『後漢書』

巻八十五 第七十五 東夷列伝
撰:范曄 (劉宋)
 
倭 条

倭在韓東南大海中,依山島為居,凡百餘國。
「倭」は「韓」東南の大海の中に在り、山島を依拠に居し、凡そ百余国。

武帝滅朝鮮,使驛通於漢者三十許國,國皆稱,世世傳統。
「武帝」が朝鮮を滅ぼした後(前108年)、漢人を介し「使駅」と通じる国が三十国はあり、国は皆代々伝統的に「王」を称する。

大倭王邪馬臺國
その「大倭王」は「邪馬台国」に居る。

樂浪郡徼,去其國萬二千里,去其西北界拘邪韓國七千餘里。
「楽浪郡」の境は、その国を去ること一万二千里、その西北界の「拘邪韓国」を去ること七千余里。

其地大較在會稽東冶之東,與朱崖儋耳相近,故其法俗多同。
その地は大まかには「会稽」「東冶」の東に在り、「朱崖」「儋耳」とも相近く、故に法俗も多くは同じ。

土宜禾稻、麻紵、蠶桑,知織績為縑布
土地は雑穀、稲、麻紵(カラムシ)、蚕桑に宜しく、薄絹の織績を知る。

出白珠、青玉
「白珠」、「青玉(ヒスイ)」を産出する。

其山有丹土
その山には「丹土(水銀)」がある。

氣温暖,冬夏生菜茹。
気候は温暖で、冬も夏も野菜が生える。

無牛馬虎豹羊鵲。
牛、馬、虎、豹、羊、 鵲(カササギ)はいない。

其兵有矛、楯、木弓,竹矢或以骨為鏃
その兵には矛、楯、木弓があり、竹矢或いは骨を矢尻にする。

男子皆黥面文身,以其文左右大小別尊卑之差。
男子は皆顔と体に刺青を入れ、その模様の左右大小は尊卑の差で別かれる。

其男衣皆橫幅結束相連。
その男子の衣は皆横幅が広く、両端を結束して連ねる。

女人被髮屈紒,衣如單被,貫頭而著之;並以丹朱坋身,如中國之用粉也。
女人は髪を髷て被り、衣は一枚布の如くで、頭を貫き通しこれを着る(並びに体に丹朱をかけるのは、中国で用いる白粉の如くなり)。
 


茨城県大平黄金塚古墳出土埴輪

 
有城柵屋
城柵、家屋、室(ムロ)あり。

父母兄弟異處,唯會同男女無別。
父母兄弟は居処を異にするが、唯一会同では男女の区別が無い。

飲食以手,而用籩豆
手で飲食し、器を用いる。

俗皆徒跣,以蹲踞為恭敬。
俗衆は皆裸足で、跪くことで恭敬を表す。

人性嗜酒。多壽考,至百餘歳者甚衆。
酒を嗜む人間性で、長寿の者が多く、百余歳に至る者も甚だいる。

國多女子,大人皆有四五妻,其餘或兩或三。
国には女子が多く、身分の高い者は皆四、五人の妻があり、その余は二、三人。

女人不淫不妬。
女人は節度があり、嫉妬しない。

又俗不盜竊,少爭訟。
また俗衆は窃盗せず、争訟は少ない。

犯法者沒其妻子,重者滅其門族。
法を犯した者の妻子は奴婢に没され、罪の重い者はその門族を滅ぼされる。

其死停喪十餘日,家人哭泣,不進酒食,而等類就歌舞為樂
その死者の喪は十余日間で停まり、家族は哭泣し、酒食を控え、親類の者は慰めの歌舞に就く。

灼骨以卜,用決吉凶。
骨を焼くことで卜い、吉凶を決めるのに用いる。

行來度海,令一人不櫛沐,不食肉,不近婦人,名曰持衰
海を行き来するときは、身奇麗にせず、肉を食べず、婦人を近寄せない「持衰」を一人に命じる。

若在塗吉利,則雇以財物;如病疾遭害,以為持衰不謹,便共之。
若し吉利があれば、対価を支払う(病疾や損害の如きに遭うと、「持衰」の不謹慎を理由にこれを殺す)。
 

建武中元二年,倭奴國奉貢朝賀,使人自稱大夫,倭國之極南界也。
建武中元二年(57年)、倭の「奴国」が朝賀の奉貢をし、使人は「大夫」を自称したが、倭の国の南界の極みである。

光武賜以印綬。
「光武帝」は印綬を賜う。
 


「漢委奴國王」

 
安帝永初元年,倭國王帥升等獻生口百六十人,願請見。
「安帝」の永初元年(107年)、倭の国の王の「帥升」らが生口百六十人を献上し、謁見を請願した。

桓、靈閒,倭國大亂,更相攻伐,歴年無主
「桓帝」と「霊帝」の間(146年~189年)、倭の国は大きく乱れ、更に相互に攻伐し、歴年「主」無し。

 
有一女子名曰卑彌呼,年長不嫁,事鬼神道,能以妖惑衆,於是共立為王
「卑彌呼」という一人の女があり、年長なれど嫁がず、鬼神道の事を行い衆を魅惑するので、これを「王」に共立す。

侍婢千人,少有見者,唯有男子一人給飲食,傳辭語。
千人の奴婢を侍らせても、謁見する者は少なく、唯一一人の男子があって飲食を給仕をし、辞語を伝える。

居處宮室樓觀城柵,皆持兵守衛。
居処の宮室、楼観、城柵に、皆守衛の兵を持つ。

法俗嚴峻。
法俗は厳峻である。

自女王國度海千餘里至拘奴國,雖皆倭種,而不屬女王
「女王国」から東に海を渡ること千余里で「拘奴国」に至り、皆が「倭種」といえども、女王には属さず。

自女王國四千餘里至朱儒國,人長三四尺。
「女王国」から南に四千余里で「朱儒国」に至り、人の身長は三、四尺。

自朱儒東南行船一年,至裸國黑齒國,使驛所傳,極於此矣。
「朱儒国」から東南に船で一年行くと「裸国」と「黒歯国」に至り、使駅の伝える所は、ここで極まる。
 

目 次

 
 
考 察:

 「倭」の大王は邪馬臺国に居て、その場所は楽浪郡境から一万二千里、邪馬臺国の北西界に位置する拘邪韓国から楽浪郡境までは七千余里なので、邪馬臺国と拘邪韓国は五千里離れていることになります。

 さらにその地(邪馬臺国)は「会稽、東冶の東」にあたり、「朱崖、儋耳と相近い」と続きますが、地図で見るとふたつの場所はかなり離れています。
 

 
 朱崖、儋耳を脇に置けば、「韓の東南の大海の中」「会稽、東冶の東」誤差範囲ですが、この場所が邪馬臺国なのか?それとも「倭」の圏内を指しているのか?がハッキリしません。

山に「丹土(水銀)」がある

…という記述からすると、上記の地点に存在する「沖縄」が邪馬臺国だったという可能性は低いように思えます。
 
弥生から古墳時代の墳墓出土朱の産地推定 (pdf)
 


邪馬台国は沖縄だった!
木村 政昭 (著)

 
 一方で、「奴国」に関して言えば「倭の国の南界の極み」であることと、「会稽、東冶の東」という地理的条件が一致するので…

奴国は沖縄にあった!

…の方がまだ納得できます。