「独裁者」(1940年)

映画 「独裁者」 / 製作 : 1940年アメリカ
監督・主演 : チャールズ・チャップリン

 
諸君にはすまないが、
私は皇帝の地位など望んでいない。
私にはどうでもいいことだ。
他人を支配したり、征服する気はない。
 
それよりもみんなの力になりたい。
ユダヤ人だろうと、異邦人だろうと、
黒人だろうと、白人だろうと、
誰かの力になりたいと望んでいる。

人間 とはそういうものなのだ。

我々は「お互いの不幸」ではなく、
「お互いの幸福」に寄り添って
人生を送りたいのであって、
憎しみあい、見下しあうことなど
望んではいない。

この地上にはみんなに部屋が用意され、
豊かな大地の恵みを公平に分け合い、
自由で素晴らしい人生を送れるのに…

我々は道を誤ってしまった。

人々の魂は「貪欲」に蝕まれ、
悲劇と流血の中へアヒルのように進み、
世界を憎しみで分断してしまったのだ。

我々は「効率」を手に入れたが、
大量生産がもたらす「富」に目が眩み、
「欲望の檻」の中に
自らを閉じ込めてしまったのだ。

「知識」は我々を悲観的にし、
「勤勉」は厳格かつ不寛容で、
我々は神経質になって
心をすり減らしている

「機能性」よりも
「人間性」が大切なのだ。
「賢さ」よりも
「思いやり」「敬愛」が大切なのだ。
これらが無ければ
人生は「凶暴性」で満たされ、
何も得るものは無いだろう。

飛行機やラジオが
「相互理解」を深めてくれたように、
文明の進歩(インターネット)が
我々の「良心」や「博愛精神」に
「団結」を促すのは、
自然に則した進歩なのだ。

私のこの声も、
世界中の人に届いていることだろう。
「絶望した男たち」のもとに、
「嘆き悲しむ女たち」もとに、
そして…「幼い子供たち」のもとに。
 

 
罪の無い人々を傷つけ
投獄する者たちこそ

哀れな「システムの犠牲者」なのだ。

私の声が届いている
すべての人に伝えたい。

絶望してはならない!

いま我々を覆っている不幸は、
やがては過ぎ去る「貪欲」であり、
人類の進歩を恐れる者たち
撒き散らしている「ニガリ」なのだ。

憎しみは消え…
「独裁者たち」は去り…
彼らに奪われた「力」は、
必ず我々の手に戻る。
だから「人間性」を手放さない限り、

「自由」が滅びることはない!

兵士諸君、
「獣たち」に身を委ねてはならない。
君らを見下し、奴隷にし、規則で縛り…
何を言うか?
何を考えるか?
何を感じるか?
…を調教し、
食事を制限して家畜のように扱い、
君らを大砲の弾のようにしか
考えてない連中

そんな自然に反する
「機械的な思考」
「機械的な心」を持つ冷血人間たちに、
君らの身を委ねてはならない。
君らは「機械」でも「家畜」でもない。

君らは「人間」なのだ!

君らの心の内に在るのは
「人間愛」であって「憎しみ」ではない。
愛情の欠落した者が憎しみを抱くのだ。
愛情の欠落した、自然に反する者
憎しみを抱くのだ。
 

 
兵士諸君、
「奴隷システム」のためではなく、
「自由」のために闘うのだ。
「ルカによる福音書」の第17章には
こう書かれている…

“神の国はあなたの「内」に在る”

ひとりの人間の「内」にではなく…
一握りの集団の「内」にではなく…
全ての人の「内」に“神の国” は在る。

君ら「内」にも“それ” はある!

だから機械を作ったり、
幸福を創造する「力」
君らは持っているのだ。
君らには人生を自由で
「ワクワクする冒険」に満ちた、
素晴らしいものにする「力」がある。

民主制のためにその「力」を使い、
「団結」しようではないか。

「新しい世界」のために、
闘おうではないか!

皆に「労働の機会と将来」を保障し、
老人には「福祉が整備された社会」
こうした「公約」を掲げて、
「獣たち」は権力を手に入れたが…

約束は守られなかった!
 

 
「公約」を守る気などサラサラ無く、
「独裁者」のように振る舞い、
我々は「奴隷」のように扱われ、
「獣たち」に奉仕させられているのだ。

闘おうではないか!
「公約」 を実現させるために。
闘おうではないか!
世界を「解放」するために。

国と国を分け隔てる
「ナショナリズム」を払拭し、
「貪欲」から生じる
憎しみ不寛容を排除し、
科学の進歩と発展が、
皆を幸福へと導く世界の実現のため…

兵士諸君、
民主制の旗の下に団結しよう!

 

(拙訳 : 小川 隆道)

 

広告