エジプト革命の正体

 
エジプトとシリアはリンクしている!
 
…というのがワタシの見解なワケですが、いよいよ?エジプトのムルシー新大統領が、その「本性」を現したカンジですw。
 

エジプト大統領、アサド政権を強く批判 シリア反政府勢力支援を呼び掛け
CNN 2012.08.31 Fri posted at 11:29 JST
 
(CNN) エジプトのムルシ大統領は30日、イランで開催されている非同盟諸国の首脳会議で演説し、シリアのアサド政権を強く非難し、反政府勢力への支援を呼び掛けた。
 
ムルシ大統領は、アサド政権を「正当性を失った抑圧的な政府」と非難し、反政府勢力の支援は道徳上の義務であり、私たちの信じる新しい独立国シリアへの政治的、戦略的なステップだ」と語った。
 
同会議に出席していたシリア代表団は、ムルシ大統領の演説の間、一時退席した。シリアのムアレム外相は国営テレビで、大統領の発言はシリアの内政干渉にあたると批判した。
 
ムルシ大統領は、2週間前に開かれたイスラム協力機構(OIC)の首脳会議で、シリア情勢の打開にむけてエジプトイランサウジアラビアトルコが協力すべきだと語っていた。エジプトのメディアによると、大統領は「シリア現政権は去るべきだ」とも主張していた。
 
エジプトはアラブ諸国の中で最大の人口を擁し、影響力が大きい。ムルシ大統領の発言は、アラブ圏におけるアサド政権の孤立化を浮き彫りにした形といえそうだ。アサド政権は、サウジアラビアやカタールなどスンニ派が主流の国々から非難されていた。

 
 クドいようですが、「汎アラブ主義」「イスラム原理主義」とは相容れない関係なワケで、したがって「同胞団」にとってはエジプトも、シリアも、イラクも、「汎アラブ主義」を掲げる国は敵でしかないワケです。
 
 で、誰が「汎アラブ主義」に火を点けたかというと、「アラビアのロレンス」で知られるイギリスの諜報部員の活躍によるものですw。
 

 
 打算はあったにしろ?「オスマントルコ」からの独立と「アラブの自治」という大義がアラブの独立を促したのでしょうが、アラブが苦労して勝ち取った独立にミソをつけることになるのが…
 
イスラエル建国
 
…なワケです。結果的には?イスラエル建国のためにオスマントルコとの独立戦争を闘い、土地を確保してあげたようなもの。
 
 オスマントルコを弱体化するためにアラブの独立を煽り、その挙句アラブが苦労して勝ち取った土地に、勝手にイスラエル建国を承認したイギリスには憤懣やるかたないワケですよ。特に?お隣りのエジプトとしては。
 

 
 「アラビアのロレンス」もイギリス政府の「二枚舌外交」に愛想を尽かし?第一線から身を引くわけですが、その後事故死を遂げますw。
 
 ま、イギリス政府にとっては好都合でしょ?「知りすぎた男」がいなくなって。
 
 「汎アラブ主義」が芽生えた時から、いずれイスラム原理主義とは対立する運命にあったワケですが、それでもオスマントルコの支配下から、イギリスの力を借りつつも…
 
アラブの独立と自由
 
…を勝ち取ったワケで、それが「アラブの誇り」の所以なんでしょう。
 
 翻ってイギリスとしては、行き過ぎた「アラブの誇り」は、アラブ地域におけるイギリスの利権を損い兼ねないので、その調整弁として「ムスリム同胞団」をエジプトのカイロで立ちあげた…と。
 
 つまり「ムスリム同胞団」は、アラブ地域での利権維持を目的としたイギリスの紐つき組織であり、当の「同胞団」にしても、イスラム原理主義と相容れない汎アラブ主義を打倒する目的から、イギリスとは利害が一致しているワケです(彼らがホントにイスラム原理主義者であれば)。
 
 それと、もうひとつ忘れてならないのが…
 
シオニスト
 
…の存在です。
 
 まずハッキリさせておきたいのは、シオニスト=ユダヤ人(ユダヤ教徒)ではないという事実です。キリスト教徒にもシオニストは存在し、「シオニズム」の歴史からすれば「キリスト教原理主義シオニズム」のほうが歴史が長いくらいです。
 

「キリスト教シオニスト」の実態
 

第1章 : はじめに
シオニズム運動とは、パレスチナの「シオンの丘(ZION)」(=聖地エルサレム)にユダヤ人の国家を公的に建設する事を目標とするものである。
一般に、ユダヤ人テオドール・ヘルツルが、シオニズム運動の父として知られているが、広義の意味での“シオニズム運動”の本当の「創始者」ではない。本当の創始者は、ユダヤ教徒ではなく、それより300年前のイギリスに住んでいたプロテスタント・キリスト教徒だったのである。
これは非常に重要なポイントである。
キリスト教にもシオニズム運動は存在し、ユダヤに劣るとも勝らない強烈なシオニズム信奉者が存在する。
そして、驚くべきことに、現在アメリカのキリスト教シオニストユダヤのシオニスト「同盟」を結んでいる。この同盟関係を知ると、パレスチナ問題の根がより深いところに根ざしていることに気付く。
宗教改革以前は、全ての西欧キリスト教徒はカトリックで、聖アウグスティヌスその他が説いた「聖書の中には文字通りではなく寓意的に解釈すべき箇所がある」という見解を普通は受けいれていた。例えば、「シオンの丘(ZION)」は天国、あの世にあって、我々全ての人間に等しく開かれており、この地上にあってユダヤ人だけが住むべき場所ではないという考え方だ。
しかし、宗教改革以後、プロテスタント・キリスト教徒たちが唐突に「ユダヤ人は全てパレスチナへ移住せよ!」などという、およそ正統派キリスト教神学では主流になどなったことのない考え方を支持し始めたのである。
いったいどうしてなのか?
ここで少し長くなるが、プロテスタント・キリスト教徒たちがこのような主張──「ユダヤ人は全てパレスチナへ移住せよ!」と言い始めるようになったきっかけを、時間の流れに沿って解き明かしていきたい。

(後略)

 
 ヨーロッパにおけるシオニズムには…
 
ユダヤ人はパレスチナに帰れ!
 
…という排斥運動が発端にあり、その逆に?ユダヤ人のソレは迫害を逃れ…
 
シオンの地に帰ろう!
 
…という「スローガン」なワケですが、結果は同じ。
 
 で、コワイのが?キリスト教原理主義のシオニズムには、「聖書の予言」の成就…つまり…
 
第三次世界大戦
 
…への期待があり、メシア(救世主)の再臨にはアルマゲドン(最終戦争)が必要なのだ…という信念が潜んでいることです。
 
 ごく初期の穏健派シオニズムは、移住先としてパレスチナの地に拘らず…
 
「民なき土地に、土地なき民を」
 
…という「スローガン」の下に、南米のアルゼンチンも移住先の候補に挙がっていましたが、いつの間にか「原理派」に執って代わられ、エルサレムに戻ろうという運動に変質します。
 
 「キリスト教原理主義」のシオニストからすれば、「聖書の預言」=「アルマゲドン」=「最終戦争」が成就される条件として、ユダヤ人がエルサレムにいる必要があるので大賛成なワケですが、それって「メシア」を地上に再臨させるための「生贄」とも言えるんじゃないの?
 
 そこに「戦争屋(武器商人)」が乗っかると?「シオニズム」だろうが「イスラム原理主義」だろうが…
 
カネになる!
 
…と喜ぶでしょうなw。
 
 さらにそうした「戦争屋」に資金を提供する「金融屋」にしても「同じ穴のムジナ」なワケで、戦争を始めたがっている連中は案外多いということです。
 
 そうした頭のオカシイ連中は当然?日本にもいるワケで、頭のオカシイ連中にこれ以上好き勝手させないためにも、世界中の人が正しい見識を持ち、犯罪的戦争行為に対しては…
 
断固反対!
 
…の声を上げなければならないと思う次第です。はい。
 
 
 
 

人間ナメんなよ!

でわっ!

 
 

広告