住民による…住民のための…自治会 2

 

裁かれるは善人のみ―LEVIATHAN
 
世界中の映画祭を席巻し、圧倒し、叩きのめし、26の賞を獲得!力強い筆致で描かれる重厚で壮大な人間ドラマ。
 
カンヌ国際映画祭脚本賞、ゴールデングローブ賞外国語映画賞など多数受賞、アカデミー賞®外国語映画賞にもノミネートされ、各国の主要映画祭を席巻した『裁かれるは善人のみ』。監督は『父、帰る』で、デビュー作にしてヴェネチア国際映画祭金獅子賞に輝き、続く『ヴェラの祈り』『エレナの惑い』と2作連続でカンヌ国際映画祭で賞を受賞した、世界が認めるロシアの鬼才アンドレイ・ズビャギンツェフ。ロシア北部バレンツ海に面する荒涼とした小さな町を舞台に、そこで暮らす善なる市井の人々と、権力を振りかざして土地の買収をもくろむ行政との対立を描く。そこから数珠繋ぎのように悲劇的に綻んでいく人間模様──。罪のない人に降りかかる、抗っても決して勝つことのできない非情な程の困難。秀逸な構図と、ロシアの広大で荘厳なロケーションが、人と国家と神、そして悪についての深淵で普遍的な物語を際立たせる。
 
 
権力をまとった陰謀か、無慈悲な神の裁きか──静かな入り江の町に人々の嘆きがこだまする。
 
入り江のある小さな町。自動車修理工場を営むコーリャは、若い妻リリア、そして亡妻との間に生まれた息子ロマと共に、住み慣れた家で暮らしている。1年後に選挙を控えた強欲な市長のヴァディムは、とある計画のため権力に物をいわせ、彼らの土地を買収しようと画策する。自分の人生のすべてともいえる場所を失うことが耐えられないコーリャは、強硬策に抗うべく、友人の弁護士ディーマを頼ってモスクワから呼び寄せる。そして漸く市長の悪事の一端を掴み、明るみに出そうとするのだが……。穏やかだった海はすべてを飲み込むかの如く荒々しく姿を変え、潮が引いた海辺には、巨大なクジラの白骨が横たわる。圧倒的な自然の前で人間が非力なように、欲が肥大化した権力を前に闘うコーリャもまた、なすすべもなく打ちのめされていく。正直に生きる矮小な人間に、神は味方をするのだろうか──。
 
 
実在の事件、数々の書物から浮かび上がる“義人の苦難”難作をまとめあげた監督、キャスト、スタッフを世界が賞賛!!
 
本作は、アメリカで実際に起きた土地の再開発をめぐる悲劇的な事件をベースに、無実の罪を問われて財産を奪われた男の物語「ミヒャエル・コールハースの運命」、旧約聖書「ヨブ記」、そしてトマス・ホッブズによって書かれた国家についての政治哲学書「リヴァイアサン」などから着想を得て作られた。世界のいたるところを舞台とした作品群であるにも関わらず、統一された世界観の脚本を監督と共に執筆したのは、『ヴェラの祈り』『エレナの惑い』に続き、オレグ・ネギン。人間が抱える普遍的なテーマを緻密に描き出した脚本は、第67回カンヌ国際映画祭で脚本賞に輝き、賞賛された。また、キャストには主演アレクセイ・セレブリャコフをはじめ、演技力が高く評価されている役者陣を起用。運命に翻弄される主人公の妻リリアを演じたエレナ・リャドワは、『エレナの惑い』に続いてズビャギンツェフ作品に出演、本作でロシアのアカデミー賞であるニカ賞で最優秀主演女優賞受賞を果たした。また、音楽には、『クンドゥン』(97)、『めぐりあう時間たち』(02)、『あるスキャンダルの覚え書き』(06)などの映画音楽を担当し、アカデミー賞®作曲賞に3度ノミネートされた作曲家フィリップ・グラスのオペラ「アクナーテン」の楽曲を使用。壮麗なオーケストラが本作の世界観に見事にマッチしている。
 
 
10月31日(土より) 新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー!

 

 

地元3地区に国補助金交付へ 辺野古基地反対名護市の頭越し
東京新聞 2015年10月27日 朝刊
 
 政府は二十六日、米軍普天間(ふてんま)飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設に伴う名護市辺野古(へのこ)への新基地建設をめぐり、予定地に隣接する地元三区の区長との懇談会を首相官邸で開き、政府が三区に地域振興の補助金を直接交付する新たな枠組みを創設する考えを伝えた。三区は条件付きで新基地建設に賛成している。名護市が反対する中、補助金支給で基地近くの住民が賛成しているとアピールする狙いだが、市は「地方自治への介入だ」と反発している。 (金杉貴雄)
 
 懇談会には、名護市の辺野古豊原久志「久辺(くべ)三区」と呼ばれる地区の区長らが参加した。政府側は二〇一五、一六年度で三区に直接補助の枠組みを検討している、と説明した。菅義偉(すがよしひで)官房長官は「皆さまの今後の生活の向上、地域の振興に関し、できるだけ配慮するのは当然だ」と述べた。
 
 三区は新基地建設を受け入れる条件として、インフラ整備や住民への補償を求めている。懇談会で三区長は、防災備蓄倉庫や地区会館の修繕、芝刈り機の購入、あずまやの整備などを要望した。
 
 移設反対派の稲嶺進氏が市長に就任してからは国の米軍再編交付金が同市へ支給されず、三区への支援も滞っている。
 
 地域振興は、市町村などの地元自治体を通じて行うのが通例で、現在でも「防衛施設周辺の生活環境の整備等に関する法律」に基づく周辺対策費は名護市に支給されている。
 
 三区は市に五十五ある「行政区」の一部だが、新基地建設の関連工事に対する権限はない。
 
 直接支給の新たな枠組みについて、防衛省の井上一徳沖縄防衛局長は懇談会後、記者団に「地元の要望にきめ細かく対応できるようにするため」と述べた。
 
 名護市の稲嶺市長は二十六日、「やり方が普通じゃない。地方分権の無視だ。法治国家としてやることか」と批判した。

 


【血まみれスケバンチェーンソー】より

 

1基再稼働で最大25億円 原発立地自治体に新交付金 経産省、地元同意促す
2015/11/01 14:30 【共同通信】
 
 経済産業省は31日までに、原発が再稼働した際の立地自治体に対する支援策として、最大で25億円の交付金を支払う新制度を導入した。すでに官報に掲載し、運用を始めた。立地自治体への交付金を手厚くすることで、原発再稼働に対する地元の同意判断を促す狙いがあるとみられる。
 
 10月16日付の官報などによると、国は 原発の立地自治体に 、原発1基の再稼働につき年間最大5億円の交付金を5年間支払う。
 
 地元の原発が再稼働した自治体は、原発が停止したままの自治体より多くの交付金を得られる仕組み。財源は電力利用者が納める「電源開発促進税」が充てられる。
 
 交付金が大きな財源になっている原発の立地自治体は原発の長期停止で財政が悪化している。原子力規制委員会の原発審査が進み、今後各地で再稼働をめぐる地元協議が始まるとみられる中、新たな交付金が自治体の同意、不同意の判断に影響を与える可能性がある。
 
 九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)の再稼働によって 原発ゼロが終わったことを踏まえ 、経産省は稼働実績に応じて立地自治体への交付金に差をつける方針を決め、具体策を検討していた。

 
 ま、カネで「魂」を売り渡すが如き人間はいつの世にも、どこにでもいるワケですが、人間の本質を見誤った利己的な行動が、再生可能社会=地域社会の生き残りに良い結果をもたらすことはマズないワケで…。
 

 
大飯原発3、4号機運転差止請求事件判決要旨
 
 
 
 

人間ナメんなよ!

でわっ!

 
 

広告