命の火花

 このたびの「東日本大地震」にて被災された方々にお見舞いを申し上げるとともに、災害にてお亡くなりになられた方々のご冥福を、心からお祈り申し上げます。


 きのう「NHKワールド」が新型iPhoneのニュースを何度も流していたのは、S.ジョブス(以下敬称略)の訃報を受けての「香典」代わりだったのか?にしても…

特定の企業に肩入れするのってどwなのよ?

…と思うんですケドねw。
 
UPDATE 5: 米アップルのジョブズ前CEOが死去、類まれな才能で業界を革新
ロイター 2011年10月6日
 
 この記事に書かれたS.ジョブス語録が、これからの「日本」の在り方を模索する上で指針になるのではないかと?
 

「自分が近く死ぬだろうという意識が、人生における大きな選択を促す最も重要な要因となっている。外部のあらゆる見方、あらゆるプライド、あらゆる恐怖や困惑もしくは失敗など、ほとんどすべてのことが死の前では消え失せ、真に大切なものだけが残ることになる。やがて死ぬと考えることが、自分が何かを失うという考えにとらわれるのを避ける最善の方法だ。自分の心に従わない理由はない。」

 
 これって孔子の『論語』の一節…
 
七十而従心所欲、不踰矩
 
…に他ならないワケで、ま、微妙wな違いはあっても大筋において…

S.ジョブスは孔子と同じ境地に達した

…のではないかと?
 

 
 で、S.ジョブスが孔子のいう「齢70歳」に至らずして先の境地に至ったというのも…

死を意識した

…からではないか?という話。そのうえで死を恐怖するだけではなく、死に向かう生を謳歌するポジティブな姿勢が、次の言葉に表れています。
 

「自分の命が限られていることが、ビジョンを生む原動力になっている。」

 
 ナンか?『葉隠』の有名な一節…
 
武士道とは死ぬことと見つけたり。
 
…にも通じるワケで、してみるとS.ジョブスは「サムライ魂」をも兼ね備えていたワケですかねw、スゴイですねw、で…

ワタシたちはどうなの?

…と。

日本人はどうなのよ?

…と。

 フクイチの事故以降、日常的に被曝に脅かされつつ暮らしているワケですが、その脅威を実感しているのか?そして自分の命(人生)と真摯に向き合っているのか?

 もしワタシたち一人ひとりが、S.ジョブスのように「自分の命は限られている。」と実感できたとしても、それをビジョン…新しい社会=脱原発社会への原動力と出来るのか?その為の「サムライ魂」はまだ残っているのか?
 

 
 それにしても56歳は死ぬには早く、ワタシもボチボチ?ですw。
 
 
 
 
でわっ!
 
 

広告