日本国における合州国軍隊の地位に関する協定

経理と条約に関する取り決め

ARTICLE XXIII
第二十三条
Japan and the United States will cooperate in taking such steps as may from time to time be necessary to ensure the security of the United States armed forces, the members thereof, the civilian component, their dependents, and their property. The Government of Japan agrees to seek such legislation and to take such other action as may be necessary to ensure the adequate security and protection within its territory of installations, equipment, property, records and official information of the United States, and for the punishment of offenders under the applicable laws of Japan.
日本国及び合州国は、合州国軍隊、合州国軍隊の構成員及び軍属並びにそれらの家族並びにこれらのものの財産の安全を確保するため随時に必要となるべき措置を執ることについて協力するものとする。日本国政府は、その領域において合州国の設備、備品、財産、記録及び公務上の情報の十分な安全及び保護を確保するため、並びに適用されるべき日本国の法令に基づいて犯人を罰するため、必要な立法を求め、及び必要なその他の措置を執ることに同意する。

 

ARTICLE XXIV
第二十四条
1 It is agreed that the United States will bear for the duration of this Agreement without cost to Japan all expenditures incident to the maintenance of the United States armed forces in Japan except those to be borne by Japan as provided in paragraph 2.
日本国に合州国軍隊を維持することに伴うすべての経費は、2に規定するところにより日本国が負担すべきものを除くほか、この協定の存続期間中日本国に負担をかけないで合州国が負担することが合意される。
2 It is agreed that Japan will furnish for the duration of this Agreement without cost to the United States and make compensation where appropriate to the owners and suppliers thereof all facilities and areas and rights of way, including facilities and areas jointly used such as those at airfields and ports, as provided in Articles II and III.
日本国は、第二条及び第三条に定めるすべての施設及び区域並びに路線権(飛行場及び港における施設及び区域のように共同に使用される施設及び区域を含む)をこの協定の存続期間中合州国に負担をかけないで提供し、かつ、相当の場合には、施設及び区域並びに路線権の所有者及び提供者に補償を行なうことが合意される。
3 It is agreed that arrangements will be effected between the Governments of Japan and the United States for accounting applicable to financial transactions arising out of this Agreement.
この協定に基づいて生ずる資金上の取引に適用すべき経理のため、日本国政府と合州国政府との間に取極を行なうことが合意される。

 

ARTICLE XXV
第二十五条
1 A Joint Committee shall be established as the means for consultation between the Government of Japan and the Government of the United States on all matters requiring mutual consultation regarding the implementation of this Agreement. In particular, the Joint Committee shall serve as the means for consultation in determining the facilities and areas in Japan which are required for the use of the United States in carrying out the purposes of the Treaty of Mutual Cooperation and Security.
この協定の実施に関して相互間の協議を必要とするすべての事項に関する日本国政府と合州国政府との間の協議機関として、合同委員会を設置する。合同委員会は、特に、合州国が相互協力及び安全保障条約の目的の遂行に当たって使用するため必要とされる日本国内の施設及び区域を決定する協議機関として、任務を行なう。
2 The Joint Committee shall be composed of a representative of the Government of Japan and a representative of the Government of the United States, each of whom shall have one or more deputies and a staff. The Joint Committee shall determine its own procedures, and arrange for such auxiliary organs and administrative services as may be required. The Joint Committee shall be so organized that it may meet immediately at any time at the request of the representative of either the Government of Japan or the Government of the United States.
合同委員会は、日本国政府の代表者一人及び合州国政府の代表者一人で組織し、各代表者は、一人又は二人以上の代理及び職員団を有するものとする。合同委員会は、その手続規則を定め、並びに必要な補助機関及び事務機関を設ける。合同委員会は、日本国政府又は合州国政府のいずれか一方の代表者の要請があるときはいつでも直ちに会合することができるように組織する。
3 If the Joint Committee is unable to resolve any matter, it shall refer that matter to the respective Governments for further consideration through appropriate channels.
合同委員会は、問題を解決することができないときは、適当な経路を通じて、その問題をそれぞれの政府にさらに考慮されるように移すものとする。

 

ARTICLE XXVI
第二十六条
1 This Agreement shall be approved by Japan and the United States in accordance with their legal procedures, and notes indicating such approval shall be exchanged.
この協定は、日本国及び合州国によりそれぞれの国内法上の手続に従って承認されなければならず、その承認を通知する公文が交換されるものとする。
2 After the procedure set forth in the preceding paragraph has been followed, this Agreement will enter into force on the date of coming into force of the Treaty of Mutual Cooperation and Security, at which time the Administrative Agreement under Article III of the Security Treaty between Japan and the United States of America, signed at Tokyo on February 28, 1952, as amended, shall expire.
この協定は、1.に定める手続が完了した後、相互協力及び安全保障条約の効力発生の日に効力を生じ、1952年2月28日に東京で署名された日本国とアメリカ合州国との間の安全保障条約第三条に基く行政協定(改正を含む。)は、その時に終了する。
3 The Government of each Party to this Agreement undertakes to seek from its legislature necessary budgetary and legislative action with respect to provisions of this Agreement which require such action for their execution.
この協定の各当事国の政府は、この協定の規定中その実施のため予算上及び立法上の措置を必要とするものについて、必要なその措置を立法機関に求めることを約束する。

 

ARTICLE XXVII
第二十七条
Either Government may at any time request the revision of any Article of this Agreement, in which case the two Governments shall enter into negotiation through appropriate channels.
いずれの政府も、この協定のいずれの条についてもその改正をいつでも要請することができる。その場合には、両政府は、適当な経路を通じて交渉するものとする。

 

ARTICLE XXVIII
第二十八条
This Agreement, and agreed revisions thereof, shall remain in force while the Treaty of Mutual Cooperation and Security remains in force unless earlier terminated by agreement between the two Governments.
この協定及びその合意された改正は、相互協力及び安全保障条約が有効である間、有効とする。ただし、それ以前に両政府間の合意によつて終了させたときは、この限りでない。

 
 
IN WITNESS WHEREOF of the undersigned Plenipotentiaries have signed this Agreement.
以上の証拠として、下名の全権委員は、この協定に署名した。

DONE at Washington, in duplicate, in the Japanese and English languages, both texts equally authentic, this 19th day of January, 1960.
1960年1月19日にワシントンで、等しく正文である日本語及び英語により本書二通を作成した。
 

FOR JAPAN:
日本国のために
Nobusuke Kishi
岸 信介
Aiichiro Fujiyama
藤山 愛一郎
Mitsujiro Ishii
石井 光次郎
Tadashi Adachi
足立 正
Koichiro Asakai
朝海 浩一郎
FOR THE UNITED STATES OF AMERICA:
アメリカ合衆国のために
Christian A. Herter
クリスチャン・A・ハーター
Douglas MacArthur 2nd
ダグラス・マックアーサー2世
J・グレイアム・パースンズJ. Graham Parsons

 

目 次