古代史入門 3.1

出雲王朝高天原
 
 昭和 37 年に 鳳書房 から刊行された『古建築秘話』は『日本書紀』に併せているものの、まことに「日本通史」を裏返している 点では 貴重な、希有な、「建築学」上からの 伊東平左衛門 の 後世に残したい研究書 であるが、刊行書房は 廃絶。遺族は「著作権法」を楯にとって復刻を許可しないそうである。こうなると研究者には実に残念で堪えられないことである。

 伊東家 は 慶長年間 から 300 余年続いた 宮大工 で、伊東氏 は大正 11 年に 11 代目を継いだ。全国の寺社の 設計 、建築 240 件を手掛けた。代表作 に 出雲大社の拝殿、下谷神社(東京)などがある。昭和 28 年には ニューヨーク近代美術館 庭内に展示する 日本の古典住宅 の建築を担当。45 年「勲五等瑞宝章」。長男 の 要太郎氏 は 中部工大教授 で、文化財の保存技術の研究者。二男 の 延男氏 は 文化庁建造物課長 という立派な御一家のせいからであろう。

 さて、伊東平左衛門氏 他界の節の 中部日本新聞 の当時の 死亡記事 を見れば、頑なに 遺族 が、研究者には 渇望 の 幻の本 が 陽の目 を見ないのも、こうした 立場 の 遺族 を持っていれば止むを得ない。せっかく 故伊東老 は 心血を注ぎ 一冊でも読んでもらいたいと出版したが、哀れ 黙殺 されたままで 再版 もできなくては 故人 は死んでも浮かばれまい。「著作権法」は 有難迷惑 である。

 昭和 37 年といえば 四六版 並製 の本の定価は 100 円から 120 円。上製 でも 200 円であった。700 円の定価は 3000 部ぐらいでも 高くて売れず 鳳書房 は 倒産 したが、今のように 神田 の書店が 第二流通機構 を 独占支配 していなくて、「特価書籍」とか「特別定価」といった「ゾッキ」の本屋のあった頃ゆえ、3000 部の内で 200 部は知人 に贈り、取次経由で 書店で売れたのが、刊行部数の一割

 残りの 2500 部が 定価の一割 で「ゾッキ本」で卸され、倍の売値でも消化できず一冊 20 銭で潰され、この貴重な本は 残されたのは 4 、500 部で、後は トイレットペーパー の 製紙原料 にされてしまったらしい。

 「良貨は悪貨を駆逐する」と言うが、こうした 良書 は復刻されない限りは全く 消滅 して行くのである。さて、何故こうなったかの理由を改めて 尊敬しつつ ここで書く。

 伊勢皇大神宮 は昔から「宮」が付くから誰も何も考えず、明治神宮 が出来てから「宮」は初めて 畏れ多い存在 へと一変した。しかし元来が「社」と「宮」とは全く違うのである。かしこくも 御所 におかせられても、皇位継承 の御方には「宮」号はお付けにならない。

 もっとも 拝む方 にしても「社」は カラ神 … つまり 韓国系 の カラ神 さまであって、「宮」と付くのは 反韓国系 … つまり海洋渡来の黒潮による 日本原住民 のものとされ、それゆえ 一般 の原住民の末孫は「お宮詣り」とは言っても、決して「お社詣り」とは今でも言わないのである。

 明治大帝 の 神宮 が出来てから、徳川五代将軍 綱吉 の「神仏混合令」の 法制化 みたいに 今ではかつての 区別 が 最早すっかり 混同 されてしまって、「宮大工」がさも「寺大工」よりも遥か 上位 の如くにも 誤解 を与えているけれど、これは違うのである。

 山 に 自生の樹木 を切り「炭焼き」「羽柴木売り」。そのまま植える「造園業」。その樹木や草からの 昔の「染色業」は 日本原住民 の 限定職 として 幕末 まで はっきりと 区別 されていたが、「宮大工」は 日本原住民系 である。

 織田信長 だけは 部落解放 のために「岡部の又左」と呼ぶ 宮大工 に、バテレン の設計図で 安土城 を造営させて 築城 をさせはしたものの、信長 の死後になると また元のままの、 被差別 の対象にされてしまったのである。一説では「岡部の又左」は、元の 徒弟 だった 加藤清正 に引き取られ 肥後 に行き、晩年は死ぬまで土木工事や建築の監督をしたとも伝わる。

 しかし 寺大工 というのは、当初は日本海を渡ってきた 高麗人 の「高麗尺」によって建築や、後に言う「指し物」… つまり今の ハヤミズ のような 家具 や 戸襖 を作った 舶来職人 で、宮大工 の上だったようである。

 後に 江戸時代 になって、享保二十年代 以降( 1735 ~ )になると「五街道目付」が〈 赤 〉の「道(堂)の 者」の ハイウェイパトロール になった。

 同宗 の〈 赤 〉の〈 八つ 〉の者は、伝達 をつけてもらい 都市へ流入 した際に 金を出して「町人別」を購入したり、永代供養料 を納めて「寺人別」に入った者の他は … 当時は 最早 人減らし の行革で「人別」には入れなかったのは …「無宿者」として 公儀 は 佃島 と 千葉 へ 強制収容 し、今で言えば 職業指導 をした。

 が、原住民は 限定職 なのに 公儀 の方針 として「指物師」や普通の「大工」の徒弟の訓練。つまり、「仏」を信じさせ 舶来業 に就くように「寄せ場」でしたので、江戸後期 になると全く 区別 が 混同 してしまった憾みがある。

 しかし 地方 では、宮大工 というのは「獄門台」や「張付柱」といった 被差別課役 だけを 強制的 に押付けられていたのである。つまり「宮」は大工でも、地方では 仏教側の被差別語 だったのは紛れもない事実である。

 それが 明治神宮 の 御名 から 大正時代 より誤られて、由緒正しいもの の如く 誤伝 され出しているのをその「家柄」の者は良く知っているので、宮大工 と呼ばれるのを「日本原住民史」が解明されていなかったので誤って、皆 誰もが極端に 忌み嫌った ものらしい。

 つまり 時代の変遷 で、北条政子 や 織田信長 の時代は 部落解放 で 宮大工 が全ての「工匠」の 頭梁 で、輸入宗教 の 仏教 の寺院などは蔑んで建立しなかったが、五代将軍 の「神仏混合令」の発布からは、社有地 や 社領 のある「社」や「宮」も 坊主の被占領物 となり、明治 になっても 大阪 の 四天王寺 などは「凱旋門」のように、鳥居 をわざわざ持って来て建てたのを残していた。「廃仏毀釈」で荒らされ、寺の 仏像 が壊されるのを防ぐ為でもあったという。

 伊東平左衛門 の『古建築秘話』では、法隆寺 の各寸法を「カネ尺」の 9 寸 8 分に1.2を掛けた「曲尺」… 1 尺 1 寸 7 分 6 厘の「高麗尺」で割ってゆくと ピッタリ 割り切れる ゆえこの建物は、「大化の改新」以降の諸建築物は「唐尺」で作られているゆえ、騎馬民族 の「高麗尺」が使われたのは、日本海をば渡ってきた 日本原住民 の制作したもの であって、当時は 奈良 が「都」ではなかったから、日本海の 出雲 に建てられていたものを 攻め滅ぼし 戦利品 として、権力で移したのだと主張する。

 ベーリング寒流 は 沿海州 や、高麗の 羅津 から日本海を渡って 新潟 や 能登半島 に突き当り、そこで二つに分かれて右へ行けば 岩手、左へ向かえば 出雲 だから、あながち「仮説」とは言えまい。だから 原文 をそのままに紹介すれば …
 

奈良 の 法隆寺 が昔ながらそのままで、現代まで残ってきたものだと思っている人が多いようである。一万円紙幣には 聖徳太子 と 夢殿 の絵が印刷されているので、あたかも 聖徳太子 が、現今見られるような 夢殿 の内に起居されたようにも想像されているようである。かように簡単に考えて、それが間違いでないとして、済ましてしまえば甚だ安易なことであるが、しかし、それは真実でないことを 銘記 しなければならない。
 
法隆寺 については、今を去る 70 数年の前から、既に 疑問 が起きていて、次に「再建説」と「非再建説」の 両論 に分かれ、以来その論争が、激しくしのぎを削り合ってきている。
 
「再建論」というのは、天智天皇 9 年に 全焼し、その後において再建されたとして、法隆寺建築 のみならず、同寺所蔵の芸術品までも、推古天皇 の時の作品とはいわれない、とまで発展させてゆく。
 
「非再建論」は、焼けないものが残っているのだ。法隆寺 は焼けたことはあったとしても、それは 若草伽藍 と称せられる 堂 と 塔 とであったのであろう。現今 残っている堂塔は、創建そのままの 法隆寺 の 伽藍 の一部であって、決して焼けたことのないものである。正に 推古天皇 の時の作品だ

 
…と主張する。

 ここに一言したいことは「非再建論」の内に、建築物の「尺度」を測り それで 年代の限界 を調べようと試みたことがあった。これは「建築史」の内に、「数理」による 科学的要素 を加えようとした 画期的な方法 であった。即ち「高麗尺」を 算定 し、法隆寺建築のみならず 各古建築 の各部寸法を測り「高麗尺」を当てはめ、各長さに「完数」を求めて 建築当初 の「設計」を推測する ことである。

 そこで「高麗尺」を「曲尺」の 9 寸 8 分に1.2を掛けた「曲尺」の 1 尺 1 寸 7 分 6 厘と定めて、法隆寺建築 の各寸法を測定してこれを「高麗尺」の「尺度」で割ることによって「完数」を求め、これにより凡そ 1 尺 1 寸 7 分 6 厘 を「尺度」とする「ものさし」を用いて作ったものと認め、そして「高麗尺」は 騎馬民族時代 に用いられ、「大化改新」以後は「唐制」に倣い【 唐 】の「大尺」を採用し 常用 したのだから、「高麗尺」を用いた 法隆寺建築 は 推古朝 の頃に 日本海に面し建造されたものに相違ない と結論した。

 これは「非再建論」に 決定的優位 を与えたように見えたが、実際はこぞって 反対 された。「反対論」の 大要 を述べれば …
 

法隆寺等の 古建築 が「高麗尺」により「設計」されたと信ずべきとしても、「大化」を以て「高麗尺」と「唐大尺」との 使用の限界 となるとは、それは単なる「反仮説」である。ゆえに「高麗尺」で作られたとしても、「大化」以前のものとする 根拠 とはならない。

 
… というのだそうである。

 この「尺度論」につき 些か 私見を述べれば、寺の 建築物 は「ものさし」を用いて作らなければ建てられないと称しても良いのであるから、古建築に「尺度」を当てはめてみることは「良策」と言わなければならない。

 しかし 近世建築 ならば可能性も高いが、法隆寺建築 のような 工作法上 頗る粗な 建造物 に「尺度」を求めることは困難である。「解体」した時に「引き墨」を検討すれば比較的 正確さ を期することができるが、建っている そのまま のものから建物の 寸尺 を測って 正確 な寸法を求めることは、非常に難しい。

 また「高麗尺」は、文献 に拠れば「大宝律令」前 の「尺」であっても、推古朝 に用いられたもの だということは 断言 できない。ただ 想像 により、後魏の「尺」 が用いられそうなものだ と思うだけである。「高麗尺」は「東後魏尺(東魏尺)」から 出た ものだと称せられる。高麗 は 東後魏 に近かったからでもある。

 「東魏尺」は「後魏大尺」と同じであることは、『文献通考』によってわかる。そして「後魏尺」は「曲尺」の 8 寸程 ということもわかる。ゆえに、「東魏尺」を「小尺」とした「大尺」の長さは、凡そ「曲尺」の 9 寸 6 分 と見て良いのである。

 そして『令集解』に記された慶雲三年(706)9 月 10 日 格に拠り、「高麗尺」は「唐大尺」より僅かに短いことが 推理 される。「唐大尺」は凡そ 9 寸 8 分 くらいと思われるので、「高麗尺」は「曲尺」の 9 寸 8 分 よりも少し短い「尺度」であることがわかっている。

 ゆえに、「曲尺」の 9 寸 6 分程 で良いのであるから、ここさえ理解すれば一目瞭然。「東魏尺」につき 数字的説明 を左(下)に記すこととする。
 

『文献通考』に記された 東魏尺 は、実比 晋前尺 1 尺 5 分 8 毫(もう)である。『文献通考』の書物の中でも 誤植 のものがあり、それには実比 晋前尺 1 尺 5 寸 8 毫としている。この 誤字 の文献を盲信 し、その上 晋前尺 を 8 寸と 仮定 して、次の如く計算した。
 
0.8 尺 × 1.5008 = 1.20064 尺
 
これを以て「高麗尺」を「曲尺」の 1 尺 2 寸だと推定の、「誤説」が信じられている。だがこれは 研究不足 というものである。特に 文献 は 選択に心掛けねばならない もので、徒らに 盲信 することは大禁物である。
 
東魏尺 は実比 晋前尺 1 尺 5 分 8 毫であり、そして 晋前尺 は「曲尺」の 7 寸 6 分と推定をなしているから、東魏尺 は …
 
0.76 尺 × 1.0508 尺 = 0.798608 尺
 
… と、江戸期の 狩谷掖斎 の 計算 に拠ってみても、東魏尺 は凡そ「曲尺」の 8 寸程 であるのが正しい。

 
… と 専門的な立場 から、つまり「 1 メートル」が「曲尺」の 3 尺 3 寸から推して、法隆寺 なる建物は「仏像」を置いたから 奈良 へ移送され「寺」に化けた が、元々は 出雲 で建てられた「王宮」で、制圧され 戦利品 として 奈良 へ解体して運ばれて来て、韓国人 か 中国人 の「工匠」の指示で改めて建て直されたものと診られる。つまり 法隆寺 は 出雲 より運ばれて来たもの であることがはっきりする。

 そして 木村鷹太郎 は、「厩戸」で生まれたと言われる 聖徳太子 の存在は、イエス がやはり「厩」で生まれたという 降誕 と あまりに相似している から、これは 日本 の「聖徳太子伝説」は「キリスト教」を巧く利用したものではないかと、俗に イエスさま と崇められるのは我が 聖徳太子 ではあるまいかと『海洋渡来日本史』には書いてあるが、伊東平左衛門 は、所謂『日本書紀』に出て来る 聖徳太子 は寺の 仏教信奉者 によって創作された 架空の存在 であって、本当は 建築寸法 から割り出しても、出雲で 法陵宮 にあらせられた 聖徳王 を殺してから その名を盗った と言うのである。

 科学的な 理詰め の「尺貫法」で 今の 法隆寺 や 夢殿 建築のものは 天孫系 と称する「唐 製」ではなく、親潮寒流で 羅津 からの、滅ぼされた 日本原住系 らの 出雲 での 建築物 と立証されてしまうと、壱万円札の 聖徳太子 の ありがたみ も 虚像 となってしまい、空しくなってしまう。
 
 

目 次