「汎アラブ主義」は夢物語なのか?

 「汎アラブ主義」をググってみると…。
 
汎アラブ主義 – Wikipedia
 
 もともとは第一次世界大戦前に「オスマントルコ帝国」の国力を弱めようと、イギリスが血気盛んなアラブの若者に吹聴した「思想」だったワケですが、若きアラブの指導者たちも「アラブ民族の自主独立」という理想に突き動かされたのは事実です。

 オスマントルコの支配体制が緩やかであったとはいえ、各地の王族の支配体制との「二重の支配体制」の中で、欧米の近代思想に触れた若者たちが、そうした「封建的な体制」を打破したいと思うようになるのは、いたって自然なことと言えます。

 若者はいつの時代もそう変わるものではなく、本能的に「革命願望」があり、現代の若者にしても…例えば何かと話題の「在特会」を支持する若者や、「右翼志向」の若者にしても、その行動の根底には…

現状を変えたい!

…という、若者特有?の衝動(権力の交代)に駆られるものです。

 その点では「反原発」にしても、「現状を変えたい」という心理においては「同じ」だと言えますが、大切なのはそうした衝動がどういう形で「発露」されるかで、それが「利己的」なものなのか?それとも「公共的」なものなのか?で大きく違うというコト。

 それはさて措き、イギリスはそうしたアラブの若者たちの心に入り込み、巧みにオスマントルコ帝国の弱体化を図るワケですが、当然?「下心」もあったワケですw。

 イギリスは「汎アラブ主義」を焚きつける前に、多くの学者をオスマントルコ帝国支配下のアラブ各地に派遣し、各地の歴史、文化、部族、人間関係などをつぶさに研究した上で…

アラブ統一など不可能

…という結論に達していたのではないか?

 収集したデータ、研究成果を用いれば…「アラブを自由にコントロールできる」…という勝算を得た上で、「汎アラブ主義」を大義名分としてアラブの若者を煽り、オスマントルコ帝国を弱体化させて、第一次世界大戦では欧州諸国を勝利に導いたワケです。

 若きアラブの指導者たちが掲げる「汎アラブ主義」は、高尚な理想であってもその実現に向けての「ヴィジョン」に欠け、性急に結果を求めたが故に「社会主義」という未熟?な制度を選択したことで、後日様々な混乱が生じ、「アラブの統一」も頓挫してしまうワケです。

 イギリスは「過去のデータ」を基に事態を予測していたでしょうから、「汎アラブ主義」挫折の最大の原因とは…

アラブ人自身が、アラブについて無知であった

…ということになります。

 遊牧民が部族ごとに暮らすアラブ地域では、イギリスのように学術調査隊を派遣して包括的に調査しなければ、アラブの全体像はアラブ人ですら把握できないでしょうし、その点で「汎アラブ主義」は…

アラブの理解度においてイギリスに敗北した

…と言えます。

 ワタシが歴史に拘る理由は正にこの点にあるワケで、「在日外国人排斥デモ」や、いわゆる「右翼」と呼ばれる人たちの行動原理となる「歴史認識」は…

本当に正しいのか?

…ということを検証しないと、イギリスに翻弄された「汎アラブ主義」のように、都合よく利用されるだけだと言いたいワケです。
 


アラビア半島の「王制国家(ピンク色)」と、「非王制国家」

 
 で、そうした「歴史認識」はイギリス、フランス、アメリカの、シリアへの軍事介入という局面でも問われているワケで…

イラクでの過ちを繰り返すのか?

…という話。

 未来を展望することも大切ですが、いまを生きるワタシたちに求められるのは…

正しい歴史を知る

…という、自分の「足元」を固める作業です。これはなにも日本に限った話ではなく、世界的規模での歴史の再検証も必要です。その時々の権力者によって、歴史は「書き換え」られていると考えた方が無難ですw。
 

 
 「歴史の書き換え」によって謂われ無き差別が生まれ、「支配層」にとって都合のイイ社会が維持され、歴史に無知なワタシたちは「人生の素晴らしさ」から遠ざけられているワケです。

 「真実の歴史」が公になることで既得権益を失ったり、自己のアイデンティティーが揺らぐ人も現れるでしょうが、真実を受け容れ過去を乗り越えるためにも、先ずは「ひとりの人間としての自分」に立ち戻り、「個の限界」を自覚したうえで、「個を包括する全体」を再構築するというのが…

人間回帰

…の言わんとするトコロなワケですw。
 

 
 ま、ソレはアレとして現在のアラブ地域における軋轢には、だいたい次の要素が考えられます。

● 社会
● 宗教
● 人種
● 文明

 社会に関しては「王制」「非王制」の国があり、宗教は大きく分けて「スンニ派」「シーア派」の対立があり、人種は「アラブ人」、「クルド人」、「ペルシャ人」、etc…と、雑多な民族が混じりあい、文明は…「シュメール」「バビロニア」「エジプト」…と、そうそうたる文明が開花した地域です。

 こうした諸々の差異を統括する「アラブの統一」なんて可能なのか?という話になるワケですが、不可能に見えるようでもそれを見出さない限り…

借り物(西側由来)の歴史

…に踊らされ、「アラブの統一」はおろか、一国の国内の安定さえ儘ならないのが現在のアラブの状況のように、ワタシの目には映ります。

 「ユダヤ教」「キリスト教」「イスラム教」も、同じ根から伸びた宗教なワケで、ザックリ言うと…

みんな「預言者モーセ」の末裔

…であり、違うのはそれぞれ「愛し方」であって、息子たち?を平等に愛している「お父さん」が、息子たちが血みどろの争いを見たらさぞかし悲しむでしょうなw。
 

 
 さらにアラブの利権(石油)を目当てに、部外者が兄弟ゲンカを焚きつけるような状況は、アラブの崩壊すら招きかねないワケですから、アラブの若者たちには「フイッター」だの、「フェイスブック」だのと浮かれる前に…

アラブについて勉強し直して頂きたい!

…と進言する次第です。

 そして過去からの経緯を理解した上で、お互いの相違をも包括する「アラブ独自の道」が見出せたのなら、「アラブの統一」…というか?争いの無い、平和な共存関係を構築できるものと信じています。要は…

知性の勝負

…なワケで、感情に流されず、偉大な文明を育んだ祖先に恥じない、現代のアラブの若者の知性を発揮して頂きたいと願う次第です。はい。

シリアに平和を!アラブに平和を!
 
 
 
 

人間ナメんなよ!

でわっ!