『梁 書』

巻五十四 第四十八 東夷諸戎
撰:姚思廉 (唐) 等
 

倭者,自云太伯之後,俗皆文身。
帯方万二千余里,大抵在会稽之東,相去絶遠。
従帯方至倭,循海水行,歴韓国,乍東乍南,七千余里始度一海;
海闊千余里,名瀚海,至一支国
又度一海千余里,名未盧国
又東南陸行五百里,至伊都国
又東南行百里,至奴国
又東行百里,至不彌国
又南水行二十日,至投馬国
又南水行十日,陸行一月日,至邪馬台国,即倭王所居。
其官有伊支馬,次曰彌馬獲支,次曰奴往鞮

 
 
民種禾稲紵麻,蚕桑織績。
有薑、桂、橘、椒、蘇。
黒雉、真珠、青玉。

民は雑穀、稲、紵、麻の種を撒き、桑で蚕を育てて織績を営む。
薑、桂、橘、椒、蘇が有る。
黒雉(黒曜石)、真珠、青玉(ヒスイ)を産出する。
 
 
有獣如,名山鼠;又有大蛇呑此獣。
蛇皮堅不可斫,其上有孔,乍開乍閉,時或有光,射之中,蛇則死矣。

「山鼠」という名の牛の如き獣あり(またこの獣を呑み込む大蛇あり)。
大蛇の皮は堅く傷つけることは不可能で、その上部に孔があって、開いたり閉じたり、時々光ることがあり、この中に矢を射ると、大蛇は死ぬ。
 
 
物産略与儋耳朱崖同。
地温暖,風俗不淫。
男女皆露紒。
富貴者以錦繡雑彩為帽,似中国公頭。
食飲用籩豆。
其死,有棺無槨,封土作家
人性皆嗜酒。
俗不知正歳,多寿考,多至八九十,或至百歳。
其俗女多男少,貴者至四五妻,賎者猶二三妻。
婦人無淫妬。
無盗窃,少諍訟。
若犯法,軽者没其妻子,重則滅其宗族。

 
 
霊帝光和中,倭国乱,相攻伐歴年,乃共立一女子卑彌呼為王。
彌呼無夫婿,挟鬼道,能惑衆,故国人立之。
有男弟佐治国。
自為王,少有見者,以婢千人自侍,唯使一男子出入伝教令。
所処宮室,常有兵守衛。

 
 
至魏景初三年,公孫淵誅後,卑彌呼始遣使朝貢,魏以為親魏王,仮金印紫綬。
正始中,卑彌呼死,更立男王,国中不服,更相誅殺,復立卑彌呼宗女台与為王。
其後復立男王,並受中国爵命。

魏の景初三年(239年)に至り、「公孫淵」を誅した(238年)後に、卑彌呼の遣使が朝貢を始め、魏は「親魏王」として、金印紫綬を仮に授けた。
正始の中頃(245年)、卑彌呼が死に、更に男王を立てたが、国中がこれに服さず、更に相互に誅殺を重ねたので、復卑彌呼の宗女台与を王に立てた。
その後復男王を立ち、並びに中国の爵命を受ける。
 
 
安帝時,有倭王
賛死,立弟
彌死,立子
済死,立子
興死,立弟

晋の安帝の時(396年~403年)、倭の王に賛有り。
賛が死ぬと、弟の彌が王に立ち;
彌が死ぬと、子の済が王に立ち;
済が死ぬと、子の興が王に立ち;
興が死ぬと、弟の武が王に立つ。
 
 
斉建元中,除持節、督倭新羅任那伽羅秦韓慕韓六国諸軍事、鎮東大将軍
高祖即位,進武号征東将軍

斉の建元中頃(480年)、武を「持節」、「都督(倭・新羅・任那・伽羅・秦韓・慕韓の六国の諸軍事)」、「鎮東大将軍」に除す。
高祖が即位(494年)すると、武の号を「征東将軍」に進める。
 
 
其南有侏儒国,人長三四尺。
又南黒歯国裸国,去倭四千余里,船行可一年至。
又西南万里有海人,身黒眼白,裸而醜。
其肉美,行者或射而食之

 
 
 
 
扶桑国

扶桑国者,齊永元元年,其国有沙門慧深来至荊州,説云:
「扶桑在大漢国東二万余里,地在中国之東,其土多扶桑木,故以為名。
扶桑葉似桐,而初生如笋,国人食之,実如梨而赤,績其皮為布以為衣,亦以為綿。

扶桑国の者、(南斉)永元元年(499年)、其の国の沙門僧慧深が荊州に至り来ることが有り、説いて云うに:
「扶桑国は大漢国の東二万余里に在り、地は中国の東に在って、其の土地には「扶桑の木」が多く、故に国名とする。
扶桑の葉は桐に似て、初めはタケノコの如く生え、国人はこれを食し、実は梨の如くで色は赤く、その樹皮を績ぎ布にし衣にするは、綿と同じ。
 
 
作板屋,無城郭。
有文字,以扶桑皮為紙。
無兵甲,不攻戦。

板で家を作り、城郭は無い。
文字が有り、扶桑の樹皮を紙にする。
兵と武器は無く、戦をして攻めることはない。
 
 
其国法,有南北獄。
若犯軽者入南獄,重罪者入北獄。
有赦則赦南獄,不赦北獄。
在北獄者,男女相配,生男八歳為奴,生女九歳為婢。
犯罪之身,至死不出。
貴人有罪,国乃大会,坐罪人於坑,対之宴飲,分訣若死別焉。
以灰繞之,其一重則一身摒退,二重則及子孫,三重則及七世。

其の国の法では、南と北に獄舎有り。
もし犯罪が軽い者は南の獄舎に入れ、重罪の者は北の獄舎に入れる。
恩赦が有って南の獄舎は赦されるが、北の獄舎は赦されない。
北の獄舎の者は、男女の相手を配偶者にし、生まれた男が生まれると8歳で奴隷となり、女が生まれると9歳で奴婢となる。
犯罪者自身は、死ぬまで出られない。
貴人が有罪になると、国は大会を催し、罪人を杭(縦穴)の中に座らせ、これの面前で宴を開いて酒を飲み、別れの杯を分けるのは死別にそなえてである。
灰でこれを生き埋めにするが、其れが一重なら罪人のみを追放し、二重なら子孫に及び、三重なら七世に及ぶ。
 
 
名国王為乙祁;貴人第一者為大対盧,第二者為小対盧,第三者為納咄沙
国王行有鼓角導従。
其衣色隨年改易,甲乙年青,丙丁年赤,戊己年黄,庚辛年白,壬癸年黒。

国王の名は乙祁(オケ):貴人の第一位者は大対盧、第二位者は小対盧、第三位者は納咄沙とする。
国王の行列は太鼓、角笛の導きに従う。
その衣の色は年の改易のままに、甲乙年は青、丙丁年は赤、戊己年は黄、庚辛年は自、壬癸年は黒。
 
 
有牛角甚長,以角載物,至勝二十斛。
車有馬車、牛車、鹿車
国人養鹿,如中国畜牛,以乳為酪
有桑梨,経年不壊。
多蒲桃。
其地無鉄有銅,不貴金銀
市無租估。

角の甚だ長い牛が有り、角に物を載せ、20斛(540kg)に勝り至る。
馬車、牛車、鹿車の車有り。
国人が鹿を養うのは、中国で牛を蓄する如くで、乳を乳製品にする。
桑、梨が有り、毎年豊作。
蒲桃(フトモモ)が多い。
其の地に鉄は無いが銅は有り、金銀は貴重ではない。
市場の商売は無税。
 
 
其婚姻,婿往女家門外作屋,晨夕灑掃,経年而女不悦,即駆之,相悦乃成婚。
婚禮大抵與中国同。
親喪,七日不食;祖父母喪,五日不食;兄弟伯叔姑姉妹,三日不食。
設霊為神像,朝夕拝奠,不制縗絰。
嗣王立,三年不視国事
其俗旧無佛法,宋大明二年,罽賓国嘗有比丘五人遊行至其国,流通佛法、経像,教令出家,風俗遂改。」

其の婚姻は、婿が女の家へ往き門外に家屋を作り、朝夕掃除をして、年を経ても女が悦ばないと、ここから退駆し、相手が悦べば成婚となる。
結婚式は中国とほぼ同じである。
親の喪は、七日間断食する:祖父母の喪は5日間:兄弟、伯父叔母、姉妹は、三日間断食。
霊廟を設け神像とし、朝夕拝み供え物を捧げ、喪服は不制度である。
後嗣の王が立つと、三年間は国事を視ない。
其の風俗は旧くは仏法が無く、宋(南朝)の大明二年(458年)、罽賓国(ガンダーラ地方)が五人の僧を其の国に遊行至らしめ、仏法と仏像、出家の教令が流通し、風俗は遂に改まる。」
 
 
慧深又云:
「扶桑東千余里有女国,容貌端正,色甚潔白,身體有毛,髪長委地。
至二三月,競入水則任娠,六七月産子。
女人胸前無乳,項後生毛,根白,毛中有汁,以乳子,一百日能行,三四年則成人矣。
見人驚避,偏畏丈夫。
食鹹草如禽獣。
鹹草葉似邪蒿,而気香味鹹。」

慧深また云うに:
「扶桑の東千余里に女国有り、容貌は端正で、色は甚だ潔白で、身体に体毛が有り、髪は長く地面に届く。
二、三月に至ると,妊娠のために競って海に入り、六、七月に子を産む。
女人の胸の前に乳房無く、うなじの後に毛が生え、毛根は白く、毛の中に汁が有り、乳飲み子に与え、百日で歩行が可能になり、三、四年もすると成人になる。
見た人は驚き逃避し、偏に頑丈さを畏怖する。
香辛草を禽獣の如く食す。
香辛草の葉はニガヨモギに似て、かつ草気と香りと味は刺激的。」
 
 
天監六年,有晉安人渡海,為風所飄至一島,登岸,有人居止。
女則如中国,而言語不可曉;男則人身而狗頭,其聲如吠。
其食有小豆,其衣如布。
築土為牆,其形円,其戸如竇云。

(南朝梁)天監六年(507年)、晋安人の渡海が有り、風の強い所で一つの島に至り、海岸を上ると、居止まる人有り。
女は中国の如く、なれど言語は暁かでない;男は人身なれど頭は狗(犬)で、其の声は吠える如し。
其の食に小豆有り、其の衣は布の如し。
土で塀を築き、其の形は円形で、其の出入り戸は孔の如くと云う。
 
 

目 次

 
 

広告