いよいよ人格攻撃か…ゲスいのw。

 フジ・サンケイグループのネットメディアのひとつ「ZAKZAK」が、小保方女史の人格攻撃をはじめましたw!

小保方さん、ずさんな才女だった 幼少期から上昇志向、一方で周囲からは「不思議ちゃん」 (3/3ページ)
2014.03.15

…研究者として成功する一方で、「思い込みが激しい」「不思議ちゃん」といった評判も出ていた。一部週刊誌には、高校時代の同級生の証言として、意中の相手に一方的に思いを寄せて周囲を困惑させたエピソードが紹介された。

 STAP細胞で脚光を浴びた後も言動をいぶかる声があり、トレードマークとなった白衣代わりのかっぽう着について「医学や研究の現場ではありえない。首もとが大きく開いていることから、衣服の繊維や何らかの菌などが実験対象に紛れる恐れがあるため、研究者は注意をはらって襟付きの白衣を着る。細かいところに注意が向かないタイプなのかなとも思った」と指摘する医療関係者も。

 「ナゼ」が消えない小保方さん騒動。強い上昇志向が、疑惑の論文を生み出してしまったのか。…

 こうなると、もう末期的ですw。自分の意見、理屈が通らないなら、世論を「扇動」して無理を押し通そうという意図が伺え、いくら日本国憲法が「言論の自由」を保障しているといっても、「言葉」は人を傷つけることもあるワケだし、ましてメディアに携わる者としてはそれを深く自覚し…

言論の暴力

…に細心の注意を払うことが求められます。その点でフジ・サンケイグループは…

メディア失格

…と見做さざるを得ませんw。

 繰り返しますが、ワタシが拘っているのは「論文」であって、すでに書いたように「科学的発見は人類全体の財産」であり、また、間違った「論文」であろうとそれを「叩き台」に新たな発見が生まれるという観点から…

論文を撤回する必要は無い!

…と繰り返しているワケで、小保方女史の人間性なんて、極論すればドーでもイイこと。

 表現が適切かどうかアレですが、ある「歌」を好きになって口ずさむようになったある日、その「歌」の歌手なり作曲者が、「人格に問題あり」と社会的バッシングを受けたとします。そしたらもう…

歌を嫌いになりますか?

…というのと同じように思うワケで、芸術と科学は違う分野ですが、「結果」を残すという視点からすると、芸術でいえばそれは「作品」であり、科学でいえば「論文」になるワケで、発表された時点で芸術家なり研究者の手を離れ、「独り歩きを始める」ということ。

 したがって、自分が好きになった歌は「自分の歌」となり、歌手や作曲者がどうあろうと、その歌を「抹殺」する権利は誰にもありません。もちろんマスコミにも。

 「論文」にしても同じことで、その論文が「よい論文」「わるい論文」か、実際に研究に携わっている者ならイザ知らず、マスコミが聞きかじりでアレコレ言うのはお門違い。そして繰り返しますが、発表された時点で「作品」が芸術家の手を離れるように、「論文」もまた、第三者の評価対象になるワケです。

 「駄作」の芸術作品が後世にまで残ってしまうように、「駄作」の学術論文も後世にまで残って然り。芸術家も科学者もその「覚悟」がなければ勤まらないワケで、そうした「覚悟」が次へと発展するワケですから、それを…

無かったことにしてくれ!

…というのは、「発展」の可能性を狭めるようなもの。

 それに「駄作」と呼ばれる「作品」にしたって、見る人によっては別な角度からの「新しい発見」とか「感動」が生まれることもあります。つまり?「完全な失敗作なんて存在しない」という話になり、したがって芸術家にできる最善とは…

自分の信じる道を進み、如何なる作品であろうとそれを発表し続け、後の評価は他人に任せる

…というコトになります。

 これはさんま…もとい、まんま科学者にも当て嵌り、「論文」は発表されてこそ「命(存在意義)」を吹き込まれるのであって、「命」を吹き込むのは、数え切れないほどの「後に続く研究者」です。それなのに門外漢のマスコミが論文の撤回を要求するなんて…

もっての外だ!

…というのがワタシの見解です。

 研究者の人格が云々…なんて「論文」の内容とは関係ないのに、フジ・サンケイグループのように研究者の人格を攻撃してまで論文撤回を迫る論調は…

下衆の極み!

…としか言い様がありませんし、ひょっとして?「STAP細胞」はそんなに世に出たら困る=世界のパラダイムが激変するほどの発見なのか?と穿ちたくもなるワケですw。

知力勝負だw!
 
 
 
 

人間ナメんなよ!

でわっ!

 
 

広告