食べときゃよかった?

 今回、カンボジア行きの前にチョコッと風邪を引き、プノンペン滞在中も咳が続いていたのですが、そんなワタシを見かねてか?同行したGFが…

「プサー・トマイに買い物に行ってくる。」

…と出て行ったのでホテルで昼寝して待っていたら、小一時間して風邪薬(咳止め)を買って戻ってきました。見ると青いビニール袋の中に何やら黒い物体が?

(果物かな?)

 否!袋を開けて彼女が手に取ったものは…

蜘蛛だw!しかもデカイw!

 「これを食べると咳が止まるのよ♪」とニコニコしながら勧めるGFに間髪入れず

「Now!そんなもの食えるかw!」

…と突き返したのは言うまでもありませんw。
 

 
 以前友人(日本人)数人とオリンピック市場だったか?オルセー市場だったか?に行った際、彼らは市場内の売り子からクモの佃煮を買い、二人してパクパク食べていましたが私はX(一人は沖縄出身なので虫を食べることに抵抗が無いのカモ?)。

 せめてもう少しサイズが小さければ、目をつむってなんとか食べられる気もするのですが、ワタシの目にはどw見たって…

タランチュラですw!

 プサー・トマイでコレ(タランチュラの佃煮)を売ってるってコトは、もう、日常的にタランチュラを食しているんでしょwなw、カンボジア人わ。

 カワイイ顔したクメール娘たちがコレ(タランチュラ)を食べてるのかと思うと…

ホビロン(孵化寸前のアヒル)を美味しそうに食べているべトナム娘

…とイイ勝負だわw。

 日本人(先の友人2名は除く)には立ち入れない食文化の壁を感じつつ、それでもサイゴンに戻ってからも続いている咳に…

(あんとき食べときゃ良かったかな?)

…と少し後悔しつつ、とはいってもアレ(タランチュラ)を口に入れる瞬間を想像しただけで…orz

 地上から食べるものが無くなった暁には根性入れて食べさせて頂きますが、他に食べるものがある内は勘弁して下さいw。

せっかく買って来てくれたのに御免!

 ちなみにGFが一匹だけ食べ、二匹残ったのでそれを枕元の机の上に置いて寝たのですが、夜中にタランチュラの佃煮が袋から這い出して来そうな気がして…。

小心者なんです、ワタシ…。
 
 

広告