意味が意味を生む

 「蘇我氏はローマ人だった?」…を書いた際、ついでに「妙見信仰」についても触れたワケですが、北辰一刀流で有名な千葉周作が熱心な信者であったことは広く知られていますし、千葉家代々によって整備された千葉神社は全国の妙見信仰の本宮でもありますw。
 
妙見本宮 千葉神社HP
 
 で、何故?千葉が妙見信仰の中心地となったのか?同じ千葉市に鎮座する蘇我比咩神社(そがひめじんじゃ)の縁起によると…
 

蘇我比咩神社HP

由緒

 当社は、今から千五百年前から建てられていたといわれている。

 古記によると、第12代景行天皇の皇子であらせられた日本武尊命が、東国地方を統一すべく勅命を受け、弟橘姫を始め多数の家来を引きつれ軍船に乗りて、千葉沖に差しかかったとき、風雨が強くなり船は進まず沈没の危険にあった。

 このとき弟橘姫は「竜神の怒りに触れた」とこれを静め和らげんと同道して来た五人の姫達と共に身を海中に投じた。そして日本武尊命は、無事航海をつづけた。身を投じた五人の姫の中に蘇我大臣の娘たる比咩がおり、この方がこの下の海岸に打ち上げられた。里人等の手厚い看護で蘇生することが出来た。そして無事に都に帰ることが出来た。又里人達は、日本武尊命が日嗣の皇子でありながら東征の途中にて崩ぜられ皇位を継承するに及ばなかった事を聞き及んでその霊をなぐさめんと社を建て神として祭った。

 この里人等の行為にに深く感激した第15代応仁天皇は、特別の命により蘇我一族をこの周辺の国造として派遣し政治をおこなわせた。蘇我一族は、代々「春日神社」「比咩神社」を守護神としており、両神社の御分霊をいただき「蘇我比咩神社」を建立した「延喜式巻九神祇神名帳千葉郡記載」。その徳は山より高く海とり深く「春日様」「下總の国香取神明様」と下總の国の守護神として人々に敬神された。

 江戸時代には、徳川家康も敬神され十石を献上した。この所は江戸又上総、香取への街道の要所にもあたり参勤する大名また人々の集まる宿場町であったため参詣する賑わいをみせた。

 明治5年、社格郷社となり皇室、国家の守護となり皇族の尊宗をうけ参拝もあり、御手植の松もあったが、明治の大火事で神社も社宝、古文書、御手植の松すべて焼災してしまった。だが今もって海難防止、民政安定、家運繁栄、五穀豊穣、諸病消除、延命息災など神威をこよなくあらたかな神として近隣の人々に敬拝されている。

全国神社祭祀祭礼総合調査 神社本庁 平成7年

 
…だそうで、応神天皇の時代に蘇我氏が千葉に国造として赴任して来たとのコトですが、そこで?聖徳太子の館がペルシャのシリウス信仰(妙見信仰)に基づいて建設されたという説によるならば、聖徳太子と縁の深い蘇我氏が妙見信仰を東国の千葉に持ち込んだとも考えられるワケですw。
 

 
 て、いうか?応神天皇の時代は聖徳太子の時代より300年は遡るワケですから、そもそも蘇我氏が「妙見信仰」=「シリウス信仰」であったと考るほうがつじつまが合います。

 蘇我氏宗家は乙巳の変(645年)=クーデターによって滅ぶワケですが、急な出来事であったが故に東国の蘇我氏一族は身動きが取れず、天智天皇の崩御後に朝廷に対して復讐を企てたのが壬申の乱(672年)だったというストーリーも考えられます。

 「白村江の戦い」に敗れ日本に亡命してきた百済の王族を天智天皇は厚遇し、各地に領地を与えたので地元豪族が不満を募らせたのは確かでしょうが、ジッサイ?土地は余っているワケでしょ?当時の日本は。

 したがって亡命百済人の殖民を理由に東国の豪族が団結するというのは、動機としてはイマイチ弱いように思うワケです。

 それよりも「乙巳の変」の恨みを晴らそうと蘇我氏が東国の豪族を引き込み、天武天皇を神輿に担いでクーデター?に及んだ可能性の方が高いのではないかと?

 ところでワタシは歴史に興味がある…というか?歴史の真実を知りたいと思うワケですが、他の人はどうなんですかね?

 自民党が提唱する「憲法改正案」が議論を呼んでいますが、「改憲派」の言い分のひとつに…

日本の伝統にそぐわない

…というのがあり、自民党の西田昌司氏や文化人?の櫻井よし子氏などがその先鋒となっていますが、ご両人とも「日本の伝統」について正しい「歴史的認識」を持っておられるのか、甚だ疑問ですw。

 とはいってもご両人が間違っているなりにも「歴史認識」を持っていることが重要で、「歴史認識」を持たない者は「歴史認識」を持つ者に言い包められるのが常であり、戦時中に流布された「皇国史観」を妄信した日本国民も同じですw。

「騙された」

…という以前に、日本国民が日本の歴史に無知(無関心)だったが故に他人の思い込み=皇国史観を自分ものとして受け入れ、一億総動員で戦争遂行に協力的になったワケでしょ?

 今回の自民党の「改憲草案」にしても、まず第一に前文に書かれているのは…

「日本国は、長い歴史と固有の文化を持ち、国民統合の象徴である天皇を戴く国家であって、云々」

…という、天皇を戴く=国民の上に天皇があることの宣言?なワケですが、ここで知る人ぞ知る「熊沢天皇」について少し触れたいと思います。
 
熊沢天皇(熊沢寛道)
 
 第二次大戦後に現れた「自称天皇」のひとりとされていますが、ジッサイは明治時代の皇国教育が徹底されている時世下にて、父親である熊沢大然(ひろしか尊憲王)が明治天皇に熊沢家の南朝皇系正統を上奏し、それが認められた事はほとんど知られていません。

 偽者であれば「皇室侮辱罪」?で特高…はありませんでしたが、警察に逮捕され投獄されて当然のハズなのにお咎めは一切無しどころか、「北朝」の明治天皇が即位しているにもかかわらず、明治政府は…

「南朝が正統である」

…と認めるという、何ともチグハグな状況が生じています。

 それに対して当時の国民が疑問を抱かないのは、政府による情報統制もあったでしょうが…

歴史に対して無知、無関心

…であったからに他なりません。

 そして現在、自民党の憲法改正案では「日本国民は再び天皇を元首として戴く」と戦前回帰しようとしているのに、相変わらず国民は天皇という存在について深く考えず、同時に日本国の歴史についてもあまりに無関心です。

 例えば室町時代、日本は中国(明)の柵封を受けていたワケですが学校で習いました?

 おそらく日本の真実の歴史を知っているのは日本の学者よりも欧米の学者です。日本国内には諸々のしがらみがあって真実の歴史を公表できない事情もあるのでしょうが、そうした「隙」に欧米が付け入るワケです。現在のアラブのように…。

 現代アラブが混乱している原因のひとつには、アラブ人の自らの歴史に関する認識の欠如があるというのがワタシの持論ですw。

 オスマントルコからアラブを切り取るためにイギリスがしたことは、先ずは大掛かりな学術調査団をアラブに派遣して歴史、文化、風習といったあらゆる現地情報を収集し、それを基にアラブ地域のパワーバランスを見極めアラブ人以上にアラブの社会状況に精通するコト。そうなれば後はイギリスのイイようにアラブを手玉に取れるワケですw。

 翻って日本はどうなのか?学者連中はいつまでたっても…

「邪馬台国」はどこだ?

…というレベルの研究に止まっている有様で、イギリスの学術調査団であれば「あっと言う間」に結論を出すんじゃないの?いつまでもダラダラ調査してるのは研究費を引っ張るためでしょ?でしょ?でしょ?

 その長短に関係なく「正しい歴史認識」を待たない国民は不幸です。現在は過去の延長線上にあり、間違った過去認識の線上には間違った現在が築かれるでしょう。だからワタシは歴史にこだわるワケです。

 人は「意味(モチベーション)」を求めるし、また「意味」無くして前に進むことは困難であり「意味」は進む道を示してくれるものです。「現在」とは過去の「意味」が創りだしたもの。したがって過去における意味の骨格をなす歴史認識が重要となり、それ故「正しい歴史認識」を…というのがワタシの持論。

 過去の歴史をリセットしてゼロからスタートという選択もありますが、それには新たなる「意味」の創造=「未来のビジョン」が不可欠でしょうし、その「ビジョン」の柱となる「理性」の確立が求められるワケですが、果たしてそうした精神力を現代のワタシたちは備えているのか?

 であれば現実的なのは、正しい歴史認識に基づく正しい「意味」を未来に託し続けるコトではないかと?
 
 
 
 

人間ナメんなよ!

でわっ!

 
 

広告