女王の都

 『三國志』 – 魏書巻三十 – 烏丸鮮卑東夷伝第三十条…つまり「魏志倭人伝」を読み直して気づいたというか、いままでロクに検証もしなかったのでアレですが、女王国に至る途中にある末盧国伊都国奴国不彌国は…

条件的に判断するとココなんじゃないの?

…と思えるようになりました。

 「魏志倭人伝」に書かれた倭の国の北岸(朝鮮半島)から女王国までの道のりを列記すると…

始度一海,千餘里至對馬國。其大官曰卑狗,副曰卑奴母離。所居絶島,方可四百餘里,土地山險,多深林,道路如禽鹿徑。
 はじめて一海に入り千余里で対馬国に至る。その大官(長官)は卑狗、副官は卑奴母離という。島の外れに居住し、四百余里四方の土地は山が険しく深い林が多いので、道路は獣や鹿の径路の如し。
 
又南渡一海千餘里,名曰瀚海,至一大國,官亦曰卑狗,副曰卑奴母離。方可三百里,多竹木叢林,有三千許家,差有田地,耕田猶不足食,亦南北市糴。
 瀚海という一海を南へまた渡ると千余里で一大国に至る。官はおなじく長官が卑狗、副官は卑奴母離という。三百里四方の土地は竹・草むら・林が多く、三千家ほどあって田地には差があるが、食べる分には不足しており、おなじく南北の市で米を買い付ける。
 
又渡一海,千餘里至末盧國,有四千餘戸,濱山海居,草木茂盛,行不見前人。好捕魚鰒,水無深淺,皆沈沒取之。
 また一海を千余里渡ると末盧国に至る。山と海の間に四千余戸が居住し、前を行く人を見失うほど草木が鬱蒼と茂る。魚やアワビを捕るのに長け、水深は遠浅で皆が潜ってこれを取る。
 
東南陸行五百里,到伊都國,官曰爾支,副曰泄謨觚,柄渠觚。有千餘戸,世有王,皆統屬女王國,郡使往來常所駐
 陸上を東南に五百里行くと伊都国に到着し、長官は爾支、副官は泄謨觚、柄渠觚という。千余戸あって代々の王は女王国に統属され、楽浪(帯方)郡の使者が往来する際の常駐所である。
 
東南至奴國百里,官曰兕馬觚,副曰卑奴母離,有二萬餘戸
 東南に百里で奴国に至り、長官は兕馬觚、副官は卑奴母離といい、二万余戸がある。
 
東行至不彌國百里,官曰多模,副曰卑奴母離,有千餘家
 東に百里行くと不彌国に至り、長官は多模、副官は卑奴母離といい、千余家がある。
 
南至投馬國,水行二十日,官曰彌彌,副曰彌彌那利,可五萬餘戸
 南に水行二十日で投馬国に至り、長官は彌彌、副官は彌彌那利といい、五万余戸がある。
 
南至邪馬壹國,女王之所都,水行十日,陸行一月。官有伊支馬,次曰彌馬升,次曰彌馬獲支,次曰奴佳鞮,可七萬餘戸
 南に水行十日、陸行一月で女王の都がある邪馬壹国に至る。官の順位は伊支馬、次は彌馬升、次は彌馬獲支、次は奴佳鞮があり、七万余戸がある。
 
自女王國以北,其戸數道里可得略載,其餘旁國遠絶,不可得詳。
 女王国より北はその戸数や道里を略載し得るが、その余の旁国は遠絶にて詳細は得られず。

…となります。

 次に、現代の尺度は一里≒4kmですが、当時の尺度の再現を試みる手掛かりとして、對馬国(対馬)と一大国(壱岐島)の大きさを参考にします。

 朝鮮半島と北九州の間を郡使が船で往来していたワケですから、イイカゲンな記述は書いた人の信用にも関わり、したがって対馬と壱岐に関する記述は比較的正確なハズです。

 そこで對馬国と一大国の大きさを比較すると、その面積比は4:3であり、地図上で見ると對馬国は対馬の南半分に相当し、険しい山が多い地形であることから…

所居絶島

…という記述とも整合します。

 また、對馬国の大きさが「方可四百余里」なのに対して、一大国の大きさは「方可三百里」とより正確に記述されており、一大国(壱岐)を「ものさし」に当時の「一里」を見積もると…

三百里≒15km

…になり、したがって「百里」≒「5km」「千里」≒「50km」が目安となり、朝鮮半島から對馬国までの距離と、對馬国から一大国までの距離である「千余里」=「約50km+α」ともほぼ一致します。

 一大国から海を千余里渡り末盧国に至るワケですが、末盧国があったと思われる場所として佐賀県の松浦港周辺や、福岡県の宗像周辺が候補に挙がっています。ただし、末盧国に上陸してから「東南に陸行して伊都国に至る」という記述を見過ごすことはできません。

 また、末盧国の「東南」にある伊都国は上陸した郡使の常駐所であり、謂わば「関所」のような役割の国と考えられるワケですが、地図上で確認すると両側から山が迫る筑紫野市大宰府市の周辺が「天然の関所」として適所と思われ、そこから「北西」に陸路を逆行すると末盧国の条件を満たすのは現在の福岡市になり、伊都国から末盧国までの距離である「五百里」≒「25km」とも一致し、さらには伊都国の東南にある奴国までの距離(百里≒5km)とも一致します。

 奴国には二万余戸の住人が暮らしており、住人が多いということは、それに見合うだけの食糧生産が求められるというコト。すなわち…

広大な水田が広がっている

…ということが条件に挙げられます。一方、奴国の東に位置する不彌国は、奴国の二万余戸に対して千余家と圧倒的に住人が少なく、したがって水田=平地が少ないことが想定され、そうした地理的条件と方角と距離(百里≒5km)に一致するのは、現在の日田市になります。

 で、日田市には「法恩寺山古墳群」があり、かつてこの地に有力な豪族がいた痕跡が残されています。


法恩寺山古墳群 (国指定史跡)

 以上のことから、不彌国までの各国の位置関係はおそらくこれで間違いないように思えるのですが、問題はその先にある「女王之所都」

 「女王国より北はその戸数や道里を略載し得る」とあるので、少なくとも末盧国、伊都国、奴国、不彌国は女王国よりも北にあるのは確かですが、ハッキリしないのは、「南に水行十日、陸行一月で女王の都がある邪馬壹国に至る」というのが…

どこを起点にしているのか?

…ということ。

 投馬国に向かう場合と同一地点からの「水行」だとすると、投馬国は女王国よりも南にあることになります。

 仮に、「水行」の起点を末盧国に設定し、日数を度外視し、人口5万余戸の投馬国を九州最南端の薩摩半島(鹿児島県)の辺りとすると、方角および水行日数の比(投馬国までの「水行日数」の半分)から、現在の熊本県辺りが人口7万余戸の「邪馬壹国」=「女王之所都」の候補地になり、そしてそれは、『随書 (巻八十一/列伝第四十六/東夷)』の…

「邪馬壹国には阿蘇山がある」

…という記述とも重なります。

 ちなみに人間の歩く早さは時速4km程度だそうで、末盧国に上陸した郡使が一日6時間くらいのんびり(道も整備されていないでしょうが)進んだとしても、熊本までのおよそ200kmの陸路は、山間部などを考慮に入れてもおそらく十日あれば踏破できる距離ではないかと?

 したがって「陸行」で十日であれば条件的に一致するのですが、肝心な部分を意図的に書き替えたのだとすると…

女王国の場所を曖昧にする

…という作為も疑われ、ゆえに不彌国より先を詳細不明としているのではないか?と勘繰りたくもなりますし…

陳壽が女王国の場所を曖昧にした理由は?

…という別な疑問も生じますw。

 
(2016年8月3日修正)
 
 

広告