日本国憲法

詔 書

 
朕は、日本国民の総意に基いて、新日本建設の礎が、定まるに至つたことを、深くよろこび、枢密顧問の諮詢及び帝国憲法第七十三条による帝国議会の議決を経た帝国憲法の改正を裁可し、ここにこれを公布せしめる
 
 
 
御名御璽
 
昭和二十一年十一月三日
 
 
内閣総理大臣 兼
外務大臣 吉田茂
国務大臣 男爵 ・ 幣原喜重郎
司法大臣 木村篤太郎
内務大臣 大村清一
文部大臣 田中耕太郎
農林大臣 和田博雄
国務大臣 斎藤隆夫
逓信大臣 一松定吉
商工大臣 星島二郎
厚生大臣 河合良成
国務大臣 植原悦二郎
運輸大臣 平塚常次郎
 
 
 

目 次
前 文
第一章 天 皇
第二章 戦争の放棄
第三章 国民の権利及び義務
第四章 国 会
第五章 内 閣
第六章 司 法
第七章 財 政
第八章 地方自治
第九章 改 正
第十章 最高法規
第十一章 補 則
 
資 料 日本国憲法誕生秘話

 
 

広告