カイロ宣言

ローズヴェルト大統領、蒋介石大元帥およびチャーチル総理大臣は、各自の軍事および外交顧問と共に北アフリカに於て会議を終了す

下記の原則的声明を発せり。
 

○ 各軍事使節は、日本国に対する将来の軍事行動を協定せり。

○ 三大同盟国は、海路陸路および空路により、その野蛮なる敵国に対し仮借なき弾圧を加うるの決意を表明せり。前述弾圧は既に増大しつつあり。

○ 三大同盟国は、日本国の侵略を制止し、かつこれを罰するため、今次の戦争を為しつつあるものなり。前述同盟国は、自国のために何等の利得をも欲求するものに非ず。また領土拡張の何等の念をも有するものに非ず

○ 前述同盟国の目的は、日本国より1914年の第一次世界戦争の開始以後に於て、日本国が奪取しまたは占領したる太平洋に於ける一切の島嶼を剥奪することならびに、満洲、台湾および澎湖島の如き日本国が清国人より盗取したる一切の地域を中華民国に返還することに在り。

○ 日本国はまた、暴力および貧慾により日本国の略取したる、他の一切の地域より駆逐せらるべし

○ 前述三大国は、朝鮮の人民の奴隷状態に留意し、やがて朝鮮を自由かつ独立のものたらしむるの決意を有す。

○ 以上の目的を以て、前述三同盟国は同盟諸国中日本国と交戦中なる諸国と協調し、日本国の無条件降伏をもたらすに必要なる、重大かつ長期の行動を続行すべし。

 
上記共同声明は1943年12月1日(水)午後7時30分をもって発効す。