HHOブラウンガスの簡単な作り方 2


1.広口の容器を用意する。(EX. ネスカフェ・コーヒーの瓶)

 


2.蓋への穴あけ加工。

 


3.市販のステンレス製フライ返し。(二枚)

 


4.日曜大工店で売ってるナイロン製の継ぎ手。

 


5.同じく、日曜大工店で売ってるナイロン製のボルト。

 


6.同じく、ナイロン製のナット。

 


7.ステンレス製のボルトとナット。

 


8.二枚のフライ返しの間に、ナイロン製のナットを挟む。(絶縁用)

 


9.フライ返し(電極)を、蓋にステンレス製ボルト&ナット(端子)で取り付ける。HHOガス排出用のナイロン製継ぎ手も取り付ける。

 


10.容器に水を入れ、端子にカーバッテリー(12V)を繋ぐとHHOガスが発生…するはず。

 
 で、HHOガスは可燃性なのでお気をつけ下さい。ガス生成に成功して自転車チューブなどに充填することができれば、それなりに使い道はあるかと思います。ガスの発生効率を高めるには、電極(フライ返し)の表面の脂汚れなどをシンナーで取り去っておくこと、それと、表面を目の粗い紙やすりで傷つけ、泡が発生し易くするとイイみたいです。他には、溶液(水)に少量の塩を混ぜるのもイイみたいです。
 
(2013.7月追記:塩ではなく、ベーキングパウダーを入れるという情報も…)
 

 

 
 この装置では大量のHHOガスの発生は見込めませんので、あくまでも「何も無いよりはマシ」程度にお考え下さい。
 
 
ヤラレてたまるかっ!
 
 
でわっ!
 
 

広告