中東史概略

 
 現代にまで影響を及ぼす中東の歴史を、歴史上のどの時点から捉えるか?となると、やはり「ユダヤ教」、「キリスト教」、「イスラム教」の三大宗教が揃った時点あたりからが妥当なように思えるので、それ以前の「ゾロアスター教」、「ミトラ教」、「マニ教」などの影響は割愛して話を進めます。
 
 
 

 
 三大宗教が中東発祥であることに、何か?因縁を感じずにはいられませんw。で、「キリスト教」にしてもアングロサクソンの宗教のように思われがちですが、中東の新興宗教がローマ帝国に受け容れられ、帝国の版図の広がりにつれて地中海沿岸部から北欧にまで広まった次第です。
 
 
 

西暦117年当時のローマ帝国の最大版図

 
 
 キリスト教会の主導権?がエルサレム派からローマ派(パウロ側)に移った後にイスラム教が勃興し、ローマ帝国とサラセン帝国(ウマイヤ朝:661年 – 750年)の両雄が並び立つ時代になります。
 
 
 

キリスト教:諸教派の系統図

 
 
 ウマイヤ朝の最盛時には西ーマ帝国は既に消滅し、AD700年から750年頃の間はこんな感じですか?日本だと奈良時代にあたり、遣唐使から大陸の文化が伝えられ、白村江の戦いに敗れ混乱している政治の建て直しをしている最中です。
 
 
 

ウマイヤ朝と東ローマ帝国(750年頃)

 
 
 ウマイヤ朝は、首都を現在のシリアの首都でもあるダマスカスに置きその勢力を大いに拡大しますが、イスラム教の後継者(カリフ)の地位を巡って内紛が絶えず瓦解してしまいます(750年)。
 
 その際にスンナ派とシーア派に別れ、その確執が現在まで続いているワケです。
 
 
 

アッバース朝(750年 – 1258年)

 
 
 ウマイヤ朝の殆どの領地は、反乱を起こしたアッバース家(シーア派)が引き継ぎ「アッバース朝」となり、王家(スンナ派)はイベリア半島に逃れて「後ウマイヤ朝」を興します。
 
 
 

後ウマイヤ朝(756年 – 1031年)

 
 
 アッバース朝は1258年にモンゴル帝国に滅ぼされ、後ウマイヤ朝はまたしてもカリフ後継問題にて1031年に瓦解します。
 
 アッバース朝最後のカリフはエジプトのカイロを首都にするマムルーク朝に庇護されますが、1260年にモンゴル帝国を退けたマムルーク朝も、1517年にオスマン帝国に大敗して滅亡しカリフも廃位されます。
 
 
 

マムルーク朝(1250年 – 1517年)

 
 
 オスマン帝国が登場し時代は「近代」へと突入するワケですが、今回はこの辺で。
 
 
 

オスマン帝国(1281年 – 1922年)

 
 
 ただひとつ言えることは、どうも「イスラム教」だけではアラブの諸部族をまとめ上げるのは難しいんじゃないの?と。
 
 つまり、「アラブ人の誇り」とやらと「イスラム教」とは…どうも…
 
 
別問題?
 
 
…のように思えるワケです。
 
 ザックリと歴史を俯瞰してみるに、そもそも?アラブの民ってほとんどが「遊牧民」なワケですよね?で、モンゴル帝国もオスマン帝国も「遊牧民」の国であったワケで、遊牧民族どうしの勢力争いの最終勝者がオスマン帝国だという話。
 
 そうした勢力の拡大と、支配の正統性を維持する「道具」として「イスラム教」が利用されたのではないか?と、思えてならないワケです。
 
 インドネシアはイスラム教を「国教」としていますが、そこに「アラブ人の誇り」なんて無いワケで、「人種」と「宗教」は別問題。
 
 であるならば、中東においても同じ事が言えるワケで、アラブの諸部族は独自のアイデンティティーを持っているんじゃないの?という話になり、「イスラム教」という括りでスンナリまとまるとはワタシには思えないというコトです。はい。
 
 
 
 

人間ナメんなよ!

でわっ!

 
 

広告