秋の夜長に

 暫しワタシの妄想にお付き合い下さいまし…。

 で、鳩山邦夫法務大臣が最近オカシイですよね?

「自分の友人(CIA)の友人はアルカイダ。」

…だの、

「自分はCIAのエージェントだった。」

…だの(もしかしたら今でも)、日本中がひっくり返る一大スキャンダルなのに、主要メディアではまったく表立って取り上げられないのが、却って不気味ですw。

鳩山また衝撃発言…秘書時代は「米国のスパイ」だった 田中首相当時
ZAKZAK 2007/11/01

相次ぐ問題発言で、大臣としての資質が問われる鳩山法相

 鳩山邦夫法相が31日の衆院法務委員会で、田中角栄元首相の私設秘書時代、米国防総省(ペンタゴン)から、毎月のように接待を受けていたことを明らかにした。事実上、米国の情報収集の協力者(スパイ)だったことを認めたもので、先日の「友人の友人はアル・カイーダ」発言と合わせて、大臣としての資質が問われそうだ。

 衝撃発言は、民主党の河村たかし議員の質問中に飛び出した。河村氏が日本の情報収集について質問していたところ、鳩山氏は指名もされていないのに突然、「委員長!」と手を挙げて立ち上がり、河村氏が「大臣、何ですか?」と驚いている間に、こう語り始めたのだ。

 「思い出を話させてほしい。私が田中角栄先生の私設秘書になったとき、毎月のように、ペンタゴンがやってきて食事をごちそうしてくれた。当時、私は金がありませんから『ウナギが良い』とか『天ぷらだ』などと言ってた。私は1円も払っていない」

 公式HPによると、鳩山氏は1972年3月に東大法学部を卒業、同年、田中氏の秘書となったとある。

 72年といえば、田中氏は5月に「田中派」を立ち上げ、6月に大ベストセラーとなった「日本列島改造論」を発表。7月に宿敵・福田赳夫氏を破って自民党総裁となり、第1次田中内閣を成立させた年である。

 同盟国である米国といえども、日本の最高権力者に登りつめ、「今太閤」ともてはやされた田中氏の表に出ない動向や心中、プライバシーについて情報収集するのは、冷酷な国際社会では常識といえる。

 米国の情報機関としてはCIA(中央情報局)が有名だが、47年に成立した国家安全保障法に基づき計15の省庁・機関で成り立っている。この中には国防総省も含まれており、現在では情報機関の人員・予算の大部分(約80 – 85%)は国防総省が握っているのだ。

 鳩山氏は発言後、「ペンタゴンは情報収集にお金をかけている。日本の外交や防衛も情報収集には(お金を)潤沢に回した方がいい」と真意を語ったが、国防総省のヒューミント(人間による情報収集)で、自分が協力者(スパイ)だったことを事実上認めたもので、お金うんぬんといったレベルの話ではない。

 政治評論家の森田実氏は「欧米では即刻更迭される発言だ。鳩山氏自ら職を辞するか、福田康夫首相が更迭すべきだ。これを放置すれば、日本政府に対する国内外の信用を失墜しかねない。先日の『私の友人の友人はアル・カイーダ』という発言もそうだが、鳩山氏は常軌を逸している。法相のような要職に就けるべき人間ではない」と語っている。

 ま、この問題が大きくなると、子供の頃からCIAの英才教育を受けた麻生さんなんて、もう筋金入りの…ゲフッ、ゲフッ…あまりの事の重大さに日本中が思考停止してしまったかのような?

 で、「テロ特措法」の期限切れと鳩山氏の告白とはリンクしてるんじゃなの?

1 鳩山氏によれば…「日本中にテロリストがウヨウヨいる」…とのこと。
2 ニュース報道では「テロ特措法」にまつわる活動を、“終了” ではなく ”中断” としている。
3 アメリカとしては、自衛隊をテロとの戦いに協力させたい。
4 しかし日本には「憲法9条」があり、武力による紛争解決は放棄れている。

 
…となると、三流芝居のシナリオ作家でも…

1 日本国内でテロが発生。
2 テロの恐怖を国民に植え付る。
3 「テロ特措法」が見直され、自衛隊が大手を振って海外派兵
4 軍需産業はウハウハで、ついでに利権に目ざとい官僚や政治家にもおこぼれが…。

 
…てな筋書きくらいは簡単に書けますw!

 で、鳩山氏にはまだ国民を思う心が僅かながら残っていたが故に、国内のテロを未然に防ぐためにも自らの過去を告白して、国民に警告を発した…と、ワタシはイイように解釈したいワケですが、ヒョットしたら「テロ特措法」の可決に向けて、鳩山氏に対して圧力があったかも知れません。なんせ法務大臣ですからw。

 防衛省職員のGPS付きの携帯電話の携行指示にしても、石破氏なりの国家安全保障に対する危惧はあったのでしょうし、国民を監視する前に身内を監視しするのは理に適っていますw。

 「死の商人」との癒着もアレですが、鳩山氏の言うようにテロリストやスパイが日本国内にウヨウヨしてるようじゃねw?

「GPS嫌なら防衛省去れ」 石破防衛相怒る
MNS産経ニュース 2007/11/01 18:30

 石破茂防衛相の強い意向を受けて防衛省が幹部の夜間、休日の行動を把握に、衛星利用測位システム(GPS)対応の携帯電話の導入を検討し、省内から反発が出ていることについて、石破防衛相は1日、「行動を把握されるのが嫌なら防衛省にいなくていい」と厳しい姿勢を示した。

 同日午前の衆議院テロ防止特別委員会の審議で、公明党の富田茂之議員の質問に答えた。

 石破防衛相は「(反発する人の)気持ちがわからない。(反発は)陰でこそこそいわず、私に直接言えばいい。居場所を明らかにするのは当たり前。危機管理官庁であるとの自覚が足りない」と、休日の行動を把握されることに反発する省内の声に怒りを示した

 さらに「そういう方は防衛省にいていただかなくて結構です」と反対する幹部は辞めるべきだとまで言い切った。

 一方、増田好平事務次官は同日午後の会見で、GPS携帯電話導入を「有力なオプションの一つとして検討している」と認め、行動把握が必要な幹部の対象には「制服組も含まれる」との認識を示した。

 また、幹部の休日の行動把握を組織的に行うこと、利害関係者と休日にゴルフを続けていた守屋武昌前事務次官のような行動との関連を問われ、増田次官は「効果としてそういうことはなくなるだろう」と述べ、行動把握が利害関係者との癒着防止の一助になるとの考えを明らかにした。

 防衛省内では、同日の国会で石破防衛相が厳しい姿勢を見せたことで、「大臣の意向には逆らえない」とGPS携帯電話導入への反発は急速にしぼみつつある。

 ま、「テロ特措法」の期限切れによって撤退した日本には、あえてテロリストに狙われる筋合いはないとは思うのですが…。

 故にもし日本国内でテロが発生した場合、偽旗テロの可能性も疑ってみたほうがイイのかも?

 で、さらに妄想をかきたてられるのが小沢氏の代表辞任騒ぎで、自民党はアメリカの要望に従い「テロ特措法」を延長したいのに、民主党の反対によって現在頓挫中…というか?反対しているのは国民なんですケドね…。

 なワケで小沢氏を2度も呼び出し

「このままゴネて日本がどうなっても知らないし、それはアンタのせいだよ?」

…とでも小沢氏に圧力をかけ、ビビッた小沢氏は代表の座を放り出して身の安全を図り、他の者に身代わりになってもらう気か?だとしたら…

情けないw!

 身を挺して「漢(おとこ)」を見せた鳩山氏の「爪のアカ」でも煎じて飲まんかwい!…てな具合に妄想が広がりますなw(鳩山氏の言動を好意的に解釈した場合)。

 もうひとつのオプションとしては…

1 アメリカの圧力により、自民党は「テロ特措法」を延長しなければならない。
2 その為には国民の理解が不可欠。
3 理解を得るには、国民にテロに対する恐怖心を植えつければイイ。
4 そこで鳩山氏の…「日本にテロリストがウヨウヨいる。」…という発言。

 
…という荒業も考えられますが…

「CIAのスパイだった」

…と告白した時点で語るに落ちてますw。

バリ島のテロを教えてくれた「友人」て、CIAのことだろw!?

 でもって日本国内にテロリストがウヨウヨいるというのもCIAからの情報なのが見え見えで、そーなると、何で?CIAと自民党はテロリストを野放しにしているワケ?日本国内でテロリストに事件を起こして欲しいからじゃないの?テロとの戦いに日本を道連れにしたいからじゃないの?国民の生命を危険に晒すことを前提に、そこまで国際社会=アメリカに媚びるワケ?!

犬の尻の穴でも舐めやがれ!…orz (お下劣)

 と、一部不適切な表現もありましたが、秋の夜の長さに故についつい妄想が妄想を呼ぶワケですw。
 
 
 
 
でわっ!
 
 

広告