まだボッタクられてるw!

 新国立競技上の「新案」が提示されました。

新国立競技場 2案公表 いずれも総工費1500億円以下
毎日新聞2015年12月14日 19時23分(最終更新 12月14日 23時17分)


公表された技術提案書A案(上)とB案(下)のイメージ図=日本スポーツ振興センター提供

 2020年東京五輪・パラリンピックの主会場となる新国立競技場の整備計画見直しで、事業主体の日本スポーツ振興センター(JSC)は14日、設計・施工の一括公募に応じた事業者2グループから提出された技術提案書を公開した。いずれも総工費は1500億円以下に収まり、19年11月末完成の提案となった。

 談合防止の観点から通常は選定後まで提案内容は非公表だが、JSCは旧計画を通じて指摘された閉鎖体質を改善するため、事業者名を伏せた上での異例の公開に踏み切った。関係者によると、大成建設を中心に梓設計、建築家の隈研吾氏で構成するグループがA案、竹中工務店、清水建設、大林組の3社の共同企業体と日本設計、建築家の伊東豊雄氏のグループがB案を示したとみられる。

 イラク出身の女性建築家、ザハ・ハディド氏がデザインした旧整備計画は2520億円に上った総工費に批判が集まったことから、今回の公募では総工費の上限を1550億円に設定。完成は国際オリンピック委員会の要請を踏まえ、20年1月末を目標とし、基本図面や事業費、工期など11項目の技術提案を求めた。

 総工費はA案が1490億円、B案は1497億円で、別に発注する予定の周辺整備の一部の費用22億円分を含めても1550億円の枠内に収まる。内訳を見ると、旧計画では、開閉式屋根を弓状のキールアーチで支える屋根工区だけで950億円と見積もられたが、今回の屋根は客席上部を覆うだけにしたため、A案は186億円、B案は180億円と圧縮された。

 高さ70メートルの巨大さに批判もあった旧計画から一転、そろって「杜(もり)のスタジアム」と銘打った提案。共に明治神宮外苑との調和を意識したシンプルな構造となり、高さはA案が49.2メートル、B案は54.3メートルとし、威圧感を軽減した。

 A案はすり鉢状の3層構造のスタンドで、観客の見やすさを重視。屋根は鉄骨に木材を組み合わせて、ぬくもりを演出する。B案は2層スタンドで、波状の屋根で観客の興奮を表現。純国産のカラマツ材を使用した長さ19メートルの72本の列柱でスタンドを囲み、「日本らしさ」に力点を置いた。

 JSCはホームページで国民からの意見を受け付ける他、15〜17日にはアスリートらとの意見交換を実施。19日に、有識者による審査委員会(7人。委員長=村上周三・東大名誉教授)で2グループからヒアリングをした上で審査。この結果を踏まえて、JSCの大東和美理事長が業者を選び、今月末に「新国立競技場整備計画再検討のための関係閣僚会議」(議長=遠藤利明五輪担当相)の了承を得た上で正式決定する。

 新国立競技場を巡っては、7月に安倍晋三首相が旧計画の白紙撤回を決定。主会場として予定していた19年9〜11月のラグビー・ワールドカップ日本大会には間に合わない。【藤野智成、山本浩資】

 
 取り壊してしまったものはいつかは再建しないとならないので、東京オリンピックはアレとしても、新国立競技場の再建は受け容れざるを得ないワケですが…

「ザハ案」はないわw!

…という話で、みなさんが異論を申し立てた甲斐あって再検討ということになり、税金の無駄遣いもひとまず回避されたワケです。

 あのまま政府、JOCの言いなりになっていたら、3000億という税金が投入されたことを思えば、半額で済むということは喜ばしいのですが、ワタシから見ると…

それでもまだ高い!

…と。

新国立競技場の総工費はロンドンの3倍の1800億円
五輪ウォッチャーのブログ November 26, 2013

 上記のブログを参照すると、「2008年北京オリンピック」のメインスタジアムが約525億円「2012年ロンドンオリンピック」のメインスタジアムは約635億円で済んでいるのに対して、「2020年東京オリンピック」のメインスタジアムとなる新国立競技場の工費は…

約1500億円!

…が見積もられています。イギリスのスタジアムに比べ、2倍以上の工費がかかるなんてDYKT?

 物価が高騰しているから?人件費が高騰しているから?にしても、石油価格は下落傾向にあり、したがって原材料費も連動して下落してるんじゃないの?また人件費にしても、日本よりイギリスのほうが人件費は高いんじゃないの?

各国の最低賃金の一覧 – Wikipedia


「社会実情データ図録」より

 つまり…早い話が…

まだボッタクられてる!

…としか思えないワケですw。

 「五輪ウォッチャーのブログ」を見ると、調布にある「味の素スタジアム」の収容人員は5万人で、建設費は307億円。新国立競技場の収容人員は8万人を予定しているそうですから、例えば?「味の素スタジアム」を2基建設したとしても、700億円あれば足りる勘定(アバウト)です。

 したがって諸々の条件を考慮しても、ザックリ言って、総工費は1000億円以下で済むだろう思われ、上乗せされた500億円を懐に入れようとしている不届きな連中が、まwだいるんじゃないの?「開かれた」とかいう言葉に…

騙されてはいけません!

 ワタシがソレを確信?したのは、森喜朗元首相が「B案」を推しているのをニュースで視て、「A案」より未熟な「B案」に肩入れする理由は…

ドッチでもイイ

…という「真意」が感じられたからで、なぜドッチでもイイのかといえば、ドッチが採用されようと「懐にカネが転がり込む」ことに変わりはないから…だろうと。

 ジッサイ、スタジアムとしての機能性は「A案」のほうが優れていて、「B案」のような「木の柱」では耐久性に劣り、伊勢神宮の式年遷宮のように柱を定期的に交換するにしても…

イッタイ何本の柱を交換するワケ?

…という、「維持費の問題」が先ず頭を過ぎります。加えて、「日本の伝統」をコンセプトに「陶器」をモチーフにしたデザインだということですが、「伝統」のイメージなんて人それぞれで、「普遍的」かつ全体的な合意を得ることはできません。

 したがって「イメージ優先」の「B案」は、公共の建造物としては「不適格」…とまでは言いませんが、「いかがなものか?」と頭をひねらずにはいられません。

 「伝統」を押し付けるのが好きな人がいるようですが、「表面上の伝統」なんて、そのほとんどが大陸から輸入した文化であり、そうしたものを「日本の伝統」と自慢したところで、「本家」からすれば…

真似してイイ気になってる

…と、思われるのが関の山。でしょ?

 それよりも、人間としての日本人の伝統に目を向けたほうがイイんじゃないの?

欧米から見た日本人

ラフカディオ・ハーン 『日本の面影』
■ この国の人はいつの時代も、面白いものを作ったり、探したりして過ごしてきた。ものを見て心を楽しませることは、赤ん坊が好奇心に満ちた目を見開いて生まれたときから、日本人の人生の目的であるようだ。その顔にも、辛抱強くなにかを期待しているような、なんともいえない表情が浮かんでいる。なにか面白いものを待ち受けてる雰囲気が、顔からにじみ出している。もし面白いものが現れてこないなら、それを見つける旅に、自分の方から出かけてゆくのである。 (p. 97)

モース 『日本その日その日』
■ 日本人がいろいろな新しい考案を素速く採用するやり口を見ると、この古い国民は、支那で見られる万事を死滅させるような保守主義に、縛りつけられていないことが非常にハッキリ判る。 (1巻, p. 30)

オールコック 『大君の都』
■ 民族のある体質的な特徴は、ある道徳的な特徴とともに、世代から世代へと伝えられる。日本人のばあいにもこの例外ではなくて、うそをつくその性癖はなにか最初の体質が完全に身についてしまったに相違ない。それでもなおその上に、日本人はその性質のなかになにか上品で善良なものの痕跡を多くとどめている。 (中巻, p. 177)

カッテンディーケ 『長崎海軍伝習所の日々』
■ ラウツ教授は知識欲に燃えているのが日本人の特徴であると言っているが、まことに至言である。例えばポルトガル人の渡来以来、日本人は如何によくヨーロッパ人の知識を咀嚼して自己のものにしおおせたか、これは世人の熟知するところである。 (p. 21)

ゴンチャロフ 『フリゲート艦パルラダ号』
■ 彼等のあの無感動の蔭に、どれだけの生命が、どれだけの陽氣さが、剽輕さがかくされてゐることだらう!豊かな才能、天分があることは、些細な事柄にも、つまらぬ會話にも現はれてゐる。だが又、内容といふものがない。本来の生活力が全く沸き盡き、燃え盡きて、淸鮮な新原則を求めてゐる、といふことも判る。日本人は非常に活潑で、天眞爛漫である。支那人のやうな、愚劣なところが少い。 (p. 114)

ゴロヴニン 『日本幽囚記』
■ 日本人は手工にかけて仕事ずきであると同様に、産業にかけても倦むことを知らない國民である。ことに漁業は巧妙で、非常に熱心にこれに從事してゐる。 (下巻, p. 151)

ヴァリニャーノ 『日本巡察記』
■ 国民は有能で、秀でた理解力を有し、子供達は我等の学問や規律をすべてよく学びとり、ヨーロッパの子供達よりも、はるかに容易に、かつ短期間に我等の言葉で読み書きすることを覚える。また下層の人々の間にも、我等ヨーロッパ人の間に見受けられる粗暴や無能力ということがなく、一般にみな優れた理解力を有し、上品に育てられ、仕事に熟達している。 (p. 5)

フランシスコ・ザビエル 『書簡』
■ 彼らは道理にかなったことを聞くのを喜びます。彼らのうちで行なわれている悪習や罪について、理由を挙げてそれが悪であることを示しますと、道理にかなったことをすべきであると考えます。 (3巻, p. 98)

…等々

 
 当然、「悪い面」もありますが、「良い面」を伸ばし、「悪い面」を改めるのがこれからの日本人の進む道だと信じる次第です。はい。

 そうした道を歩み始めた「新生日本人」が増えつつあるように思うワケで、今回の新国立競技場の「ザハ案」の白紙撤回は、そうした「新生日本人」の尽力によるものと、ワタシは受け止めています。

 「伝統」にも「良い面」と「悪い面」があり、そうした分別を弁える能力を日本人が備えていることが…

何より大切な日本の伝統

…であり、闇雲に「伝統」を押し付ける安倍(歪)政権や、今回の「B案」ような案件には気をつけなければなりません。

 で、江戸時代に日本を訪れた欧米人が見た日本人の「伝統的な論理性」に鑑みると、新国立競技場の建設費はまだ高いとしか思えず、そうした「ボッタクリ」をカモフラージュするために「A案」、「B案」の二本立てで「目くらまし」をしようとしていることと、「A案」、「B案」ともに、「カネを抜く」という行為からすれば…

同じ穴の狢

…の連中が係っているという構図が読み取れるワケですw。

 「ザハ案」に比べ「抜き取る金額」は減ったものの、それでもまだ工費をチョロまかそうとしている「懲りない連中」を徹底的に締め上げ、「納税者」の意地を見せないと…

税金の無駄遣い

…がこの先も繰り返されるだけです。はい。

秘密法を追う 会計検査院 憲法上の重大な指摘
信濃毎日 12月11日(金)

 特定秘密保護法が成立する前、会計検査院が内閣官房に対し憲法上の問題点を指摘していたことが分かった。秘密指定を受けた書類が提供されなくなり、国の収入支出の全てを検査すると定めた憲法90条に抵触する恐れがある、というのだ。

 「代表なければ課税なし」。議会による財政のコントロールは国民主権の柱の一つである。議会はそもそも、君主による課税と浪費に納税者である国民が対抗するところから出発している。

 「国の収入支出の決算は、すべて毎年会計検査院がこれを検査」して「国会に提出しなければならない」。憲法90条である。

 この規定を受ける形で、会計検査院法は定めている。検査院から資料の提供を求められたときは、検査を受ける側は「応じなければならない」

 戦前、戦中の日本では軍事費は聖域とされ、国会のチェックが及びにくかった。軍備を野放図に拡大させた揚げ句、破局を迎えた。憲法の財政規定は歴史の反省にも立っている。

 特定秘密を指定した行政機関が安全保障に著しい支障があると判断するときは、秘密の提示を拒むことができる―。

 秘密法にはそんな規定がある。検査院が防衛予算などの使い道を検査しようと思っても、指定を盾に拒まれる可能性がある。

 憲法に照らし問題あり、と検査院が指摘した理由である。2013年9月のことだ。

 指摘の数日後、内閣官房からは「検査院と行政機関で調整すれば提供を受けられる」との回答があったという。幹部同士の話し合いでその旨の通達をする合意ができたものの、2年たったいまも通達は出されないままだ。

 ことは政治の根幹に関わる。幹部同士の話し合いという曖昧なやり方で対応するのはよくない。国会で議論し、秘密法の運用が続く間は特定秘密に関わる予算も検査の対象とする仕組みをつくる必要がある。そして収入支出の全てを国会に報告すべきだ。

 秘密法にはほかにも、憲法との整合性を問われる問題がある。▽国民の「知る権利」を侵害する▽プライバシー権や思想・信条の自由、報道の自由を損なう▽罰則規定が曖昧で罪刑法定主義の観点から問題を残す―などだ。

 法の廃止を視野に、運用には厳しい目を注がなくてはならない。

 
 
 
 

人間ナメんなよ!

でわっ!

 
 
追記:
 
新国立競技場整備事業に関する技術提案書
 
A者の技術提案書(一括ファイル)
基本図面 [PDF:29.01MB]
 
B者の技術提案書(一括ファイル)
基本図面 [PDF:19.08MB]
 
 

広告