進歩か、後退か 20

 ウwさんのトコロでこんな見出しを目にしたワケですが、残念ながら有料読者じゃないんで、さわりだけ…。

◆ IAEA事務局長に日本人選出の意味

【2009年7月3日】 日本人のIAEA事務局長への就任が何年か前だったとしたら、米国の尻馬に乗って「イランは核兵器を開発している」と激しく非難していれば、日本国としての対米従属と、IAEA事務局長を通じた国際指導力の発揮とは、何の矛盾もなく両立した。

 しかし世界が多極化している今後は、そうはいかない。日本が天野をIAEA事務局長に送り出し、国際指導力を発揮するには、多極化を肯定的にとらえることが必須となる。これは「英米中心主義にぶらさがるか、さもなくば鎖国」という従来の日本の国是を逸脱させる。

 で、このさわり部分について思うに、まず…

英米中心主義にぶらさがるか、さもなくば鎖国

…というのが日本の国是だったとは知りませんでしたw!

ビックリしたナw!モw!

 日本てそんなにケ○の穴が小さいというか?刹那的な国是しか持ち得ないんですかネ?だいたい「鎖国」なんて時代に逆行してるでしょ?グローバル化に向かう世界で「ひきこもり国家」を標榜するワケですか?

アwホwカw!

 それはさて措き、日本人がIAEA事務局長に就任したことについて、ワタシの「シワシワのお尻」でその影響を考えてみるに、ひとつは…

「原子力発電所」の建設推進

…ですかね?

【在日フランス大使館】 天野之弥氏がIAEA事務局長に選出 フランス外務・ヨーロッパ問題省の声明
(パリ、2009年7月2日)

フランスは天野之弥氏が今日(7月2日)ウィーンで国際原子力機関(IAEA)事務局長に選出されたことを歓迎する。ベルナール・クシュネール大臣は同氏に祝意を表するとともに、IAEA事務局長に託される重要な責務の遂行の成功を心より祈念した。

天野氏は今年11月にモハメド・エルバラダイ氏の後任として就任する。エルバラダイ氏は事務局長を連続3期務め、2005年にノーベル平和賞をIAEAとともに受賞した。

フランスはIAEAの極めて重要な任務を今後も支持する考えである。それは2つの大きな課題に取り組むためであり、一つは核拡散の脅威、もう一つは原子力平和利用を信頼性、安全性、不拡散の最大条件下における発展を確保しながら促進することである。

天野之弥氏は責務遂行において、IAEA全加盟国の断固とした支持が必要となる。同氏はフランスの支持を期待できるだろう。


『月光院璋子の日記』より

 また、地球温暖化を前提とした産業構造の変革を推進する側面もあるのでは?石油投資に旨味がなくなりつつある現在、環境ビジネスを速やかに軌道に乗せたいワケでしょ?投資家(カネノモウジャ)と呼ばれる人たちわっ!

 東芝によるウエスティング・ハウスの買収や、中国、インド、トルコなどの原子力発電所導入計画と、それに伴う「核拡散」の危険性などを考慮に入れ、日本人にIAEA事務局長を任せた方が、何かと「仕事」がやり易くなるというコトなんじゃないの?

 特に?アジア地域で原子力発電所を建設する場合、欧米資本の主導で進められることに対する現地の「反感」を受けないために、日本人のIAEA事務局長は代理人として都合がイイのかも?


天野之弥ウィーン代表部大使略歴

 それに北朝鮮の核開発の問題もあるので、当事者?である日本人に任せれば「6ヶ国協議」も、打開に向けて積極的になるんじゃないか?ということで、早い話が…

丸投げ?

…というコト?

 あとアレか?「日本の核武装」も心配なので、「核兵器」を保有させないために「首に鈴をつけた」という観方もありますw。

 「核兵器」なんて無くても「気概」があればイイんですケドね?どうなの?今の政治家にあるの?

気概?

 ワタシは「原子力発電」には反対なので、日本人がIAEA事務局長に就任したからといって、「原発」が新規建設されるような事態は避けたいワケで、できれば全ての原発をいますぐ廃炉にして欲しいくらいだし、原発導入を検討している国に対しても、是非考え直して欲しいと切に願う次第です。はい。

核の無いクリーンな世界がいいですよね?

 今日も世界のアチコチで問題が起きているワケですが、それにしたって…

住める場所があっての話ですからw!
 
 
でわっ!
 
 

広告