自由経済主義という「終わりなき競争」

 ワタシ思うに世の中には「競争が好きな人」「競争が嫌いな人」の二種類があり、資本主義(自由経済主義)って誰にでも「平等にチャンスがある」というのが前提で、それはそれでイイのですが「誰にでも…」を「競争が好きな人」と「競争が嫌いな人」に照らすと、「競争が好きな人」=「チャンスに貪欲な人」にのみ有益な「主義」のように思えるワケです。

 ワタシには「競争が好き」な人の感性がいまいちピンときませんが、「ゲーム感覚」のようなものですかね?それとも上昇志向ってコト?

 前にも書いたように、飛び抜けた成功者になるには…

クレイジーな部分

…が無いとダメなんじゃないか?と思うワケですが、「クレイジー」になることって日常的にはそうそうありません。社会にそうした「クレイジー」さが蔓延したらどうなるか?「北斗の拳」に出てきた「阿修羅の国」のように、幼い頃から「己の力」だけを頼りに生きる殺伐とした国。それが「お金」だけを頼りに生きるのに置き換えられるようなもの。

 「力」も「お金」も使いよう。使い方を間違えれば両方とも「暴力」になり、「資本主義」、「自由経済主義」が掲げる「競争」って、「力」を常に強めなさいってコトでしょ?競争に打ち勝つために。

 それにしても「競争」が好きな人たちってそんなに沢山いるワケ?せいぜい全体の10%くらいとしか思えません。でないと誰もが日々の競争で神経をすり減らしているようじゃ社会が成り立たない気がします。みんな心安らかに暮したいのが本音でしょ?

 10%くらいの「競争が好きな人」たち以外はいたってフツーの人。だからこそ社会の安定が保たれるワケで、「資本主義」、「自由経済主義」を至上とする社会なんて「阿修羅の国」のようですw。

 「競争が好き」にせよ「競争が嫌い」にせよ、それは個人的な好みの問題であって、そうした個人的嗜好を社会の枠組みに取り込むのって、「全体主義」や「独裁」のようでもあり、見方によっては「資本主義」による独裁、「自由経済主義」による独裁だという話。

 「基本」に戻ると、社会=人間集団は「弱者」と「強者」が共に生き延びるため、そして集団が生き延びる確立を高めるためのものであったハズ。なのにそれを、10%の人間に有利なものに造り替えようと「資本主義」や「自由経済主義」が出現したワケで、競争するのは勝手ですがなぜ90%のフツーの人たち=「競争が嫌いな人」まで巻き込もうとするのか?世界は…日本は…

ドコに向かっているのか?

 まさか「阿修羅の国」に向かってるワケじゃないでしょ?

 そもそも「民主主義」は「民衆」が「主」なワケであって、「お金」だとか「競争」が「主」なワケではありません。そして「民衆」には「強い人」も「弱い人」も「賢い人」も「愚かな人」も含まれ、「富める人」も「貧しい人」も「善人」も「悪人」も「勤勉な人」も「怠け者」も「ワタシ」も「アナタ」も、全ての人をひっくるめて「民衆」であり、各々が「一生」の間に様々な出会いと別れを経験し、その過程で「自分」という存在に意味を見出すことで…

この世に生を受けた偶然

…への解答を手に入れることができるのではないか?

 おそらく「個の多様性」は「資本主義」「自由経済主義」といった思想とは相反し、相容れるとすれば「民主主義」。ならば社会の基盤にこれを据え「資本主義」、「自由経済主義」はいわば…

オプション

…程度に考えたほうが無難。

 ま、そんな事をTPP積極派の論説を読んで思った次第。はい。
 
自民党はいつから社会主義に転換したか
Mutteraway 時事問題を語るブログ – より
 
農家という「偽の弱者」
アゴラ 池田信夫
 
 電卓を弾いただけでは社会問題の答えや政治問題の答えは出ません。結論(結果)を急ぐ人たちにしてみればもどかしいでしょうが、ジックリ話し合うより他に方法はありません。ワタシにしても答えなんて分かりませんし、答えなんて相対的に変化するもの。

 だからといって一部の経済人や企業家が、その他大勢の意見を無視して一方的に結論を下すなんて論外、「民主主義」に反しますw。ワタシたちが立脚するのはあくまでも「民主主義」に基づく「合意」です。

 どうしても「資本主義」、「自由経済主義」を「国是」に掲げたいなら、どこかに「競争が好きな人」だけを集めて「新国家」を樹立するのは如何かと?そうすれば心置きなく…

競争三昧の日々

…が送れますw。
 
 
 
 
でわっ!