サンフランシスコ平和条約

Chapter VII Final Clauses
第七章 最終条項

Article 23
第二十三条
a The present Treaty shall be ratified by the States which sign it, including Japan, and will come into force for all the States which have then ratified it, when instruments of ratification have been deposited by Japan and by a majority, including the United States of America as the principal occupying Power, of the following States, namely Australia, Canada, Ceylon, France, Indonesia, the Kingdom of the Netherlands, New Zealand, Pakistan, the Republic of the Philippines, the United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland, and the United States of America.
この条約は、日本国を含めて、これに署名する国によつて批准されなければならない。この条約は、批准書が日本国により、且つ、主たる占領国としてのアメリカ合州国を含めて、次の諸国、すなわちオーストラリア、カナダ、セイロン、フランス、インドネシア、オランダ、ニュー・ジーランド、パキスタン、フィリピン、グレート・ブリテン及び北部アイルランド連合王国及びアメリカ合州国の過半数により寄託された時に、その時に批准しているすべての国に関して効力を生ずる。
 
The present Treaty shall come into force of each State which subsequently ratifies it, on the date of the deposit of its instrument of ratification.
この条約は、その後これを批准する各国に関しては、その批准書の寄託の日に効力を生ずる。
b If the Treaty has not come into force within nine months after the date of the deposit of Japan’s ratification, any State which has ratified it may bring the Treaty into force between itself and Japan by a notification to that effect given to the Governments of Japan and the United States of America not later than three years after the date of deposit of Japan’s ratification.
この条約が日本国の批准書の寄託の日の後9ヶ月以内に効力を生じなかつたときは、これを批准した国は、日本国の批准書の寄託の日の後三年以内に日本国政府及びアメリカ合州国政府にその旨を通告して、自国と日本国との間にこの条約の効力を生じさせることができる。
Article 24
第二十四条
All instruments of ratification shall be deposited with the Government of the United States of America which will notify all the signatory States of each such deposit, of the date of the coming into force of the Treaty under paragraph (a) of Article 23, and of any notifications made under paragraph (b) of Article 23.
すべての批准書は、アメリカ合州国政府に寄託しなければならない。同政府は、この寄託、第二十三条(a)に基くこの条約の効力発生の日及びこの条約の第二十三条(b)に基いて行われる通告をすべての署名国に通告する。
Article 25
第二十五条
For the purposes of the present Treaty the Allied Powers shall be the States at war with Japan, or any State which previously formed a part of the territory of a State named in Article 23, provided that in each case the State concerned has signed and ratified the Treaty.
この条約の適用上、連合国とは、日本国と戦争していた国又は以前に第二十三条に列記する国の領域の一部をなしていたものをいう。但し、各場合に当該国がこの条約に署名し且つこれを批准したことを条件とする。

Subject to the provisions of Article 21, the present Treaty shall not confer any rights, titles or benefits on any State which is not an Allied Power as herein defined; nor shall any right, title or interest of Japan be deemed to be diminished or prejudiced by any provision of the Treaty in favour of a State which is not an Allied Power as so defined.
第二十一条の規定を留保して、この条約は、ここに定義された連合国の一国でないいずれの国に対しても、いかなる権利、権原(限)又は利益も与えるものではない。また、日本国のいかなる権利、権原(限)又は利益も、この条約のいかなる規定によつても前記のとおり定義された連合国の一国でない国のために減損され、又は害されるものとみなしてはならない。

Article 26
第二十六条
Japan will be prepared to conclude with any State which signed or adhered to the United Nations Declaration of 1 January 1942, and which is at war with Japan, or with any State which previously formed a part of the territory of a State named in Article 23, which is not a signatory of the present Treaty, a bilateral Treaty of Peace on the same or substantially the same terms as are provided for in the present Treaty, but this obligation on the part of Japan will expire three years after the first coming into force of the present Treaty.
日本国は、1942年1月1日の連合国宣言に署名し若しくは加入しており且つ日本国に対して戦争状態にある国又は以前に第二十三条に列記する国の領域の一部をなしていた国で、この条約の署名国でないものと、この条約に定めるところと同一の又は実質的に同一の条件で二国間の平和条約を締結する用意を有すべきものとする。但し、この日本国の義務は、この条約の最初の効力発生の後三年で満了する

Should Japan make a peace settlement or war claims settlement with any State granting that State greater advantages than those provided by the present Treaty, those same advantages shall be extended to the parties to the present Treaty.
日本国が、いずれかの国との間で、この条約で定めるところよりも大きな利益をその国に与える平和処理又は戦争請求権処理を行つたときは、これと同一の利益は、この条約の当事国にも及ぼされなければならない。

Article 27
第二十七条
The present Treaty shall be deposited in the archives of the Government of the United States of America which shall furnish each signatory State with a certified copy thereof.
この条約は、アメリカ合州国政府の記録に寄託する。同政府は、その認証謄本を各署名国に交付する。

IN FAITH WHEREOF the undersigned Plenipotentiaries have signed the present Treaty.
以上の証拠として、下名の全権委員は、この条約に署名した。

DONE at the city of San Francisco this eighth day of September 1951, in the English, French, and Spanish languages, all being equally authentic, and in the Japanese language.
1951年9月8日にサン・フランシスコ市で、ひとしく正文である英語、フランス語及びスペイン語により、並びに日本語により作成した。

 
 
批准国
 
本条約の批准国は、現在次の46国である。(アルファベット順)
ARGENTINE(アルゼンティン)
AUSTRALIA(オーストラリア)
BELGIUM(ベルギー)
BOLIVIA(ボリヴィア)
BRAZIL(ブラジル)
CAMBODIA(カンボディア)
CANADA(カナダ)
CHILE(チリ)
COSTA RICA(コスタ・リカ)
CUBA(キューバ)
DOMINICAN REPBLIC(ドミニカ共和国)
ECUADOR(エクアドル)
EGYPY(エジプト)
EL SALVADOR(エル・サルヴァドル)
ETHIOPIA(エティオピア)
FRANCE(フランス)
GREECE(ギリシャ)
GUATEMALA(グァテマラ)
HAITI(ハイティ)
HONDURAS(ホンデュラス)
IRAN(イラン)
IRAQ(イラク)
LAOS(ラオス)
LEBANON(レバノン)
LIBERIA(リベリア)
MEXICO(メキシコ)
NETHERLANDS(オランダ)
NEW ZEALAND(ニュー・ジーランド)
NICARAGUA(ニカラグァ)
NORWAY(ノールウェー)
PAKISTAN(パキスタン)
PANAMA(パナマ)
PARAGUAY(パラグァイ)
PERU(ペルー)
PHILIPPINES(フィリピン)
SAUDI ARABIA(サウディ・アラビア)
SOUTH AFRICA(南アフリカ連邦)
SRI LANKA(スリ・ランカ)
SYRIAN ARAB(シリア)
TURKEY(トルコ)
UNITED KINGDOM(グレート・ブリテン及び北部アイルランド連合王国)
UNITED STATES OF AMERICA(アメリカ合州国)
URUGUAY(ウルグァイ)
VENEZUELA(ヴェネズエラ)
VIET NAM(ヴィエトナム)
JAPAN(日本国)
 

目 次

 
 

広告