倭女王卑彌呼考

〈倭女王卑彌呼考〉
白鳥庫吉 (1910)

 倭人の名は《山海経》、《漢書》、《論衡》等の古書に散見すれども、其記事何れも簡単にして、之に因りては未だ上代に於ける倭国の状態を窺うに足らず。然るに独り《魏志》の倭人伝に至りては、倭国の事を敍すること頗る詳密にして、而も伝中の主人公たる卑彌呼女王の人物は、赫灼として紙上に輝き、読者をして恰も暗黒の裡に光明を認むるが如き感あらしむ。

 《魏志》は晋の陳壽 の編纂に成れりと雖も、其東夷伝は主として魏の魚豢 の著作《魏略》に拠り、殊に倭人伝に載せたる事実は、当代の人が実際に目に見、耳に聞ける所を記述せしもの多ければ、史料として最も尊重すべきものなり。本朝には《古事記》、《日本書紀》の二書備わりて上代の事蹟を伝えたりと雖も、漢魏時代に当る頃は固より口碑伝説によりて、幽にその状況を彷彿するに過ぎざるを思えば、当時支那人が我国に渡りて、親しく目撃したる事実を伝えたる《魏志》の倭人伝の如きは、実に我国の太古史上に一大光明を与うる者と謂うべし。

 《魏志》の国史に与うる価値已に此の如くなるを以て、古来本邦の学者にして倭人伝の解解に勢力を傾注したる者亦少なからざりき。然るに文中記す所の里程及日程に分明を欠く処あるに因り、伝中の主眼たる卑彌呼及其居城邪馬臺等の考定に就きて異議百出し、今日に至るまで史上の難問題と称せらる。されば後進の学者は卑彌呼の事蹟に就きて殆ど適従する所を知らず、為に国史を著わすもの、此の貴重なる史料を徒に高閣に束ねて、参考に供せざる傾向あり。是れ豈に史界の一大恨事にあらずや。

 余輩は常に之を遺憾とし、些か亦此問題につきて考究する所ありしが、今年の初に至り、漸くにして新解釈を得たるを以て、二月二十一日日本学会に於て論旨の大要を講述して、会員の批評を仰ぎたり。而して本論は即ち当時の講演を増補改訂せしものなり。若しも此論文が卑彌呼に対する史界の注意を喚起し、此難問題に関して学者の新研究が、陸続発表せらるるに至らば、望外の幸なり。

 卑彌呼問題の難点は、全く魏の帯方郡より女王の都邪馬臺に至る道程の解釈に存ずるが故に、余輩はここに《魏志》に載する行程の全文を抜載し、而して後逐次にその解釈を試みんとす。

從郡至倭 循海岸 水行歴韓國 乍南乍東 到其北岸狗邪韓國 七千餘里
 
始渡一海千餘里 至對馬國 其大官曰卑狗 副曰卑奴母離 所居絶島方可四百餘里 土地山險多深林 道路如禽鹿徑 有千餘戸 無良田 食海物自活 乘船南北市糴
 
又南渡一海千餘里 名曰瀚海 至一大國 官亦曰卑狗 副曰卑奴母離 方可三百里 多竹木叢林 有三千許家 差有田地 耕田猶不足食 亦南北市糴
 
又渡一海千餘里 至末盧國 有四千餘戸 濱山海居 草木茂盛 行不見前人 好捕魚鰒 水無深淺 皆沈沒取之
 
東南陸行五百里 到伊都國 官曰爾支 副曰泄謨觚柄渠觚 有千餘戸 世有王 皆統屬女王國 郡使往來常所駐
 
東南至奴國百里 官曰兕馬觚 副曰卑奴母離 有二萬餘戸
 
東行至不彌國百里 官曰多模 副曰卑奴母離 有千餘家
 
南至投馬國 水行二十日 官曰彌彌 副曰彌彌那利 可五萬餘戸
 
南至邪馬壹國 女王之所都 水行十日陸行一月 官有伊支馬 次曰彌馬升 次曰彌馬獲支 次曰奴佳鞮 可七萬餘戸
 
女王國以北 其戸數道里可略載 其餘旁國遠絶不可得詳
 
次有斯馬國 次有已百支國 次有伊邪國 次有都支國 次有彌奴國 次有好古都國 次有不呼國 次有姐奴國 次有對蘇國 次有蘇奴國 次有呼邑國 次有華奴蘇奴國 次有鬼國 次有爲吾國 次有鬼奴國 次有邪馬國 次有躬臣國 次有巴利國 次有支惟國 次有烏奴國 次有奴國 此女王境界所盡
 
其南有狗奴國 男子爲王 其官有狗古智卑狗 不屬女王 自郡至女王國萬二千餘里

 文中に郡とあるは魏の帯方郡を謂えるなり。此郡の所在地は那珂 氏(1)の説に従えば、今の京畿道臨津江の江口にありしなり(《外交繹史》第二八章魏志倭人伝)。

 此処より船を発して九州に至るには、先ず京畿、忠清、全羅三道の西海岸を南方に沿いて航行すべきが故に、文中に…乍南…とあるは此海路を指ししなり。而して船は全羅道西南の海角より方向を転じて東方に向い、全羅、慶尚二道の南岸に沿いて狗邪韓国に至る。此国に就きては菅政友 氏(2)は之を今の巨済県となし(《漢籍倭人考》上)、那珂 氏は之を今の金海となし、〈韓史〉の伽耶国、〈国史〉の加羅国ならんと考定せり。

 加羅国は当時韓地より皇国に至る要津なりければ、狗邪韓国を金海即ち加羅国と見たる那珂 氏の説は、蓋し正鵠を失わざるべし。《魏志》の文中に…乍東…とあるは、全羅道西南の海角より金海に至る航路の方向を云えるなり。而して帯方郡より狗邪韓国に至る海上の里程を七千余里となす。又文中に…到其北岸狗邪韓國…とある北岸の文字甚だ穩かならざれども、之を倭・韓両国の間に横わる海洋の北岸と見れば文意通ずべし。

 狗邪韓国より九州の北岸に達するには三海を通過す。先づ初に此国より船を発し一海を渡る、其間一千余里にして対馬国に至る、此処には方向を明記せざれども、その南行せしは言を待たず。対馬国より更に南行して瀚海を渡る、其間一千余里にして一大国に至る。ここに一大国とあるは一支国の誤りなること、先輩既に之を論ぜり。

 さて一支国よりまた南行すること一千余里にして末盧国に至る。末盧国は今の肥前ノ国松浦郡にして、《古事記》仲哀天皇の条に…筑紫末羅縣、〈神功紀〉に…火前國松浦縣…とある即ち是なり。而して当時韓国へ往来する船舶が松浦郡の那辺に碇泊せしかに就きては、那珂 氏の《外交繹史》に…

萬葉集十六ニ…神龜年中、太宰府差筑前國宗像郡之百姓宗形部津麻呂、充對馬送糧舶柁師也云々、自肥前國松浦縣美彌良久埼發舶、直射對馬渡海…トモアレバ、菅氏ノ説ニ…漢土ニ渡ルニモ、對馬ニ趣クニモ、コノ美彌良久埼ヨリ船發キセシナリ。西北ニ向フニ便リヨキ地ト思ハルレバ、海路モオシハカリ知ラルベシ…ト云ヘリ

…と説かれたり。魏国の使者が倭国に渡れる時も、亦此美彌良久の埼に由りしなるべし。而して此埼は松浦郡値嘉島にあり。

 さて末盧国より東南に向い陸行すること五百里にして伊都国に至る。伊都国は今の筑前ノ国の怡土郡のことなれば、松浦郡の値嘉島より上れば、実は東北に当れど、魏の使者は少しく其方向を誤りて東南とせり。

 又伊都国より東南に向い陸行すること百里にして奴国に至る。奴国は〈仲哀紀〉の…儺県、〈宣化紀〉の…那津…にて、今の筑前ノ国那珂郡博多の近傍なりしこと、先輩已に之を説けり。されば其方向実は東北に当れるを、魏の使者之を東南と誤れり。

 又奴国より東行百里にして不彌国に至る。此国の所在は未だ詳ならざれども、其の奴国即ち博多よりの距離を以て之を考へ、また此処より後の行程が常に南方にありし事情に由りて之を推測し、太宰府の附近と考定せば大過なからん。太宰府は博多の東南に位するを、魏の使者が之を東方と報告せしはまた例の誤りなり。
 


女王の都」 – より

 
 此の如く末盧国より不彌国に至る《魏志》の方向には誤謬あれども、東北を東南とし、東南を東方と誤解するが如きは、古代の旅客にありては往々見る所なり。若し之を以て《魏志》記す所の方向は毫も憑據するに足らずと思惟する者あらば、其は大なる謬見なり。

 此書帯方郡より狗邪韓国に至る方向を…乍南乍東…と記し、又狗邪韓国より末盧国に至る航路の方向を常に南と書するが如きは、其方向の正確なるを證するものにあらずして何ぞや。末盧国より不彌国に至る方向に於て些少の誤解あるにもせよ、その大体の方向が東方にありしことを誤らざるなり。《魏志》記す所の方位は卑彌呼問題の解決に最大関係を有するものなるが故に、特に一言を添うるのみ。

 以上記載せる道程の里数を計算するに、帯方郡より狗邪韓国に至る間は七千余里、狗邪韓国より対馬一支を経て末盧国に至る間は三千余里、末盧国より伊都国に至る間は五百里、伊都国より奴国に至る間は百里、奴国より不彌国に至る間は百里なれば、帯方郡より不彌国までの総里数は一万七百余里となる。而して帯方郡より女王の都邪馬臺国までは一万二千余里と記されたれば、不彌国より邪馬臺国に至る里数は僅に一千三百余里に過ぎず

 《魏志》の文面を案ずるに、帯方より不彌国に至るまでの行程は頗る分明なれば、諸家の考定殆ど一致すれども、此国より邪馬臺に至る行程に関しては、見解区々に分かれたり。而して此の行程の解釈は本論の主眼なるが故に、ここに卑見を開陳するに方りて、先ず従来の諸説を列挙すべし。

 《日本書紀》を案ずるに、神功攝政三十九年の条に…

魏志云、明帝景初三年(239)六月、倭女王遣大夫難斗米等、詣郡求詣天子朝獻、太守鄧夏遣吏將送詣京都也。

…と註し、同じく四十年の条に…

魏志云、正始元年(240)、遣建忠校尉梯携等、奉詔書印綬、詣倭國也。

 
…と註し、又四十三年の条に…

魏志云、正始四年(243)、倭王復遣使大夫伊聲者掖耶約等八人、上獻。

 
…と註したれば、《書紀》の編者は暗に神功皇后を以て卑彌呼女王に擬せしなり。此書既に神功皇后と卑彌呼とを同一人物と見たりとせば、大和の京を以て《魏志》の邪馬臺国と考定せしに相違なかるべく、従って魏の使者は不彌国より東行して、彼処に入りしものと思惟せしなり。

 《書紀》成りてより以来殆ど千余年の間、本邦の学者にして亦卑彌呼の事を論ぜしものなかりしが、元祿元年、松下見林 (3)は《異稱日本傳》を著わし、《後漢書》倭国伝の解釈に…

今按。邪馬臺(ヤマト)ノ國ハ大和ノ國也。古謂大養徳國、所謂倭奴國也。邪馬臺ハ大和ノ和訓也。

…と云われたり。蓋し、氏の如きは《書紀》編者の意見を公然と表白せしものと謂うべし。松下 氏の説一たび出でてより、幕府の学者は殆どこれに雷同し、また一人として其間に疑議を挟むものなかりき。然るに本居宣長 氏(4)は《馭戎慨言》を著わし、卑彌呼を以て神功皇后に当つるの非なるを痛論し、その九州に拠れる熊襲の輩なるべきを弁證せり。同氏が《魏志》の行程に関する考察は、余輩の意見に合する所多ければ、次に其一節を引用すべし。

此時にかの国へ使をつかはしたるよししるせるは皆まことの皇朝(スメラミカド)の御使にはあらず。筑紫の南のかたにていきおいある、熊襲などのたぐいなりしものの、女王の御名のもろもろのから戎(くに)にまで高くかがやきませるをもて、その御使といつわりて、私につかわしたりし使也。
 


本居宣長 – Wikipedia

 
其故はまづ右の文に、かの国の帯方郡より、女王の都にいたるまでの国々をしらせるは、かのかしこの使の、大和(オホヤマト)の京へまいるとて、経(へ)てきつる道の程をいへる如くに聞ゆめれど、よく見れば、まことは大和(オホヤマト)の京にはあらず
 
いかにというに、まづ對馬(ツシマ)一支(イキ)、末廬(マツラ)伊都(イト)までは、しらせる如くにて、たがわざるを、其次に奴国、不彌国、投馬国などいえるは、漢呉音はさらにもいわず、今の唐音をもてあてても、大和への道には、さる所の名共あることなし。又不彌国より女王の都まで、南をさして物せしさまにいえるもかなわず。大和はつくしよりはすべて東をさしてくる所にこそあれ。
 
また自女王国以北といえるもたがえり。以西とこそいうべけれ。みづから来たらんに、かく北南と西東とをわきまうまじきよしなきをや。又投馬国より女王の都まで、水行十日陸行一月といえる、水行十日はさも有リぬべし。陸行一月はいと心得ず。月の字は日の誤なるべし。
 
さて一日としては、いづこの海辺よりも、大和の京へはいたりがたく、又一月ならんには、山陽道のなからのほどより、陸路(クヌガヂ)をのぼりしとせんか。さること有べくもあらず。古ヘ西の国よりやまとへのぼるには、すべて難波(ナニハ)の津までは、船より物するぞ、定まれることなりける。
 
かくあまたたがへる事共のあるは、大和の京にあらざりししるしにて、誠にはかの筑紫なりしものの、おのれ姫尊也といつわりて、魏王が使をも受つるに、あざむかれつるものなれば、其使の歴(へ)てきたりけん国々も、女王の都と思いしも、皆筑紫のうちなりけり。されば不彌国というより、投馬国などいえるもみな、つくしのしまの東べたを、南をさして物せし、海(ウミ)つ路にて、その過し方を以北といへるも此故なり。また周旋可(バカリ)五千余里といえるも、筑紫の洲(シマ)にて、ほとりの嶋々かけたる程によくかなえり。
 
さて…女王國東 渡海千餘里 復有國 皆倭種…なりといえるも、大和にしてはかなわず。これもつくしより海をへだてて東なる、四国をいえるなり。

 本居 氏が卑彌呼を以て熊襲に擬したるは更なり、その行路局部の解釈に於ても、余輩悉くは之に賛成すること能わざれども、女王の住地を九州に当てたる大体の論に至りては、実に敬服の外なく、蓋し当時に於ける卓見と称すべし。

 本居 氏の此論文によりて、当時の学者は殆ど女王卑彌呼を熊襲の類と見做すに一定せしが、さて《魏志》の不彌国より邪馬臺国に至る行路につきては、大体二説に分かれたるが如し。一は本居 氏自身の唱へ出でたるが如く、不彌国より九州の東海岸に出で、これを南方に航行して、熊襲の国に至れりとなす説、又一は不彌国即ち太宰府の附近より筑後に下り、有明の内海を南方に航行して、熊襲に至れりとなす説即ち是なり。
 
 鶴峯戊申 (5)は其著《襲國僞僭考》に於いて、《魏志》上文の百里を不彌国より投馬国に至る里程と誤解して曰く…

投馬は和名鈔筑後郡名…上妻(加牟豆萬:カムツマ)、下妻郡准上…とあるなるべし。兵部式諸國驛傳馬に、筑後國傳馬、御井・上妻狩道各五疋とあり。此處より水行二十日にして、大隅國囎唹郡に至るべし。今上妻・下妻の間に矢部川あり。即チ柳川の川上なり。此川を下りてまた内海に浮び南方に到るべし。

…と。蓋し氏は九州西岸航行説を主唱せられしなり。又近藤芳樹 氏(6)は倭女王の都邪馬臺を肥後の菊池郡山門郷なるべしと説かれたれば、鶴峯 氏の如くまた西岸航行説を執れる論者の一人なりしなり。菅政友 氏は《漢籍倭人考》投馬国の条に…

不彌國ヨリ南ニ向ヒテ進ミ行クコト二十日ノ後ニ、投馬國ニハイタルトノ義ナレバ、必ズ内海ニハアラズ、豐前・豐後ノ東洋ヲ經テ、日向アタリ所謂投馬國ナラント覺シケレバ、本居翁ノ説オホカタハ違ハサルベシ

…と云い、又邪馬臺国の条に…

水行十日陸行一月トイヘルニツキテ思フニ、兒湯郡アタリヨリ贈於郡ニ至ランニ、海陸トモニサバカリ多クノ月日ヲ經ベキニモアラネバ、本居翁ノ考ノ如ク、月ハ日ノ誤リニテ、此ハ船路ヨリ直チニ今ノ大隅國佐多岬ヲ廻リテ鹿兒島灣ニ入リタルモノト覺シク、水行ハ十日ニテ陸行一日トアランニハ、サモコソト思ヒナサルヽナリ。

…と説かれたれば、氏は本居 氏の説を祖述せし東海航行論者なりしなり。修史局 の編纂に係る《國史眼》には、《魏志》の行程を明瞭に記述せざれども、投馬の名を設馬の誤となし、之を薩摩に当てたるによりて之を推すに、不彌国より以下邪馬臺に至る行路は、九州の西海岸を経由せしものと考察せしなり。また史局 の説を継承して而も之を一層発達せしめたるものを《日韓古史斷》となす。同書筑紫の章に曰く…

從來不彌以上はほゞ定説あり。其の設馬は今史局薩摩に擬す。其の邪馬臺はなほ異説多し、蓋熊襲の都噌唹城のみ。魏志の行程設馬に至るの路間、若干の陸行を脱し、其の水行二十日は筑後河の舟筏と、不知火の内浦航路にして、設馬は五萬餘戸、今の薩摩の全境にして、阿久根以南を云ふ。故に水行十月(日)、陸行一月は既に隼人海峽黒迫門を踰え薩摩潟を渉り噌唹に着する者とす。然るに水行十日せば開聞の海角を迂囘するも、ほゞ櫻嶋の内灣に達し得べく、また別に陸行一月の長程を要せざるなり。因て疑ふ月は皆日のあやまれるにや。當に水行十日、陸行一日と爲すべきなり(又按ずるに、舟にて加世田港まで來り、陸に上り谿山に至り、一日にして又舟にて噌唹の大津に達せしにや)。

…と。那珂 氏は 氏の説に対しては…

筑前博多ヨリ贈於郡ニ至ルニ、豐前・豐後・日向ノ東ニ沿ヒテ、佐多岬ヲ廻リテハ、イカニ地理ニ暗キ古代トハ云ヘド、餘リノ迂囘ナレバ、信ゼラレズ。

…と云いて之を排斥し、又《古史斷》の説に対しては 氏などの説に愈れるに似たりとのみ云いて、明に自説を発表せられざりき。

 以上述べ来れる所によりて知らるるが如く、本居 氏の説出でてより以後、本朝の学者は殆ど卑彌呼を熊襲の類と見做すに於いて一致したるに、独り三宅 博士(7)と星野 博士(8)とは時流と異れる見解を有せり。三宅 氏は《漢委奴國王印考》(「史學雜誌」第三編第三七號)に於て…

不彌(不詳)千餘家、投馬(備後備中ノ内ナルベシ)可四萬餘戸、邪馬臺(大和)可七萬餘戸。

…と云われたれば、博士は《魏志》の邪馬臺を五畿内の大和と見做し、卑彌呼を神功皇后に擬したるなり。果して然りとせば、博士は卑彌呼問題を《書紀》編纂時代の旧説に翻したるものと謂うべし。又星野 博士は〈史學雜誌〉に於て、〈神功紀〉に…轉至山門縣、則誅土蜘蛛田油津媛…とある山門県、即ち筑後の山門郡を以て邪馬臺国と考定せり。那珂 氏が博士の説に対して…

此ノ山門郡ハ、筑前ナル國々ト相近クシテ、魏志ノ行程ニ合ハザルコトハ、近藤氏ノ山門郷ヨリモ甚シ。博士ハ魏志ノ文ヲ引クニ、伊都ノ國ヨリ邪馬臺マデノ行程ヲバ略カレタレドモ、コレラノ行程ハ、國々ノ位置ヲ求ムルニ必要ナル者ナレバ、多少ノ誤謬ハ免レズトモ、全クハ棄ツベキ者ニアラズ。今其ノ略カレタル行程ヲ算スルニ、東南百里、東行百里、水行二十日、及十日、陸行一日ニシテ、少クトモ水陸三十餘日ハ費シタルニ、怡土郡ヨリイカニ迂廻シテモ、陸行四五日ニ過ギザル山門郡ヲ以テ之ニ當ツルハ、地理甚違ヘリ

…と論難せられたるは尤も余輩の意を得たるものなり。

 以上従来提出せられたる主要の諸説を列挙し盡したれば、此より卑見を開陳する順序となれり。余輩の考うる所に拠れば、卑彌呼問題をして此の如く解決に困難ならしめたる原因の一は《魏志》倭人伝に記されたる里数の標準が概して短少にして、支那国に行われたる古今の尺度に合せざるに在るが如し。

 例えば帯方郡即ち臨津江口より狗邪韓国即ち金海に至る海上の距離は、大約二百余里なるを、《魏志》には七千余里となす。故に此間の三十五里は我が一里に当る。又狗邪韓国より九州の末盧国即ち松浦郡に至る海上の里程は、大約六十余里に過ぎざるを、《魏志》には之を三千余里となす。故に此間の五十里は我が一里に当る。又末盧国より不彌国即ち太宰府の附近に至る陸上の距離は大約三十里を出でざるに、《魏志》には之を七百里となす。故に此間の二十三、四里は我が一里に当る。

 此の如く《魏志》倭人伝に見えたる里程の標準は区々にして一定せざる上に、普通の支那里に比してもまた大に短縮せり。大谷 文学士(9)の調査によれば(「東洋時報」第一二二號)、漢時代の一里は「官尺」にて我が三丁五十五間、後漢「建武銅尺」にて三丁五十一間に当り、唐時代の一里は「小尺」にて我が四丁四十二間、「大尺」にて四丁五十一間に当る。而して現時の一清里は我が五丁十七間なり。

 然るに《魏志》記す所に拠れば、「長里」を取るも其の一里は我が一丁三十四間に過ぎざれば、漢魏時代の標準は《魏志》里の約二倍半に当る。然れば帯方郡より不彌国に至る一万七百余里とあるは、一見甚だ大数の如くなれども、其実我が二百九十余里の短距離を言えるにて、之を魏時代の標準里に換算するときは、大約二千七百余里に過ぎず。(備考:一里=三十六丁、一丁=六十間)

 因て思うに、「書紀」の編者をはじめとして松下等の学者が、邪馬臺国を大和と考定して怪まざりしは、畢竟『魏志』に一万二千余里とある里数の大なるに眩惑して、その示す実際の距離を考慮せざりしにも因るべし。『魏志』の示す所によりて之を推すときは、邪馬臺国は不彌国より一千三百余里に当れば、女王国が大和にあらずして、九州の地域にあるべきは、亦論を待たず。然れども『魏志』に載する所里程の標準一定せず。

 今仮に上の一千三百余里を此書示す所の「長里」にて算すれば、大約我が五十七里となり、また「短里」にて算すれば、大約我が二十六里となる。此の如く『魏志』の里程に処によりて甚しき伸縮を示すが故に、不彌国より南方一千三百余里とあるを根拠として、邪馬臺国の所在を的確に推知することは、殆ど不可能の事に属す。

 然し不彌国より邪馬臺に至る行程には日数を挙げたれば、此日数に拠りて女王国の位置を探らんか。即ち不彌国より邪馬臺国に至るに水行三十日陸行一日総て三十一日を要せり。今仮に魏の使者は一日七里の行程を以て前進したりとせんか、三十一日にして二百十七里を行くべし。不彌国即ち博多附近より南に於いて此里程に当る地点を求むれば、琉球諸島の中大島あたりに落つべし。然れども此くては実際に合わざることとなれば、日数を楯に取りて女王国の位置を正確に推測すること、亦不可能の事たり。

 それ既に里数を以て之を測るも、又日数を以て之を稽うるも、女王国の位置を的確に知ること能わずとせば、果して如何なる事実をか捉えて此問題を解決すべき。余輩は幾度か『魏志』の文面を通読玩索し、而して後漸くここに確乎動かすべからざる三箇の目標を認め得たり。然らば則ち所謂三箇の目標とは何ぞや。曰く邪馬臺国は不彌国より南方に位すること、曰く不彌国より女王国に至るには有明の内海を航行せしこと、曰く女王国の南に狗奴国と称する大国の存在せしこと即ち是なり。

 さて此の中第一、第二の二点は『魏志』の文面を精読して、忽ち了解せらるるのみならず、先輩已に之を説明したれば、姑く之を措かん。然れども第三点に至りては、『魏志』の文中明瞭の記載あるにも拘らず、余輩が日本学会に於て之を述べたる時までは、何人も嘗てここに思い至らざりしが故に、又此点は本論起草の主眼なるが故に、余輩は狗奴国の所在を以て、此問題解決の端緒を開かんとす。



 狗奴国に就きては、「外交繹史」に…
 

菅氏云、「大隅ヨリ南ニハ、種子屋久ナドイフサヽヤカナル島々ハアレド、共ニ攻撃スル程ノ國無ケレバ、此ノ狗奴國ハ、モト下ノ…“女王國 東渡海千餘里 復有國 皆倭種”…トアル地ノ内ナルヲ、陳壽ガ、東ヲ南ト誤リタルナラン。サレバ『後漢書』ニハ、之ヲアハセテ…“自女王國 東渡海千餘里 至狗奴國 雖皆倭種 而不屬女王”…ト改メタリ。」

其ノ狗奴國ハ、「馭戎慨言」ニ…“伊豫ノ國風早ノ郡に河野(カフノノ)郷(サト)あれば、それなどをいへるか、魏志に狗奴國の男王といへるも、すなはち此河野のわたりをうしはきゐたりしものをいふなるべし”…トアリ。

「日韓古史斷」ハ、更ニ進ミテ、狗奴ハ河野ニシテ、其官有狗古智卑狗ハ、河野氏ノ遠祖子致彦(コチヒコ)ヲ云フト云ヘリ。其ハ「國造本紀」ニ…“小市(伊豫國越智郡)國造、輕島豐明朝(応神天皇)御世、物部連同祖大新河命孫子致命定賜國造”、「氏族志」神別越智氏ノ條ニ…“大新河孫子致命、應神帝時爲國造”、「舊事本紀」云々…“文武帝時、有越智玉興者、爲伊豫大領(本書不言何郡)、(盖越智郡也)玉興弟玉澄居河野、其後爲河野氏”…云々、河野系圖、「豫章記」…“越智氏累世居伊豫、支族蕃滋、云々(而河野氏尤著)”…トアルニ由リテ、ソノ子致命ヲ子致彦トシテ、狗古智卑狗ニ附會シタルナリ。

又「國造本紀」ニ…“久努(遠江國山名郡久努郷)國造、筑紫香椎朝代、以物部連祖伊香色男命孫、印播足尼定賜國造”…トアルニ由リテ…“河野は初め久努に作る。久努國造は即越智氏同族にして、伊豫より出でたり。すべて越智の一族、東國に遷れる者、三河・遠江・伊豆・駿河に蕃息し、三島を氏神として尊崇するは、伊豫なる大三島ノ神の氏子たる明證なり。”…又…“越智(小市)風早(風速)の二國造、應神の朝に定め賜へりと(「國造本紀」)云へれども、是の時初めて入國せりと思ふべからず。從來早く土著したりしならん。越智は物部氏と同祖なれば、自ら別系なり。越智の祖伊香色男は、蓋孝元帝の時の人なり。其の子は大新河にして、又其の子は十千根なり。十千根は、垂仁帝の時、物部連の尸を賜はりて、物部氏の祖となれり。されば孝元・垂仁の間に、伊豫に越智氏の領國すでに定まれるなるべし。”…ト云ヘリ。

又…“男子爲王”…ハ、下文ニ、男王卑彌弓呼トアルニ由リテ、「日韓古史斷」ハ、卑彌弓ヲ日子ト讀ミテ…“伊豫國造の皇別より出でゝ、當時來りて其の國を鎭めたまへるを謂ふに似たり。越智氏、武臣として、世々王子王孫を奉戴して、地方を綏撫せしものと思はる。”…ト云ヘリ。

伊豫ノ國ノ造ハ、「古事記」ニ…“神八井耳命者、伊余國造等之祖也”、「國造本紀」ニ…“伊余國造、志賀高穴穗朝(成務天皇)御世、印幡國造祖敷桁彦(シキケタヒコ)命男速後上命定賜國造”…トアル者ニテ、「古史斷」ニハ、栗田寛氏※10ノ考ヲ引キテ…“この國造は、成務帝ノ時に定まれるにあらず、早く崇神帝の朝に賜はりしならん。”…ト云ヘリ。此等ノ説、イト巧ニハ辨ゼラレタレドモ、想像ニ成レル事多クテ、確證少ケレバ、慥ナル事ハ知リ難シ

 
…と評せられ、那珂氏自身は狗奴国に就きて別に意見を示されざりき。

 此の如く従来の学者が狗奴国を九州以外に置きて毫も之を怪まざりしは、『魏志』の本文を精読せずして、專ら『後漢書』の文面に信頼したるに因るなり。学者若し余輩の言を疑わば試に左に引用する『魏志』の本文を熟読せよ。
 

自女王國以北 其戸數道里可略載 其餘旁國 遠絶不可得詳 次有斯馬國 (中略) 次有奴國 此女王境界所盡 其南有狗奴國 男子爲王 其官有狗古智卑狗 不屬女王 (中略) 女王國東渡海千餘里 復有國 皆倭種 又有侏儒國 在其南 人長三四尺 去女王四千餘里 又有裸國黒齒國 復在其東南 船行一年可至

 
 此の中…“女王國東渡海云々”…以上の文意を案ずるに、末盧、伊都、奴、不彌、投馬諸国の戸数道程は前文の如く之を略載し得べけれども、其余の傍国に就いては、詳なること知るべからず。然れども斯馬国以下奴国に至る十七ヶ国ありて、而して奴国は女王界の盡くる所に位す。又女王国の南には狗奴国ありて、男子を王とし、女王に属せず、と云う趣に解せらる。

 されば倭国即ち九州の全部は、女王の所領にあらずして、その南部は狗奴国の版図に属せしなり。然るに『後漢書』の編者范曄は上段掲載の文面に據り、而も大に之を省略して、左の如き文をなせり。
 

自女王國東度海千餘里 至拘奴國 雖皆倭種 而不屬女王 自女王國南四千餘里 至朱儒國 人長三四尺 自朱儒東南行船一年 至裸國黒齒國 使驛所傳極於此矣

 
 『後漢書』の此文を以て『魏志』の本文に対照するときは、前者が後者を剽竊踏襲したる形跡、顕然とし亦敝うべからず。然るに独り怪むべきは、『後漢書』が『魏志』の原文に女王国の南にありとせる狗奴国を擅に移して、女王国の東方千余里の処にありと記せる倭種の住地に置かるること是なり。これ正しく原書の意と背馳し、誤謬を後世に伝えたるものと謂うべく、本朝の史家が女王国の方位に就いて正当の解釈を得ざりしは、全く此曲筆に基く。

 然れども更に之を考えるに、『後漢書』が此の如き杜撰の文を構成せるは、決して不注意より起りし偶然の誤謬にあらず、実は范曄『魏志』の本文を誤解したるに因るなり。然らば編者は如何に此の本文を誤解したるかと云うに、『魏志』に女王国より以北にある国々の戸数道里は略載すべしとあるに誘われて、其下文にその余の旁国遠絶にして詳に知るべからずとあるを、ひたぶるに女王国以南の国々と思い込みしなり。

 『魏志』に…“次有奴國 此女王境界所盡”…とある文面は、必しも之を女王国の極南にありと云う意に取るべからざるを、『後漢書』は実に之をかく思惟したるのみならず、この奴国はまた倭国即ち九州全島の極南界にありと誤解せり。其徴は同書倭国伝に…
 

建武中元二年 倭奴國奉貢朝賀 使人自稱大夫 倭國之極南界也

 
…とある是なり。此の倭奴国は三宅博士が既に説けるが如く、伊都国の東なる奴国即ち「国史」の儺県なるを、范曄は『魏志』が旁国として列挙せる十七ヶ国の末尾に見えたる奴国と誤解したるなり。故に范曄は『魏志』載する二ヶ処の奴国を一国と誤り、而も之を女王国の極南界即ち倭国の極南界にありと見たりしなり。

 編者已に奴国を倭国の極南界にありと思惟せしかば、『魏志』に…“其南有狗奴國”…とある文面に逢着して、狗奴国の方位遂に解すべからざることとなりぬ。因て范曄は之を以て陳壽の誤謬と断定し、適々『魏志』の下文に…“女王國東渡海千餘里 復有國 皆倭種”…とあるに思いつきて、狗奴国を之と連結せしめ…“自女王國東度海千餘里 至拘奴國 雖皆倭種 而不屬女王”…とある文を結構せるなり。

 『魏志』の文を熟読するに、漢魏時代に倭国と云うは主として九州地方を指ししものにて、此島より以東に位する四国あたりは、未だ倭国の範囲に包含せしめざりしものの如し。さればこそ上文に見ゆる如く…“復有國 皆倭種”…とのみ云いて、其国名を挙げざりしなれ。

 故に女王国の東なる倭種の国より以下裸国・黒齒国の事を記せる一段は、已に倭国即ち九州に據れる女王国及狗奴国の事を敍し去りし後に、其処より絶遠なる国々の事を附記せるなり。倭国即ち九州内に於ては魏使が通行せし沿道の国は更なり、絶遠の国々と雖も、猶其名称だけは聞き伝えたれど、女王国の東方千余里の外に僻在せる孤島に就いては、其の住民の倭種たるを幽かに聞き得たるのみにて、其国の何と呼びけん、名称さえも定かに知られざりしなり。

 之に反して狗奴国は倭国の南部に拠りて、女王国と土壤を接したればこそ、其王の卑彌弓呼たることも、其官の狗古智卑狗たることも、また其国が女王国と相攻伐したることも、よく魏国に知られたるなれ。此の如く魏人に熟知せられたる狗奴国を以て、王名官名は更なり、国名さえも知らざりし、東方絶遠の倭種国に当てたる『後漢書』の著者は、全く『魏志』の文面を了解せざりしものと謂うべし。

 若しも以上の推論に誤謬なしとすれば、後漢末より三国時代にわたりて、倭国即ち九州全島は南北の二大国に分裂し、北部は女王国の所領とし、南部は狗奴国の版図として、両々相対峙し久しく相譲らざる形勢をなししなり。然るに魏の正始八年に至り、女王国と狗奴国との間に戦闘起り、女王卑彌呼は此乱中に没したりと見ゆれば、此戦争が女王国の敗北に終れることと察すべし。狗奴国が倭国の南部に拠りて、而も此の如く強勇なりしを以て之を観れば、此国こそ実に「国史」の所謂熊襲国に当つべきものなれ。而して熊襲の領土は大隅を中心として、薩摩日向の大部分を包括したれば、三国時代に於ける狗奴国の境域も、殆ど之と同一なりしと見て不可なかるべし。

 従って此国と対抗したる女王国の領地が豊、肥、筑前後六国に跨りたること亦察するに難からず。而して女王の都邪馬臺国の位置は此形勢に鑑み、又『魏志』に載する所の里数、日数及行路の状況を参酌して、其全領域の西南部にありしこと、余輩の安んじて断言し得る所なり。



 既に前にも述べたるが如く、『魏志』倭人伝に示せる方向は、処によりて些少の誤謬あるを免れざれども、大体に於いて正確を失わざれば、奴国不彌国等より南方にありと明記せられたる邪馬臺国が、筑前より南方に位せしは明なり。又不彌国より邪馬臺国に至るに、水行三十日陸行一日総べて三十一日を要せしとあるは、過多に失する嫌あれども、魏国の使者が実際陸行して水行せざりしならんには、何が故に此く虚報を作為する必要ありしか、余輩は其理由を見出すこと能わざるが故に、此記事によりて、使者が有明の内海を航行せしものと断定して不可なきを信ず。

 又邪馬臺国の南に狗奴国と称する大国ありて、女王国と拮抗せしことは、前文已に之を説き盡したりと思惟す。余輩は以上三個の理由によりて、女王の領土は九州の北半に跨がり、而して其都邪馬臺国は此全版図の西南部即ち肥後国の内にあるべきを信ぜんと欲す。女王の都已に肥後の内にありと一決せば、ここに二個の疑問は提出せらるべし。曰わく帯方郡より邪馬臺国に至る実際の里程は三百三、四十里にて、之を後漢「建武の銅尺」にて計算すれば、約三千一百里を出でざる距離なるに、『魏志』が之を一万二千余里と計上したるは何故なるか。曰わく不彌国より邪馬臺国に至る実際の道程は三、四十里の間に出入する短距離なるに、『魏志』が之を三十一日程と明記せるは何故なるか。余輩の議論をして確実ならしむるには、尚お此等の疑問に対して合理的の説明を与うる必要あり

 此等の疑問を解決するに方りて、まづ第一に研究すべきは、『魏志』が帯方郡と邪馬臺国との距離として与えたる一万二千余里なるものが、果して当時の標準里に由れるものなりや否やの事是なり。漢土に行われたる尺度の制を案ずるに、時代によりて多少の長短ありしと雖も、其一里は我が三町五十一間より四、五町の間に出入し、かつて『魏志』倭人伝に見えたるが如き短少の里程制度ありしを聞かず。然れども『魏志』が此処に示せる里数は処によりて伸縮を見るも、其全道程を通じて悉く普通の標準里よりも短少なるが故に、或は之を以て魏時代に行われたる制度なりしと思惟する者なしとも保し難し。因て余輩は『魏志』が他の処に示せる里程を考究して、その果して倭人伝に与えたる里程と吻合するや否やを見んとす。『魏志』卷三〇高勾麗伝を案ずるに…
 

高勾麗在遼東之東千里 南與朝鮮濊貊 東與沃沮 北與夫餘接 都於丸都之下

 
…とあり。遼東郡治は今の遼陽附近にして、高勾麗の都、丸都城は今の輯安県石板嶺の麓に当たれば、其間の距離は我が九十里と百里との間にあり。然れば『魏志』が高勾麗伝に記せる千里は普通の標準里によれるものと見るべく、而して倭人伝に示せる里程と合せず。

 又同書夫餘伝によれば、「夫餘は玄菟の北千里の処にあり」と記せり。玄菟郡治は今の奉天近傍にて、夫餘の都城は今の農安、長春のあたりにありしと思わるれば、その間の距離は大約我が百里もあるべし。然れば此処に示せる『魏志』の里数もまた普通の標準里により計算せしや明かなり。

 又『三國志』卷四七呉王伝嘉禾二年の条に引用せる『呉書』に…“玄菟郡在遼東北 相去二百里”…とあり。遼東郡は今の遼陽附近に位し、玄菟郡は今の奉天附近に治したれば、その間大約我が十七里なり。又同処に呉国の使者秦旦、張群、杜徳、黄疆等が玄菟郡より逃れて、高勾麗に走れる時に、初に六、七百里を行き、後に数日を費して、高勾麗王宮の都、即ち丸都城に達せりとあり。玄菟郡より丸都までは大約我が九十余里なり。又『魏志』卷三〇韓伝を見るに…
 

韓在帶方之南 東西以海爲限 南與倭接 方可四千里 有三種 一曰馬韓 二曰辰韓 三曰弁韓

 
…とあり。三韓の地は今の慶尚、全羅、忠清三道を包括せり。此地域の周廻につき、今精細なる里数を挙ぐること能はざれども、地図の上にて之を概算するに、蓋し我が三百里を下らざるべし。又同書鮮卑伝檀石槐の領域を記せる処に…
 

北拒丁令 東却夫餘 西撃烏孫 盡據匈奴故地 東西萬二千餘里 南北七千餘里

 
…とあり。夫餘は今の農安長春の南北に據り、烏孫は今の天山の西部に住み、其間大約我が千里を距つ。

 此の如く『魏志』・『呉志』等、倭人伝以外の処に挙げたる里数は、大概普通の標準里に該当し、一として倭人伝中帯方郡より邪馬臺国に至る処に示せるが如き短少なる里数にあらず。又更に『魏志』倭人伝中に記せる里程を考究するに、帯方郡より邪馬臺国に至る道程のみが、甚しき短里にて一万二千余里と云う大数となり居れども、魏の使者が通行せざる、即ち沿道以外の処に係る里程が、之に反して普通の標準里によれるが如く思わるるは、大に注意を要すべき点なりとす。

 例えば倭人伝によれば、一支国は方三百里となり、而して伊能忠敬の実測録に此島の沿海周廻は三十五里十五丁五十九間半とあれば、『魏志』の之を三百里と云えるは、大かた標準里に違はず

 又『魏志』は倭国の周廻を記して…“周旋可五千余里”…といえり。実測録によれば、九州の沿海周廻は八百六十里七町四十九間半とあり。此里数は沿岸の湾曲せる部分をも、精細に実測したる結果なれども、『魏志』の挙ぐる所は、沿岸の概略を目算したるものなれば、かの五千余里といえるも、大方実際にかなえり

 此の如く倭人伝に一支及倭国の周廻を言える所は、当時の標準里に合するに反して、独り対馬島の周囲を記して…“方可四百餘里”…とあれども、実測録によれば、上之島の沿海周囲五十里一十四町二十一間半、下之島の沿海周廻は一百三十五里三十一町一十九間半とあれば、両者の間に多大の差異あり。思うに伝の四百余里といえるは、上之島の周囲をのみ挙げたるにはあらざるか。然らざれば魏の使者の誤算なり。
 


女王の都」 – より

 
 其は何れにしても、『魏志』が帯方郡より邪馬臺国に至る三百三、四十里の距離を数うるに、一万二千余里という大数を挙げたるに、周廻百八十余里ある対馬島に於いて僅に四百余里といえるは、甚しき相違というべし。

 以上考證せし所によりて知らるるが如く、『魏志』『呉志』中に挙げられたる里程は、大概漢時代の標準里に合するのみならず、『魏志』倭人伝に於ても、帯方郡より邪馬臺に至る道程を除き、その他の処に記せる里程は、亦標準里に比して大差なきを見る。

 然るに独り帯方より邪馬臺に至る道程に限り、古今に比類なき短里を以て計上し、一万二千余里という大数を表出したるは、大に怪まざるを得ず。唯に里数に於いて過大なるのみならず、日数を挙げたる所に於いても、其里程の短距離なるに照合して、亦その過多なるに驚くべし。

 已に里数に於いて当時の制度に合せず、また日数に於いても常軌を逸したるより之を考うれば、魏国の使者は何事か為にする所ありて、故らに里数日数を誇張したるものと断定せざるを得ず。若しも魏国の使者が誠実に一定の標準を立て、之に依りて道程を計上せしとするも、不彌国より邪馬臺国に至る一千三百余里(実は我が三十四里)を行くに、多くも十日を超ゆべからざるに、水陸三十一日を要せしと云うは甚だ多きに過ぎたり。

 若しも魏国の天子が使者の採用せし里程の標準が、『魏志』に記すが如き短少なるを知りたらんには、争でか此の如き不合理の報告を信ずべけんや。使者が此の如き虚偽の報告を呈して、恩賞に預らんこと思いもよらず、必ずや虚妄を語るの故を以て厳責を蒙るべきなり。然れども若しも使者が当初より故意に此沿道の里数日数を誇張せしものとすれば、決してさる矛盾を有せざるなり。何となれば後漢建武の銅尺にて一千三百余里は、大約我が百四十里に当れば、之を行くに三十一日を要せしとするも、また必ずしも怪まるべきにあらざればなり。

 又更に倭人伝が帯方郡より邪馬臺国に至る沿道紀行の体裁を視るに、帯方郡より狗邪韓国に至るまでは単に里数を挙げ、対馬、一支、末盧、伊都、不彌に於いて里数の外に戸数及官名を挙げたるに、投馬邪馬臺に於いては、戸数、官名を記せるは上記諸国の条に於けるが如くなれども、此処に限り里数の代りに日数を挙げたり。

 凡そ漢土の紀行文を見るに、日数のみを挙げたる場合には、多く里数を省けり。是れ蓋し正確なる里数を知ること能はざるが故なり。然るに倭人伝に於いては、帯方郡より邪馬臺に至る里程は一万二千余里と計上し、而して帯方より不彌国までは一万七百余里と知られたれば、かの一万二千余里よりこの一万七百余里を差し引きて得たる一千三百余里が、即ち不彌国より邪馬臺国に至る里程なるは、当時魏の使者が必ず熟知せる事なり。然るに不彌国より投馬国に至る行程と、投馬国より邪馬臺国に至る行程とに於いてのみ、日数を記して里数を挙げず。

 論者或は云わん、此の二国は帯方郡より絶遠の地に位するが故に、此等諸国相互の距離に就きて明確なる知識を有せざりしが故ならんと。然れども伝中には投馬、邪馬臺二国に於ても、他の諸国の如くに、官名、戸数を記したるのみならず、帯方郡より邪馬臺に至る総里数をも記したる程なれば、不彌より投馬、投馬より邪馬臺に至る距離が計算せられざる理あるべからず。但し此紀行が実際を誠実に敍したるものとすれば、里数の代りに日数を挙げたるまでなりと解し去るべきなれども、若しも此行程が故意に誇張せられしものとすれば、不彌国より以下邪馬臺国に至る行程を示すに、里数の代りに日数を用いたるは、大に要意苦心の存する所ならざるべからず。

 伝によれば帯方郡より邪馬臺国に至る道程を一万二千余里となす。試に此里数を虚心平気に考えんか、如何に東国の地理に暗き魏人と雖も、其里数の多大なるに疑惑の念を起すべし。是に於てか此報告を作りしものは、務めて此疑念を杜絶する道を講ずる必要あり。故に使者は此道程の計算に誤りなきを證せんと欲し、不彌国より邪馬臺国までは日数を明載し、又それと共に此間の距離が一千三百余里なることを間接に現わし、従って一日の行程平均我が四、五里なりしことを暗示せり。

 若しも此の如くに、倭人伝の行程を解釈するときは、不彌国より邪馬臺国に至るに日数にて三十一日、里数にて一千三百余里と計上するも、余輩が邪馬臺国を肥後の内に置く結論と牴触せざるを悟るべし。今日に伝われる『魏志』の倭人伝によれば、不彌国より投馬国まで水行二十日、投馬国より邪馬臺国まで水行十日、陸行一月とあり。若し此明文の如くんば、不彌国より邪馬臺国に至る一千三百余里を行くに六十一日を要し、一日進行の道程は平均我が二里乃至二里半となるべし。虚偽の報告を作るに苦心せし魏の使者が、何の為にか此の如き見やすき破綻を示して、自ら恥辱を招く愚をなさんや
 


福知山市広峯15号墳出土三角縁神獣鏡(景初4年銘)

 
 更に思ふに、不彌国より水行三十日の道程に於いてすら、使者が寄泊せし投馬国の名を挙げたるに、邪馬臺に至る陸行一月の沿道に於いて、一国の名称をだに記さざるは、理に於て然るべからず。余輩は此等の理由によりて、『魏志』に一月とあるは一日の誤写なりと云う先輩の意見に贊同す。

 以上地理上の考證によりて、女王の都せし邪馬臺国は肥後の国内にありて、其領土は九州の北半に亙りたりと思わるるが故に、之と対抗して而も之を敗北せしめたる狗奴国も、亦決して小国にあらざりしなり。

 狗奴国の所在及其版図の区域に就きては、倭人伝に明記する所なければ、之を精細に述ぶること能はざれども、此国が女王国の敵国にして、九州の南部を占領したる形勢より之を判ずるに、蓋し「国史」に伝われる熊襲の如き地位を有せるものならん。而して女王の名卑彌呼及狗奴国の名卑彌弓呼は、また此二王の九州に於ける大君主にして、決して一小地方に割據せる酋長にあらざりしを示すものなり。



 女王卑彌呼の名義に就いては、古来種々の解釈ありて、未だ一定せざるが如し。松下見林は其著「異稱日本傳」卷上に於いて…“卑彌呼者神功皇后御名氣長足姫尊故訛云然”…と説かれたれば、氏は卑彌呼(ヒメコ)を姫尊の転訛と見たるなり。然るに本居宣長は此解釈に従わずして、更に之を姫児(ヒメゴ)の対訳と説けり。而して此解釈の当を得ざることは、那珂氏の「外交繹史」卷二八魏志倭人傳に精わしく論ぜられたれば、左にその一節を引用すべし。
 

卑彌呼ハ、熊曾ノ女酋ノ名ナリ。「馭戎慨言」ニ…“一女子云々”…とは、まさしく息長帶姫尊の御事を三韓などよりひかことまじりに傳へ聞奉りてかけるもの也。卑彌呼は、姫兒(ヒメゴ)と申す事にて、神代卷に…“火之戸幡姫兒(ヒノトハタヒメゴ)千々姫(チヽヒメ)命”…また萬幡姫兒(ヨロヅハタヒメコ)、玉依姫(タマヨリヒメ)命などある姫兒に同じ。姫を比彌(ヒミ)といへる例も、古きふみに見えたり。さればこそたふとみて、御國人のつねにかく申せしを、韓人(カラビト)などの聞て傳へしを、御名と心得しなるべし”

「中外經緯傳」モコノ説ニ從ヒ…“姫と卑彌と通はし云へるも、古言なり。「釋日本紀」に引れたる「上宮紀」に、皇女たちの中に、某比賣と申せる中に、大中比彌、田宮中比彌、阿那爾比彌、布利比彌命、また上宮聖徳法王帝説の中に載たる古文に、吉多斯比彌乃彌己等、加斯支移比彌乃彌己等など、なほあり。神名式阿波國に、波爾移麻比彌神社とも見えたり。

今按るに、當時皇后よろづまつりごちておはしましけれど、實には、おのづから應神天皇の御世なれば、しかすがに皇后の御事を須賣良美古登と申すべきにあらず。故別に崇めて比味呼と申奉れるを、女子の天皇にておはす御名と心得て、然は記せるものなりけり”…トアリ。

 サレドモ、「古史斷」第三十七段ニ…“記傳に「神代紀」の一言どもを引きて、栲幡千々姫(タクハタチヂヒメ)兒(ミコ)、萬幡姫(ヨロヅハタヒメ)命、火之戸幡姫(ヒノトハタヒメ)兒(ミコ)、千々姫(チヂヒメ)命など有を、姫兒(ヒメゴ)と訓(ヨミ)をつゞけて一ツ名とせられ、また高皇産靈尊兒萬幡姫(ヨロヅハタヒメ)兒(ミコ)玉依姫(タマヨリヒメ)命と書連(カキツヾ)けたるを萬幡姫(ヨロヅハタヒメ)兒(ミコ)、玉依姫(タマヨリヒメ)命と訓て、豐秋津師比賣(トヨアキツシヒメ)命の亦名とせられ、「馭戎慨言」にも云々と云れしは違へり”…ト云ヘルハ、實ニ然ル事ニテ、姫兒(ヒメゴ)ト云フ稱ハ、物ニ見エタルコト無ケレバ、卑彌呼ヲ皇后ノ尊稱トスルハ、拠ナキ説ナリ

 
 吉田博士※11は其旧作「日韓古史斷」第三編に於いて、卑彌呼は「日子」「ひのみこ」の義、姫子にあらずと云いて、亦本居氏の説に贊成を表せざりき。余輩の考うる所によれば、卑彌呼とは女王の尊称にて、其実名にあらず。その義は既に松下氏の説けるが如く、姫尊即…himemikoto…の転訛ならん。漢人は常に外国の名称の長きを厭いて之を省略する風あり。故にヒメミコトのメミ(memi)二音の相重なるを略して、単に之をメ(me)とし、又ミコトのトを省きて、卑彌呼(ヒメコ)と書けるなり。此解釈の正を失わざるは、狗奴国王の名卑彌弓呼の解釈と相待ちて之を悟るべし。卑彌弓呼の名義に就きて、詳細なる説明を与えたるものを「日韓古史斷」となす。同書第三編第二章筑紫の条に曰く…
 

狗奴國は男王あり卑彌弓呼素と曰ふ。『後漢書』に云ふ、女王國より東、渡海千餘里、狗奴國に至る、皆倭種なりと雖も女王に屬せずと。『魏志』に云ふ、奴國の南に狗奴國ありと。或は曰ふ、狗奴は河野にして伊豫國なりと、恐らくは當に然るべし(注略)。按ずるに伊豫は西南の舊國にして大族あり、河野と云ふ、其の初久努(クヌ)に作る、其の祖子致(コチ)と云ふ、魏志に謂はゆる官狗古智卑狗と曰ふ者は即チ子致彦(コチヒコ)や。子致又越智(ヲチ)と云ふ(注略)。而て又王あり卑彌弓呼素と爲すは又日子(ヒノミコ)の稱を冠れり。伊豫國造の皇別に出で(注略)、當時來り其の國を鎭めたまへるを謂ふに似たり。又其の名、女王を壹與と曰ひ男王を呼素と云ふは、二國講和して、古俗盟約易名の事をなし、伊豫(壹與)の稱を女王に附し、襲(小襲)にや、又「古事記傳」「征韓起源」等に因れば、襲の語源は「ヲソ」より出づといへり、「コ」「ヲ」は古言多く相通せり、或は熊襲の徒魏人に告ぐるに殊に卑めて小襲と呼びしにやの稱を男王に附せしに因るや。

 
 吉田博士は狗奴国王の名を卑彌弓呼と云わずして、卑彌弓呼素と読み、此名の中卑彌弓は卑彌呼と同じく日子(ヒノミコ)の対訳、呼素は襲(オソ)の音訳なりと見られたり。博士が狗奴国王の名を卑彌弓呼素となししは、倭人伝の文に…“倭女王卑彌呼與狗奴國男王卑彌弓呼素不和”…とある副詞のを男王名称の末尾に連結せしめたるが故なり。の今音は「hu」なれば、呼素は「hu-so」と音し、襲(oso)と音声相近けれども、同文卑彌呼の名に於いて、は正しく「ko」と響かしたるを見れば、卑彌弓呼の名に於いて、之を(o)と音せしむるは如何にや。菅氏は「漢籍倭人考」に於いて亦此王の名義を説いて曰わく…
 

卑彌弓呼ハ、卑彌呼ニ弓ノ一字ヲ加ヘタルマデナル上ニ、卑彌ハ姫ニテ女子ノ稱ナレバ、男子ニサル名ノアルベクモ思ハレズ、サラバ字ノ誤ハモトヨリナガラ字ノ誤リハヒトリ此ノミナラズ、往々ニアリ狗奴國ノ所在サヘ詳ナラネバ、思ヒヨスベキスベモナシ、サレド試ニイハヾ、卑彌弓呼ハモト卑呼彌呼トアリケンヲ、卑ノ下ノ呼ヲ脱シ、彌ノ偏ヲ誤リテ、再ビ彌ノ下ニ弓ト書シタルモノナラン、卑呼彌呼ハ彦御子ニテ、其ハ開化天皇々子彦坐王(ヒコマスミコ)ヲ訛リテ申シシナリ。

 
 余輩の考うる所によれば、卑彌弓呼は卑弓彌呼の倒置にて、hikomikoto の省略なり。されば卑弓彌呼は卑彌呼と同じく狗奴国王の実名にあらずして、その尊称なり。『魏志』の文中にも女王卑彌呼に対して、男王卑彌弓呼と記したれば、当時九州の倭人は邪馬臺国王は女子なりしが故に、之を尊称して卑彌呼即ち姫尊といい、狗奴国王は男子なりしが故に、之を卑弓彌呼即ち彦尊といいしなり。ヒコ、ヒメの“ヒ”はムスコ、ムスメの“ムス”の如く一個の美称なれば、必ずしも之を“日”の義に解くべきにあらず。『魏志』倭人伝の中に種々の官名(人名)を挙げたれども、之にミコトの尊称を附せざるは、何れも一地方の酋長にして、女王或は男王に隷属する臣下なりしが故なるべく、之に反して倭女王狗奴男王がミコトと称せられしは、此二王が九州に於ける二大勢力たりし一證と見るべし。

 太古九州全島が二大国に分裂せしことは、我が開闢史によりても、その形勢を窺い得べきが如し。余輩は隼人等が祖先として知られたる火闌降(ホノスソリノ)命と其弟彦火火出見尊とが、鉤針の故を以て争いし一条の物語を、此二大勢力の争闘を神話に化し去りしものと思惟す。蓋し彦火火出見尊は九州北部の勢力を表わし、火闌降命は南部の勢力即ち隼人国を表はししなり。而して弟尊が兄ノ命を苦めて、遂に之を降服せしめたる方法は、一種特別にして、而も地方的性質を帯びるものなるが故に、余輩は左に『古事記』の一節を引用すべし。
 

是以備如海神之教言、與其鉤、故自尓以後、稍愈貧、更起荒心迫來、將攻之時、出鹽盈珠而令溺、其愁請者、出鹽乾珠而救、如此令惚苦之時、稽首白、僕者自今以後、爲汝命之晝夜守護人、而仕奉、故至今、其溺時之種々之態、不絶仕奉也。

 
 九州の西海岸は潮汐満乾の差甚しきを以て有名なれば、上に記せる鹽盈珠・鹽乾珠の伝説は、此自然的現象に原因して起れるものならん。故に神典に見えたる彦火火出見尊と火闌降命との争闘は、『魏志』によりて伝われる倭女王と狗奴男王との争闘に類せる政治的状態の反映と見做すべきものなり。

 『魏志』の記す所によれば、邪馬臺国は本と男子を以て王となししが、其後国中混乱して相攻伐し、遂に一女子を立てて王位に即かしむ。是を卑彌呼となす。此女王登位の年代は詳かならざれども、その始めて魏国に使者を遣わしたるは、景初二年即ち西暦二百三十八年なり。而して正始八年即ち西暦二百四十七年には、女王狗奴国の男王と戦闘して、其乱中に没したれば、女王は蓋し後漢の末葉より此時まで九州の北部を統治せしなり。女王死して後国中また乱れしが、其宗女壹與なる一小女を擁立するに及んで国乱定りぬ。卑彌呼の仇敵狗奴国の男王卑弓彌呼は何年に即位し何年まで在位せしか、『魏志』に伝わらざれば、また之を知るに由なし。然れども正始八年に此王は女王卑彌呼と戦って勝利を得たれば、女王の嗣者壹與の代に及んでも、依然として九州の南部に據りて、暴威を逞しうせしに相違なし。

 九州に於いて此の如く南北の二大国が対立して、互に雌雄を争いし時に方りて、此より以東の国々は果して如何なる状態にてありしか、漢史の方面よりは、其の消息を窺うに由なし。若しも当時大和の朝廷が九州地方と密接なる関係にてありたらんには、『魏志』倭人伝に之を逸すべき筈なし。然るに伝中に女王国以東に関する事を載する甚だ漠然たるを思へば、当時皇朝の威力は未だ九州地方に及ばざりしなり。

 那珂氏の「上世年紀考」(「史學雜誌」第八編第一二號)によれば、崇神天皇の崩年戊寅は魏帝曹髦の甘露三年即ち西暦二百五十八年に当り、仲哀天皇の崩年壬戌は晋の穆帝の永和十一年即ち西暦三百五十五年に当る。然れば倭女王卑彌呼及其嗣者壹與は崇神天皇と同時代の人たりしなり。此年紀推定の正確なることは、之によりて日韓の古史がよく解説し得らるるにても證すべし。「国史」を案ずるに皇化の九州地方に加わりしは、崇神天皇以後にあり。此帝の時四道将軍を四方に派遣せられけるが、その中西道に向いしは、吉備津彦なり。此将軍は專ら中国を経略せしにて、九州に渡りしとは思われず。然るに「國造本紀」に此朝に十一国の国造を定め給へるが中に…
 

火國造、瑞籬朝御世、大分國造同祖志貴多奈彦命兒建男祖ノ命定賜國造。
阿蘇國造、瑞籬朝御世、火國造同祖神八井耳命孫速瓶玉命定賜國造。

 
…と見ゆれば、火国造は肥後国の一部を賜わり、阿蘇国造は肥後国の阿蘇郡を賜わりしに聞ゆれども、崇神天皇の頃九州の北部殊に肥後は卑彌呼女王の本地にして、其没後に至りても尚お壹與の領土なれば、瑞籬朝御世に此処に国造を置かれしこと事実と思われず。されば那珂氏もこの国造設置に就きては疑を懷かれ…
 

「景行紀」ニ…“吉備津彦遣西道”…トアル西道ハ、イヅコマデヲ云ヘルカハ詳(サダカ)ナラネドモ、「古事記」ニ…“大吉備津日子命、與若建吉備津日子命、言向和(コトムケヤハス)吉備國”…トアリテ、二皇子ノ平ゲ給ヒシハ、今ノ中國ノ地ナレバ、西方ノ經略ハ未ダ筑紫ノ島マデハ及バザルベク思ハルレバ、此ノ二國造ノ事モ、後ヲ前ニメグラシテ、祖先ヲ擧ゲテ云ヘルニハ非ザルカ。

 
…と説かれたるは極めて理なり。然るに其後景行の朝に天皇親ら豊、火、日向、筑紫を巡狩せられ、次で日本武尊をして熊襲を討たしめ給ひ、また此朝の時に葦北国造などをも置かれたりしを以て之を観れば、九州の北半は是時より漸く王化に潤い始めたるなり。成務天皇の時に至りて、九州に筑志、筑志ノ米田(メタ)、豊、国前、比多、松津、末羅、天草、葛津の国造を定め給いしこと、「國造本紀」に見えたれば、此天皇の時となりては、往昔卑彌呼の領土たりし処は、悉く大和朝廷の命令を奉ずることとなれりしなり。

 此の如く景行の朝より成務の朝に亙りて、九州の北部が容易に王化になびきしは、固より列聖御稜威の然らしむる所なるべしと雖も、而もまた此処に拠れる女王国の勢力が衰頽に赴きしこと、その原因たらずんばあらず。而して女王国の衰弱せし原因に二あり。一は此国が卑彌呼女王の時に、南方の敵国狗奴国と戦って敗北を取りしより以来、其勢力また昔日の如くならざりし事、一は西晋末より五胡中国に侵寇したる結果として、女王国の依頼せし楽浪・帯方の二郡滅亡せしこと即ち是なり。若しも此の如き形勢の変動無からんには、如何に景行天皇及日本武尊が勇武にましますも、此く容易に九州の北部を経略平定すること、或は能はざりしならん。

 九州の北部既に皇朝の命を奉ずるに及んでも、南部の熊襲即ち狗奴国は依然として王師に反抗して、尚お独立の地位を保ちしなり。然れども仲哀・神功の代となりては、皇室の威力は東海、北陸、四国、中国及び九州の北半に及びしかば、流石の熊襲も其壓力に堪えずして降服するの已なきに至れり。

 かくて大八洲ノ国は悉く討平せられて、皇室の隆なること前後に比びなかりしかば、神功皇后は全国の兵力を傾けて三韓を征伐し給へり。而して韓国当時の状態を顧るに、楽浪帯方二郡の滅亡するや、高勾麗北方より南下して其故地を略し、更に進んで三韓を併呑せんず勢なり。是に於いて従来緩慢なりし韓族は、はじめて強固なる国家を組織する必要を感ずると同時に、尚おその中には東方倭国の応援を得て、自国の独立を維持せんと図るものありき。神功皇后の征韓は此大勢に駕せしかば、容易に效果を收めたるものなるべく、必ずしも之を皇国の勢力強大なりしのみに帰すべからず。



 以上女王国の興亡及其の滅亡が、皇威の発展に好箇の機会を与えたるを敍したれば、再び本論に立ち帰り、卑彌呼女王の人物に就いて、論ずる所あらんとす。已に前にも述べたるが如く、邪馬臺国には元もと男王ありしが、其後国中に混乱を生じ、遂に卑彌呼を奉じて王となせり。卑彌呼死して国また乱れしが、十三歳の少女壹與を奉戴するに及んで、国乱遂に定りぬ。

 此の如く邪馬臺国が二代引き続きて女王を奉戴せしは甚だ奇怪に思われんが、景行の朝より神功の代に至るまで、九州地方に女酋の多かりしを見れば、邪馬臺国が女王を君主と仰ぎしも、亦怪むに足らざるべし。那珂博士は其「外交繹史」第二八に「書紀」、「風土記」に見たる女酋の例を挙げたれば、左に之を引用すべし。
 

筑紫ノ島ニハ女酋ヲ尊ブ習俗ノ有リシト見エテ、「景行紀」ニ云…“到周芳ノ娑麼(サバ)時、天皇南望之、詔群卿曰、於南方、煙氣多起、必賊將在、則留之、先遣多ノ臣ノ祖武諸木、國前ノ臣ノ祖兎名手、物部ノ君ノ祖夏花、令察其状、爰有女人曰神夏磯媛、其徒衆甚多、一國之魁帥也、聆天皇之使者至、則拔磯津山賢木、以上枝挂八握劍、中枝挂八咫鏡、下枝挂八尺瓊、亦素幡樹于船舳、參向而啓之曰、願無下兵、我之屬類、必不有違者、今將歸徳矣云々”…周芳娑麼(サバ)ハ、今ノ周防國佐波郡ナリ。一國之魁帥也トハ、筑紫國ノ中ニテ、一地ノ酋長タルヲ云フ。磯津山ハ、河田羆氏ノ西征地理考ニ…“今ノ企救郡貫山、一名シハツ山是也”…トアリ。

又…“到速見邑、有女人、曰速津媛、爲一處之長、其聞天皇車駕、而自奉迎之云々”。速見邑ハ、今ノ豐後國速見郡ナリ。速津媛ノ事ハ、「豐後國風土記」速見郡ノ條ニモ…“昔者纒向日代宮御宇天皇、欲誅玖磨贈、幸於筑紫、從周防國佐婆津發船而渡、泊於海部郡宮浦時、於此村有女人、曰速津媛、爲其處之長、即聞天皇行幸、親自奉迎云々、因斯名曰速津媛國、後人改曰速見郡”…トアリ。

「景行紀」ニ又…“天皇將向京、以巡狩筑紫國、始到夷守、是時於石瀬河邊、人衆聚集、於是天皇遙望之、詔左右曰、其集者何人也、若賊乎、乃遣兄夷守弟夷守二人令覩、乃弟夷守還來而諮之曰、諸縣君泉媛、依献大御食而其族會之”…夷守ハ、今ノ日向國西諸縣郡小林郷ナリ。

“到八女縣、則越藤山、以南望粟岬、詔之曰、其山峯岫重疊、且美麗之甚、若神有其山乎、時水沼縣主猨大海奏言、有女神、名曰八女津媛、常居山中、故八女國之名、由此而起也”…八女縣ハ今ノ筑後國上妻下妻二郡ナリ。藤山ハ、今ノ御前嶽ト云ヒテ、御井郡ト下妻郡トノ界ニアリ、水沼縣ハ、今ノ筑後國三潴郡ナリ。

「豐後風土記」日田郡ノ條ニ…“昔者纒向日代宮御宇大足彦天皇、征伐球磨贈於凱旋之時、發筑後國生葉行宮、幸於此郡、有神名曰津媛、化而爲人、參迎辨申國消息、因斯曰久津媛之郡、今謂日田郡者訛也”…上ノ津媛ノ上ニ、久字落チタルカ、生葉ハ、「景行紀」ニ…“的邑(イクハムラ)”トアリ、今ノ生葉郡ナリ。日田郡、今モ然云フ。

「肥前國風土記」松浦郡賀周(カス)里ノ條ニ…“昔者此里、有土蜘蛛、名曰海松橿媛(ミルカシヒメ)、纒向日代宮御宇天皇巡國之時、遣陪從(ミトモ)大屋田子(オホヤタコ)、誅滅”…云々、杵島郡孃子(ハヽコ山)ノ條ニ…「同天皇行幸之時、土蜘蛛八十女(ヤソメ)、又有此山頂、常捍皇命、不肯(アヘ)降服(マツロヒ)、於茲遣兵掩滅、因曰孃子山”、彼杵郡浮穴郷ノ條ニ…“同天皇在宇佐濱(ウサハマ)行宮、詔神代(カシロ)直、曰云々、即勅直遣此村、有土蜘蛛、名曰浮穴沫(ウキナワ)媛、捍皇命甚無禮、即誅之、因曰浮穴郷”、「神功紀」ニ…“轉至山門縣、則誅田油津媛、時田油津媛兄夏羽、興軍而迎來、然聞其妹被誅而逃之”…山門縣ハ、今ノ筑後國山門郡ナリ。

ナド見エ、又「豐後風土記」日田郡五馬山ニ、土蜘蛛五馬媛、「肥前風土記」佐嘉ノ郡ニ、土蜘蛛大山田女狹山田女ナドモアリ。

 
 此等の例證によるときは、景行の朝より神功の代に亙りて、九州地方に女子にして君長たりしもの十二名あり。尚お之に卑彌呼及壹與を加うるときは十四名の多きに及ぶ。今日より之を見れば寧ろ奇異の感なくんばあらず。是れ固より当時の風習なるべけれども、何が故に斯る習が行われて、此の如く多数の女酋を輩出せしめたるか、これ大に考究すべき問題なり。那珂氏は之に説明を与えて…
 

此ノ風俗ハ、イカナル原因ヨリ生ジタルカハ知ルベカラザレドモ、卑彌呼壹與等ガ、國人ニ畏服セラレタルハ、其ノ英略アルガ爲ノミニハアラデ、此ノ風俗アリシニモ由レルナルベシ。然ラズバ、又卑彌呼ノ英略ヲ以テ、國人ヲ服セシヨリシテ、人民自ラ女酋ヲ重ンズル心ヲ生ジ、遂ニ筑紫ノ各地ニ、女酋ノ興起スルニ至リシヤモ知ルベカラズ。

 
…と説かれ、又三宅博士は別に説をなして…
 

太古の家系は母姓に因れり。我が舊辭の時代はかゝる原始社會を去ること遠しと雖も、猶其の遺風を存したればにや、『古事記』往々女子を擧げて氏族の祖と爲せり。又我が舊辭時代には著名なる女子多く、各處の酋長に女子少からず、是れ亦女系を主とせる古俗と相關係せるならん。

 
…と云はれたり。此二家の所説は果して我が国の古俗に女酋の多かりし原因を解き得たるものなりや否や。請う試に『魏志』が卑彌呼の人物に就きて記す所を見よ。
 

乃共立一女子爲王 名曰卑彌呼 事鬼道 能惑衆 年已長大無夫壻 有男弟佐治國 自爲王以來 少有見者 以婢千人自侍 唯有男子一人 給飮食 傳辭出入 居處・宮室・樓觀・城柵嚴設 常有人持兵守衞

 
 此文によりて卑彌呼の人となりを察するに、軍国の政務を親ら裁断する俗界に於ける英略勇武の君主と見るよりは、寧ろ深殿に引き籠りて祭祀を事とし、神意を奉じて民心を收攬せる宗教的君主と見らるるなり。是れ余輩が那珂氏の説に従うこと能はざる所以なり。又三宅博士の云わるるが如く、我国の太古にも母系を重んじたる形跡なきにあらねど、卑彌呼時代には夫婦の制が判然と確立せしことは、『魏志』の文面よりも、又我が開闢史の上よりも知らるるが故に、余輩は博士の意見に賛成すること能はず。且つ母系を重ずる習慣より之を論ずれば、国民の尊敬を受くる女王は母たる資格を要すべきは勿論なるに、卑彌呼が年長じて夫壻なく、一生を処女にて送りしは如何に解くべきか。我国の古俗にては人事を汚穢とするが故に、神祇に奉侍する婦人は大概人に嫁せざるを常とす。人の妻女は勿論、一たび人に姦せられたる女子が斉宮たる資格を失うことは能く人の知る所なり。因て案ずるに、卑彌呼が年長じても夫壻なきは、神祇に奉侍する自己の地位の然らしむる所にして、他の故ありしにあらず。

 されば卑彌呼が女王として推戴せられしは其資性の英明勇武なるにあらずして、神祇に奉侍し其意を伝達するに適したる性質を具備せしが故なり。又卑彌呼の嗣者壹與が十三歳にして女王となりしは、必しも之を卑彌呼の宗女たりし門閥上の関係にのみ因れるものと見るべからず。之を皇朝の例に鑑るに、二、三歳の皇女にして斉王となれるものありき。壹與が十三歳にして王統を継ぎしも、必ず此宗教的理由に因るものと解せらる。

 論者若し我が国の古俗に女酋多きの故を以て、女尊男卑は我が国上代の風俗なりしと推断せば、大なる謬見なり。『魏志』倭人伝に…
 

其俗國大人皆四五婦 下戸或二三婦 婦人不淫不妬忌

 
…とあるによりても、我が古俗にて婦女は貞節を守り、其夫に従順なりしを察すべし。又神典に、伊邪那岐、伊邪那美とかき、沫那藝、沫那美と記すが如く、常に男神を前に挙げて女神を後にするを見ても、男尊女卑が我が国の古俗なりしを悟るべく、殊に諾册二神が天の御柱を廻りて美斗の目合をせさせ給う処に…
 

伊耶那美命(イザナミノミコト)先言阿那迩夜志(アナニヤシ)愛袁登古(エヲトコ)袁(ヲトノリタマヒ)、後伊耶那岐命(イザナキノミコト)、言阿那迩夜志(アナニヤシ)愛袁登賣(エヲトメ)袁(ヲトノリタマヒ)、各言竟之後、告其妹曰、女人先言不良(ヲミナヲトコニサキダチテフサハズトノリタマヒキ)

 
…とあるは、明かに男尊女卑の国俗を證するものなり。此の如く男尊女卑は我が古俗なりしにも拘らず、女人にして君長となれるもの多かりしは、甚だ奇異に聞ゆれども、其理由の宗教的関係に存するを悟らば、疑団は忽ち氷解せらるべし。我が古俗に於いては、女性は一般に男性に劣れりと雖も、女性の中に特に神祇の憑依する所となりて、其意思を伝達するに適する資質を有する者あり。此の如き婦人はこの理由によりて、国民の尊崇を受くるに至ること、敬神の念深き上代にありては、決して怪むべきにあらず。卑彌呼、壹與等が九州北半の大君主と仰がれしも、全く此の理由によるものにて、必しも之を以て此等女王の資性勇武なりしのみに帰すべからず。



 此の如く倭女王卑彌呼の性質を論究したる後に於いて、余輩ははじめて我神典中の一大疑問を解釈し得べしと信ず。所謂一大疑問とは何ぞや。曰わく皇祖天照大御神が女性の御身を以て、高天ヶ原に君臨せさせ給う事是なり。

 神典を通読するに男尊女卑の精神は全篇に偏満するにも拘らず、大御神が女神を以て天上の君主と仰がれ給うは、一見甚しき矛盾なり。古来の学者此矛盾を解かんと務めて、遂に其要を得ず。是に於てか大御神は男神にして女神にましまさずとまで思惟する者あるに至る。然れどもこれ畢竟我が国の古俗を知らざるよりの謬見なり。

 凡て神話伝説は国民の理想を述べたるものにて、当時の社会の精神風俗等は、悉く其の中に包含せらるるものなるが故に、皇祖発祥の地たる九州に於いて、上古卑彌呼をはじめとし女子を以て君長たりしもの其数を知らずとせば、大御神が女神として、天上に照臨し給うも、亦何の怪むべきことかこれあらんや。

 神典の中天安河の条はよく大御神の御資格を表わすと共に、また当時の社会の状態を示すを以て、左にその一段を引用せん。
 

爾速須佐之男命、白于天照大御神「我心淸明、故、我所生子、得手弱女。因此言者、自我勝。」云而、於勝佐備(此二字以音)、離天照大御神之營田之(此阿字以音)、埋其溝、亦其於聞看大嘗之殿、屎麻理(此二字以音)散。

故、雖然爲、天照大御神者、登賀米受而告「如屎、醉而吐散登許曾(此三字以音)、我那勢之命爲如此。又離田之阿・埋溝者、地矣阿多良斯登許曾(自阿以下七字以音)、我那勢之命爲如此。」(此一字以音)詔雖直、猶其惡態不止而轉。

天照大御神、坐忌服屋而、令織神御衣之時、穿其服屋之頂、逆剥天斑馬剥而、所墮入時、天服織女見驚而、於梭衝陰上而死(訓陰上富登)。

故於是、天照大御神見畏、開天石屋戸而、刺許母理(此三字以音)坐也。

爾高天原皆暗、葦原中國悉闇、因此而常夜往。

於是萬神之聲者、狹蠅那須(此二字以音)滿、萬妖悉發。

是以八百萬神、於天安之河原、神集集而(訓都度比)、(中略) 天宇受賣命、手次繋天香山之天之日影而、爲鬘天之眞拆而、手草結天香山之小竹葉而(訓小竹佐佐)、於天之石屋戸伏汙氣(此二字以音)蹈登杼呂許志(此五字以音)、爲神懸而、掛出胸乳、裳緖忍垂於番登也。

爾高天原動而、八百萬神共咲。

於是天照大御神、以爲怪、細開天石屋戸而、内告者「因吾隱坐而、以爲天原自闇亦葦原中國皆闇矣、何由以、天宇受賣者爲樂、亦八百萬神諸咲。」

 
 此文を以て之を観れば、大御神は高天ヶ原に於いて至高の神にましませど、敬神の念深くして祭祀を重じ、御自らまた天神を祀らせ給えり。故に新嘗の料に備えんが為に営田(ミツクタ)にて稻を作らしめ給い、又神御衣(カミノミソ)を造らんが為に、天衣織女(アメノミソオリメ)をして忌服屋(イミハタヤ)にて之を織らしめ給えり。而して大御神が天神に奉侍せしさまは、宛も後世倭姫命が大御神に奉侍せしと毫も異なかりしなり。「倭姫命世紀」は後世の作に係れど、その神衣祭の由来を記せる一段は、上古の制度を伝えたるものにて、大御神が天神に奉侍せしさまも、又卑彌呼などが神祇を祀りしさまも、之によりて其一斑を窺い得べければ、左の一節を拔載せん。
 

垂仁天皇廿五年丙辰春三月、伊勢百船度會國、玉■伊蘇國仁入座、即建神服織(ハトリノ)社、令織太神之御服、麻績機殿神服社是也、然後隨神誨、造神籬、取丁巳年冬十月甲子、奉遷於五十鈴川上之後、■清麗膏地天、和妙之機殿乎、同興于五十鈴川上側、令倭姫命居焉、于時、天棚機姫神、令織太神和妙御衣給倍利、是名号磯宮矣、爰卷向日代宮御宇(景行)日本建尊比々羅木乃以八尋鋒根天、奉獻皇太神宮留、即倭姫皇女、彼鋒根波納緋嚢天、皇太神乃貴財止爲天、八尋機殿隱状天、爲皇太神御靈■、奉崇祭留、令天棚機姫神裔八千々姫命、毎年夏四月秋九月織神服、以供神明、曰神衣祭也。

 
 余輩は此等の記録に徴して、大御神が敬神の念甚深にして祖宗に孝順なるの故を以て、天上に君臨し万神を統御し給えるを知ると共に、卑彌呼が九州に於いて一国の尊崇を受けしも、全く同一の理由に因るものなるを信ず。但し卑彌呼は下界の小君長に過ぎざりしかども、大御神は天上まします至高至尊の神にして、日輪を玉体となし、長えに下土に照臨し給へり。余輩は大御神の風姿を拝み奉りて、功徳の盛なるを欽慕すると共に、また太陽崇拝の我国民の根本思想たりしを思わずんばあらず。

 つらつら神典の文を案ずるに、大御神は素戔嗚尊の荒らき振舞を怒りて、天ノ岩戸に隱れさせ給えり。此時天地暗黒となりて、万神の聲は狹蠅の如く鳴りさやぎ、万妖悉く発りぬ。是に於て八百万神達は天安河原に神集いに集いて、大御神を岩戸より引出し奉り、次で素戔嗚尊を逐いやらいしかば、天地再び照明となれり。

 飜て『魏志』の文を案ずるに、倭女王卑彌呼は狗奴国男王の無体を怒りて、長く之と争いしが、其暴力に堪えずして、遂に戦中に死せり。是に於て国中大乱となり、一時男子を立てて王となししが、国人之に服せず、互に争闘して数千余人を殺せり。然るに其後女王の宗女壹與を奉戴するに及んで、国中の混乱一時に治れり。是はこれ地上に起れる歴史上の事実にして、彼は天上に起れる神典上の事蹟なれども、その状態の酷似すること、何人も之を否認すること能はざるべし。

 若しも神話にして太古の事実を伝えたるものとせば、神典の中に記されたる天ノ安河の物語は、卑彌呼時代に於けるが如き社会状態の反映と見るを得べきか。

 人代となりてより以来、皇朝に於いて婦人にしてはじめて国家を統治せられしは、神功皇后なり。皇后は巾幗の身を以て、遠く海を渡り三韓を伐たせられし程の人なれば、資性勇武にましまししは言を俟たざれども、而も世の歴史家が此大功を奏せられしを以て、偏に皇后が千軍万馬の間に叱せられし武勳にのみ因るとなせば、そは大なる誤なり。

 余輩を以て之を観れば、皇后は武略を以て軍卒の畏敬を受けしよりは、寧ろ神祇に奉侍してその意思を宣伝する祝官として、民望を收攬せられしが如し。而して如何に皇后が神明の憑託となり、如何に軍民の畏服する所となりしかは、余輩の禿筆を以て之を描出せんは要なし、寧ろ左に載録する「古事記」の本文に就て、直接に其眞相を玩索するに如かざるべし。
 

其太后息長帶日賣命者、當時歸神、故天皇坐筑紫之訶志比宮、將撃熊曾國之時 天皇控御琴而、建内宿禰大臣居於沙庭、請神之命

於是太后歸神、言教覺詔者、西方有國、金銀爲本、目之炎耀種々珍寶、多在其國、吾今歸賜其國

尓天皇答白、登高地見西方者、不見國土、唯有大海、謂爲詐神、而押退御琴、不控默坐

其神大忿詔、凡茲天下者、汝非應知國、汝者向一道

於是建内宿禰大臣白、恐我天皇、猶阿蘇婆勢其大御琴(自阿至勢以音)

稍取依其御琴、而那摩那摩迩(此五字以音)控坐

故未幾久而、不聞御琴之音、即擧火見者、既崩訖

尓驚懼而坐殯宮、更取國之大奴佐而(奴佐字以音)種々求生剥・逆剥・阿離・溝埋・屎戸、上通下通婚・馬婚・牛婚・鷄婚・犬婚之罪類、爲國之大祓、而亦建内宿禰居於沙庭、請神之命

於是教覺之状、具如先日、凡此國者、坐汝命御腹之御子所知國者也

尓建内宿禰白、恐我大神、坐其神腹之御子、何子

答詔、男子也

尓具請之、今如此言教之大神者、欲知其御名

即答詔、是天照大神之御心者、亦底筒男、中筒男、上筒男三柱大神者也(此時其三柱大神之御名者顯也)

今寔思求其國者、於天神地祇亦山神及河海之諸神、悉奉幣帛、我之御魂坐于船上、而云々

 
 倭女王卑彌呼は如何なる方法を以て国民を統治せしかは、『魏志』に記す所の文辭甚だ簡単にして、其の詳なること得て之を知るべからずと雖も、祭祀を以て政治の要道とする一種の神裁政治なりし点に於いては、神功皇后に異る所なきを認めずんばあらず。

 故に卑彌呼が…“事鬼道能惑衆”…とあるは、神功皇后が神懸りして神意を宣伝する類を指ししなるべく、“年已長大無夫壻”…とあるは、斉王が常に処女なりし古俗、或神功皇后が仲哀天皇崩去の後寡居せられしが如き風習を云えるなるべく、“有男弟佐治國 自爲王以來 少有見者 以婢千人自侍 唯有男子一人 給飮食傳辭”…とあるは、神功皇后が神主となりて、神殿に籠らせ給ひ、武内宿禰が沙庭に伏して神命を請うに比すべきものなり。

 而して神功皇后が当時の人民を畏服せしめし所以は、皇后としての位置のみにあらず、又皇后自身の威勢のみにあらずして、全く皇后が神明の意思を宣伝する御資格にありしが如し。故に夫君仲哀天皇といえども、皇后に由りて宣言せられたる神命を奉ぜざるときは、神怒にふれて崩去するに至る。

 之を以て之を観ても神祇に対するの信仰が、如何に当時の人心を支配せしかを窺うに足らん。神功皇后が攝政として宏業を建てられしも、卑彌呼が女王として九州に威勢を震いしも、均しく皆この関係に由るものなれば、此両者の形跡に於いて類似する所ありしは、寧ろ当然の事のみ。

 『日本書紀』の編者が暗に卑彌呼を以て神功皇后に擬せしも、全く此類似を認めたるが故なるべけれど、斯る類似は独り皇后と卑彌呼とに限るべからず。苟も当時一方に雄拠して君主と仰がれし女王は、大概此の性質を具備せしなり。

 故に余輩はここに『書紀』が卑彌呼を以て神功皇后と考定せし妄を断じて、本論の結末となす。
 
 
〔明治四十三年六・七月、『東亞之光』第五卷第六・七號〕
 
 
※ 1:那珂通世 (1851~1908) – 明治期の歴史学者・文学博士
※ 2:菅政友 (1824~1897) – 元水戸藩士で維新後は石上(いそのかみ)神宮宮司
※ 3:松下見林 (1637~1703) – 江戸時代元禄期の医師・儒者
※ 4:本居宣長 (1730~1801) – 江戸後期の国学者,国学四大人の一人
※ 5:鶴峯戊申 (1788~1859) – 豊後臼杵生れの国学者,後に水戸藩士となる
※ 6:近藤芳樹 (1801~1880) – 江戸時代~明治時代の国学者
※ 7:三宅米吉 (1860~1929) – 歴史学者,考古学会(現日本考古学会)を創立
※ 8:星野 恒 (1839~1917) – 歴史学者・漢学者,修史局職員
※ 9:大谷亮吉 (1875~1934) – 科学史家,大正6年「伊能忠敬」を刊行
※10:栗田 寛 (1835~1899) – 歴史学者,「大日本史」編纂に参加
 
 
底本:「白鳥庫吉全集 第一卷 日本上代史研究 上」岩波書店
   1969(昭和44)年12月8日発行
初出:「東亞之光 第五卷第六・七號」
   1910(明治43)年6、7月
 
 

広告