『共産党宣言』 第4章

第四章 在野諸政党に対する共産党の地位
 
 
 既成の労働諸党派に対する共産党の関係、従ってイギリスのチャーチスト、および北アメリカの農民改革党などに対する関係は、第二章の説述で自然に明瞭となっている。

 共産党は、労働階級の直接眼前の目的と利益とのために戦うものであるが、しかしその現在の運動の中において、またその運動の将来を代表するものである。フランスにおいては、共産党は社会民主党(1)と提携して、保守党および急進ブルジョア党と戦う。ただし、大革命から伝来した種々の謬見謬想に対しては、批評の権利を保留している。

(1) この党派は、議会においてはルドリュ・ロランによって、文学においてはルイ・ブランによって、日刊新聞においてはレフォルムによって代表され、多少社会主義の色彩を帯びた、民主党もしくは共和党の一部であった。

 スイスにおいては、彼らは急進党を助ける。ただし同党が二個の反対せる要素、即ち一はフランス流の民主的社会主義者、一は急進的ブルジョアジーからなることを見逃してはいない。

 ポーランドにおいては、彼らは、農業革命をもって国民的解放の主要条件とする党派を助けている。この党派は1846年、クラカウ一揆を起させたことがある。

 ドイツにおいては、彼らは、ブルジョアジーが革命的に行動する時、それと提携して專制王政、封建的地主、および小ブルジョアと戦う。

 しかし彼らは、未だかつて一刻たりとも、ブルジョアジーとプロレタリアートとが敵対しているという、出来得る限り明瞭な自覚を労働者に起させることを忘れていない。ブルジョアジーの支配と共に必ず採用されるはずの、その社会的および政治的条件を、ドイツの労働者が、直ちに自分の武器としてブルジョアジーに向け得るために。またドイツ反動諸階級の没落の後、直ちにブルジョアジー自身に対して戦闘を開始するために。

 共産党は主としてドイツに向ってその注意を集中する。ドイツは今、ブルジョア革命の前夜にあり、そしてまたその革命が、ヨーロッパ文明国一般の進歩した条件の下に行われ、なおまた、十七世紀のイギリス、十八世紀のフランスよりも、遙に高く発達したプロレタリヤを有し、従って、ドイツのブルジョア革命は、まさにプロレタリヤ革命の直接の前幕となり得るからである。

 要するに、共産党は、到る処において、社会的および政治的の現状に反抗する各種の革命運動を擁護する。

 全てこれらの運動において、共産党は常に財産問題を標榜している。その財産問題の発達程度がどうであろうとも、彼らは常にそれを運動の根本としている。

 最後に、共産党は到る処において、万国の民主的諸党派の団結と一致とのために努力する。

 共産党は、その主義政見を隠蔽することを恥とする。彼らは公然として宣言する。彼らの目的は、一切従来の社会組織を強力的に顛覆することによってのみ達せられる。支配階級をして共産主義革命の前に戦慄せしめよ。プロレタリヤは、自分の鎖より外に失うべき何ものも持たない。そして彼らは、獲得すべき全世界を持っている
 
 

万国のプロレタリヤ団結せよ!

 

―― 完 ――

 
 

目 次