古代史入門

『古代史入門』
八切止夫著
1983年6月29日発行
日本シェル出版刊
 
 

まえがき

 

No.1 純正日本史案内

第一部

● 近視眼的な教科書騒ぎ

● 何故に歴史を知りたがるか

● 受難の『日本書紀』

● 復活『日本書紀』の捨て石

● 後西さま著『日本書紀』

● 「記紀」離れねば判らない

● 「八切史観」の古代史

● 耶馬台国群は中国の出先機関

第二部

● 〈歴史まがい〉に注意

● 既成古代史の真相

● これまでの部落史

● 古代史は「越多」「非人」の創世紀

● 「紺屋・高尾」浪花節考

● エタは「四」でも「八」でもなく「エ」の民

● 各地別の良賎制度

● 『神皇記』否定~甲斐『宮下文書』

● 山霊嵩敬の古俗

● 吉田松陰『将門記』

 

No.2

● 古松軒 「人馬の市」

● 義理と人情とは

● 庶民は占領下の混血児の子孫奴隷

● 信長は部落解放者

● 古代史解明の必要

● 『古代史入門』参考書

 

No.3

● 出雲王朝高天原

● 聖徳太子と出雲の聖徳王

● 高天原は無数にある

● 『古事記』は江戸期の改作

● 『古事記』も初めは原住民史

 

後 記