第2敗戦期

 

ポツダム宣言
米、英、支三国宣言
(1945年7月26日「ポツダム」に於て)

1. We, the president of the united states, the president of the national government of the republic of china and the prime minister of great britain, representing the hundreds of millions of our countrymen, have conferred and agree that japan shall be given an opportunity to end this war.
われわれ、米合州国大統領、中華民国主席及び英国本国政府首相は、われわれ数億の民を代表して協議し、この戦争終結の機会を日本に与えるものとすることで意見の一致を見た。
2. The prodigious land, sea and air forces of the united states, the british empire and of china, many times reinforced by their armies and air fleets from the west are poised to strike the final blows upon japan. this military power is sustained and inspired by the determination of all the allied nations to prosecute the war against japan until she ceases to resist.
米国、英帝国及び中国の陸海空軍は、西方から陸軍及び航空編隊による数層倍の増強を受けて巨大となっており、日本に対して最後の一撃を加える体制が整っている。
3. The result of the futile and senseless german resistance to the might of the aroused free peoples of the world stands forth in awful clarity as an example to the people of japan. the might that now converges on japan is immeasurably greater than that which, when applied to the resisting nazis, necessarily laid waste to the lands, the industry and the method of life of the whole german people. the full application of our military power, backed by our resolve, will mean the inevitable and complete destruction of the japanese armed forces and just as inevitably the utter devastation of the japanese homeland.
世界の自由なる人民が立ち上がった力に対するドイツの無益かつ無意味な抵抗の結果は、日本の人民に対しては、極めて明晰な実例として前もって示されている。現在日本に向かって集中しつつある力は、ナチスの抵抗に対して用いられた力、すなわち全ドイツ人民の生活、産業、国土を灰燼に帰せしめるに必要だった力に較べてはかりしれぬほどに大きい。われわれの決意に支えられたわれわれの軍事力を全て用いれば、不可避的かつ完全に日本の軍事力を壊滅させ、そしてそれは不可避的に日本の国土の徹底的な荒廃を招来することになる。
4. The time has come for japan to decide whether she will continue to be controlled by those self-willed militaristic advisers whose unintelligent calculations have brought the empire of japan to the threshold of annihilation, or whether she will follow the path of reason.
日本帝国を破滅の淵に引きずりこむ非知性的な計略を持ちかつ身勝手な軍国主義的助言者に支配される状態を続けるか、あるいは日本が道理の道に従って歩むのか、その決断の時はもう来ている。
5. Following are our terms. we will not deviate from them. there are no alternatives. we shall brook no delay.
これより以下はわれわれの条件である。条件からの逸脱はないものする。代替条件はないものする。遅延は一切認めないものとする。
6. There must be eliminated for all time the authority and influence of those who have deceived and misled the people of japan into embarking on world conquest – for we insist that a new order of peace, security and justice will be impossible until irresponsible militarism is driven from the world.
日本の人民を欺きかつ誤らせ世界征服に赴かせた、全ての時期における影響勢力及び権威・権力は排除されなければならない。従ってわれわれは、世界から無責任な軍国主義が駆逐されるまでは、平和、安全、正義の新秩序は実現不可能であると主張するものである。
7. Until such a new order is established and until there is convincing proof that japan’s war-making power is destroyed, points in japanese territory to be designated by the allies shall be occupied to secure the achievement of the basic objectives we are here setting forth.
そのような新秩序が確立せらるるまで、また日本における好戦勢力が壊滅したと明確に証明できるまで、連合国軍が指定する日本領土内の諸地点は、当初の基本的目的の達成を担保するため、連合国軍がこれを占領するものとする。
8. The terms of the cairo declaration shall be carried out and japanese sovereignty shall be limited to the islands of honshu, hokkaido, kyushu, shikoku and such minor islands as we determine.
カイロ宣言の条項は履行さるべきものとし、日本の主権は本州、北海道、九州、四国及びわれわれの決定する周辺小諸島に限定するものとする。
9. The japanese military forces, after being completely disarmed, shall be permitted to return to their homes with the opportunity to lead peaceful and productive lives.
日本の軍隊は、完全な武装解除後、平和で生産的な生活を営む機会と共に帰還を許されるものする。
10. We do not intend that the japanese shall be enslaved as a race or destroyed as a nation, but stern justice shall be meted out to all war criminals, including those who have visited cruelties upon our prisoners. the japanese government shall remove all obstacles to the revival and strengthening of democratic tendencies among the japanese people. freedom of speech, of religion, and of thought, as well as respect for the fundamental human rights shall be established.
われわれは、日本を人種として奴隷化するつもりもなければ国民として絶滅させるつもりもない。しかし、われわれの捕虜を虐待したものを含めて、すべての戦争犯罪人に対しては断固たる正義を付与するものである。日本政府は、日本の人民の間に民主主義的風潮を強化し、あるいは復活するにあたって障害となるものはこれを排除するものとする。言論、宗教、思想の自由及び基本的人権の尊重はこれを確立するものとする。
11. Japan shall be permitted to maintain such industries as will sustain her economy and permit the exaction of just reparations in war. to this end, access to, as distinguished from control of raw materials shall be permitted. eventual japanese participation in world trade relations shall be permitted.
日本はその産業の維持を許されるものとする。そして経済を持続するものとし、もって戦争賠償の取り立てにあつべきものとする。この目的のため、その支配とは区別する原材料の入手はこれを許される。世界貿易取引関係への日本の事実上の参加はこれを許すものとする。
12. The occupying forces of the allies shall be withdrawn from japan as soon as these objectives have been accomplished and there has been established in accordance with the freely expressed will of the japanese people a peacefully inclined and responsible government.
連合国占領軍は、その目的達成後そして日本人民の自由なる意志に従って、平和的傾向を帯びかつ責任ある政府が樹立されるにおいては、直ちに日本より撤退するものとする。
13. We call upon the government of japan to proclaim now the unconditional surrender of all the japanese armed forces, and to provide proper and adequate assurances of their good faith in such action. the alternative for japan is prompt and utter destruction.
われわれは日本政府に対し日本軍隊の無条件降伏の宣言を要求し、かつそのような行動が誠意を持ってなされる適切かつ十二分な保証を提出するように要求する。もししからざれば日本は即座にかつ徹底して撃滅される。

和訳(現代文)

 
 「ポツダム宣言」の受諾に関しては、一般的には「無条件降伏」と理解されていますし、ワタシ自身学校でも、そして家でテレビを見てもそう教えられました。
 
 ところが一部の人には「無条件降伏ではない」という認識があるらしく、曰く?第13条の意味するトコロは「軍隊の無条件降伏」であり、「政府は条件付きで降伏している」…というものです。
 
 この論からすると…軍と政府は戦争責任の所在が別々である…という論理になるワケで、つまり、「大日本帝国軍は日本政府の指揮下になかった」ということ。ということは、大東亜戦争は軍が勝手に始めたことで、政府はソレを傍観していたと?ワタシたち…というか当時の日本国民は、そんなデタラメな戦争に巻き込まれたワケですか?だとしたら間抜け過ぎて涙が出てきますw。
 
 同じ敗戦国であるドイツと比較して、政府が完全に崩壊したナチスとは違い、日本は政体を維持した状態で敗戦を迎えたので、「無条件降伏ではない」ということらしいです。
 
 で、日本政府のポツダム宣言受諾条件として…「天皇制の存続」…を連合国側に打診したということですが、それに対しての回答は第5条の…「条件からの逸脱はないものする」…なワケですから、「天皇制存続」の確約がないままに「ポツダム宣言」を受諾した以上、やはり「無条件降伏」としか解釈できません。
 
 「無条件」というのは日本側に対して…
 
「連合国側の提示する条件を100%受け入れよ」
 
…という意味に他ならず、曰く…
 

6. There must be eliminated for all time the authority and influence of those who have deceived and misled the people of japan into embarking on world conquest – for we insist that a new order of peace, security and justice will be impossible until irresponsible militarism is driven from the world.
日本の人民を欺きかつ誤らせ世界征服に赴かせた、全ての時期における影響勢力及び権威・権力は排除されなければならない。従ってわれわれは、世界から無責任な軍国主義が駆逐されるまでは、平和、安全、正義の新秩序は実現不可能であると主張するものである。
7. Until such a new order is established and until there is convincing proof that japan’s war-making power is destroyed, points in japanese territory to be designated by the allies shall be occupied to secure the achievement of the basic objectives we are here setting forth.
そのような新秩序が確立せらるるまで、また日本における好戦勢力が壊滅したと明確に証明できるまで、連合国軍が指定する日本領土内の諸地点は、当初の基本的目的の達成を担保するため、連合国軍がこれを占領するものとする。
8. The terms of the cairo declaration shall be carried out and japanese sovereignty shall be limited to the islands of honshu, hokkaido, kyushu, shikoku and such minor islands as we determine.
カイロ宣言の条項は履行さるべきものとし、日本の主権は本州、北海道、九州、四国及びわれわれの決定する周辺小諸島に限定するものとする。
9. The japanese military forces, after being completely disarmed, shall be permitted to return to their homes with the opportunity to lead peaceful and productive lives.
日本の軍隊は、完全な武装解除後、平和で生産的な生活を営む機会と共に帰還を許されるものする。
10. We do not intend that the japanese shall be enslaved as a race or destroyed as a nation, but stern justice shall be meted out to all war criminals, including those who have visited cruelties upon our prisoners. the japanese government shall remove all obstacles to the revival and strengthening of democratic tendencies among the japanese people. freedom of speech, of religion, and of thought, as well as respect for the fundamental human rights shall be established.
われわれは、日本を人種として奴隷化するつもりもなければ国民として絶滅させるつもりもない。しかし、われわれの捕虜を虐待したものを含めて、すべての戦争犯罪人に対しては断固たる正義を付与するものである。日本政府は、日本の人民の間に民主主義的風潮を強化し、あるいは復活するにあたって障害となるものはこれを排除するものとする。言論、宗教、思想の自由及び基本的人権の尊重はこれを確立するものとする。
11. Japan shall be permitted to maintain such industries as will sustain her economy and permit the exaction of just reparations in war. to this end, access to, as distinguished from control of raw materials shall be permitted. eventual japanese participation in world trade relations shall be permitted.
日本はその産業の維持を許されるものとする。そして経済を持続するものとし、もって戦争賠償の取り立てにあつべきものとする。この目的のため、その支配とは区別する原材料の入手はこれを許される。世界貿易取引関係への日本の事実上の参加はこれを許すものとする。
12. The occupying forces of the allies shall be withdrawn from japan as soon as these objectives have been accomplished and there has been established in accordance with the freely expressed will of the japanese people a peacefully inclined and responsible government.
連合国占領軍は、その目的達成後そして日本人民の自由なる意志に従って、平和的傾向を帯びかつ責任ある政府が樹立されるにおいては、直ちに日本より撤退するものとする。

 
…ということです。
 
 「ポツダム宣言」の内容を査証して、ワタシとしては…というか?日本国民としては大歓迎のように思えるワケですが?
 
 ま、「言うことを聞かないと酷い目に遭うぞ」というような脅し文句はいただけませんが、戦争中のことですから相手の戦意を挫くためには強硬な態度にも出るでしょう。
 
 戦前、戦中の時代を生きた人であれば、「ポツダム宣言」の内容は納得できるのではないか?と思えます。「日本は神の国である」…とか?「天皇陛下は現人神である」…とか?「神風が吹く」…とか?荒唐無稽な教育を受け、それに異議を唱えた人はどうなったのか?それを思うと、非国民と非難されるのを覚悟で言いますが、そうしたファシズム体制をリセットするには…
 
日本が戦争に負けて良かった
 
…とすら思えます。
 
 確かに?アジアの被植民地を欧米列強の支配から解放した功績は認められて然るべきですが、それは「皇国史観」に基づくナショナリズムの延長にあり、「アジアの同胞」に対しても「日本は神の国である」とか、「天皇陛下は現人神である」とかいった皇国教育を強制することは可能だったか?
 
 現実的に考えて、「アジアの同胞」も各自のアイデンティティーと文化を持っているワケですから、「皇国教育」は汎アジア的に広がるどころか必ずいつかは反感を呼び、反日感情が噴出するのは火を見るより明らかです。
 
 つまり、アジアの被植民地の人たちが独立を果たしただけでも「善し」…と割り切り、ワタシたちにしても誤った教育=洗脳から解放され、過去を仕切り直して新しい日本を建設するイイ機会になったワケでしょ?「敗戦」は。
 
LEGACY OF ASHES
「近衛上奏文と現神人(あらびとがみ)」
 
 残念なのは、敗戦処理=戦争犯罪人の弾劾と好戦的勢力(戦争でイイ思いをした連中)の徹底的な追及と排除…が完了する以前に「朝鮮戦争」が勃発し、連合国側の都合により敗戦のケジメもウヤムヤになってしまったことです。
 
 したがって「戦後総括」が十分になされなかったのは日本国民だけの責任ではないワケですが、日本国民全体が真に過去の過ちを反省し、もう二度と同じ過ちは繰り返さないと決意するのであれば、今からでも「戦後総括」をやり直ししてもイイんじゃないですかね?もちろん今更罪は問えませんが…。
 
 というか?今だからこそ「戦後総括」を再スタートさせる必要性すら感じるワケです。そう思える一番大きい要因は、「福島第一原発」の事故に関連する行政・メディアの対応のあり方を見ていると、戦前・戦中の日本と基本的に変わっていないんじゃないの?…と思えてならないからです。
 
 メディア・政府は言論統制…とまでは言いませんが、あからさまな情報選択に基づいて「安全神話」≒「皇国史観」のプロパガンダを学校教育の現場でも行い、軍閥・財閥が跋扈していた当時のように「原子力村」や「経団連」が幅を利かせ、原発事故の責任を取るどころか「TPP」の交渉参加に向けて「世論誘導」している次第で、「安倍(歪)内閣」「大本営」とが重なって見えますw。
 
 現在のような政治状況・社会状況になってしまったのも、「戦後総括」が中途半端で終わり、「形だけの民主主義」に甘んじているからであり、その報いとして、「福島第一原発」の事故処理(核保有競争の敗戦処理)でこんなにも混乱して射るのだろうという話。
 
 未だに誰一人として責任を追求されないどころか、原発事故という未曾有の事故の捜査も行われない異常な事態が続いているワケですよね?それなのに「原発を再稼動しろ」…と言い出しているワケですよ、自民党わっ!
 
オカシイでしょうよ!?
 

 
 それもこれも、大東亜戦争の敗戦総括が中途半端に終わったことが現在にまで影を落としているワケで、ここでまた同じ過ちを繰り返してはならないのであって、今回の「原発事故」に関してはキッチリ検証し、責任者には相応の責任を取って貰うことが「民主主義」への第一歩になると思うワケです。
 
 その一方で、地方に危険な原発を押し付けて快適な生活を享受し、それを当たり前だと思っていた都市部の人間も「自省」しなければならないのであって、それができなければ「民主主義」なんて「絵に描いた餅」だということです。
 
 この「第2敗戦期」とも呼べる現在の状況をどう総括するか?曲がりなりにも「民主主義」を体現してきたワタシたちにとって、非常に重要な課題が目の前にあると言えますし、そのことを国民のひとりひとりが自覚する必要があるでしょう。現状を「ブレーク・スルー」するには…。
 
 
 
 

人間ナメんなよ!

でわっ!