「小林よしのり」のゲ・ン・カ・イ

 いやw、見事なパープリンをブチかましてくれましたなw。
 

【BLOGOS】アメリカかぶれの安保法案反対デモでもいいや
小林よしのり 2015年08月24日 11:46

東京新聞の一面に若者の「安保法案反対」デモの写真が載っている。

プラカードが英語だらけだ。

「WAR IS OVER IF YOU WANT IT」というのはジョン・レノンの歌か?

昔は「PEACE」や「NO WAR」が多かった気がするが、今は「WAR IS OVER」が主流らしい。

アメリカにすっかりかぶれている。

英語で従米法案に反対しているのも奇妙なことだ。

いつの頃からか、「英語=カッコいい=若者」というクッさいイメージが出来上がってしまった。

安倍政権や従米保守派の論客だって、アメリカに対するコンプレックスで、安保法案を支持してるわけだから、従米日本人どうしの戦いなのだろう。

わけが分からんのは「とりま廃案 それなそれなそれな」って書いてあるプラカードだ。

ネット用語らしいが、意味まで調べる気がしない。

アホの言葉だ。

彼らはインターネットがアメリカ軍によって開発された軍事通信システムだということを知らないのだ。

アメリカがインターネットを一般流通させることにしたのは、地球規模で個人の情報を収集できるからなのだが、考えたこともないだろう。

「ポツダム宣言を読め」というプラカードは、一体何を言いたいのだ?

日本の首相がポツダム宣言を読んでないというのは確かに恥ずかしい。

だが、その内容をどう考えるかが問題なのであって、GHQの占領統治が終わった後でも、ポツダム宣言の内容に脳内まで縛られよと言うのなら、完全にアメリカの奴隷である。

だったら安保法案に反対する資格がない。

デモのプラカードを見ただけで、正直ウンザリする。

それでも安保法案(従米戦争法案)に反対なのは、わしも同じなのだから、今は頑張ってくれ!

 
 最近何かと威勢のイイ漫画家の小林よしのり氏(以下敬称略)ですが、その「程度」が知れますなw。デモのプラカードを見て「英語にかぶれてる」と判断するその浅はかさ。おそらく「本気」でそう思っているんでしょうが、自らの知性の限界を晒していますw。この程度の知性が「オピニオンリーダー」を気取っているレベルなワケですよ、日本の言論界は…orz

 正直に告白すると、ワタシも「戦争論」を読んで一時は「胸を熱くした」経験があります。が、今にして思えば「ナショナリズム」に捉われていただけで、自己顕示欲が旺盛な若者なら誰もが一度は罹る「はしか」のようなもので、成長するにつれて視野が広がることにより「偏狭なナショナリズム」に息苦しさを覚え、「もっと広い世界」で自由に「呼吸」したいと思うようになるものですw。

人生は冒険に満ちている

…とはチャップリンの映画の中の演説の一節ですが、その演説では…

世界は何不自由なく満たされている

…とも言っています。そして本来争う必要など無いのに、現代人は自らを「欲望の檻」の中に閉じ込めてしまい、自ら作り出した「不寛容」な世界に生きているのだと。

 ワタシがクドカン…もとい、クドクド繰り返している「人間回帰」とは、そうした「檻」を壊し、「柵」を乗り越え…

「人間の地平線」を取り戻そうではないか!

…という話であり、チャップリンの「演説」の亜流みたいなものです。はい。
 

 
 ま、それはアレとして、小林よしのりのどこがダメダメかというと…

所詮はありきたりの「ナショナリスト」に過ぎない

…ということに尽きます。とにかく思考の射程距離が短いw!「英語」のプラカードを見て、「英語にかぶれている」だなんて…ダサっ!

 「SEALDs」や若者云々はさて措き、「安保法制」に対しての反対運動にしても、「原発」に対しての反対運動にしても、「TPP」に対しての反対運動にしても…

日本だけの問題なのか?

…という視点がゴッソリ抜け落ちているワケですよ。小林よしのりはっ!なぜか?

偏狭なナショナリストだから!

…ということであって、「安保法制」に関して言えば、先日の山本太郎議員が国会で言及したように…

アメリカの意向

…が大きく働いているワケですよね?だとしたら、安倍(歪)政権に圧力を加えているらしき「アメリカ政府」とも闘わなければならない=アメリカの世論を味方につける必要があるワケで、日本で今何が起きているのかをアメリカ国民に知らしめるには、アメリカで放送されるニュース映像を利用(タダ乗り)するのが、一番手っ取り早い方法だというコト。

 ま、アメリカ人にしても、日本人同様(以上?)にテレビ漬けの人が多いでしょうから、ニュースという媒体を意識し、利用するのは当然のことですw。

 アメリカ市民と「反戦」に向けて意思統一が図れれば、アメリカの国内世論による「援護射撃」により、安倍(歪)政権かかっているらしい圧力を「無効化」することも可能であり、それでもなお安倍(歪)政権が「戦争法案」を強行採決しようというのであれば、あとは日本国内の問題として、国民が一丸となってこれを粉砕すればイイだけの話。

 要は、政治・経済はもはやグローバル化されていて、一国だけで問題を解決には限界があるということを理解する必要があります。それも分からないような人間が「知識人」「言論人」を名乗るとは…

ヘソが茶を沸かすゼぇw!

…という話で、小林よしのりは何というか…

いい恥を掻きましたなw!

 で、先に述べたように、「安保法制」に限らず「原発」にしても、「TPP」にしても、その構図は全く同じだということで、「本質」は…
 
支配構造に対して、世界規模で民衆が目覚めた(by ブレジンスキー)
 
…ということであって、「1984年」で描かれたような支配構造が普遍的であるということは、それに反旗を翻す勢力もまた「普遍的」であるということです。つまり…

世界中の民衆は団結可能である!

…というコトで、ワタシが言っても説得力はありませんが、ニューヨーク大学社会学部の準教授ヴィヴェク・チーバーも、『ル・モンド』誌に同様の小論を寄稿しています。
 
「文化的個別主義」に反対する左翼の武器、普遍主義
ヴィヴェク・チーバー
 
 小林よしのりの言う「英語かぶれ」の裏には、ポストコロニアル・スタディーズで提唱されるトコロの「文化的個別主義」≒「ナショナリズム」でも隠されてるんでしょう。というか?こうした「ボロ」が出るようでは、思考そのものが「未熟」であることを露呈しており…

もっと勉強して出直してこい!

…という話。

 
ロバート・テイラー (情報工学者) – Wikipedia

 もっとも?「文化的支配階級」の座に居座り続けたいが故のポジショントークとも受け取れますがw。
 

 
 それとも「釣り」とか?
 
 
 
 

人間ナメんなよ!

でわっ!

 
 

広告