革命すら、もう古い

 最近、「革命」の二文字をメディアでよく見かけるようになり、ネット上にも氾濫しているような気がします。ワタシも常々「個人革命」を口にしますが、「個人革命」と「社会革命」は、似ているようで少し違います。

 で、現在チュニジアで「革命」が進行中らしいのですが、「革命」=「体制転覆」の過程には、力と力のぶつかり合いがつきものだと思うワケです。

 したがって、旧来の勢力(権力)が革命勢力より強大な力を持っていた場合、力による「革命」の成就は難しいという話になり、60年安保、70年安保は、そうした力と力のぶつかり合いであったように思う次第です。

 また、一丸とならねばならない革命勢力からして、「内ゲバ」、権力闘争、粛清に明け暮れるようになり、ま、当時子供だったワタシから見ても…

なんだかなw?

…という感じでした。

 この歳になって思うのは、当時の若者はイデオロギー(主義)に凝り固まっていたのではないか?ということで、その「主義」とは何か?といえば、みなさんご存知のマルクス・レーニン主義=共産主義であり、で、共産主義とは何か?といえば、「階級闘争」=「資本家階級と労働者階級の闘争」の果てに、理想的な社会が築かれるというものです。よね?

 しかし、ワタシの僻(ひが)みかも知れませんが、インテリ(知識層)というのもひとつの「権威」のように思え、「優れた人間」が「愚かな大衆」を指導するというのも、どうも肌に合わない性分で、平たく言うと…

俺たちは賢いんだぞ!

…と、ふんぞり返っているように感じてしまうワケですw。
 

 
 大衆が無知(情報弱者)であった時代なら、情報を独占するインテリやエリートが社会の指導的な役割を果たせたるのでしょうが、現在のように情報がインターネットで共有される時代では、「情報支配層」の立場も変わらざるを得ないように思うワケです。それなのに、既存のメディアは頑なに従来の「権威」を守ろうとしているように見えます。

 「権威」や「権力」を闘争、革命の道具に使っているうちは、「権力の移動」が起きるだけで、根本的な社会変革にはならないんじゃないか?というのがワタシの見解で、その点「個人革命」は、「権威」や「権力」とは無縁ですw。

 一時の情熱に身を委ね、力任せに「革命」を成し遂げたところでその後は?

革命の後も日常は続く

…ワケでしょ?であれば、「権力」の移動を「革命」と持て囃すのではなく、社会とか、人間とか、自分とか、未来とかをよく考えて行動すればイイだけなんじゃないの?それが「個人革命」であり、日常から切り離された「革命」ではなく…

日常と連続した「革命」

…こそが、根底から社会(世界)を変えるというコト。そして「個人革命」に必要な情報には、誰もがアクセス可能な時代に生きているワケですw。

 ワタシの目に映る世界的な変革へのうねりは、「革命」などという旧時代の残滓ではなく、これから世界が「新しい時代」に「脱皮」する際の、サナギの蠕動のようなもので、新しい時代=大衆が大衆の暮らしを享受する時代=人間回帰を受け容れられない人たちは、「抜け殻」のように取り残される…と。

ちなみに…

全体の10%

…というのが、「蟻」の生態の研究から明らかになった、「集団」における「異分子」の許容限度だそうで、人間社会にしても、「旧来の価値観」が一定数は生き残ることが予測されます。

 しかし、これからの世界を変える主役は、一部の政治家や企業家や学者や官僚ではなく、「覚醒した大衆」であり、また、そうでなければ「新しい時代」の幕が上がりません。で…

「覚醒した大衆」の取るべき行動とは?

…となると、正直よく分かりませんし、これといって決める必要はないのかも知れません。自分に出来ることをやればイイのであって、政治を志す人はそれもイイでしょう。時代に則した政治家は必要です。

 また、「税金」という資金源を断つことも、ワタシたち大衆が出来る有効な世直しかも知れません。国庫が国民(公共の福祉)の為に有効に使われないということは、政治家、役人が憲法違反=犯罪を犯しているのと同じコトなワケで…

税金ドロボー!

…と非難されて当然ですw。
 
 
 
 
でわっ!
 
 

広告