2014年 新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます!

…といってもだいぶ日が経ってしまいましたがw。

 昨年末からブログ(Google)の更新が滞っているのは、例の海底ケーブル切断事故で一時的にネット環境が悪化したことで「ブレジンスキー」が言うトコロの…
 
情報はエリートに管理される
 
…という現実を実感し、ネットとの関わり方を再考していたせいでもあります。

 インターネットとは物理的な「電気信号」のやり取りの場であり、したがって「ブレジンスキー」が言う…

「物理空間(ハードウェア)」を制する者が「情報空間(ソフトウェア)」を制する

…というのは正論で、その事を理解しているからこそ「BRICS」も独自のネット網の構築に取り組むのではないかと?
 

米国主導ではないインターネット網は構築できるか
スラド 2013年10月01日 8時00分

米国家安全保障局(NSA)による通信傍受問題で、米国政府はアメリカ人だけでなくブラジルに対してもプライバシーを侵害していたことが判明。ブラジルのルセフ大統領は、友好国としての関係を築けないとして厳しい立場を見せている。これを受けて、ブラジルでは米国によって制御されたサイバースペースとの結びつきを断ち切り、独自のインターネット網を構築する考えが浮上してきているという(MOTHERBOARD世界日報本家)。

ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカといった新興経済国、いわゆるBRICS国間で海中広帯域ネットワークを引くという計画で、ブラジル国内にブラジルの法律が及ぶデータセンターを構築、現在(米国系ネット企業などの)クラウド上に置かれているデータを引き上げて移植するという。加えてGoogleやFacebookなどの企業にブラジルに関するデータを強制的に移動させる法律を作るといった内容が含まれているという。

このブラジルの大胆な計画は現時点ではアイデアに過ぎず、専門家の意見も賛否が分かれている。しかし、電子フロンティア財団(EFF)のSeth Schoen氏は、「今日、諸外国との間の通信は、ほとんどが米国を通過する仕組みになっているが、将来もその仕組みである必要はないだろう」とコメントしており、肯定的だ。なお、BRICS国間海底ケーブル構築計画は、スノーデン氏によるリーク事件が起きる前から実施されており、2015年には完成予定。世界人口の最大約45%で、GDPの25%の領域をカバーするものとなる。

 
 で、既存のネット環境を個人レベルから見ると「FaceBook」だの「Twitter」だのが情報交換ツールとして利用されていますが…

他人の褌で相撲を取る

…というコトには変わりないワケで、ある日突然サービスが停止してしまったらどうします?「Goole」の社訓は確か…

邪悪になるな!

…だったと記憶していますが、所詮は一企業であり利益次第でどう転ぶかなんて分かりませんし、「Google」に…

善良であれ!

…とユーザーが強制することも出来ません。「自由主義経済」の世の中ですからw!

 「FaceBook」や「Twitter」にしても同じことで、「お互いの信頼関係」という不安定な概念の上に現在のネット環境は成り立っています。

 スノーデン氏の告発により「NSA」が長年「盗聴」していた事実が表沙汰になったワケですが、こうした事態を招いた原因のひとつに…

同一規格の情報交換ツール

…が広く利用されていることが挙げられます。「盗聴」する側にとっては仕事が捗りますからw。

 もし「Google」が邪悪になれば何十億人分もの個人データが流出するでしょうし、よくいわれる…

N.W.O.(新世界秩序)

…を推進しようとする「エリート」たちの世界統一政府とやらも「現実味」を帯びてくるワケです。
 

 
 ま、そうした危険性?を頭の片隅に置きながら既存のネット環境を利用するしかないワケで、自由なようで案外自由の無い空間かも知れませんなw。

 とはいっても?生来の「アマノジャク」なワタシとしては「吊るし」のフォーマットをあり難く使わせて貰うというのも癪なので、少しでも自分好みにアレンジしようと何度かブログも模様替えしてきたワケですが、「テンプレート」のお遊びにも限界を感じていたワケです。

 そんな時に例の海底ケーブルの切断事故の件もあって、おもむろに「HTML」や「CSS」を年末年始に少しばかり勉強したので、「Google」よりアレンジの自由度の高い「FC2」へ引越すことにしたワケです。

 ちなみに昨今のWEBデザインのトレンドは「リキッドレイアウト」だそうで、ワタシも「擬似的」に取り入れてみましたw。

だからどwした?

…とつっ込まれるとアレですが、枠に嵌らない自由なカンジが気持ちイイくらいですw。

 そういうワケで、まだ未完成なのですが本年も「独自の視点」からブログを更新し続ける所存ですので…

ひとつよろしくお願いします。
 
 
 
 

人間ナメんなよ!

でわっ!

 
 

広告