鹿男 PART2

 ズイブン前に「鹿男あおによし」という記事を書いたワケですが、その後に分かった事を少しばかり。
 

武甕槌命 – たけみかづちのみこと
「神社データベース 神羅」 より

伊邪那岐命の御子。天照大神が前後二回にわたり豊葦原中津国統一のために特使を派遣されたが、二回とも失敗に終わり、三回目の特使として選ばれたのがこの神である。武甕槌命は大国主命およびその御子事代主命との交渉に成功、さらにもう一人の御子建御名方命(たけみなかたのみこと)との力競べにも勝って、見事国譲りの大業を成し遂げられた。武甕槌命の「武」は武勇を表し、「甕槌」は御雷(みかづち)の意で、文字通り「神鳴り」に比せられる猛々しさを表す。武勇・戦勝・勝運の神としての信仰のほか、その業績から開拓・平和外交の神としても崇められている。

 
 「豊葦原中津国」とは日本の別名であり、そこを「統一する」ということは日本は諸国に分裂し、「高天原」の天照大神は統一の足掛りとして「出雲」を選んだワケです。

 「出雲」を選んだ理由は、おそらく「高天原」と「出雲」は交渉のできる間柄であり、先に一国を築いてた「出雲族」に対して本家筋?の「高天原族」が…

これから乗り込むからよろしくw♪

…と使者を派遣してきたのではないかと?

 で、「出雲族」としては面白くないワケです、自分たちが苦労して築き上げた国をいきなり「譲れ」と言われても。そ・こ・で…

 二度目まではのらりくらりとやり過ごしたものの、三度目の使者(武甕槌命)が武力侵攻をチラつかせたものだから大国主命と事代主命は「国譲り」を承認しますが、建御名方命はあくまでも抗戦の姿勢を貫き力比べに負けて=敗戦して国を追われてしまった。

…とワタシには読み取れるワケですが、そもそも「出雲」と「高天原」はどういう関係なのか?が気になります。

 因みに武甕槌命と「鹿」の関係ですが…
 

世界遺産 春日大社 公式HP

ご案内/ご由緒
 
春日大社は、今からおよそ1300年前、奈良に都ができた頃、日本の国の繁栄と国民の幸せを願って、遠く鹿島神宮から武甕槌命(タケミカヅチノミコト)様を神山御蓋山(ミカサヤマ)山頂浮雲峰(ウキグモノミネ)にお迎えした。やがて天平の文化華やかなる神護景雲2年(768年)11月9日、称徳天皇の勅命により左大臣藤原永手によって、中腹となる今の地に壮麗な社殿を造営して香取神宮から経津主命様、また枚岡神社から天児屋根命様・比売神様の尊い神々様をお招きし、あわせてお祀り申しあげたのが当社の始まりです。

御祭神である武甕槌命様・経津主命様は、日本の国を秩序ある国にするためにあらゆる神々と交渉され、平和裡に治められた功績ある神様であります。また天児屋根命様は神事と政治を守り導かれる神様として、比売神様は天照大御神様だとも天児屋根命様の妃神とも伝えられています。平和と愛の尊い神様であり、それぞれの霊験を仰ぎ御加護を頂いてまいりました。この四柱の神々様は、それぞれ端正な春日造の御本殿(国宝)に鎮座されており、最も尊崇すべき神々として春日皇大神と申しあげ、また、春日四所明神、春日大明神と申しあげてまいりました。

 
…とあるだけで、春日大社と「鹿」の関係についての記述はありません。

 そこでもう少し調べてみると、和銅13年(710)年藤原不比等が春日大社を創建するに当たり、鹿島神宮に勧請した武甕槌命が白鹿に乗って春日山に降りたという伝承に因んで、春日大社では神の使いとして大切に保護されているとのコト。

 で、また疑問なのですが、藤原不比等が鹿島神宮から武甕槌命を勧請した理由とは?鹿島神宮のある茨城は都があった奈良からすると、はるか東方の地の果てのような場所だったハズ。

 そこでさらに調べてみると…
 

鹿 ~ シカ  鹿島神宮の祭神「武甕槌命(タケミカヅチノミコト)」の鹿

◆ 鹿島神宮と鹿
 
鹿島神宮の祭神である武甕槌命(タケミカヅチノミコト)ところに、天照大神(アマテラスオオミカミ)から使者が来て、「香取神社(千葉県佐原市)の祭神、経津主命(フツヌシノミコト)と共に出雲の国へ行って、大国主命に、出雲国を自分(天照大神)に譲るように説得してきなさい」とのことだった。

この時の天照大神の使者、天迦久神(アメノカグノカミ)は、鹿の神霊だったとされ、これに因んで、鹿島神宮の神使は鹿とされるようになった。神社名(地名)も「香島」が「鹿島」になった。

なお、武甕槌命、経津主命は共に「剣の神」(武神)で、出雲国に出向いての強談判(コワダンパン)の結果、大国主命に「国譲り」をさせることに成功した。
 
◆ 春日大社と鹿
 
春日大社の社伝によると、称徳天皇のとき(767年)、平城京鎮護のため、鹿島神宮の武甕槌命を春日大社の祭神に勧請した。この時、武甕槌命は白鹿に乗って御蓋山(三笠山)に来られたという伝説から、鹿を神鹿として保護敬愛した。すなわち、春日大社(奈良)の鹿は、鹿島神宮(茨城)から連れてこられたといえる。祭神は、武甕槌命(鹿島神宮の祭神)、経津主神(香取神宮の祭神)、天児屋命(枚岡神社北第一殿祭神)と比売神(枚岡神社第二殿祭神)を祀っている。

 
…というコトらしく、ここにきて初めて武甕槌命は「高天原」から「出雲」に向かったのではなく、既に茨城、もしくは北関東に先住していたことが分かりました。したがって「高天原族」も「出雲族」も「鹿島族」もそのルーツは同じである可能性があり、イキナリ侵略せずに「交渉」という段取りを経たのも、それが理由かも知れません。

 「高天原」の過去二度の交渉が失敗に終わったのは、「高天原」=大陸から使者を派遣して交渉に臨んだので、「出雲」にしてみれば船でやって来る「高天原」の兵力などたかが知れていると強気だったのでしょうが、三度目の使者は豊葦原中津国(日本)内に国を構える「鹿島族」の武甕槌命だったので、陸上戦となると形勢不利と考え「国譲り」に応じたのではないか?

 「出雲」を日本統一の拠点に選んだのも「大陸」に近いからで、「ノルマンディー上陸作戦」のように「豊葦原中津国上陸作戦」を敢行するつもりだったから。

 そう仮定すると諸々腑に落ちるワケで(ワタシ的には)、武甕槌命を訪ねた天迦久神は鹿の神霊とのことですが、わざわざ大陸から来たのであれば、「鹿」は「夫余」のシンボルであることから「高天原族」、「出雲族」、「鹿島族」は「夫余」から分かれた氏族だったとも考えられます。
 
夫余 – Wikipedia
 
 奈良の鹿に話を戻すと…

藤原不比等はなぜ鹿島神宮から武甕槌命を勧請したのか?

…は依然不明。因みに八切止夫氏によると、「源平籐橘」の四姓とは源=元、平=ペルシャ、籐=唐、橘=契丹(スキタイ)らしいのですが、であれば「唐」の藤原不比等が鹿(スキタイ)を奈良に呼び寄せる理由が分かりませんw。

 ま、キリが無いので今回はこれにて。
 
 
 
 
でわっ!
 
 

広告