信用に勝るもの無し

 イランのアフマディ・ネジャド大統領の発言が至極マトモw。
 

大統領 「米はドルという名の紙切れを世界経済の支配者にしている」
2013年01月28日付 Mardomsalari紙

 アフマディーネジャード大統領は、「われわれは、現状を守るために団結しようとしているのか。もしそのためならば、団結の必要はない。われわれが団結しようとしているのは、運動を起こすためなのか、それとも静穏さを保つためなのか?団結は運動を起こすためにあるということは明らかだ〔‥‥〕」と述べた。

 メフル通信の報道によると、マフムード・アフマディーネジャード大統領は第26回イスラーム団結会議の開会式で、「今や世界の至るところで、困難が存在する。ヨーロッパでも、アメリカでも、アフリカでも、極東でも、あるいはラテンアメリカでも、困難の存在しないところなどあるだろうか。至るところに多くの困難が存在する。そしてその一つだけでも、人類がその除去のために立ち上がるのに十分なのである」と語った。

〔‥‥〕

 大統領はさらに、「すべてのムスリムが団結したと仮定しよう。ムスリムは何をしたいのか。キリスト教徒に対抗するブロックを作りたいのか。あるいは世界帝国を建設したいのか。果たして、預言者は世界に帝国を建設するために来たのだろうか。まずわれわれが追い求めるべきは、この世にタウヒード(神の唯一性、神のもとでの統一)を確立することである〔‥‥〕」と論じた。

 大統領は、「今日、世界を覆っている経済システムの特徴は、恵まれない人たちの財産を恒常的に世界の資本家たちのポケットに移すことにある。その一つの証拠が、アメリカ政府の予算不足である。この予算不足がどこから賄われているとお思いか?今年、アメリカ政府は1兆6千億ドルもの予算不足に直面している」と指摘した上で、次のように論じた。

 アメリカの為政者たちは第一次・第二次世界大戦の状況を利用して、ドルという名の紙切れを世界経済の支配者に祭り上げた。そして彼らは5セントばかりの費用で、ある紙切れを印刷所で印刷し、その上に100ドルと印字して、それとの交換で〔世界の〕諸国民が生産した商品やエネルギー、富、労働力、思想を自らのもとへと奪い去っているのである。〔そのために〕世界は貧困、インフレ、物価上昇に常に陥るようになっているのだ。

 大統領は続けて、「そして彼らは、人々の注意を逸らすために、〔世界の〕諸国民は無能だ、弱い、問題が起こるのは〔世界の〕諸国民自体のせいだなどと主張しているのである。彼らは独裁者を〔世界中の国々の〕支配者に就かせ、〔世界の諸国民が作り上げてきた〕さまざまな思想を〔誤った思想として〕切り捨て、〔世界の〕諸国民を貧困の中に押し込み、彼らを弱い存在のままにさせているのだ」と続けた。

〔‥‥〕

 アフマディーネジャード大統領は「アフリカの鉱山は誰の手に握られているのか」との問いを提起した上で、「アフリカには世界でもっとも価値の高い鉱山が存在するにもかかわらず、この大陸に住む人々は世界で最も貧しいのである」と指摘した。

 大統領はその上で、「差別と圧制、不正義が支配する状況では、人類が発展し、幸福について思索を深める機会など残されないだろう」と語った。

〔‥‥〕

 
 最近、ドルの信用はガタ落ちなワケです。ていうか?金融システム自体の信頼性が崩壊しつつあるワケで、だからドイツがアメリカに預けてある「金塊」を引き揚げようとしたり、アメリカで「1兆ドルコイン」なんて人をおちょくった話が取り沙汰されるワケですw。
 

水説 : ドイツの金は無事か=潮田道夫
毎日新聞 2012年11月07日 東京朝刊

(前略)

 この騒動の背景にあるのは欧州の共通通貨ユーロの危機である。「ユーロ崩壊」がないとはいえない現状である。頼りになるのは金。ドイツ人が大事な金を外国より自国に置いておきたいのは当然だ。

(後略)

 

米、1兆ドルコイン発行? 債務不履行回避へ奇策浮上
朝日 2013年1月10日

【ワシントン=山川一基】「政府債務上限」の引き上げを巡って米与野党の協議が難航すると予想されるなか、米政府が額面1兆ドル(約88兆円)のプラチナ硬貨を発行し、予算を水増ししてデフォルト(債務不履行)を回避しようという奇策が浮上している。

(中略)

 紙幣の発行は連邦準備制度理事会(FRB)が独占しているが、記念硬貨に関する法律によると、財務省は適切な額面と量のプラチナ硬貨を発行できる。ならば額面1兆ドルの硬貨を発行してFRBに預け、財務省の口座に計上して決済に使ってしまおうという案だ。

 
 他国のことなのでワタシも不勉強だったのですが、フツーは中央銀行=国立銀行と考えられていますが、アメリカの場合アメリカ政府=FRBではないことを多くの人は既にご存知かと?FRB(連邦準備銀行)はあくまでも民間銀行の集合体です。

 で、その前に、FRS(連邦準備制度)について少し…。

 FRSはアメリカの建国事情に関わっていて、各州の独自性(独立性)の強いアメリカでは中央銀行が設立できなかったという歴史的背景があります。

 先ず、ニューハンプシャー、マサチューセッツ、ロードアイランド、コネティカット、ニューヨーク、ニュージャージー、ペンシルベニア、デラウェア、メリーランド、ヴァージニア、ノースカロライナ、サウスカロライナ、ジョージアの、13州(13植民地)が1776年に植民地からの独立を宣言します。

 その後、1795年にケンタッキー州とバーモント州が、1818年にインディアナ州、ルイジアナ州、ミシシッピ州、オハイオ州、テネシー州が、1819年にイリノイ州、1820年にアラバマ州とメイン州、1822年にミズーリ州、1836年にアーカンソー州、1837年にミシガン州、フロリダ州(1845年)、テキサス州(1846年)、アイオワ州(1847年)、ウィスコンシン州(1848年)、カリフォルニア州(1851年)、ミネソタ州(1858年)、オレゴン州(1869年)、カンザス州(1861年)、ウェストバージニア州(1863年)、ネバダ州(1865年)、ネブラスカ州(1867年)、コロラド州(1877年)と続き、1890年にアイダホ州、モンタナ州、ノースダコタ州、サウスダコタ州、ワシントン州が、1898年にワイオミング州、ユタ州(1896年)、オクラホマ州(1908年)、アリゾナ州とニューメキシコ州が1912年、アラスカ州が1959年、最期にハワイ州が1960年に加盟し、なんと!独立宣言以来184年もかけて現在のアメリカ合州国の形になったワケですから、面倒くさい国らしいことは想像つきますし、それをまとめるのも大変ではないかと?

 世界を見渡しても特殊な近代国家と言えますし、その建国事情ゆえに中央銀行が設立できなかったというのも納得。しかし、逆にそんな特殊な事情を抱えた国の通貨が基準通貨となっている現状に…

何の疑問を抱かないの?

…という話になるワケですw。

 で、中央銀行がないと海外決済に支障をきたすので代わりに中央銀行的な役割を担うのがFRS(連邦準備制度)であり、連邦準備制度理事会に属するのがFRB(連邦準備銀行)=民間銀行

 したがって中央銀行(国立銀行)でもないFRBが発行している「ドル紙幣」とは?というと…

利子の付かないアメリカ国債

…が「ドル紙幣」の正体。つ・ま・り、中央銀行が設立できない⇒政府通貨が発行できない⇒海外決済に支障が生じる⇒通貨に代わり国債(ドル紙幣)で決済する…という仕組みで、「ドル紙幣」は…

アメリカ政府のFRB(連邦準備銀行)に対する負債(国債買取り:利子付)の証明

…だというコト。架空の「アメリカ国債」をFRBがアメリカ政府から買取り、その資産価値を基準にそれを「細切れ」=紙幣にして市場に流通させているのが「ドル紙幣」=「Federal Reserve Note (連邦準備券)」ですw。 

 量的緩和(QE)で市場の通貨(ドル紙幣)の量を増やすということは、アメリカ政府の対FRB(民間銀行)負債を増やすことになり、負債の穴埋めをするために政府支出を減らしたり、市場の活性化により税収を伸ばす必要があるワケです。

 「ドル」の流通量が増えれば増えるほど、アメリカ政府は自分の首を絞めているようなもので、それを回避するために資源獲得に血眼になったり、TPPなどの自由貿易を推し進めて権益を確保しようと必死になるワケですが、それはアメリカの一方的な事情

 件の「1兆ドルコイン」にしても、政府(国)の負債を帳消しにするための苦肉の策なのでしょうが、コイン1枚に1兆ドルの価値だなんて…

「子供銀行」ごっこ

…みたいなことしていると、アメリカという国の経済常識、金融道徳が世界中から疑われ、ひいては金融システム全体のいかがわしさが露呈するだけでしょ?そんなことやってるからアフマディ・ネジャド大統領にも「紙切れ」呼ばわりされるワケですよ、「ドル紙幣」が。

 一番簡単な解決法は、中央銀行を設立して「政府紙幣」を発行すればイイんです。アメリカ国民に中央銀行設立の理解を求めればイイんです。アメリカ政府が破綻すれば国有財産=国民の資産は全てFRB(民間銀行)に差し押さえられちゃうワケでしょ?

 財政(懐具合)が苦しいから他人にたかりたくなる気持ちはよwwwく分かります。でも、先ずは我が身を振り返り改善努力を見せて欲しいワケです。無益な戦争(軍需産業には有益でしょうが)は止め、国内の産業基盤を建て直し、中央銀行(国立銀行)を設立し、経済的見通しが好転して世界から信頼されるようになれば、それでこそ「信用創造」も通用するワケでしょ?

 ま、「通貨」を主体とした経済がこのまま持続するのかワタシ的には疑問もあるワケですが、もし「現物」を基準にする経済に変わったとしても、「価値の基準」を決めるのはやはり相互の「信用」に基づくことに変わりはないでしょうから、古くから言われているように「信用を築く」ことが一番の財産かも知れませんw。
 
 
参照:「晴耕雨読

 
 
 
 

人間ナメんなよ!

でわっ!