女王の都

 『三國志』巻三十の「烏丸鮮卑東夷伝」(魏書)に記された倭人の条、すなわち「魏志倭人伝」を精読して気づいた…というか今まで深く考えていなかったのですが、「女王国」に至る道中で通過する末盧国伊都国といった国々があった場所は…

条件的に絞られるのではないか?

…と思えるようになりました。

 「魏志倭人伝」の当該箇所を抜き出すと…
 

  1. 始度一海 千餘里至對馬國 其大官曰卑狗 副曰卑奴母離 所居絶島 方可四百餘里 土地山險 多深林 道路如禽鹿徑 有千餘戸 無良田 食海物自活乖船 南北市糴
    一海を渡り始め、千余里で対馬国に至る。その大官は卑狗、副官は卑奴母離といい、島の外れ(外)に居る。四百余里四方はあり、土地は山が険しく、深い林が多いので、道路は獣や鹿の径の如し。千余戸あって、良田は無く、自ら船に乗り海産物を捕って食す生活で、米は南北の市に出向いて仕入れる。
     
  2. 又南渡一海千餘里 名曰瀚海 至一大國 官亦曰卑狗 副曰卑奴母離 方可三百里 多竹木叢林 有三千許家 差有田地 耕田猶不足食 亦南北市糴
    「瀚海」という海を、南へまた一海渡ると千余里で、一大国に至る。官(大官)はおなじく卑狗、副官は卑奴母離という。三百里四方はあり、竹木が多く叢林をなし、三千ばかり家があって、田と耕地に差がある。田があっても食べる分には不足し、おなじく南北の市で米を仕入れる。
     
  3. 又渡一海千餘里 至末盧國 有四千餘戸 濱山海居 草木茂盛 行不見前人 好捕魚鰒 水無深淺 皆沈沒取之
    また一海を千余里渡り、末盧国に至る。四千余戸あり、山と海の間の平地に居る。草木が盛んに茂り、前を行く人も見失う。魚やアワビを好く捕り、水深は遠浅で、皆が潜ってこれを取る。
     
  4. 東南陸行五百里 到伊都國 官曰爾支 副曰泄謨觚柄渠觚 有千餘戸 世有王 皆統屬女王國 郡使往來常所駐
    陸上を東南に五百里行くと、伊都国に到着。官(大官)は爾支、副官は泄謨觚と柄渠觚という。千余戸あって、代々王がいて、みな「女王国」に統属される。楽浪(帯方)郡の使者が往来する際に常駐する所。
     
  5. 東南至奴國百里 官曰兕馬觚 副曰卑奴母離 有二萬餘戸
    東南に百里で奴国に至る。官(大官)は兕馬觚、副官は卑奴母離といい、二万余戸あり。
     
  6. 東行至不彌國百里 官曰多模 副曰卑奴母離 有千餘家
    東に百里行くと不彌国に至る。官(大官)は多模、副官は卑奴母離といい、千余家あり。
     
  7. 南至投馬國 水行二十日 官曰彌彌 副曰彌彌那利 可五萬餘戸
    南は投馬国に至り、水行で二十日。官(大官)は彌彌、副官は彌彌那利といい、五万余戸あり。
     
  8. 南至邪馬壹國 女王之所都 水行十日 陸行一月 官有伊支馬 次曰彌馬升 次曰彌馬獲支 次曰奴佳鞮 可七萬餘戸
    南は邪馬壹国に至り、女王住む都まで、水行で十日、陸行で一月。官には伊支馬、次は彌馬升、次は彌馬獲支、次は奴佳鞮があって、七万余戸あり。
     
  9. 自女王國以北 其戸數道里可得略載 其餘旁國遠絶 不可得詳
    女王国より北は、その戸数や道里を略載し得るが、その余の旁国は遠絶にて、詳細は得られず。

 
…となっています。

 そして次に、現代の尺度だと「一里≒4km」当時の尺度に合わせる目安として、對馬国(対馬)と一大国(壱岐島)の記述を参考にします。

 對馬国一大国は、「郡使」が朝鮮半島と北九州の間を往来する際の中継地点(道標)であり、したがってイイカゲンなことは書けないだろうという点と、「島」なので大きさがハッキリしているので誤差も少ないだろうから。
 

 
 これらを前提に「魏志倭人伝」に書かれた對馬国一大国の大きさを比較すると、その比は約4(對馬国):3(一大国)で、実際の地図上で見ると現在の対馬の南半分がだいたいこれに相当し、険しい山が多い地形でもあり…

所居絶島

…というのも頷けます。

 北半分についての記述がないのは、人が住んでいないので「国」が存在しないからか、もしくは「別な国」があってもそれを伏せたのかは、何とも言えません

 いずれにせよ一大国(一支国)に着目すると、對馬国の大きさが「方可四百余里」なのに対して「方可三百里」と、「余(誤差)」が無いぶんいくらか正確だろうと推測されるので一大国(壱岐)を「指標」に当時の「里数」を見積もると…

三百里≒15km

…になり、したがって「百里」≒「5km」「千里」≒「50km」と導かれ狗邪韓國から對馬国までの距離と、對馬国から一大国までの距離である「千余里」にもおおよそ一致します。
 

 
 一大国から海を「千余里」渡って至る末盧国は、該当地として佐賀県の松浦港近辺や福岡県の宗像近辺が従来から「比定」されていますが、上陸後に「東南」に陸行して伊都国に至るのと、伊都国は上陸した「郡使」が常駐する所…すなわち「入国管理」「関所」のような役目を担うと見られるので、地図上でこれらの条件に適う場所を探すと両側を山に挟まれた筑紫野市大宰府市の周辺が「天然の塞」として適所であり、ここから「北西」に陸路を逆行すると末盧国の条件(素潜り漁をする遠浅の浜がある)に見合うのは現在の福岡市あたり。

 伊都国から末盧国までの距離の五百里≒25kmに合い、大宰府周辺が伊都国ならその「東南」にある奴国までの距離(百里≒5km)にも合います。
 

 
 奴国には二万余戸が暮らすとのコトですが、人口が多いということはそれに見合うだけの食糧の生産が必要なのは自明で、すなわち…

水田に適した平地が広がっている

…という地理的条件が挙げられます。方や奴国「東」に位置する不彌国千余家と人口が少なく、耕作面積も少ないだろうという観点から距離(百里≒5km)にしたがい検討すると、条件に当てはまりそうなのは現在の日田市のあたり。

 ちなみに日田市には「法恩寺山古墳群」があって、かつてこの地に有力な豪族がいた痕跡が残されています。
 


法恩寺山古墳群 (国指定史跡)

 
 不彌国までの各国の「位置関係」はおそらくこれで合っていると思えますが、問題はその先。

 「女王国より北はその戸数や道里を略載し得る」…のであれば、少なくとも末盧国伊都国奴国不彌国「女王国」よりも「北」に在るとしても、「南に水行十日、陸行一月で女王の都に至る」…というのが…

どこを起点にしているのか?

…がハッキリしません。

 投馬国「女王国」に向かうのが同一地点からの「水行」なら、投馬国「女王国」よりずっと「南」に位置することになり、仮に末盧国を「水行」の起点に定め日数は考慮に入れず、人口5万余戸奴国の2倍以上)という投馬国を九州南端の薩摩半島(鹿児島県)のあたりに「比定」すると、方角および「水行」の日数の比較(投馬国までの半分)から、熊本県のあたりが人口7万余戸奴国の3倍以上!)の邪馬壹国候補地になり、かつ『随書』巻八十一の「列伝第四十六東夷」に記された…

邪馬壹国には阿蘇山がある

…という記述にも繋がります。
 

 
 ちなみに現代の一般成人の歩く早さは時速4kmくらいだそうですが、末盧国に上陸した「郡使」の一行が悪路を一日6時間くらい進んだとして、邪馬壹国(熊本)までのおよそ200kmの陸路は途中の山間部などを考慮に入れても十日もあれば余裕で踏破できるように思われ、「陸行十日」には納得できるにしても「出発点」という肝心な部分を敢えて伏せたのだとしたら…

女王国の所在を隠す

…という意図も伺え、そうなると「魏志倭人伝」全体の信憑性に疑念が生じるのと同時に…

陳壽が女王国の所在を隠す理由は?

…という新たな疑問が生じます。
  


福知山市広峯15号墳出土三角縁神獣鏡(景初4年銘)

 
 
 
 
(2016年8月3日修正)

(2019年8月1日加筆校正)

(2020年6月23日校正)