奴隷日本人秘話

「八切日本史」 4
 
 日本人が戦国時代に奴隷に売られて、男は印度から馬来半島方面のポルトガル領の植民地に、容色のよい女は、魔女裁判によって多くの女性を焚殺したヨーロッパへ送られていたことは、あまり知られていない。しかし…「朕、国王は、この勅令をもって布告す」…とし…

「従前印度地方における奴隷日本人に関し、朕の得たる報告において正当なる事由なし。よって今後は日本人を奴隷に捕らえたり購入したる者はその財産没収となし、その一半を朕の国庫に納め、一半を告発する者に下付すべし、1571年3月12日」

ポルトガル国王ドン・セバスチャンの勅令も、現存している。この年号は日本の元亀二年、織田信長が姉川合戦で勝った翌年で、延暦寺の焼討ちをして僧俗数千を殺した年にあたっている。

 さて、従来の日本史は…ギネア海岸からのアフリカの黒人を、聖ドミニコ派の宣教師が、現在のリスボンを集散地として南米へ送りこんでいたが、天文十二年以降は、現在のマカオがポルトガル人による日本人奴隷の一大集散地だった…といった事実を隠している。だからして織田信長が何千人も殺してしまったといった記載など、当時としては…「奴隷に売れば儲かるものを、もったいない事をしたものだ」…といった受取り方で記録されているのに、今の歴史家はそれを知らず…「信長は残忍だった。だから本能寺で殺されたのは因果応報である」…などと説明する。あまりに不勉強にすぎないのではなかろうか。

 ただ、歴史家とは認められていない人だが徳富蘇峰の『近世日本国民史』に…「後戸(五島)・平戸・長崎にて、日本人を男女を問わず数百人ずつ黒舟が買いとり、手足に鉄の鎖をつけ舟底へ入れて運び去るは、地獄の責苦にもまさって、むごい有様である」…といった、実地にみた大村由己の『九州動座記』の奴隷売渡しの実況が挿入されているだけである。由己は豊臣秀吉の祐筆頭で、これは当時の公文書である。

 そして現在と違い、マカオ九州間の黒舟は百トン以下だった。だからそれに、数百の日本人が奴隷として押しこまれ、ディーゼル・エンジンや蒸気機関のない昔、季節風だけで動くマカオへの旅。

 そして、そこから印度への輸送は、アフリカからの黒人奴隷が大西洋一つ渡るだけで済んだのに比べ、もっと悲惨だったろう。

 そして、こういう秘められた歴史があるからこそ、世界中で一番、黒人びいきなのは日本人だというのも、そのせいかもしれない。

 さて、天文十二年以降においても、古くは源平合戦の起因となる、神戸福原からの原住民を奴隷輸出された事実や、室町時代においても、四国の三次氏や山口の大内氏は、日本原住民を捕らえこれを明国や南蛮船に売っていた

 また、羽仁五郎の『都市の論理』において…「アテネの人口は市民九万に対して奴隷は三十万いたから、憲兵や警官のごとき仕事は奴隷の仕事であった」…とかかれているのは前述したが、西暦1603年(慶長八年)の…「ゴア(印度)人民のスペイン国王フェリッペ二世陛下の城砦を守っているのは、白人の五、六倍もいる日本人奴隷で、好戦的な彼らは鉄砲をもち土民を撃退しています」…とある。インドやマカオでは、奴隷の日本人が、「軍人」として使役されていたのである。

 さて、これがスペイン国王の名宛なのは、ポルトガル国王セバスチャンがモロッコで行方不明となりその妻が代り、のちエンリケ親王が国政をみたが急死していた。この当時はスペイン王がポルトガル王を兼ねていたからである。

 さて、現在のマライ半島は最近まで英領だが、その前はオランダに奪われるまではポルトガル領だった。ということは、マライの軍人も奴隷日本人だった事になる。そして地図で一目瞭然だが、マライは南支那海にある。

和寇とよばれる日本人が南支那海沿岸を侵した。足利政権は明国に取締まり方を申込まれ、犯人の首を切って明国へ塩漬で送っていた」

八幡船とよばれる彼らは、遠く海南島まで百余にわたって襲っていた

…と、「八幡大菩薩」の旗をたてた五、六人のりの小舟にのったフンドシ一つの男の絵がある。


和 寇

 歴史家は壱岐・対馬を根拠地にしてから、そこから南支那海へ出稼ぎに行ったものと、「海の男」の勇壮さだけをたたえるが、焼玉エンジンもなかった頃に、あの怒涛さかまく南支那海を、夏なら逆風なのに、どうして人力で漕いでゆけたか。四日や五日でいけるはずもないのに、呑み水や食料はどうしたのか?

 その時代、香港側のマカオから日本の堺や九州の口の津に「定期航路」が開設されていたのは、フロイスの日本史にも明記されているが、それは「季節風」にのって行くのだから、日本発はどうしても毎年十二月ときまっていた。

 さて、百トン位の大きな帆船でさえ、冬でなくては出航できないのに、なぜ八幡船ごとき五、六人のりの小さな舟の乗組員が、その反対の夏の出発をものがたるフンドシ一つのスタイルとは如何?ということになる。

 日本では歴史屋がすこしも疑問符を投げかけないから代りに私が首を傾げれば、「夏」というのは貿易風が西から東へ吹く季節で、マカオ政庁の司書館の記録でも、「日本行きは七月または八月、ゴア行きは十二月から正月」と、これはなっている。つまり南支那海へ夏ゆける海流の通る地帯なるものは、それより西に位置する場所しかない。

 もし中学校か高校の地図をもっていたら、マライ半島の部分をひろげていただきたい。そこの支那郡海に面した部分は今でも、「バハン州」である。そして戦前の地図は「バハン土候国」の文字がシンガポール以北にあり、バタビヤ日記など古いものには「Pahang」の名になっている。

 私は春にリスボンへ行って来たが、今でもポルトガル人は、マライと呼ばずに彼らのつけた「バハン」と呼ぶ。マラッカのベンハーの丘に城砦を築いて同地を占領した「バハン公爵」の名をとったものだそうだ。

 つまりバハン公爵が軍艦にのり、捕鯨船のキャッチボートのような小舟に、日本人奴隷をのせ略奪をやらせていたのであるらしい。五島列島の王直らのような和寇も、ボスは中国人で末端の消耗品が奴隷日本人だった。

 それより何故日本人が、こんなに奴隷に売られたのか?これまでの日本史では極秘である。というのは今日の日本史は明治帝国主義の所産だから、これは明治軍部のせいだろう。

 真相は、天文十二年に銃器が種ガ島へ渡来。 器用な日本人は直ちにそれをまねて精巧な銃も作った。しかし硝煙とよばれた硝石は、現在でもそうだが日本では一片も産出しない。みな輸入に依存するしかなかった。鉄砲があっても火薬がなくては戦争できぬ立場にあった。よってしめしめとばかり、黒人の奴隷売買で味をしめたドミニコ派の宣教師が、マカオよりの火薬と交換に日本人を牛馬のごとく買ってゆき奴隷転売にしたのである。

 戦国時代に切支丹大名が多かったのも、信仰の為ではなく火薬入手の手段だった。判りきったこんな明白な歴史事実でさえ、明治軍部は国民を無謀な戦争にかりたてるため、(国内に火薬の原料なし)を隠すために、歴史屋を黙らせたのである。

 さて、戦後二十六年。今になっても歴史家は一人も知ってか知らずか、この真実を発表しない。また、吾々をどうするつもりなのかと、ここに告発したい
 
 

戦国時代の日常茶飯事「掠奪・奴隷狩り・人身売買」について
Kousyoublog 投稿:2013/6/9 更新:2015/6/1
 
戦国時代の掠奪・奴隷狩り

 掠奪・奴隷狩りは「乱取り」「乱妨(濫妨)」「乱妨取り」「人取り」などと呼ばれ戦国時代を通して日本各地で日常的に見られた現象である。史料として挙げられている中の有名どころだけでも島津氏、相良氏、紀伊国の守護細川氏と根来寺との戦闘、安房里見氏、伊達政宗、武田信玄、上杉謙信、織田信長、徳川家康、豊臣秀吉(例では秀吉の部将仙石権兵衛)などなど名だたる武将たちの軍が掠奪や奴隷狩りを組織的に繰り返し行い、それに随行していた商人たちの手によって掠奪品や奴隷となった人々の売買が行われている

 例えば武田信玄軍が北信濃へ進出した際、武田軍は越後領にも一時的に侵攻、『村々に火を放ち、どさくさに紛れて女性や子供を乱取りし、生捕った越後の人々を甲斐に連れ帰って、自分の召使い(奴隷)にした。』(藤木2005 P28)。武田軍に生捕られた者のうち親類がある者は二~十貫文程の身代金で買い戻されていたという。これは相場の二~五倍で、払えるのは自ずと富裕層に限られ、精強武田軍の軍事力を背景にして高値がふっかけられていたようだ。

 対する上杉謙信軍も掠奪と奴隷狩りに積極的だった。永禄九年(1566)、小田氏の居城常陸小田城を攻め落とすと長尾景虎自ら指示して二月から三月にかけて一人二十~三十文程で人身売買を行った。総数は不明だが一か月かけてのことで相当数に上ったとみられている。また藤木が上杉軍の出兵時期を統計したところ、関東出兵は晩秋に出て戦場で年を越して春に帰国する長期越冬型で、北信濃へは収穫期の秋に集中するという季節性があることがわかったという。越後は二毛作が出来ず、春から夏にかけて深刻な食糧不足となる。そのため、冬場に出兵して現地で掠奪を行い深刻な食糧不足となる春までの間戦場で兵を養うという掠奪目的の口減らしの戦争が常態化していたと考えられている。関東管領はその出兵の大義を掲げるのに好都合な役職であった。

 軍の大半は百姓から構成される雑兵たちである。村での農耕だけでは食えない彼らにとって戦場は格好の稼ぎ場だった。武士にとっての戦功は敵の首の数で、それに応じた褒賞が与えられるが、雑兵たちの稼ぎとなるのが乱取りや刈田(田畑の収奪)による掠奪品で、雑兵はむしろ掠奪を目的としていた。乱取りに夢中になりすぎるあまり時に作戦行動に支障を来すこともあるため、戦国大名たちは許可なく乱取りを行うことを禁じる法令を多く出している。逆にあまり規制するのも不満が飛び出すため、雑兵たちの息抜きとして乱取りを行わせていたらしい。陣中には軍に同行した商人たちによって市が開かれ、掠奪品の売買がその場で行われた


【新版】 雑兵たちの戦場
藤木 久志 (著)

中世の自力救済観念

 藤木によると洋の東西を問わず、『少なくとも古代末以来、中世を通じて、どの戦いにも一貫して、物や人を奪うことを主な目的とした、掠奪戦争という本性が隠されていたことは確実』(藤木2005 P78)であったという。では、何故掠奪や奴隷狩りを当たり前のこととする観念が成立していたのか。

 中世社会には、重犯罪人の財産は、刑の執行(検断)を行う者のものとなるという原則があった。これは罪人のみならず眷族にも連座して適用されるため、刑の執行に際しては激しい抵抗がおき、検断人はこれを武力で排除して財産を没収、検断人たちで山分けした。このような検断の正当性が戦争における略奪の正当化の由来となったとされる。また、奴隷狩りについても、『飢饉のときに養った者を下人とすること(飢饉奴隷)』、『重い罪を犯して死刑にあうべき者を許して下人とすること(犯罪奴隷)』を正当と考える習慣があり、これが『戦死すべき生命を救うことで下人(戦争奴隷)とすること』(藤木2005 P84)を正当であるとする観念に結び付いたという。

 また清水克行著「喧嘩両成敗の誕生」にも、「落武者狩り」「失脚者の財産収奪」「流罪者襲撃」など中世の掠奪慣行の存在が指摘されている。すなわち、敗者は『法の保護の埒外の置かれる』(清水P92)ため、『そうした法の庇護を失った「法外人(outlaw)」から財産やときに命を奪うことはなにも悪いことではない』(清水2006 P92)という観念が中世の自力救済社会には常識として存在していた。


喧嘩両成敗の誕生
清水 克行 (著)

戦国時代の国際的奴隷売買ネットワーク

 このような戦国時代の人身売買慣行は海外にも奴隷の輸出をもたらすことになった。国内の戦争奴隷が主に九州の大名や商人を通じてポルトガル商人へ売られ、フィリピンなど東南アジアで奴隷として使われる。いわば人身売買慣行が国際化した結果としての日本人奴隷の海外流出であった。

 よくイエズス会が奴隷貿易を主導していたという俗説を見かけるが、これは間違いで、当初黙認していたものの途中から日本布教の妨げになるとしてポルトガル王に対し日本からの奴隷輸出禁止を要請、1570年にはポルトガル王名義で日本人奴隷売買禁止と奴隷解放が通達されている。しかしすでに日本人奴隷に依存していた東南アジアのポルトガル人が善意の契約であるとしてこれに反論、流出が止まらなかった。秀吉による天下統一が成り国内の戦場が閉鎖されると、秀吉は奴隷の海外流出を問題視し、天正十五年(1587)伴天連追放令の一環として人身売買停止令が出される。日本人奴隷の海外輸出禁止、海外奴隷の買戻しなどを通告、これに対してイエズス会も日本人奴隷売買禁止は長年の方針であるとして、島津氏を始めとする積極的に輸出を行う九州の諸大名に対する制限を秀吉に要請、秀吉は九州諸大名に奴隷売買禁止を命じその徹底を図った。1596年にはイエズス会は日本人奴隷売買を行った者を破門とする通達を出している

 国内の人身売買と海外流出を制限しても、奴隷狩りや掠奪の習俗がすぐに無くなるわけではなく、その習俗の担い手であった国内に滞留する多数の雑兵、傭兵たちを各村に戻し、あるいは労働力として活用する必要性が生じた。村に戻るよう促す還住令、武装制限を行う刀狩令、様々な大土木工事などとあわせて、彼らの受け入れ先となったのが新たな戦場であった。

 朝鮮侵攻の理由として様々な説が唱えられるが、国内の暴発寸前の戦闘員のはけ口という要因は確かにあり、結果、朝鮮侵略は日本の掠奪・奴隷狩り習俗の海外輸出という面が大いにあった。多数の朝鮮人奴隷が日本に連れてこられ、一部は呼子など九州各地の港から海外にも輸出された。薩摩だけで約三万七千人の掠奪連行された人がいたという。豊臣政権の後継となった徳川政権で朝鮮との国交正常化に際しての朝鮮側の最優先条件が捕虜返還であったのも、当然の帰結である
 
近代化のプロセスとしての自力救済観念の否定

 戦争奴隷の供給は戦争の終結をもって停止させるしかない。豊臣氏滅亡後、金山銀山などの鉱山採掘や全国の築城・都市建築などの大規模普請、農村の支配体制整備、浪人・悪党らの排除など「徳川の平和」によってやっと掠奪や奴隷狩りを良しとする習俗は沈静化していった。しかしながら、形を変えて人身売買の慣行は残り続けていく、というのも周知のとおりである。

 欧州中世社会においても、中世日本と同様に掠奪や奴隷狩りを当然のものとする観念が存在していた。繰り返される宗教戦争や世俗権力同士の戦争でたびたび村々は焼き払われ、財産は奪われ、人々は売られていく。マルティン・ルターが『殺戮し強奪し放火しあらゆる災害を敵に加えることが、キリスト教的であり、愛の行為なのである』(山内 1993 iv)と語ったように掠奪は神の意志に適うとすら言われてもいた。この敗者に鞭打つことを当然とする中世的な自力救済観念から、掠奪や人身売買そのものを否定する観念への転換が、まさに近代化のプロセスなのである


掠奪の法観念史
山内 進 (著)