おさらい

 
 じつは同和問題・部落問題といっても…
 
ナンダカ?ヨクワカラナイ…。
 
…というのが、実はワタシの正直な感想なんです…orz
 
 生まれてから物心つくまで、身の回りに目に見えるような部落差別がなかったワケで、ま、これは東京の辺境(多摩地区)だったからかも知れませんが、そういえば?中学生のときに友達が買った岡林信康(敬称略)のレコードの中から「チューリップのアップリケ」を聞かされたときも…
 
(暗い歌だなw)
 
…くらいの感想しか持てませんでした。
 
 ま、深夜ラジオとかではよく流れていたので、流行の歌を聴いているという満足感くらいはありましたかネェ?
 

チューリップのアップリケ
岡林信康 作詞/作曲
 
うちがなんぼはよ おきても
お父ちゃんはもう くつトントンたたいてはる
あんまりうちのこと かもてくれはらへん
うちのお母ちゃん どこへ行ってしもたのん
うちの服を はよう持って来てんか
まえは学校へ そっと会いに来てくれたのに
もうおじいちゃんが 死んださかいに
だれもお母ちゃん 怒らはらへんで
はよう持って来てんか
スカートがほしいさかいに
 
チューリップのアップリケ
ついたスカート持って来て
お父ちゃんも時々 こうてくれはるけど
うちやっぱり お母ちゃんにこうてほしい
うちやっぱり お母ちゃんにこうてほしい
 
 
うちのお父ちゃん 暗いうちからおそうまで
毎日くつを トントンたたいてはる
あんな一生懸命 働いてはるのに
なんでうちの家 いつも金がないんやろ
みんな貧乏が みんな貧乏が悪いんや
そやでお母ちゃん 家を出ていかはった
おじいちゃんに お金のことで
いつも大きな声で 怒られはったもん
みんな貧乏のせいや
お母ちゃん ちっとも悪うない
 
チューリップのアップリケ
ついたスカート持って来て
お父ちゃんも時々 こうてくれはるけど
うちやっぱり お母ちゃんにこうてほしい
うちやっぱり お母ちゃんにこうてほしい

 
 この歌がナゼ?部落差別の歌なのかというと(後日「放送禁止」)…
 

お父さんが毎日靴を叩いている

革製品製造を生業としている

 
…という部分にあるらしく、靴製造業が「エタ」と呼ばれる人たちの「専業」であることをまったく知りませんでしたw。
 
 ま、それを知ったからといって身の回りに部落差別が無いワケですから?部落差別なんて「絵空事」のようにしか思えなかったのですが…。
 
 部落差別というものを現実的に知ったのは、同級生が郵便局に就職して…
 
「八王子のXXというところには”部落差別”がある」
 
…と教えてくれたのが最初で、ズイブンと後になってからでした。
 
 で、この話はこれでオシマイ。
 
 結局、当事者でもないワタシが入り組んだ同和問題をツっ込んで語れるワケもなく、個人的な部落差別についての想い出話しはここまでにして…アレだ、話題を変えて「ナウシカ」についてまたまた語ってみようかな?…と。
 
 もw、「ナウシカ」だったらいっくらでも語れちゃいます。ワタシ♪
 
 実は差別の話の延長にもなるんですケドね?「ナウシカ」の中でもそれとなく取り上げられているんです、「森の人」と「蟲使い」の関係について…。
 
 「森の人」とは腐海の中で暮す神秘的な集団で、「蟲使い」とは腐海の周縁に暮す忌まわしき集団とされているワケですが、何か?これって「サンカ」と「被差別部落」の関係に似ていません?
 
 で、設定の上では「森の人」も「蟲使い」も、「火の七日間」を生き延びた後に火を捨てた人たちの子孫であり、実は同じ先祖から分かれたことが「森の人」によって明らかにされるワケです。
 
 はじめはトルメキア軍に従う「蟲使い」たちに「風の谷」を汚されたと怒ったナウシカでしたが、物語の終焉に向かって常に行動を共にするのは「蟲使い」たちであり、「シュワの都」の金色の焼け野原で「再生の舞」を舞うのも「蟲使い」たちなのです。
 
 宮崎監督!ナンか深い意味でもおありですか?
 
 もうひとつ…「ヴ王」は死に際に「クシャナ妃」に王位を継承するのですが、彼女は王位に就くことは無く、終生「代王」として執政したとエピローグは締めます。
 
 「権威」もしくは「権力」の存在が「差別」を生み出す元凶だとしたら、そこから一歩引いて執政にあたる「クシャナ妃」には、イロイロ思うトコロがあったんじゃないですかねw?それにしても…
 
奥が深いですネw!
 
…「風の谷のナウシカ」って。
 
 願わくば、「原作」に忠実な「風の谷のナウシカ」の映画化を…
 
宮崎監督!是非っ!
 
 
でわっ!
 
 
追記:
 
上記の話がチンプンカンプンな人は、まずは「原作」を読んでみて下さい!
 


風の谷のナウシカ 1

 
 

広告