東京電力を必要としない生き方

 このたびの「東日本大地震」にて被災された方々にお見舞いを申し上げるとともに、災害にてお亡くなりになられた方々のご冥福を、心からお祈り申し上げます。
 
 
 今回は脱原発=脱電力会社に向けた具体的な案をご紹介しようかと思う次第。東京電力及び電力各社が原発を運転停止しない理由として「電力不足」を掲げるのなら、各電力会社から電気を買わなければイイんでしょ?すなわち「自家発電」に切り替えましょうという話。

 極論のようですが世界のナベ…もとい、世界の「HONDA」のコージェネレーション・システムを参照すると、自家発電は「夢」ではなく、明日にも実現可能なワケです(資金さえあれば)w。
 

 
 「火力発電」と比較してもエネルギーのロスは格段に少なく、大きなリスクを伴う「原子力発電」とは比べるまでもありません。以前にも書いたように原発は…

原子力湯沸かし器

…に他ならないワケで、たかだかお湯を沸かすのに原子力が必要なのか?という話。
 

 
 エネルギーの変換効率からしても、発電から受電までの経路が「0(ゼロ)」=地産地消の方が効率がイイ(エネルギーロスが少ない)のは当然w。
 


発電所からの送電の場合

 


ガス供給などによる自家発電の場合

 
 で、お値段は?というと、HONDAは直に販売せずガス事業者の取り扱いになるらしく、参考価格として大阪ガスでは、「現金標準価格:795,690円(税込)※別途、設置工事費が必要となります。」とのコト。

 トータルで100万円くらいになるのでしょうが、これを高いと見るか?安いと見るか?は人それぞれにせよ、「フクイチ」の事故後の無計画停電で命を落とした人もいたワケだし、自宅で電子医療機器を使用している患者さんとそのご家族にとっては、ありがたいシステムには違いありません。
 

シンポジウム・震災と停電をどう生き延びたか

(前略)

◆ 2011/09/21 「停電弱者」[今日のノート]
 『読売新聞』大阪版2011-09-21朝刊 気流面 記事・画像(pdf)

 ライフラインという言葉は阪神大震災以来、よく使われるようになった。電気や水道、ガス、電話など生活に欠かせないサービスの供給網のことだ。

 なかでも電気が文字通り、生命線になっている人たちがいる。人工呼吸器や酸素吸入器を使って在宅で暮らしている重い病気の人たちだ。

「停電は即、命にかかわります」

 全身の筋肉が動かなくなるALS(筋萎縮性側索硬化症)の増田英明さん(68)(京都市左京区)は、そう強調する。

 東日本大震災に伴う停電では、手動で空気を送る蘇生バッグを家族が押し続ける、車の電源につなぐといった方法でしのいだ人たちもいたが、山形県では4月の余震後の停電で63歳の女性が死亡した。病院へ緊急搬送された人も多かった。

 人工呼吸器の内蔵バッテリーがもつのは1時間程度。予備バッテリーは数万円、燃料を使う発電機は10万~20万円もする。みんなが自前で用意しておくのは難しい。

 厚生労働省は、発電機などを医療施設や保健所に備えて患者に貸し出す事業を始めたが、東京電力と東北電力のエリア以外は自治体と施設の費用負担が必要で、進んでいない。東京都は独自に、予備バッテリーや蘇生バッグを全額公費で無償貸与する事業を開始した。

 「停電弱者」への支援は、急いで進めないといけない。行政だけでなく電力会社や機器メーカーも協力してほしい。(編集委員 原昌平)」(全文)

(後略)

 
 高いの安いの言ってる場合じゃない人たちも必ず居るというコトで、停電=「死の恐怖」であるなら、奴隷の身分と何ら変わりません。生殺与奪権を電力会社に握られているに等しいワケですからw。

 であれば?100万円で奴隷身分から解放されるのは高いのか?安いのか?…という話。それが個人革命の第一歩

 ところでこのユニット、かなり小型でオドロキですw。突起部分は含みませんが、高さ75cm × 横幅58cm × 奥行(厚さ)30cmと…
 
ちょっとした旅行用スーツケースくらいのサイズ。
 


 
 

 
 したがって何処へでも持ち運び可能で、引越ししても新しい住居でそのまま使えますw。もうw、ベトナムでも使いたいっ!

 ベトナムでは、サイゴンのような都市部でもワリと計画停電があったりして、その度に飲食店などでは発電機を回すワケですがこれが結構五月蝿くて…orz。

 その点このユニットは静音性も考慮されているようなので、ヘム(路地)の奥の家で使ってもダイジョウブかもw。
 

 
 「貯湯ユニット」の方は早い話が「タンク」ですから、世界中どこでも簡単に手に入るでしょうし、何なら自分で自作することも可能かと?

 つ・ま・り、これは世界に向けて販売できるシステムなワケで、すばらしいですw。なんなら…
 
ブータン王国に寄付
 
…とかしてみたら?「HONDAは自然環境との調和に寄与します」とか言って。

 ま、それはさて置き「100万円」という値段に納得できるなら後はもう…

ヤルか?否か?

…という、決心次第。

 スペックにはLPガスも使用可と謳われていても、連続運転時間が不明なので当面は都市ガスが整備されている地域が対象なのでしょうが、震災などの自然災害に見舞われた場合、ガス管が破損するケースも考えられますw。
 

型番: MCHP1.0K2

使用燃料: 都市ガス(天然ガス)/LPガス

エンジン型式: 4ストローク水冷単気筒OHV

排気量: 吸気行程容積110/排気行程容積163

発電機形式: 多極式正弦波インバーター発電

発電出力: 1.0(AC100/200V)

熱出力kW: 2.5

重量(整備) kg: 71

サイズ mm: 全高750×全幅580×奥行298(突起部を除く)

 
 となると?災害に強い自家発電には、やはりLPガスボンベなどの使用が有利であり、是非!その辺りを基本設計として盛り込んで欲しいものです。そして行く行くは「HHOガス」などの…

再生可能ガス(エネルギー)

…にも対応可能になり、消費する一方だったエネルギーにみんなが関心を持つようになればイイなw…と。
 

 
 
 
 

人間ナメんなよ!

でわっ!

 
 

広告