エジプト…革命未だ成らず?

 今までの「流れ」をおさらいすると…。

民衆が蜂起。ムバラク大統領辞任要求デモ
 

 
ムバラク大統領辞任拒否。デモ崩しに私服警官投入?
 

 
ムスリム同胞団が「革命」勢力に協力
 

 
エジプト軍は武力鎮圧に消極的
 

 
スレイマン副大統領への権限委譲の妥協案
 

 
民衆の妥協案拒否によりデモ鎮静化失敗
 

 
米海軍スエズ運河に展開?
 

 
アメリカはエジプトの民主化を一貫して支持
 

 
ムバラク大統領カイロ脱出
 

 
スレイマン副大統領に代わり軍部が全権掌握
 

 
今ここ。

 
 で、最終的に「全権掌握」したのは「軍」なワケで、しかもアメリカがエジプト軍のパトロンはであることを鑑みればこの事は何を意味するのか?アメリカがエジプトの「革命」を煽った理由も窺い知れるというもので、表向き「反米」を装いながら…

蓋を開けたら

…という話。

 ま、ワタシの勝手な妄想はアレとしても状況的に見て誰が最後に利を得たか?というと「軍」≒「アメリカ」ですw(現状では)。

NY株、2年8カ月ぶり高値 エジプト情勢好感 米景気回復、期待高まる
日経 2011/2/12 7:29

 確か今月、新ドル札への切り替えが行われる予定のハズ?

 この先どう事態が推移するのか?ムバラク氏が権力の座に固執できたのも彼一人の力ではないワケで、一緒に「甘い汁」を吸っていた「お仲間」の後押しがあったから辞任も引き伸ばせたのでしょうが、「新らしい御輿」が見つかればサッサとムバラク氏を切り捨てるんじゃないの?イラクのフセイン大統領のようにw。

 結局、ムバラク氏一人に責任を被せて既存の利権システムは温存されることになり、そして利権システムのお友だちがアメリカ=エジプト軍だとしたら今回の民衆による「革命」は完全に「失敗」…というか「茶番」であり、民衆の意識が「未熟」であったという話。

 ま、近々エジプトでは総選挙が行われるでしょうが、民衆の声を政治に反映させることこそが「真の革命」、「真の民主主義」の次の段階と言えワケです。

 クドイようですが「未来」を明確に描くためにも「学習」と「自分の頭で考える」とういう姿勢は必須で、その為のインターネットの活用を繰り返し述べているワケですが、ツイッターやフェイスブックは基本は情報交換のツールであって情報=学習ではなく、情報を疑うところから学習は始まるというのがワタシの持論です。

 いずれにせよムバラク氏の追放は…

「真の革命」に向けてのチャンスを掴んだ

…という点で価値のあるコトには違いないんでしょうなw。
 
 
 
 
でわっ!
 
 

広告