辺境に生きる

 
 といっても地理的な意味での辺境ではなく、以前にも書きましたが、若い頃に頚椎の中に出来た腫瘍を摘出する手術を受けて以来、後遺症を抱えながら現在も生活しているワケで、日常の生活、仕事はいまのところ普通にこなせても、休日には疲労を取るために一日中家でグッタリしている状態です。
 
 健常な体の人であれば、休日は家族で遊園地へ出かけたり、恋人とデートを楽しむのでしょうが、ワタシにとっては体を回復させる貴重な一日。
 
 そんなワタシがベトナムで暮らし始めたのは、日本の冬の寒さが後遺症にはツラく、症状を緩和するためにも暖かい所で暮らそうと思ったからで、特にベトナムに思い入れがあって来たワケではなかったのですが、かれこれ5年暮らしてみて、今まで一人で何とかやってこれたのは…
 
ベトナムの暮らしが自分に合っていた
 
…ということなんでしょう。
 
 アバウトで、辛抱強く、生きることにしたたかで、この国では身体障害者だろうと貧乏人だろうと容赦なく社会参加しています。そして、そのことでワタシ自身もずい分元気を分けてもらいました。
 
生きることのカッコ悪さ。
 
それでも生きる意志を失わないことのカッコ良さ。
 
 生きることをトコトン愛し執着する…。もちろんそれは時として他人を傷つけることもありますが、それはお互い様。そしていま自分がここに在るのも誰かのお蔭様。
 
この世界は広い。
 
自分が思っているよりも遥かに広い。
 
 そして人間の生き様も…。
 
 山奥で炭焼きをしながら一人静かに一生を終える人もいれば、何億と言う財を築き世界経済に影響を与える人もいる。植物人間になり病院のベッドで一生を終える人もいれば、もっと過酷な運命を背負っている人もいる。
 
 行き着くトコロは…
 
「いまここに自分がいる」
 
…という現実であり、自分はどう生きるのか?どう生きることが出来るのか?そもそも…
 
自分はどう生きたいのか?
 
…という自問。
 
 投げ込まれた状況の中で、ベストを尽くして生きる。例えそこが孤独な…
 
辺境のような場所だとしても。
 
…まだまだワタシは弱い。もっと、もっと強い心が欲しい…。
 
 

広告