ワッハービズム

イスラム国(ISIS)を理解するには、サウジアラビアの過激主義「ワッハービズム」を知らなければならない
投稿日: 2014年09月12日 12時43分 JST 更新: 2014年11月11日 19時12分 JST
アラスター・クルーク 元イギリス秘密情報部(MI6)幹部 中東担当
 

 
イスラム国(ISIS)の劇的な出現は西側の多くの人々に衝撃を与えている。そして多くの人が困惑して、恐怖を感じている――その暴力と、イスラム教スンニ派の若者たちへの明らかな求心力にだ。さらに、この出現に直面したサウジアラビアの迷走を厄介に、また不可解に感じ、首をかしげている。「サウジはイスラム国(ISIS)が自分たちをも脅かしていることに気付いていないのだろうか?」と。

今でさえ、サウジアラビアの支配階級のエリートたちは分裂しているように見える。ある者たちは、イスラム国(ISIS)がイランのシーア派の”武力”にスンニ派の”武力”で対抗するのに拍手喝采だ。新しいスンニ派国家が、まさに彼らがスンニ派の歴史的遺跡とみなす中心地で具体化しているからだ。そしてそれらはイスラム国(ISIS)の厳格なサラフィスト・イデオロギー(サラフと呼ばれる初期イスラムの時代を理想とするサラフィー主義の一派)により出現している。

他のサウジ人たちはもっと恐れており、ワッハーブ派(18世紀半ばにアラビア半島に起こった復古主義的なイスラム改革運動)のイフワーン(サウジアラビアの建国を支えた民兵組織)によるアブドゥル・アジズ・イブン・サウード(サウジアラビア初代国王)への反乱の歴史を思い出している。イフワーンは1920年代末に、ワッハーブ派とサウド家をほぼ崩壊寸前まで追い込んだ
 


イフワーン(1911年)

 
多くのサウジ人はイスラム国(ISIS)の急進的教義に深く困惑している――そして、サウジアラビアの方向性と論理のある部分に疑問を投げかけ始めている。
 
 
サウジの二重性

イスラム国(ISIS)をめぐるサウジアラビアの内的不調和と緊張は、この王国の教義上の構造やその歴史的起源のまさに核心に存在する、固有の(また持続する)二重性を知ることで初めて理解できる。

サウジのアイデンティティーのひとつの支配的な鎖は、ムハンマド・イブン・アブドゥル・ワッハーブ(ワッハーブ派の創始者)と、イブン・サウード(当時、非常に乏しい灼熱のネジド砂漠でベドウィン部族たちを襲い続ける多数の指導者たちにまぎれた、目立たないリーダーの一人に過ぎなかった)により示された急進的で排他的なピューリタニズムの採用に直接つながる。
 


イフワーン指導者スルターン・ビン・バジャード:左から2番目 (1876 – 1931)

 
この複雑な二重性へのふたつ目の鎖は、1920年代の、アブドゥル・アジズ王に続く国家体制へのシフトに正確に結びつく。彼がイフワーンの暴力を抑制(イギリスやアメリカに対し国家として外交的立場を取るため)したこと、ワッハーブ派の元来の衝動を制度化したこと、そして続く1970年代の、絶好のタイミングで押し寄せてきたオイルマネーの蛇口を捕らえたこと、変化しやすいイフワーンの流れを内側から外側へ向けさせたことだ。それらはイスラム世界全体に、暴力革命よりも文化革命を拡散させることによって実現した。

しかしこの“文化革命”は穏やかな改革主義ではなかった。それはアブドゥル・ワッハーブが自らの内に知覚した、腐敗と逸脱へのジャコバン派に似た憎悪に基づく革命であり、すべての異端と偶像崇拝を粛清するよう求めるものだった。
 
 
イスラムの詐欺師たち

アメリカの作家でジャーナリストでもあるスティーブン・コールは、14世紀の厳格なイスラム法学者イブン・タイミーヤの厳しくて口やかましい弟子、アブドゥル・ワッハーブが…上品さ、芸術家気取り、喫煙、大麻吸引、太鼓を叩くエジプト人、そしてアラビアを縦断してメッカへ祈りに行くオスマン貴族…をいかに軽蔑していたか書いている。

アブドゥル・ワッハーブの思想によれば、彼らはイスラム教徒ではない。イスラム教徒の仮面をかぶった詐欺師だ。もちろん、地元のベドウィン・アラブ人の振舞いを、もっとましだと思ったこともない。彼らは聖人をあがめ、墓石を建て、“迷信”(たとえば墓や、特に神聖とみなされる場所を崇めたりすること)に従うことで、アブドゥル・ワッハーブを怒らせた。

これらの振舞いすべてを、アブドゥル・ワッハーブは異端――神により禁止されている、として非難した。

昔のタイミーヤのように、アブドゥル・ワッハーブは預言者ムハンマドがメディナ(イスラム教の聖地)にいた期間こそ、すべてのイスラム教徒が倣おうとすべき理想的なイスラム社会(“最良の時代”)だったと信じていた(本質的に言って、これがイスラム教の最も保守的な思想であるサラフィズムにほかならない)。

タイミーヤはシーア派、スーフィズム(イスラム教の神秘主義思想)、そしてギリシャ哲学に対し宣戦布告した。彼はまた預言者の墓を訪れて誕生日を祝うことにも反対し、そのような振舞いはすべて、イエスを神として崇拝(つまり偶像崇拝)するクリスチャンのまねごとにすぎないと宣言した。アブドゥル・ワッハーブはこれら初期の教義すべてを吸収し、こう言った。イスラム教義のこの特定の解釈を受け入れる面で、信者の側に「なんであれ疑いや躊躇」があれば、「その者は財産や命を免除される権利を奪われる」べきだ。

アブドゥル・ワッハーブの主要な教義のひとつがタクフィール(不信仰者の宣告)の主要な考えとなった。タクフィールの教義のもとでアブドゥル・ワッハーブと彼の追随者たちは、何であれ絶対の権威(すなわち王)の主権を侵害するような活動に携わった仲間のイスラム教徒を異端者とみなすことができた。アブドゥル・ワッハーブは、死者、聖人、天使を崇めたイスラム教徒すべてを非難した。そのような感情は、神に対し、また神にのみ示されるべき完全な服従を損なうと考えたのだ。よってワッハーブ派のイスラム教義は、聖人や死んだ愛する人に祈ることや、墓や特別なモスクへの巡礼、聖人をたたえる宗教的祭り、イスラムの預言者ムハンマドの誕生日を祝うこと、そして死者を葬る際に墓石を使用することさえ禁じた。

この考えに従わない者は殺されるべきであり、その妻や娘たちは犯されるべきであり、その財産は没収されるべきだと彼は書いている。

アブドゥル・ワッハーブは服従を要求した――物理的、具体的に示される服従だ。彼は、イスラム教徒すべては1人のイスラム指導者(カリフ、もし存在するならば)に個人的に忠誠を誓う必要があると論じた。この考えに従わない者は殺されるべきであり、その妻や娘たちは犯されるべきであり、その財産は没収されるべきだ、と書いている。死に処されるべき背教者のリストには、シーア派、スーフィー派、そして他のイスラム宗派、すなわちアブドゥル・ワッハーブが決してイスラム教徒であるとは考えなかった人々が含まれていた。

ここにはワッハービズムとイスラム国(ISIS)を区別するものは何もない。裂け目は後に現れることになる。後の、ムハンマド・イブン・アブドゥル・ワッハーブの教義を制度化した“ひとりの支配者、ひとつの権威、ひとつのモスク”―― これら三つの柱のそれぞれがサウジ王、すなわち正統ワッハービズムにおける絶対的権威を現す、そして“言葉”(つまりモスク)を支配することだ。

これが裂け目――イスラム国(ISIS)による、スンニ派が全権を振るうこれら三つの柱の否定――、すなわち他のすべての要素についてはワッハービズムを受け入れるイスラム国(ISIS)を、サウジアラビアの深刻な脅威としているものだ。
 
 
ワッハービズム小史 1741 ― 1818

こうした超急進的思想をアブドゥル・ワッハーブが擁護したことは、必然的に彼自身が町から追放されることにつながった。そして1741年、放浪を繰り返したあげく、イブン・サウードと彼の部族の保護の元に避難することになる。イブン・サウードはアブドゥル・ワッハーブの高潔な教えがアラブの伝統と慣習を覆す手段になると考えた。それは権力掌握への道だった。

彼らの戦略は、現代のイスラム国(ISIS)と同様、征服した人々を服従させることだ。恐怖を植え込むことがねらいだった。

アブドゥル・ワッハーブの教義を手中に収めたイブン・サウードの一族は今や、いつも行っていること、すなわち近隣の村を襲って財産を奪うことができた。ただし今回はただアラブの慣習の範囲で行うのではなく、ジハードの旗の下にだ。イブン・サウードとアブドゥル・ワッハーブはさらに、ジハードの名の下に殉教という考えを持ち込んだ。それら殉教者たちはそのまま楽園へ行くことが保証されるというのだ。

当初、彼らはいくつかの小さな地元コミュニティを征服して自分たちのルールを課した(征服された人々には限られた選択肢しかなかった。ワッハービズムへの改宗、もしくは死である)。1790年までに、この連合はアラビア半島の大半の地域を支配しており、メディナ、シリア、イラクを繰り返し攻撃した。

彼らの戦略は、現代のイスラム国(ISIS)と同様、征服した人々を服従させることだ。恐怖を植えつけることがねらいだった。1801年、この連合はイラクの聖都カルバラを攻撃した。女性や子供を含む何千人ものシーア派を虐殺した。預言者ムハンマドの殺害された孫であるイマーム・フセインの寺院を含め、シーア派の寺院の多くが破壊された。

イギリスの役人、フランシス・ウォーデン中尉は当時の状況を観察し、「彼らはそこ(カルバラ)のすべてを略奪し、フセインの墓を…略奪した。その日の、独特の残酷な状況の中で、5000人以上の住人を殺害した…」と書いている。

オスマン・イブン・ビシャール・ナジ(第一次サウード王国の歴史家)は、イブン・サウードが1801年のカルバラの大虐殺に関わったことを記している。彼は誇らしげにその虐殺を記録していた。「われわれはカルバラを制圧し、その民を殺し、(奴隷として)捕らえた。アラーが賛美されますように、世界の主が。われわれは謝罪しない、そして言う、『不信者たちへも、同様の扱いを』」。

1803年、アブドゥル・アジズは、恐怖とパニックにより降伏した聖都メッカに入った(同様の運命がメディナにも間もなく訪れることになる)。アブドゥル・ワッハーブの追随者たちはメッカにある歴史的建造物やすべての墓、寺院を破壊した。1803年末までに、彼らはグランド・モスク近くの何世紀もの歴史を持つイスラム建築物を破壊した。

しかし1803年11月、シーア派の暗殺者がアブドゥル・アジズを殺害する(カルバラの大虐殺の報復だ)。彼の息子、サウド・ビン・アブドゥル・アジズがその後を継ぎ、アラビアの征服を継続した。しかしオスマンの支配者たちはもはや、指をくわえて自分たちの帝国が少しずつ削り取られていくのを見ていることはできなかった。1812年、エジプト人で構成されたオスマンの軍隊はこの連合をメディナ、ジェッダ、そしてメッカから追い出す。1814年、サウド・ビン・アブドゥル・アジズは熱病により死亡した。しかし彼の不運な息子、アブドゥラ・ビン・サウードはオスマン人によりイスタンブールへ連れてゆかれ、陰惨な方法で処刑された(イスタンブールを訪れたある人は、彼がイスタンブールの通りで3日間にわたって辱められ、その後つるされて首を切られ、切断された頭部はキャノン砲で吹き飛ばされ、心臓は切り出されて体の上に突き刺されたと報告している)。

1815年、ワッハーブの軍は決定的な戦いでエジプト人と衝突する(オスマンのために行動していた)。1818年、オスマン人はワッハーブの首都ディルイーヤを制圧し破壊した。ここに第一次サウード王国は消滅した。ワッハーブ派の少数の生き残りが再起のため砂漠に逃げ、19世紀の間のほとんど、そこで沈黙を貫いた。
 


第一次サウード王国

 
 
イスラム国(ISIS)により歴史は繰り返す

現代のイラクにおけるイスラム国(ISIS)によるイスラム国設立が、歴史を思い出す人々の間でどのように共振するかを理解するのは難しくない。確かに、18世紀のワッハービズム思想はネジド(サウジアラビア中央部の高原地域。ワッハーブ派の発祥地)において枯渇しなかった。それは第一次世界大戦の混乱のさなかにオスマン帝国が崩壊した時、唸り声を上げて舞い戻ってきた。

アル・サウードは、この20世紀のルネッサンスにおいて簡潔で政治的に抜け目のないアブドゥル・アジズに導かれた。気難しいベドウィン部族たちを統一し、先に述べた通り、アブドゥル・ワッハーブとイブン・サウードによる改宗者たちとの戦いの思想に基づいたサウジの“イフワーン”を創始した。

イフワーンは、初期の激しい半独立の急進的運動から派生したものだ(そのために自ら進んで武装したワッハーブ派の“道徳者たち”は、1800年代初頭にアラビア半島をほぼ掌握した)。当初と同じように、イフワーンは再び1914年から1926年の間にメッカ、メディナ、そしてジェッダの制圧に成功する。しかしアブドゥル・アジズは、イフワーンによって掲げられる革命的な“ジャコバニズム”が、自分のより広範な関心事にとって脅威になると感じ始めた。イフワーンは反乱し、内戦が始まった。内戦は1930年代まで続いた。アブドゥル・アジズが彼らをマシンガンで射殺し、終結させたのだ。

この王(アブドゥル・アジズ)にとって、それまで数十年間続いていたイスラムの純粋な真理は価値のないものとなってしまった。アラビア半島で石油が見つかったからだ。イギリスとアメリカは、アブドゥル・アジズに言い寄りつつも、なおアラビアの唯一の正当な支配者としてメッカの太守シャリフ・フセインを支持することに傾いていた。サウード家は、もっと洗練された外交的姿勢を示す必要があったのだ。
 


フサイン・イブン・アリー (1853 – 1931)

 
ワッハービズムは強制的に変換させられた。革命的ジハードと神学的なタクフィールの純化運動から、保守的、社会的、政治的、神学的、宗教的ダワ(イスラム布教活動)と、サウード家と王の絶対的権力への忠誠を掲げる制度を正当化する運動へである。
 
 
オイルマネーがワッハービズムに広がる

石油資源が掘り当てられ(フランスの学者ジャイルズ・ケペルが書いているように、サウジの目標は、ワッハービズムを、“ワッハービズ”[ワッハービズム・ビジネス]イスラム国家へ向けてイスラム世界全体に広め、この宗教内部での異なる思想を退けて“単一の信条”にすることだ)、この運動は国家的分裂を克服するはず、だった。このソフトパワー(その社会の価値観、文化的な存在感、政治体制などが他国に好感を持って迎えられ、外交に有利に働くこと)の表明に対して何十億ドルもの富が投資されており、さらに投資されるはずだった。

それは魅力的な何十億ドルもの富、そしてソフトパワーの投影だった。サウード家が推し進めようとした、イスラム教スンニ派を管理しアメリカの利益を促進しようとする意図は、教育的、社会的、文化的にイスラム世界全体へワッハービズムが付随的に埋め込まれた。その結果、西側世界の政策がサウジアラビアに依存するようになった。1945年2月、アブドゥル・アジズが(ヤルタ会議から大統領を連れ戻す)アメリカの戦艦クインシー号でルーズベルトと会談したときから今日までずっと続いてきた。
 


船上でルーズベルト大統領らと会談するアブドゥル・アジズ・イブン・サウード

 
西側の人々はこの王国を見た。彼らはその富を、見かけだけの近代化を、公言されたイスラム世界のリーダーシップを凝視した。そしてこの王国が近代社会の要求に屈服することになるだろうと予測していた。そしてスンニ派イスラムの指導部も、近代社会のために、王国に屈服するだろうと。

しかしイスラム教へのサウジ・イフワーンのアプローチは1930年代に断絶していなかった。イフワーンは衰退したが、システムのさまざまな場所に影響力を残していた――だから今、我々はサウジのイスラム国への姿勢に二重性があると見ている。

一方では、イスラム国(ISIS)は深く根ざしたワッハーブ派だ。他方で、異なる意味で超急進的だ。それは現代ワッハービズムへの是正運動に本質的に見ることができる。

イスラム国(ISIS)は“ポスト・メディナ”運動だ。闘争の旗印として預言者ムハンマド自身よりも、ふたりの正統カリフ(初期イスラム国家の最高権威者)に目を向けており、サウード家の支配権を強く否定している。

サウード家の支配者たちが石油時代に花開き、かつてないほど隆盛したのに伴い、原理主義的なイフワーンのメッセージは主張の拠り所を得た(第3代国王ファイサル王の近代化キャンペーンにもかかわらず)。“イフワーン・アプローチ”は多くの裕福な男女とシャイフ(アラブの族長)たちの支持を得たし、今も得ている。ある意味で、オサマ・ビン・ラディンは、まさにこのイフワーン・アプローチが遅まきながら花開いた象徴であった。
 

 
現在、イスラム国(ISIS)が王権の正当性を弱めようとする動きは問題ないとみられている。むしろ、サウード家―ワッハービズムへの原点回帰だと言える。

西側のプロジェクト推進のため、サウード家と西側諸国がこの地域の共同管理(社会主義、バーシズム、ナセリズム、ソビエト、そしてイラクの影響力に対抗して)を行っている。西側の政治家たちは、彼らがサウジアラビアの選択(富、近代化、影響力の拡大)を担ったことを強調している。しかし彼らは、ワッハーブ派の動きは無視することにした。

結局のところ西側の諜報機関は、もっと急進的なイスラム原理主義がアフガニスタンからソ連を追い出すために――また好まれない中東の指導者たちや国家との戦いに、より効果的だと認識していた。

であれば、サウジの情報機関トップであるバンダル王子のサウジ―西側コネクションがシリアのアサド大統領への反乱を指揮するよう命じ、現代のイフワーン的な暴力、恐ろしい急進的活動、すなわちイスラム国(ISIS)を出現させたことに驚きはない。ワッハービズムについていくらか知っているなら、シリアの“穏やかな”抵抗勢力は神話のユニコーンよりも珍しい存在だということに驚くこともないだろう。急進的なワッハービズムが穏健派を生み出すなどと、どうして想像できるだろう。あるいはどうやって“ひとりの指導者、ひとつの権威、ひとつのモスク:服従させよ、さもなくば殺せ”という教義が、最終的に中庸、譲歩につながると想像するのだろうか。

あるいは、多分、想像したこともないだろう。
 

ジョン・フィルビー – Wikipedia

ジョン・フィルビー(ハリー・シンジョン・フィルビー、Harry St John Bridger Philby、1885年4月3日-1960年9月30日)は、イギリスの植民地政治家、ヒジャーズ国王イブン・サウードの顧問、探検家、歴史家。通称はジャック。二重スパイだったキム・フィルビーの父。母方の縁者にバーナード・モントゴメリー将軍がいる。
 
生 涯

遠祖はノーフォークからエセックスへの移住者で地方の名家だったが、父のハリー・モンターギュがセイロンのコーヒー園経営に失敗して零落し、母は1891年からロンドンで下宿業を営み4人の子を育てる。

ジョンはセイロンのバドゥラ(Badulla)で生まれ貧しい家庭の次男として育つが才能に恵まれ、奨学金によりウェストミンスター・スクールからトリニティー・カレッジへと進学した。在学中にインド高等文官試験に合格し、1908年からインドに赴任して家計を助けている。また、イギリス労働党に所属し、自伝によれば当初は社会主義者だったという。

特に語学に優れドイツ語・フランス語を始めとして就職後はウルドゥー語・ペルシャ語・パンジャビー語・バルチー語・アラビア語を習得した。1910年に上級鉄道技師の娘ドーラと結婚

第1次世界大戦勃発後、英印軍がメソポタミアを占領し行政官を募集したのに応じ、1915年にバスラに赴任し湾岸駐在官パーシー・コックスのもとで活動し、租税制度と広報紙と中央アラビアの情勢報告で手腕を認められた。

1917年の「アラブ反乱」に関してイブン・サウードへの働きかけが必要となり、フィルビーは使節の一員に選ばれリヤードへ派遣された。トルコ軍を援護しヒジャーズの反乱軍に重圧をかけているハーイルのイブン・ラシード家を攻撃するようイブン・サウードを説得し合意を得ている。翌年の初めには反乱の中心シャリフ・フサインと会見するがフサインの人柄と識見に失望し、イブン・サウードを支持しアラブ民族の中心とすべきだと考え始める。

ところがイギリス政府がハーシム家(シャリフ・フサイン)を優遇し、その脅威となるイブン・サウードを牽制するためハーイルのイブン・ラシードを温存する方向で政策転換し、ハーイル攻撃を禁止させるよう要請してきたので、フィルビーは頑強に抵抗したが、1918年10月リヤードで解任された。
 


アブドゥルアズィーズ・イブン・サウード(1)パーシー・コックス(2)

 
一時イギリスに戻るが1920年イラクの民族政権準備のため呼ばれてバグダードに赴任。そこで「ファイサル招聘は総選挙で民意を問うて後にすべし」と主張して、かつての上司コックスと対立し、1921年7月ファイサルの王位就任後に休暇を取ってイラン視察に出かけている。
 


ファイサル1世

 
10月にやはり成立したばかりのトランスヨルダンの王アブドゥッラー1世の顧問となるが、アブドゥッラーがイギリスからの補助金を浪費し友好部族を依怙贔屓するのに我慢できず、1924年に辞職する。
 


アブドゥッラー1世

 
1924年11月にイブン・サウードに再会し、ヒジャーズ王国が倒れた後に銀行設立や鉱山開発を認可するとの口約を得て、翌年の1月イブン・サウードがヒジャーズ国王となると事業を開始し、1930年頃より軌道に乗せる。
 


ヒジャーズ王国 (1919 – 1925)

 
1933年にフィルビーが仲介してSOCALへの石油採掘権付与が実現。1934年にはジッダ~メッカ間の巡礼者の自動車輸送事業が認可され、同じ年に起きたイエメン戦争用の兵器売却、石油開発資材を取り扱うなど、サウジアラビアの建国のみならず、近代化にも貢献している。
 

 
1953年にイブン・サウードが逝去し皇太子のサウードが王位を継ぐ。フィルビーは新王の浪費癖・腐敗を批判して1955年にサウジ国外に追放され、やむなくレバノンに居を定める。翌年リヤードへの帰還がかない宮廷での待遇も変わりなかったが、その後は政局に関与せず講演・著述に専念する。ベイルートにあった長男キムの自宅で心臓発作に襲われて急逝した。生前からムスリムになっていたので葬儀もイスラーム式で営まれ、遺体はベイルートのバスタ区アジャルトゥーンの墓地に葬られた。

 
 

広告