立憲主義よりも大切なこと

 
 憲法を独自解釈しようとする安倍(歪)内閣に対するカウンターとして 「立憲主義」 が叫ばれ?ています。曰く…
 
 
「憲法」 に従って云々
 
 
…という主張であり、日本国憲法を擁護する立場なワケですが、ひとつ疑問があります。というのも、憲法の前文にこう記されているからです。曰く…
 

…そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

 
 「憲法」 が 「憲法」 を排除すると宣言しているワケで、ちょっと奇妙に思えますが日本国憲法が何に基づくかといえば…
 
 
人類普遍の原理
 
 
…であり、このことは憲法よりも 「人類普遍の原理」 ほうが上位に在ることを意味し、その原理とは、1.国政は国民の厳粛な信託に基づき、2.厳粛な信託故に権威を付与し、3.厳粛な信託を受けた=「公選された」公務員にのみ権威を行使する資格があり、4.国政の目的は国民が福利を享受することにある…ということで、その大前提となるのは…
 
 
国(国家)の主権者は国民である!
 
 
…という宣言であり、つまり…
 
 
○ 国民 > 憲法 > 国政
 
 
…という序列になり、それ故に 「憲法」 が 「憲法」 を否定するという一見矛盾した文脈も、「人類普遍の原理」=「国民主権」 に基づいた憲法は、それ以外の憲法を否定するという話であって、謂わば 「憲法」 も便宜上の条文のひとつと解釈されるワケで、本質的に 「不変」 であるのは 「人類普遍の原理」 なワケです。

 そして 「人類普遍の原理」 が何に基づくかといえば、「国民が国家の主権者」 であるということです。つまりワタシが言いたいのは、「立憲主義」 という言葉がひとり歩きして…
 
 
X 憲法 > 国民 > 国政
 
 
…と、勘違いする人が増えるのではないか?ということです。もしくは…
 
 
憲法の下に「国民」も「国政」も平等である
 
 
…とか?だとしたら、トンでもない勘違いだと言いたいワケです。はい。
 
 国(国家)の主権者である国民が決めた、謂わば 「就労規則」 のようなものが 「憲法」 であり、公務員はこの 「就労規則」 を厳守しなければならない 「義務」 を負っているワケです。
 
 で、この 「就労規則」 を決める上での国民の同意・総意を得るために、「基本的人権」 を細かく定め、「公共の福祉」 を基盤とし、そしてこの 「基本的人権」 と 「公共の福祉」 が最終的に還元(収斂)されるのは 「個人」 になります。
 
 結論として、「個人の権利」=「個人の尊厳」 を尊重するものとして 「憲法」 を制定するのであって、「憲法」 が国民(個人)より上位に来ることはありえないという話なワケです。
 
 となると、みんなが 「権利」 をバラバラに主張し始めたら 「憲法」 がまとまらない…という事態にもなるので、そこでまた 「人間回帰」 の話になるワケですが、「同じ人間」 として 「生理的欲求」…空腹であるとか、住環境であったりとか、「肉体」 に関わる基本的部分は共通の合意が得られるワケです。また、「自由」 な活動を求める欲求に関しても。
 
 ただし当然?「欲求」 にも個人差があるので、その許容範囲として 「公共の福祉に反しない限り」 という歯止めをかけているワケです。
 
 ワタシからするとこのことは、人間を 「性善的」 と観るのではなく、「性悪的」 に観ていることの裏返しであり、「欲望の暴走も有り得る」 と考えていることの表れと考えられます。
 
 つまりワタシが、「巨乳が好きだw!」 だというのが本能の為せる仕業であるように、人は誰しもが 「性悪的」?な部分を持っているということを前提として、現状の日本国憲法は条文化されているという話です。
 

 
 そうした 「性悪的」 な面すら、すべての人に普遍的に存在する 「人間の本質」 であることを認識することで…
 
 
自らを律する
 
 
…というのが 「人間回帰」 の目指すトコロであり、みんな 「同じ土俵」 に立ちましょうと言っているに過ぎないワケです、簡単に言うと。
 
 で、人間の 「性悪的(愚か)」 な部分をもひっくるめ、それでも…
 
 
国民(個人)のほうが憲法より上位にある
 
 
…という那覇市…もとい、話であって、くどいようですが 「立憲主義」 という言葉を…
 
 
X 憲法 > 国民 > 国政
 
 
…などと勘違いするようなことがあってはならないというコトであり、「立憲主義」 という言葉に嵌ってしまう=「イデオロギー化」 するのは非常に危険だと言いたいワケです。はい。
 
 
【IWJ】 2015/06/06 立憲デモクラシーの会がシンポジウム 憲法学者が「立憲主義の危機」をテーマに講演 ~700人の会場に1400人が押し寄せる事態に(動画)
 
 
 
 

人間ナメんなよ!

でわっ!

 
 

広告