「トンキン湾事件」を思い出せ

トンキン湾事件 – Wikipedia

…トンキン湾事件(とんきんわんじけん、英: Gulf of Tonkin Incident)は、1964年8月、北ベトナムのトンキン湾で北ベトナム軍の哨戒艇がアメリカ海軍の駆逐艦に2発の魚雷を発射したとされる事件。これをきっかけにアメリカは本格的にベトナム戦争に介入、北爆を開始した。

アメリカ議会は上院で88対2、下院で416対0で大統領支持を決議をした。しかし、1971年6月ニューヨーク・タイムズのニール・シーハン記者が、報告書『ベトナムにおける政策決定の歴史、1945年-1968年』こと“ペンタゴン・ペーパーズ”を入手、トンキン湾事件はアメリカが仕組んだものだったことを暴露した。…

 
 もう少し詳しい「事件」の詳細。
 

現代史・ベトナム戦争編 第1次トンキン湾事件

…指摘さるべきことは、米海軍の北ベトナムにおけるこのような行動が、8月1日と2日に、タイおよびラオスの基地から飛びたち、ナム・カン哨戒所を爆破し、ベトナム、ラオス国境近くのゲ・アン州キ・ソン県ノン・デ村にロケット攻撃を加えた米機の活動と時を同じくしていたことだ。…

 
 アメリカとその追従国は「正義」を掲げてベトナム戦争に介入したワケですが、現在振り返ってみて…

ドッチが「正義」だったのか?

…は、周知の通り。

 先日の北朝鮮からの砲撃にしても、自国の鼻先で毎月のように軍事演習をやられて気分がいいワケがありません。日本なんて漁船が迷い込んだくらいで大騒ぎするのに、尖閣諸島の接続水域ギリギリで中国と北朝鮮が毎月のように合同軍事演習をしたらいい気がしないでしょ?韓国はそれと同じことをやっているワケですよ。アメリカと一緒にw。

 しかも今回の場合、演習を自粛しろと事前にFAXで通達しているワケす…

イイカゲンにしろ!

…と。

 それを無視して北朝鮮の沿岸付近に砲弾を撃ち込む韓国も韓国だわw。傍から見れば…

ケンカ売ってんのか?

…と思われるレベル。

 ま、北朝鮮の砲撃で民間人に死者が出たのは擁護できませんが、北朝鮮の自粛要請に少しでも韓国が応じていれば民間人を巻き込む事態にもならなかったでしょうし、また、それだけの危険性を予測できたハズ…というか?予測すべきだったというコト。

 予測できなかったというのであれば、危機管理能力の低さをさらけ出したコトになり、予測できたのであれば…

民間人を人柱にした

…というコトで、どちらにしても韓国軍の失態であるコトは免れませんw。
 

 
 グローバル金融資本が、例の?グラミン銀行を使って貧困層からもカネを巻き上げようとしているように、グローバル軍需産業も何はともあれ戦争を起こしたくてウズウズしてるんじゃないの?それで罪の無い人々が犠牲になるなんて…

まっぴらご免ですw!

 クドいようですが同じ民族同士でトコトン話し合って欲しいワケです。元々はひとつの国だったのが大国の利害に翻弄され、大日本帝国の占領時代を経て現在のような状況になってしまったワケですが、それでも過去の因縁を乗り越える新しい知性を持った若者が両国に必ずいるとワタシは信じますw。

 ワタシの個人的な主観としては、明治時代に日本が「脱亜入欧」に舵を切るまでは朝鮮半島も中国大陸も、日本人にとってはごく身近な存在であったと思うワケで、実際?ワタシの母は韓国の市場の威勢のイイ物売りのオバちゃんのような容貌ですし、父は父で色黒で、いかにも縄文人の末裔といったカンジ。そのブレンド具合のせいか?兄弟の顔つきもバラバラ。

 ま、それはアレとして、要は日本人はイロイロな民族のハイブリットであり、それ故、移民として世界中に散らばり彼の地に根を下ろせたんじゃないかと?

 で、大陸、半島の血も当然混じっているワケで、ある意味「血を分けた兄弟」がツマラナイ理由で殺しあうような事態は見るに忍びないという話。

 国際政治を云々する論客からしたら…

アホか?

…と思われでしょうが、それがワタシの偽らざる気持
 
 
 
 
でわっ!
 
 
追記:

 オーストラリアからホーチミンにやって来た宣教師に…

「君にはフランス人の血が入っている。」

…と言われたことがありますが、いくらなんでもさすがにそれは…
 
 

広告