いろんな事が同時に起こる2

 前回は親露派からの視点から今回のグルジアとロシアの軍事衝突のいきさつを解説しましたが、「連山」などでは…

もともとロシア(旧ソ連)が悪いのだ。

…としています。
 

連山:現在のグルジアは未来の沖縄

…結局、ソ連崩壊後のどさくさに紛れてグルジアだった地域を「開放して独立させる」という大義のためにロシア人が制圧して、そこにグルジア人以外の民族を住まわせて、彼らによって「独立の意思」を代弁させたようなものなのだ。…

 
 反対の立場からの見解を無視しては…

「中立・公正」な判断は出来まい。

…というワケで、毎度お世話になる「All About」ですw。
 
【All About】 グルジア政治の基礎知識2006
執筆者:辻 雅之 (2006.10.15)
 
 グルジアというか、コーカサス地方は古くから様々な民族が入り乱れ、それぞれの民族意識が歴史的な背景も相まって、ヒジョwに強かったワケです。

 で、ソ連崩壊のドサクサに紛れて「独立しゃおう!」という気運が各民族に広まりグルジアも独立を果たすワケですが、その後がどうも…。

 グルジアはオセット人、アブハジア人が混在する多民族国家なのに、グルジア人優先のナショナリズムを押し付けるような政策じゃ…

旧ソ連と一緒ジャン!

…と。
 

【All About】 ソ連崩壊とグルジア民族紛争の開始

…1990年、南オセチア自治州でグルジア語の強制化に反対する動きは、やがてこの地域の分離独立運動に発展していきます。…

 
 ココんとこ、「連山」の言い分とチョット違いまして、オセット人はもとから住んでいたワケですw。

 グルジア人が多く住んでいたのはアブハジアの方で、「イベリア・ホテル」に住み着いているのもアブハジアを逃れてきたグルジア人難民です。
 


イベリア・ホテル

 
 ま、ロシアが民族独立運動を煽ったことは否定できませんが、グルジアの政治家が「ダメダメ」だったのも事実。

 どこの国だろうと、「ダメダメ」な政治家がいると国民はイイ迷惑ですw。

 国家間の戦争の影には、「日々を平穏に暮らしたい」と願うごくフツーの人々が無数にいるというのに…。

 コーカサス地方に住む「濃い人たち」の生活ぶりを、このブログで多くの人に知ってもらいたいものです。
 
不思議な、不思議な「アルメニア共和国」
 
 ちなみに、現在ワタシが住むベトナムにおいても、「根拠の無い自信」は多くのベトナム人に見られますw。

 その点でコーカサスの人たちにも親近感が持て、「バカの壁」にもありましたが「想像力」が欠如すると…

人間、基本は一緒だろ?

…という事さえ忘れてしまうようですw。

 ところで、まだ解決したわけではありませんが「遺跡」を巡って一触即発状態だったカンボジアとタイが、お互いに兵を引いて話し合いで解決しようと合意したことにアジアの「理性」というか…

ケンカしても腹が減るだけダロw!

…的な妥協って、実は大切な事なんじゃなかろうかと?
 
 

北京オリンピック開会式にて
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

 

(汗が出てタマラン!ゆうべウォッカ飲み過ぎたみたいw)
 

「自慢の奥さんはどうした?ウチのカミさんも美人ダロw?」
 

「遠目に見ればナw!」
 

(愛用の育毛剤教えてあげようかな…)

 
 
 
 
でわっ!
 
 

広告