商売道具

 このたびの「東日本大地震」にて被災された方々にお見舞いを申し上げるとともに、災害にてお亡くなりになられた方々のご冥福を、心からお祈り申し上げます。


 どうも「反原発」と「イデオロギー」を絡めるのがお好きなようですなw、いわゆる「知識人(恥識人)」と呼ばれる人たちは。もうね?根本から履き違えているワケですよ。「善意」で反原発?「正義」で反原発?

アwホwかw?

…と。「反原発」の本質は…

生存の危機

…という切実な問題にあるワケで、目の前に包丁を持った頭のイカレた奴がいるのに、「善意」だの「正義」だのと言ってる場合じゃないでしょ?え?自分の「命を守る」ためには現実的な行動をとるしかないワケで、「善意」だの「正義」だのという言葉を弄するのは、「言葉」を商売道具にしている人たちであり、一般庶民からすれば日々の生活という「現実」と格闘しなければならないワケですw。

 で、「現実との格闘」=「生活の維持」の基盤として「障害」となる要素を排除する必要があり、そのひとつが…

原子力発電

…だという話。

 原発事故により生活圏が崩壊し生きることすら儘ならない状況になる前に、先ずは生活圏の維持を考えるのは当然であり、「善意」だとか「正義」だとかは…

腹がいっぱいになってから考えればイイ

…というコトで、起きてしまった事故を無かったことにはできませんが、これから起こりうる事故は未然に防げるワケです。はい。
 

 
 「イデオロギー」云々といった話ではなく、生活に直結した「現実問題」であることが「反原発」のモチベーションなのに、こんな簡単な事すら「知識人(恥識人)」には理解できないワケ?ワタシたちが求めるのは「安心して暮らせる生活環境」であって、「善意」とか?「正義」とか?と「命の尊厳」とを同列に扱うことなんてできないでしょ?

 福島県の子どもたちの被爆問題にしても、「同じ人間」としての…そして子どもを持つ親としての「同情」=「共感」から生じるものであり、翻って嘘の安全神話を垂れ流してきた電力会社や政府に対しての「怒り」が、6万人もの人を反原発集会に集めたという話。

 しかるにそうした一般庶民の切実な情動を、「善意」だの「正義」だのと現実から切り離して矮小化しようとするのが「知識人(恥識人)」と呼ばれる連中であり…

口の上手い奴に騙されるな!

…ということを言いたいワケですw。

 で、とあるブログに示唆に富んだ記事があったので転載します。
 

拙稿:欧米から見た日本 その1でアーネスト・サトウはこう言っている。

『日本の下層階級は支配されることを大いに好み、権能をもって臨む者には相手がだれであろうと容易に服従する。ことにその背後に武力がありそうに思われる場合は、それが著しいのである。伊藤博文には、英語が話せるという大きな利点があった。これは、当時の日本人、ことに政治運動に関係している人間の場合にはきわめてまれにしか見られなかった教養であった。もしも両刀階級の者をこの日本から追い払うことができたら、この国の人民には服従の習慣があるのであるから、外国人でも日本の統治はさして困難ではなかったろう。』と。見透かされていたのである。

 
 「知識人(恥識人)」という「職業」は存在せず、「アカデミズム」だか何だか知りませんが、「権威」を盲信するなんて愚の骨頂。本当に頭のイイ人間、優秀な人間なら誰にでも解りやすく本質を語れるでしょうし、逆に?「難解な専門用語」で本質を煙に巻くかの如き連中は…

ほとんど詐欺師

…と思って間違いないでしょうなw。
 
 
 
 
でわっ!
 
 

広告