアの社会にあっては、資本は独立的であり、個性的であるのに、生きた人間は従属的であり、非個性的である

 しかるにブルジョアジーは、こういう諸関係の廃絶を目して、「個性の廃絶!」「自由の廃絶!」と言うのである。しかし無理もない。これはいかにも、ブルジョアの個性、ブルジョアの独立、ブルジョアの自由の廃絶なのである。

 現在のブルジョア的生産関係の下にあっては、自由とはただ自由貿易を意味し、自由売買を意味している

 しかし売買ということが無くなれば、自由売買も無くなってしまう。一体、ブルジョアの自由売買ということ、およびその他一切の自由呼ばわりは、中世時代の制限された売買、束縛された商人に対してこそ意義もあるが、共産主義が主張する売買の廃絶、ブルジョア的生産関係の廃絶、およびブルジョアジーそのものの廃絶に対しては、何らの意義も無いものである。

 諸君は、我われが私有財産を廃絶しようというのに驚いている。しかし諸君のこの現在の社会において、人口の十分の九は既に私有財産を失っているではないか。そしてそれが(少数者のために)存在しているのは、実にそれがその十分の九のために存在していないからではないか。故に諸君が我われを非難する、その財産の廃絶というのは、社会全員の大々多数の無財産を必要条件とする、その財産の廃絶なのである。

 要するに諸君は、我われが諸君の財産を廃絶しようとするのを非難するのである。いかにも我々はそれを欲するのである。

 諸君は、労働がもはや資本に変ぜず、貨幣に変ぜず、地代に変ぜず、つまり独占的社会力に変じえないことになるその瞬間から、即ち個人的財産がもはや、ブルジョア的財産に変形し得ないことになるその瞬間から、諸君は個性が廃絶されるというのである。

 故に諸君は白状しているのである。諸君のいわゆる個性とは、ブルジョア以外の、ブルジョア的財産所有者以外の、何ものをも意味していないのである。そして、それらの個性はもとより廃絶すべきである。

 共産主義は何人に対しても、社会的産物を獲得する力を奪うものではない。ただその獲得によって、他の労働を屈服させる、その力を奪うのである

 ある者は反対して言う。私有財産が廃絶されるなら、それと共に一切の活動が廃絶され、従って一般的怠惰に陥るであろう、と。

 もしそうとするなら、ブルジョア社会は疾くの昔、怠惰のために滅亡しているはずである。ブルジョア社会では、働く者は儲からないし、儲ける者は働かないではないか。だからこの反対論は結局、資本が無くなれば賃金労働が無くなるという、分かりきった重複語を、別の意味で使ったに過ぎない。

 物質的産物に対する、共産主義的の獲得方法および生産方法に向けられた全ての攻撃は、更に精神的産物の獲得および生産にまで延長されている。階級的財産の廃絶が、ブルジョアにとって、生産そのものの廃絶であるのと同じく、階級的文化の廃絶は、彼らにとって一般文化の廃絶と同意義である。

 彼らが確くその消滅を悲しんでいる、その文化なるものは、大々多数の人にとっては、ただ機械として働くことの教育である。

 しかし諸君が、自由、文化、権利等に関する諸君のブルジョア的見解を標準として、ブルジョア財産の廃絶を律しようとする間は、論争は無益である。諸君の思想そのものは、ブルジョア的の生産関係および財産関係の産物である。それと同じく、諸君の権利もまた、諸君の階級的意志を法律としたものに過ぎない。そしてその意志の内容は、諸君の階級の物質的生活条件から生じたものに過ぎない。

 諸君の利己的謬想――即ち諸君の生産関係および財産関係は、生産の進歩に従って生滅する歴史的関係であるのに、それを永劫の自然法および道理法に変更させる――その諸君の利己的謬想は、全ての滅亡した過去の支配階級が、みな諸君と同じく持っていたものである。諸君が古代の財産に対して理解したところ、また封建的財産に対して理解したところのものを、諸君はいま、ブルジョア的財産に対しては理解しようとしないのである。

 「家族制の廃絶!」共産主義者のこの不名誉な提案に対しては、最急進派の人々すらも憤激する。

 しかし、現在の家族制度、ブルジョアの家族制度はいかなる基礎の上に立っているか。資本の上、私収入の上に立っている。完全に発達したこの家族制度は、ただブルジョアジーの間にのみ存在している。そしてプロレタリヤの強制的無家庭と、公娼制度とが、その補足物になっている。

 ブルジョアの家族制は、もとよりこの補足物の消失と共に消失する。そして両者とも、資本の消失と共に消失する。

 諸君はまた、子供に対する親の搾取を廃絶するものとして、我々を攻撃するか。我々は甘んじてその罪人たることを自認する。

 しかし(と諸君は言うだろう)、家庭教育を廃して社会教育をそれに代えるのは、最も神聖なる家族関係を廃絶するものである、と。

 ところが、諸君の教育もやはり社会によって決定されるのではないか。諸君が教育を施すその社会的諸関係によって決定されるのではないか。学校などを通じて、直接間接に行われる社会の干渉によって決定されるのではないか。共産主義者は、教育に対する社会の影響を発明したのではない。彼らはただその影響の性質を変じて、教育をして支配階級の勢力から脱出させようとするのである。

 家族制度や教育のことについて、また親子の間の神聖な関係などということについて、ブルジョアがこんな言い訳をしているとき、大産業の結果として、プロレタリヤの家族関係がだんだんに破壊され、その小児たちが単純な商品と労働器械とに変形されて行くのを見ると、我々は実に嘔吐を催すの感がある。

 だって君ら共産主義者は、婦人の共有を行おうとしているのじゃないかと、全ブルジョアジーが我々に向って合唱的に絶叫する。

 ブルジョアは自分の妻を単なる生産器具と考えている。そして生産器具がみな共同に利用されると聞いたのだから、その共同利用の運命が、やはり婦人の上にも来るものとしか考えられないのは、無理もない話である。

 共産主義者の目的とするところは、そういう単なる生産器具としての婦人の地位を廃絶しようとするにあるのだなどとは、彼らが思いもそめないことである。

 しかし何にしろ、我がブルジョア諸君が、そのいわゆる共産主義者の婦人共有制に対して、道徳的義憤を発したことほど笑うべきものはない。共産主義者は婦人共有制を創設する必要がない。それは疾くの昔から存在しているではないか。

 我がブルジョア諸君は、公娼のことは暫く言はぬとしても、プロレタリヤの妻や娘を勝手にして、それでもなお満足が出来ないで、更に自分らの妻を互いに誘惑することを無上の快楽としているではないか。

 ブルジョアの結婚は、その実質上、まさに妻女共有制である。さすれば、彼らが共産主義者に対して加え得る攻撃は、偽善的に隠蔽されている婦人共有制の代りに、公然たる正式の婦人共有制を設けようとするからいけない、と言うのがせいぜいである。なお言うまでもないことだが、現今の生産関係を廃絶すれば、それとともに、その関係から生じた婦人共有制、すなはち公私の売淫制度が、みな消滅するのである。

 共産主義者は更に、祖国を廃絶し、国民性を廃する者として攻撃されている。

 労働者は祖国を持っていない。その人の持っていないものをその人から取ることは出来ない。プロレタリヤは先ず政権を握らねばならぬ、国民的の階級たる地位に登らねばならぬ、自己を国民として結成せねばならぬ。であるから、その意味において、ブルジョアジーの意味とは全く違うが、やはり国民的である。

 国家間の差別、および人種間の反目は、ブルジョアジーの発達のために、通商の自由のために、世界市場のために、生産方式およびそれに相応する生活関係の同一化のために、もはやだんだん消滅しつつある。

 プロレタリヤの政治はいっそう多くそれを消滅させるであろう。少くとも文明諸国間だけの団結した行動が、プロレタリヤ解放の最大条件の一つである

 一個人が他個人を搾取することが止めば、それと同じ比例において、一国民が他国民を搾取することも止むであろう。一国の内部における階級対立が無くなれば、国と国との間の敵視もまた無くなるであろう。

 宗教的、哲学的、および一般理想的見地からの共産主義に対する攻撃は、大して本気に論究するだけの価値が無い。

 人間の生活上の諸関係と共に、その社会的諸関係と共に、その社会的生活と共に、その思想、観念、および見解、一言にすれば、その自覚もまた変化するということを理解するのに、そんなに深い洞察力が要るだろうか。

 古来、思想の歴史が示しているところのものは、精神的生産が物質的生産と共に変質するということより外に無いではないか。ある時代を支配する思想は、いつでもただその支配階級の思想であった。

 ある思想が全社会を革命したということがある。それはただ、旧社会の内部に、新社会の要素が発育したという事実、古い生活関係の解体と共に、古い思想の解体が同一の歩調をとったという事実を指すに過ぎない。

 上古の世界が滅亡に瀕したとき、古い諸宗教はみな、キリスト教に征服された。十八世紀に、キリスト教の思想が啓蒙思想(合理思想)に圧せられたとき、封建社会は当時の革命的ブルジョアジーと致命戦をやっていた。良心の自由、および信仰の自由という思想は、ただ自由競争の優勝を知識界について言明したに過ぎない

 『けれども』と誰かが言うだろう。『宗教的、道徳的、哲学的、政治的、法律的の諸思想は、いかにも歴史発展の道程において変化したに相違ないが、宗教、道徳、哲学、政治、法律は、常にその変化の間に厳存した。』

 『それにまた、自由、正義などという、あらゆる社会状態に共通する、永劫の真理がある。しかるに共産主義は、その永劫の真理を廃絶する。宗教、道徳を改新するのではなく、全くそれを廃絶する。だから共産主義は、あらゆる過去の歴史発展と矛盾する。』

 この難詰は一体どういうことに帰着するか。あらゆる過去の社会の歴史は、階級対立の中に発展している。そしてその階級対立は、時代々々に従ってその形態を異にしている。

 しかしその形態は如何にもあれ、社会の一部分が他部分を搾取するという一点は、全ての過去の諸時代に共通な事実である。従って、全ての時代の社会的自覚(社会意識)が、その表現の多種多樣なるに関わらず、ある共通の形式をもって働くのは、当り前のことである。そしてその自覚形式は、階級対立の全き消滅と共に、初めて完全に解体すべきものである。

 共産主義の革命は、伝来の財産関係に対する根本的の分離である。従ってその発展の過程において、伝来の思想と根本的に分離するのは、当り前である。

 しかし、共産主義に対するブルジョアの非難は、もうこれで棄て措くことにしよう。

 我々は既に以上において、労働者革命の第一歩が、プロレタリヤを支配階級の地位に上げることにあるを見た。即ち、デモクラシーの戦勝にあるを見た。

 プロレタリヤはその政治的支配権を利用して、漸々にブルジョアから一切の資本を捩じ取るであろう。一切の生産機関を国家の手に、即ち支配階級として結成されたプロレタリヤの手に、集中するであろう。そして生産力の総量を出来得る限り急速に増大するであろう。

 もちろん、最初は、財産権に対する、およびブルジョア的生産関係に対する、圧制的侵害に拠らなければ、右のことは行われ得ないであろう。従ってその方策は、経済上、不徹底であり薄弱であるかに見える。しかしそれが運動の進行につれて、自然に元の埒外に跳り出る。そしてそれが生産方法の全体を変革する手段として、避くべからざる方策となる。

 もっともこの方策は、それぞれの国情に従って、それぞれの差異を呈するであろう。

 しかし最も進歩した諸国にあっては、次の諸方策が大抵一般に行使され得るであろう。

土地所有権の剥奪、および地代を国家の経費に充てること。
強度の累進所得税。
相続権の廃止。
全ての移出民および反逆者の財産の没收。
国家の資本をもって全然独占的なる国立銀行を作り、信用機関を国家の手に集中すること。
交通および運輸機関を国家の手に集中すること。
国有工場の増大、国有生産機関の増大、共同的設計による土地の開墾および改善。
全ての人に対して平等の労働義務を課すること。産業軍隊を編成すること。(殊に農業に対して)。
農業と工業との経営を結合すること。都会と地方との区別を漸々に廃すること。
全ての児童の公共無料教育。現今の形式における児童の工場労働の廃止。工業生産と教育との結合等。

 かくて、発達の進行につれ、階級的差別が消滅し、全ての生産が、総個人の協力(全国民の大組合)の手に集中されるならば、その時公的権力はその政治的性質を失う。元来、政治的権力なるものは、一階級が他階級を支配するための組織的強力である。プロレタリヤはブルジョアジーに対する戦闘の必要上、自ら一階級を形成し、革命によって自ら支配階級となり、そして支配階級として強制的に古い生産関係を廃絶するのであるが、その生産関係の廃絶と共に、階級対立の存在条件を廃絶し、階級全体を廃絶し、従ってまた、自らの階級的支配権をも廃絶するのである。

 かくていよいよ、古いブルジョア社会(およびその諸階級と階級対立と)の代りに、各人の自由な発達が衆人の自由な発達の条件となるような、協力社会が生ずるのである。
 
 

目 次