自家発電のススメ

 前回、動画を解説しつつ…
 
「これが実証されれば僻地にも自家発電が普及する。」
 
…と書きましたが、円板が回転するだけでは電気は得られないワケで、当然ながら「発電用モーター」が必要ですw。

 多くのメーカーが発電機を販売していますが、その基本構造は動力(エンジン)と発電用モーターの組み合わせであり、この基本構成は「風力発電」から「原子力発電」までまったく同じ。
 

 
 発電量を調整するというコトは、即ち動力を制御するコトであり、その点で「風力」や「水力」などは自然界の不確定要素が多く、常に安定した電力を得るには不向きなワケです。ただし、「現状では」という前提であって、将来的に更に効率の良い風車やタービンが開発されれば、風力発電、水力発電も第一線で活躍するようになるハズ。

 問題となるのは、風力や水力などの「自然エネルギー」を利用する設備は、設置条件が限られるというコト。十分な風の吹かない地域で風力発電はできませんし、十分な水量をたたえた河川の無い地域では水力発電はできません。したがって、遠く離れた場所(限られた場所)で作られた電気は送電線を介して供給されるワケですから…

他人が作った電気を買う

…というコトになり、電力会社に「生活の根幹」を握られるようなもの。そうなった場合、電力会社は採算の取れない地域=住民の少ない地域にワザワザ送電線を引かないだろうという話。

 電力会社に見捨てられたような僻地に住む人たちはどうすればイイのか?電化された人口密集地域まで引っ越します?とはいっても先祖伝来の土地を離れたがらない人は少なからずいるハズで、視点を替えると都市化というか、一箇所に人がたくさん集まる状況は企業にとっては都合がいいワケです。少ない投資で効率良く商売が出来るワケですからw。

 悪い癖で話が横に逸れますが、ついでに言わせて貰えば…

「生活の根幹」を他人に委ねている

…という状況が、エネルギー(資源)の争奪を巡る紛争だったり、原発などという環境汚染(放射能汚染)の原因になる施設をアチコチに建設してしまった原因ではないかと?

 話を元に戻すと、「発電」の根本的問題は…

発電用の動力をどう確保するか?

…に尽きるワケで、ザックリ言うと、「動力」と「発電用モーター」さえ揃えばどこででも発電が可能であり、その可能性のひとつとして前回の動画を取り上げたワケですが、66rpmじゃ回転数が足りませんw。だいたい2000rpmが発電用モーターの定格回転数ですw。

 ま、円板の形状を改良したり、増速用のギアボックスをかませたりすれば何とかなるかも知れませんが、そうなれば既存の発電用モーターとの組み合わせで…

自家発電による100%電化生活

…も夢ではないという話。

 ワタシの場合、1ヶ月に約350kwの電気を使用すると以前書きましたが、これを1日に換算すれば11.6kw。1日中発電機を動かし続けたとて、1時間あたり0.48kwでしょ?あくまで参考値ですが、この程度の電力であれば HONDA製の発電機「EU55is」一台で賄える勘定。
 

 
 ちなみに「EU55is」は、インバーター搭載でパソコンなどの電子機器も使用可能ですし、大きさ(寸法)的にもアパートなどはキツイでしょうが、一軒家であれば十分設置可能。こてはあくまでも一例にすぎませんが、肝心なのは…

自分が使う電気は自分で作る

…という「発想の転換」です。

 ところで、アメリカのイラク侵攻の理由は「大量破壊兵器」があったからではなく…

「油田の利権」をフセインから奪い取りたかったから

…だというコトを、前FRB議長だったグリーンスパン氏が回顧録で暴露していますw。そうなると次に狙われるのはイランかw?
 

「イラク開戦の動機は石油」=前FRB議長、回顧録で暴露
時事 2007/09/17-14:18

 【ワシントン17日時事】18年間にわたって世界経済のかじ取りを担ったグリーンスパン前米連邦準備制度理事会(FRB)議長(81)が17日刊行の回顧録で、2003年春の米軍によるイラク開戦の動機は石油利権だったと暴露し、ブッシュ政権を慌てさせている。

 米メディアによると、前議長は「イラク戦争はおおむね、石油をめぐるものだった。だが悲しいかな、この誰もが知っている事実を認めることは政治的に不都合なのだ」と断言している。

 ブッシュ政権は、当時のフセイン政権による大量破壊兵器計画阻止を大義名分に開戦に踏み切ったが、同兵器は存在しなかったことが後に判明。「石油資源確保が真の目的だった」とする見方は根強く語られてきた。

 
馬鹿げてる!

…と思いません?そんな馬鹿げた世界に引っ掻きまわされ、日本では年間3万人以上自殺者が出ているのだとしたら、政治家や企業に丸投げにするのは止めて、ワタシたち自身がこの馬鹿げた世界に歯止めをかける必要があるのではないかと?

 その第一歩としてワタシたちに出来るのが、「自家発電」ではないかという話。
 
 
 
 
でわっ!
 
 

広告