「トロイの木馬」的な?

 朝イチで目に飛び込んできた、「パリ同時多発テロ」のニュースには…
 
びっくりw!
 

パリで多発テロ 人質100人が死亡【ライブブログ】
The Huffington Post | 執筆者: HuffPost Newsroom
投稿日: 2015年11月14日 09時10分 JST 更新: 2分前
 

 
フランス・パリの複数箇所で11月13日、銃撃や爆発があった。BBCによると、コンサートホールで人質に取られていた約100人が死亡したという。オランド大統領はフランス全土に非常事態を宣言し、国境を封鎖。テレビ演説では「前例のないテロが起きた」と述べた。


今日 10時03分 JST
イギリスのキャメロン首相のコメント

「今晩パリで起きた事件にショックを受けています。フランスの皆さんのために心からお祈りします。あなた方を助けるためにどんなことでもします」

I am shocked by events in Paris tonight. Our thoughts and prayers are with the French people. We will do whatever we can to help.
— David Cameron (@David_Cameron) 2015, 11月 13


今日 09時58分 JST
2016年アメリカ大統領選民主党指名争いに出馬しているヒラリー・クリントン前国務長官がツイート。「パリからの報道は痛ましい。パリ市民と犠牲者の家族の皆様のために祈っています」

The reports from Paris are harrowing. Praying for the city and families of the victims. -H
— Hillary Clinton (@HillaryClinton) 2015, 11月 13


今日 09時58分 JST
BBCによると、オランド大統領はフランス全土に非常事態を宣言し、国境を封鎖した。


今日 09時56分 JST
CNNは警察の複数のグループが、コンサートホール「バタクラン劇場」に突入したと報じた。


今日 09時53分 JST
10区にあるレストラン「プティ・カンボッジ」付近では発砲があり、11人が死亡した。


(中略)


今日 09時49分 JST
パリで事件が確認できた場所。
 

 

 

仏パリで同時攻撃発生、銃撃や爆発で60人超が死亡=報道
ロイター International | 2015年 11月 14日 09:07 JST
 

 
[パリ 13日 ロイター] – フランスのパリで13日夜、銃撃や爆発など市内各地でほぼ同時に複数の攻撃が発生、報道によると少なくとも60人が死亡した。劇場では約60人が人質として拘束されているもよう。

現場の状況から組織的な犯行であるのは明らかで、西側の治安当局筋はイスラム系武装勢力が関与しているとの見方を示している。フランスは米国とともに、シリアやイラクで過激派組織「イスラム国」への空爆に参加している。

パリでは今月下旬から国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)の開催を控え、テロに対する警戒を強めており、今回の攻撃による衝撃は大きい。

このうちスタジアム付近では爆発音が数回聞こえた。当時スタジアムでは仏独のサッカー試合が行われており、オランド大統領らが観戦していた。

警察当局はスタジアムで銃撃と爆発があったことを認めたものの、被害などの状況は確認できないとした。

TF1テレビはスタジアム近くで最大35人が死亡したと伝えている。自爆攻撃を仕掛けたと思われる人物2人も含まれるという。

また目撃情報によると、パリ中心部のレストランで男らが発砲、犠牲者が複数出ており、警察が周辺付近を封鎖している。銃撃は4カ所で起こったとの情報もある。

こうしたなか、BFMテレビによると、パリ中心部の「バタクラン」劇場では複数の銃撃が発生し、人々らが人質として拘束されている。

オランド大統領は臨時閣議を招集。テレビ演説でフランス全土に非常事態を宣言するとともに、国境を封鎖すると述べた。

オバマ米大統領は「罪のない市民を怯えさせる卑劣な行為がまた発生した」として攻撃を非難。フランスに対し必要なあらゆる支援を提供していく考えを表明した。

 
 広範囲で同時に行動を起こした組織的なテロであり、そのための要員の手配もラクではないハズ。

 しかし現状では、テロリストが「シリア難民」に紛れてヨーロッパに不法入国することは、いとも簡単です。

 したがって今回のテロ事件は、ヨーロッパ各国の「難民政策」が招いた結果であるとも言えます。

 そして、今回のテロ事件を受けて「シリア難民」の処遇が大きく変わる可能性もあります。つまり、いままでは「カワイソウな人たち」という世論だったのが、一転して「危険な人たち」と見られるようになり、十分な人権保護が受けられなくなる可能性も考えられ、収容所のような場所に隔離されることもありうるということ。
 

独、ナチス強制収容所に難民が収容
SUPUTNIK 2015年09月14日 03:09
 

 
ドイツで第2次世界大戦中、ナチスが設置し、5万人以上の囚人が殺されたブーヘンヴァルト強制収容所の旧バラックが中東、アフリカからの難民21人の避難所として使われている。

強制収容所が使われる決定は難民を収容する特別な施設の不足が原因。

男性の難民らはすでに数ヶ月間、ブーヘンヴァルト収容所で生活している。デイリーメール紙によると、収容所には難民キャンプとして利用するため、最低限の設備が整えられた。難民らは収容所に入る際に135ユーロの支給を受けており、定住地に送られるまでの期間、この範囲で必要な食料、物品を買わねばならない。

収容所にいる難民らは施設に満足しており、アルジェリア人移民のディヤール氏は「ここはいいところだ。他の人たちにはこんな条件ははい」と語っている。

ブーヘンヴァルト収容所はドイツ最大級の強制収容所のひとつ。1937年から1945年に25万人の囚人が収容されていた。その間にここで死亡、殺害された市民の数は5万人から7万人とも言われている。

 
 いずれにせよ、事の発端は「シリア内戦」にあり、「内戦」に介入してシリア国内をメチャクチャにした「国際社会」に大きな責任があることは否めません。

 「原因」と「結果」の因果関係からすると、「難民」=「結果」ばかりに目を向けるのではなく、「内戦」=「原因」を取り除くことが問題の根本的な解決であることは誰の目にも明らかです。

 にも関わらず、すでに癌細胞化しているとも言える「$$」を、ロシア以外の関係国はマジメに除去する気が無いのか?

 となれば、除去しそこなった癌細胞がヨーロッパや他の場所に転移するのは、医学的に見ても当然だということ。

 スプートニクに興味深いニュースがあり、トルコはヨーロッパに「もっと難民を受け入れよ」と要求しているとか?
 

トルコ大統領、難民の運命に冷淡であるとしてEU諸国を非難
中東 2015年11月13日 21:24
 

 
トルコのエルドアン大統領は、EU諸国は難民たちにドアを閉ざしているとして、EU諸国を非難した。

EUの国境情勢を監視している「フロンテクス」通信の最新情報では、今年最初の10か月でEUには120万人の移民が押し寄せた。欧州委員会は、今次の移民危機は戦後最大のものだ、としている。

「トルコよりはるかにGDPの多い国々が難民にドアを閉ざしている。彼らは言う。『エーゲ海や地中海に沈んでくれ』と。220万人の難民たち(編集部注・現在トルコにいる難民の数)が欧州に移動したらどうするのか」。エルドアン大統領がCNNのインタビューに答えて述べた。

大統領によれば、「イスラム国(IS)」対策については15-16日にアンタリヤで開かれるG20サミットでも議論される。

また、11月末-12月初頭に予定されている移民問題サミットでは、EUとトルコは共同行動計画を策定することになっている。そこで、EUはトルコに30億ユーロの財政支援を行い、トルコのEU加盟交渉およびビザ撤廃プロセスを加速させる決定が取られる見込み。

引き換えにトルコは共有する国境の管理を支援し、国内の難民の生活条件を改善し、トルコからEUへの移民の流入を防止し、違法にEU入りした難民をトルコに帰還させることになる。

 
 トルコは「シリア内戦」に主導的に介入した国のひとつであり、「難民問題」はトルコが負う責任も大きいので、「善人ヅラ」するのはズーズーしいんじゃないの?

 先日のトルコ総選挙では与党が大勝し、もうしばらくは?エルドアン大統領の地位も安泰のようですが、そうなると?「難民問題」も引き続きトルコの「外交カード」として利用され、15日から開催されるG20で、今回の「パリ同時多発テロ」が議論の対象になるのは明らかです。

 ところで視点を変えて「歴史」を俯瞰すると、第一次世界大戦でオスマントルコはヨーロッパに破れ、帝国が崩壊したワケですから、ヨーロッパに対して遺恨があり、いつかは復讐してやろうと「臥薪嘗胆」であっても不思議ではありません。

 で、現在の「難民問題」を利用すれば、ヨーロッパに「テロリスト」を送り込み、ヨーロッパを内部から崩壊させることで「意趣返し」することもできます。

 もしくはトルコが「難民」の受け皿になることで、ヨーロッパはトルコに「借り」を作ることになり、トルコの「EU加盟」の早期実現も適う…と。

 ま、「真相は闇の中」といったトコロですが、マスメディアの一方的な情報だけでなく、状況証拠を積み上げながら=地に足を付けながら、世界情勢の流れを把握していくのが無難でしょうなw。

 今回の「パリ同時多発テロ」にしても、G20に向けてのトリンドル…もとい、「ショック・ドクトリン」の可能性は否めませんしw。
 
 
 
 

人間ナメんなよ!

でわっ!

 
 

広告