ガキの使いか?

 
 もうね?子どもが「オモチャ」で遊んでいるようにしか思えませんわ…orz
 

 

ロボ回収断念 追加投入延期 福島、格納容器調査
東京新聞 2015年4月13日 夕刊
 
 東京電力福島第一原発1号機の原子炉格納容器内の調査のため投入したロボットが作業中に停止した問題で東電は十二日、回収が困難なことからケーブルの切断を決めたと発表した。十三日に切断し、同日別のロボットで予定していた残りの調査は延期する。
 
 東電によると、停止したロボットで予定していた格納容器一階部分の十八カ所のうち八割近い十四カ所の放射線量や温度を測定したほか、カメラによる周辺状況の撮影もできたという。
 
 ただロボットが今後の調査工程で障害物になる可能性もある。東電はロボットが動かなくなった原因を引き続き調べる。
 
 この調査は十日午前に始まった。走行不能になったロボットは、溶融燃料が大量にあるとみられる地下中心部への入り口部分を含む格納容器一階部分の半周約二十メートルを往復する予定で投入された。
 
 しかし同日午後、往路の約三分の二を進んだ地点で停止。作業員がケーブルを引っ張るなどして動かそうとしたが、動かなかった。

 
 こうなることは10年も前から指摘されていたワケですよ。それをいまさら大事のように騒いでいるのはDYKT?
 
 福島第一事故原発に流れ込む地下水の放射能汚染を防止する凍土壁工事にしても、当初からその実現性が疑問視されていたにも拘わらず、実験施設で成功したからと現場に持ち込んだら…
 
土壌が十分に凍らない
 
…という大失態をやらかしているワケで、代わりにコンクリートを流し込むと?
 
 だったら、最初からコンクリートを流し込む工事にしていれば、「凍土壁」という実現困難な技法に無駄な予算を溶かすことも無かったワケで、同じことはALPSにも言えますw。
 
ALPSはどうなってるんだ?ALPSわっ!?
 
…という話で、できもしない安全対策だの事故処理だのをデッチあげて国民を騙し、ゼネコンの懐だけが潤ってるというコトであれば…
 
政府ぐるみのヤルヤル詐欺だw!
 
…という話にもなるワケですよ。はい。
 

原発がどんなものか知ってほしい (全)
平井憲夫
 
16. 廃炉も解体も出来ない原発
 
 1966年に、日本で初めてイギリスから輸入した16万キロワットの営業用原子炉が茨城県の東海村で稼動しました。その後はアメリカから輸入した原発で、途中で自前で造るようになりましたが、今では、この狭い日本に135万キロワットというような巨大な原発を含めて51の原発が運転されています。
 
 具体的な廃炉・解体や廃棄物のことなど考えないままに動かし始めた原発ですが、厚い鉄でできた原子炉も大量の放射能をあびるとボロボロになるんです。だから、最初、耐用年数は十年だと言っていて、十年で廃炉、解体する予定でいました。しかし、1981年に十年たった東京電力の福島原発の一号機で、当初考えていたような廃炉・解体が全然出来ないことが分かりました。このことは国会でも原子炉は核反応に耐えられないと、問題になりました。
 
 この時、私も加わってこの原子炉の廃炉、解体についてどうするか、毎日のように、ああでもない、こうでもないと検討をしたのですが、放射能だらけの原発を無理やりに廃炉、解体しようとしても、造るときの何倍ものお金がかかることや、どうしても大量の被曝が避けられないことなど、どうしようもないことが分かったのです。原子炉のすぐ下の方では、決められた線量を守ろうとすると、たった十数秒くらいしかいられないんですから。
 
 机の上では、何でもできますが、実際には人の手でやらなければならないのですから、とんでもない被曝を伴うわけです。ですから、放射能がゼロにならないと、何にもできないのです。放射能がある限り廃炉、解体は不可能なのです。人間にできなければロボットでという人もいます。でも、研究はしていますが、ロボットが放射能で狂ってしまって使えないのです。
 
 結局、福島の原発では、廃炉にすることができないというので、原発を売り込んだアメリカのメーカーが自分の国から作業者を送り込み、日本では到底考えられない程の大量の被曝をさせて、原子炉の修理をしたのです。今でもその原発は動いています。
 
 最初に耐用年数が十年といわれていた原発が、もう30年近く動いています。そんな原発が11もある。くたびれてヨタヨタになっても動かし続けていて、私は心配でたまりません。
 
 また、神奈川県の川崎にある武蔵工大の原子炉はたった100キロワットの研究炉ですが、これも放射能漏れを起こして止まっています。机上の計算では、修理に20億円、廃炉にするには60億円もかかるそうですが、大学の年間予算に相当するお金をかけても廃炉にはできないのです。まず停止して放射能がなくなるまで管理するしかないのです。
 
 それが100万キロワットというような大きな原発ですと、本当にどうしようもありません。

 
 世が世なら、自分の言った約束を反故にする「武士道」に反するような連中は…
 
みんなまとめて腹を切れ!
 
…という話にもなりかねないワケですが、良かったですね…
 
人権が守られる世の中
 
…になって。ま、その人権すらも蔑ろにしようとしているのが、現在の安倍(歪)内閣なワケですが?
 
 ジタバタしたところで、一旦原発事故がを起こしてしまうと人間の手には負えないことが、これでハッキリしたワケでしょ?であれば、現在再稼動を申請している各地の原発にしても、事故が発生した場合の安全対策なんて…
 
ヤルヤル詐欺だw!
 
…という話になるワケで、くどいようですが福井地方裁判所民事第2部が結審した「大飯原発3、4号機運転差止請求事件判決」の要旨が、原発の安全性に疑問を呈し再稼動を差し止めたのは…
 
100%正しい!
 
…という結論になるワケです。少なくとも現状の技術レベルでは…。
 

 
 
 
 

人間ナメんなよ!

でわっ!

 
 

広告