【速報】 アイスランドで革命進行中?

 2008年にデフォルトしたアイスランドがいま凄いことになってるらしいのですが、その前にまずはこちらを…
 
403:「破綻でハイパーインフレ」のウソ:アイスランド編
廣宮孝信の反「国家破産」論 ブログ – より

 で、アイスランドで現在何が起こっているのか?「ハートの贈りもの」さんによると…
 
主流メディアは報道しないが、既にアイスランドで無血革命が進行している!
ハートの贈りもの – より
 

1. 内閣総辞職
2. 中央銀行国有化
3. 経済に関する決定を、国民投票で
4. 責任者たちを投獄
5. 国民による憲法改正

 
…だそうで、これらの出来事を時系列で整理すると…
 

2008年

 中央銀行を国有化。貨幣クローナが無価値になり、株式市場は停止。国家は破産した。
 
 

2009年

 国会前で、国民が抗議行動。内閣総辞職で、総選挙。ひどい経済状況。この時、提案されていたのは、国家の負債として、35億ユーロをイギリスとオランダに、月賦で15年間、5.5%の金利で支払うことであった。

 

2010年

 国民が抗議デモで、国民投票を要求。2010年1月、大統領は、提案を拒否し、国民集会を宣言した。

 3月、国民投票により、支払い拒否が93%で可決。この間、政府は、この危機を招いた責任者たちに対する捜査を行い、多くの企業役員や銀行家が逮捕された。

 インターポールが、犯罪に関与したグループに、国外退去を命じた。この危機を通じて、憲法改正を行うための国民議会が選出された。522人の立候補者から、無所属の25人の市民が選ばれた。候補者の資格は、成人で、30人のサポートを得ていること。

 25人の市民は、新憲法の草稿を、国会に提出した。この普通の住民からなる25人は、オンラインで、何百人もの他の住民の助けを借りて、その書類をまとめた。
 
 

2011年

 2月から、憲法集会がスタートした。全国の多様な集会が推薦するマグナカルタを提示。これは、現在の国会と次の正式選挙を通じて承認されなければならない。
 
 

2012年

 6月30日に提案されていた国民投票は、国会により延期され、次の日程はまだ決まっていない
 
 
…というコトで、国家を根幹から国民の手で造り変える

壮大な社会変革(革命)

…が粛々と進行中のようで…

スゴイですねw!

 やっぱり…

「民主主義」 はこうでなくちゃ!

 それに引き換え日本は「原発」ひとつとっても「国民」の反対を「政府」が無視して再稼動しようとしているのは、およそ「民主主義」の国とは思えない状況ですw。
 

 
 アイスランドの国家破綻の原因を作った「金融マフィア」を警察やインターポールがビシバシ取り締まり中のようで、「国家破綻」したことで金融システムの「膿」を搾り出すことができたワケですから、日本もこの際…

国家破綻、逝ッとくw?

 消費税を上げる必要はないしTPPなんてもっての外!「金融マフィア」の資金源を断つ!というのを最優先にするのも悪くないかもw。 

 で、アイスランドの動き(革命?)が負債を抱え苦しむ国々に飛び火したら「金融マフィア」は一斉崩壊ですなw。
 
IMFに40兆円全額寄付しないと地震兵器で木っ端微塵。
超高層マンション スカイヲーカー 2012年04月16日15:53
 

日本国憲法

前文

日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し…(中略)…ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。

そもそも国政は…(中略)…その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法はかかる原理に基くものである。

われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する

(後略)

1946年11月3日公布

 
 
 
 

人間ナメんなよ!

でわっ!

 
 

広告