HHOブラウンガスの簡単な作り方

 被災地の皆さま、いかがお過ごしでしょうか?春未だ浅く、北国では冷え込みも厳しいかと思いますが、健康にはくれぐれもお気をつけ下さい。この度の地震は過去最大級とのことで、被害も最大級になり、避難所生活が長引くことが予想されます。

 で、真っ先に考えなければならないのが子供のことで…

学業をどうしようか?

…という話。加えて子供連れの避難所生活はイロイロと負担が多く、正直、被災した地域の復興やら何やらで子供にまで手が回らないこともあるのでは?

 政府は被災した子供たちの為に寮を併設した学習環境を提供することを検討すべきでは?三宅島の噴火の際に島を離れた子供たちを受け入れたノウハウをぜひ生かして欲しいものです。

 あと電気、ガスなどの生活インフラは、とりあえず避難所に共同の炊事場などを設けるなどして長丁場に備え、火気はそこで一元管理するのが無難かと?

 各自がてんでに焚き火などをすると火災発生の原因にもなりかねません。焚き火をするにしても管理者を置き暖を取るなり調理をするなりした方がイイのでは?

 避難生活に不便はつきものですが、少しでも快適に過ごすために被災者による自治組織を立ち上げてみてはどうでしょうか?1,000人の集団をまとめるのは大変ですが、50人位の集団の寄り合いであれば行政側からの連絡や救援にも速やかに対応できるでしょうし、避難所生活がしばらくは続くことを覚悟し…

自分で出来ることは自分でやる。
 
…と前向きに頭を切り替えた方がストレスも溜まらないのではないかと?

 海外からの援助、救援活動だっていつまでも続くワケではなく、最終的には自力で生活を建て直すことが前提になります。震災直後から寄せられている海外からの援助にありがたいと感謝する気持ちがあれば、多少のことは我慢するのが大人というものなのにマスコミときたら…
 

東日本大震災:計画停電…市民生活を直撃
毎日新聞 2011年3月14日 1時10分(最終更新 3月14日 2時43分)

 東京電力は13日、関東地方を中心とする管内で14日から計画停電を始めると発表したが、事前の周知期間がほとんどなかったため、電力を使う幅広いサービスに大きな影響が生じるのは避けられない状況で、市民生活が大きく混乱する可能性がある。

(後 略)

 

コンビニ・ファミレス、計画停電で一部営業休止も
日本経済新聞WEB 2011/3/14 0:29

(前 略)

 食品スーパーでも欠品が目立つ。首都圏に店舗展開するいなげやでは、店内で作る弁当や総菜も並べるとすぐなくなる状況。マルエツでは生鮮品や牛乳なども品薄に。食品卸の菱食は関東に約70ある物流倉庫のうち59倉庫を稼働できる状態だが、食品の備蓄需要の高まりに加え、「メーカーの配送も滞っており、円滑に商品供給を続けられるかわからない」という。

 

こんな時間に言われても…計画停電で東電へ怒り
YOMIURI ONLINE 2011年3月11日

(前 略)

 大田区役所に対し、東電側から「あした実施する」という連絡があったのは、ちょうど同じ頃。このため同区は、停電への注意を呼びかける折り込みチラシを急きょ手配する作業などに追われ、同区担当者は「こんな大事なことをこんな時間に言われても……」と憤っていた。

(後 略)

 
 海外からですよ?多くの人が被災地救援の為に来日しているワケですよ。それを思えば…

ああ、ありがたい

…という感謝の気持ちを持つのが普通で、日常に縛られているワタシたちの代わりに被災地で救援活動をしてくれているワケですよ。ひょっとしたら?被爆の可能性のある地域内での活動だってあるかも知れないワケで、そうしたことを思えば…

停電?食い物が足りない?経済的打撃?

 いまその話必要?先ずは海外からの援助隊に協力するのが先でしょ?彼らをリスペクトするのがスジでしょ?それが…

日本人の心意気

…ってもんじゃないの?なのに社会不安を煽るような記事ばかり書きたてて恥ずかしくないワケ?マスコミは勝手な私情(コメント)を挟んでニュースを報道するのは止めて、淡々と事実を報道してくれればイイですw。余計なコメントは要りませんw。

 で、ここまでで既にだいぶ長くなったので、本題の「HHOブラウンガスの簡単な作り方」は後日改めて。
 

 
ヤラレてたまるかっ!
 
でわっ!
 
 

広告